愛人にするなら素人よりキャバ嬢がいい!?その理由とは

PICK UP   この記事は
FIRST(年収1000万円以上)

彼女と別れ、また新しく出会い、デートを重ねて告白し、他愛ない連絡を毎日こなす。

あ〜、考えるだけで面倒くさい。

 

一体、何度繰り返したらよいのでしょうか?

この境地に達した人は、いっそのこと愛人スタイルの交際を選ぶべき。

だって、極上の美女と束縛ナシでヤれるって最高ですよ?

面倒な恋愛はしたくないと思っても、人生にSEXは必要。そんなときに愛人なんです。

そしてここだけの話、愛人にするのはキャバ嬢がオススメ。

その理由とは…?!

愛人相手にキャバ嬢がおすすめな理由とは?

大前提として、キャバ嬢というのは常に愛人を探しています

誰でもいいわけではないけれど、お金があって小綺麗で都合の良い人がいれば愛人になってくれないだろうか?といつも思っています。お金が大好きだから。

キャバ嬢の求めるものは自由とお金、それを与えてくれるのはお客様より愛人です。

つまり、キャバ嬢にとってあなたは必要な存在ということです。

そしてもう一つ。

あなたが面倒な恋愛が嫌だと思うのと同じように、キャバ嬢も面倒な男女関係を嫌っています。

仕事中に愛想よく振る舞えるのは高い時給をもらっているからで、お金が絡まなければ数分たりとも無理!これが本音です。

必要以上の連絡はいらないけれど、時々食事に行って、寂しさを紛らわす程度にはSEXもしていたい。

そして会っているときは恋人のように接するけれど、無理して次の予定など決めなくていい。

こんな夢のような関係を、キャバ嬢となら簡単に作り上げることができます。

同じような関係性を望む者同士だからこそ、愛人交際がうまく行く確率も高くなります。

求めているものは「金」シンプルかつ明確である

愛人関係をトラブルなくすすめていくコツは、互いに求めているものが明確であり、そこに理解があることです。

「私、お金とかは別にいらないよ」なんて言ってくれる女の子が最高!

金金金、というキャバ嬢が愛人なんて御免だよと思ってしまうのもわかります。

でも、一度頭を冷やしてみてください。

お金を払うからこそ、あなた自身も、愛人相手となるキャバ嬢も、束縛なしで男女関係を楽しめるのです。

仮にお金を目的にする女がイヤだというのなら、愛人という関係性ではなく、多少の束縛や面倒があろうと純粋な恋人関係を結ぶべきではないでしょうか。

あなたはお金を与えて、キャバ嬢は仕事以上にあなたを大切にもてなし、甘いSEXをする。

これこそ物足りなさも申し訳なさも感じない、ベストな関係でしょう。

愛人関係を結ぶ上で「お金」という明確な目的があり、男を悦ばせる術を知ってるキャバ嬢。

あなたに未知の世界や刺激的な時間を提供してくれるはずです。

刺激的なSEXができる

愛人関係を語る上で欠かせないものとは?

カラダの相性、つまりSEXですよね。

長く愛人関係を続けている男女というのは、SEXが上手くいっているに他なりません。

 

愛人関係における男性側のメリットは、普段できない刺激的かつ本能的なSEXが出来るということ。

なぜキャバ嬢がいいかというと、素人女性に比べ経験男性の人数が多く、SEX慣れしてるので色々対応できるんから(笑)

 

本命彼女とのSEXには愛があるなんて言いますが、愛を持つためには理性と本能のバランスを取らないといけませんよね。

特に序盤のSEXでは、王道なプレイを求められる傾向にあります。

王道SEXばかりしていると気づきませんが、誰しも少なかれアブノーマルな趣味を持っているのだと思います。

 

その性癖を満たすのは本命彼女ではなく愛人にしておいた方が賢明です。

本命彼女相手ではトラブル発生の可能性があり、アフターケアという面倒な作業も必要になるからです。

 

本命の彼女に刺激的なSEXを打診するのは気が引けるのかもしれませんが、キャバ嬢の愛人相手ならばどうでしょう?

アルコール度数の高い酒を一杯でも口にしたら、おそらくいけるでしょう。

キャバ嬢だからこそ、希望を伝えやすい雰囲気もあるはずです。

金さえあればマンネリしにくい

愛人にするならキャバ嬢だと自信を持って言える理由とは?

愛人という関係に対して、キャバ嬢が持つイメージがシンプルでわかりやすいことです。

単純に、こう思っています。

愛人とは、金とSEXの価値の交換である。

これが何故良いのか?

それは、お金を払ってもらうために何をすればいいか?ということを常に考えているキャバ嬢だから、お金を払ってくれる人にはヘタな真似をしないということです。

お金をもらっているのだから、良い関係を築いておきたい。
このように考え、勝手にイイ女になってくれます。

 

一番大事な話をしておきましょう。

キャバ嬢はお金を積めば積むほど、SEXのパフォーマンスが上がります。

お金に余裕のある方であれば、これは大きなメリットではないでしょうか。

 

本命彼女であればいただけない思考ですが、これは愛人関係。シンプルでわかりやすい思考を持つ相手の方が絶対に楽なんです。

「今日はちょっとコスプレとかしてみない?お金は弾むからさ(笑)」

YES。おそらく即答でしょう、キャバ嬢ですから。

純粋無垢な愛人にこんなことを言ってしまえば、おそらく次のSEXはありません。

キャバ嬢の前に金を積むというのは、ある種無敵の行動なんです。

関係解消が容易でストレスフリー

恋愛において最も面倒なのは別れ際ではないでしょうか?

片方が別れたいと言っても、スムーズに関係を解消出来ずストレスだけが蓄積する日々。

思い返すだけで脳内が騒ついてしまいますね。

 

そもそも愛人関係は恋愛に比べ、関係解消が容易なイメージがありますが、間違った女を選ぶと恋愛と同じように面倒な結末を迎えます。

キャバ嬢は常日頃から面倒なお客様とのやりとりに疲弊しており、プライベートで面倒な付き合いをするなど以ての外という気持ちでいます。

だからこそ、愛人関係のはじまりには素人より寛容で、終わりには素人よりあっさりしているのです。

 

そのため一度SEXしてみて合わなければやめようか、という都度払いの愛人スタイルにも寛容です。

愛人相手に選ぶならキャバ嬢、これが最も良い選択肢だといえます。

キャバ嬢を愛人にすべきでない人

愛人にするならキャバ嬢!と自信を持ってオススメしますが、キャバクラという非日常空間に身を置く女性にはクセが強いというのもまた事実。

100%に限りなく近い男性満足度を誇るキャバ嬢なのですが、不安な方は念のためご一読ください。

逆に、あてはまるものがないのであればすぐさまキャバ嬢の愛人を見つけにかかったほうがいいです(笑)

こんな男性は、キャバ嬢とは合わないよという一般的なものをご紹介しておきます。

あなたにあてはまるものはありませんか?

清純派の女性が好きな人

基本的なことですが、キャバ嬢は派手で華やかな容姿の層が多いです。

有村架純や新垣結衣のような清純派が好きな人にとっては、あまり良い女性のラインナップではないでしょう。

そして容姿だけでなく、内面においても清純派とは遠く離れた場所にあります。

職業柄、表と裏の顔の差が激しいです。

家に未開封のシャンパンの存在はあっても、おしとやかにハーブティとともに朝を過ごすような女性は皆無です。

「女性らしさ」「家庭的」「癒し」のようなものを重視する人には、愛人にキャバ嬢を選ぶのは考えたほうがいいかもしれませんね。

お酒が飲めない人

愛人といっても、毎度ホテルで落ち合うようでは関係が長続きしません。

綺麗なお店でディナーをする夜や、カフェで他愛ない時間を過ごすこともあるでしょう。

そんな時、お酒が飲めないと少し厳しいかもしれません。

キャバ嬢はお酒を飲むことも仕事なので外では飲まないのでは?と考えそうなものですが、基本的にお酒が好きであることが多いです。

気兼ねなく外でお酒を飲める時間が幸せだという嬢は多く、愛人となる男性には一緒に何も気にせずお酒を楽しめる存在であってほしいと願います。

一滴もお酒が飲めない、お酒が好きでないという人だと、一緒に過ごす時間が苦痛に感じてしまうかもしれません。

従順ドM系の女性を求めている人

キャバ嬢は、お店に来るお客様や愛人となる相手にはドMの姿は見せないと思った方が良いです。

お客様と接するより愛人に心を許すという事実はあります。

ただ、ドMな姿を見せるほど深入りしたくはないと思っています。

お金が絡む以上、綺麗にメイクをして万全の状態で愛人男性と会っていたいし、女でいる気持ちも捨てたくない。

完全に無防備な状態を見せたいとは思っていないわけです。

この意識は大切ですが、ドM好きな男性にはデメリットになるかもしれませんね。

キャバ嬢という仕事ならではの特徴だとも言えます。

愛人候補の女性と出会える場所とは?

「キャバ嬢と出会うならキャバクラ」

これは正解のようで、不正解。

お客様として出会うだけならキャバクラ。しかし、愛人探しなら別の場所がおすすめです。

お店の中ではキャバ嬢のガードが固く、愛人にするまでに時間もコストもかかってしまいますからね。

キャバ嬢の愛人を探すなら店外で攻めましょう!その場所とは一体…?!

キャバクラ至近のバー

まずおすすめしたいのが、キャバクラが立ち並ぶエリアのバーです。

出勤前やアフターに使われるバーというのが必ずあるので、そこに友人や同僚と飲みに行くのがベストです。

そこでキャバ嬢に出会ったら、とりあえず友達になっておきましょう。

男「どこのお店で働いてるの?」
嬢「○○って店だよ〜」
男「じゃあ、休みの日に飲みに行こうよ、時給払うから。笑」

こんな軽いノリでもアポが取れたりするのが店外のいいところです。ただし、清潔感と自信を持った表情だけは忘れずに。

ここではLINEだけ交換しておいて、お客様ではなく、バーで出会った愛人候補の男性というポジションを獲得します。

一杯奢るよなんていいながら、仕事が終わったくらいの時間にLINEをしましょう。

「お疲れさま!また仕事に疲れたらいつでもLINEして、最初は時給〇〇円でどうかな(笑)」

ノリが良く、気楽な印象を与えるのがポイントです。

バーで出会うというのは盲点ですが、お店の中でお客様になるより、断然早くSEXできると思います。

相席ラウンジ

キャバ嬢は常に刺激的な体験を求めています。口癖は「何か面白いことないかなあ?」ですからね。

全体的にミーハー気質でフットワークが軽いタイプが多いので、実は男性と出会える場に積極的に足を運んでいます。

クラブのような定番の出会いスポットには飽きてしまい、最近は相席系のラウンジに出没しているという噂も。

キャバ風の豪華な内装をしているというオリエンタルラウンジなどが人気なようですね。

出勤時間が遅いキャバ嬢だと、ヘアメイク前にフラッと一杯飲んでから行くのに丁度いいといった理由で足を運んでいるようですよ。

19:00頃〜21:00までの間に明るめのヘアカラーに華やかなメイク、ハイヒールの女性なら間違いなくキャバ嬢。

そんな女性を見つけたらチャンス!

出勤前ですからあまり時間の猶予がありません。

会話は長々しくならぬよう、連絡先を交換することを忘れずに。

オリーブスパ

最後はナンパ慣れした玄人向けです(笑)
でも、ネタとして言っているのではなく実際にここから始まった愛人交際を筆者は知っています。

実際通われてる方はご存知かもしれませんが、深夜のオリーブスパのキャバ嬢率は異常に高いです。

日曜休みのキャバ嬢であれば、日曜日の15:00〜17:00の時間帯もおすすめ。

ただし、酒の席ではないのでドンファンスタイルのナンパが必須です。

そう、電話番号を書いた紙と現金をスマートに渡すという奇をてらった手法です。

そんなアホみたいな真似はできないという方は、次の言葉を添えて連絡先を渡して下さい。

 

「よく来るんですか?次はマッサージ奢るのでよければ(笑)」

断言します。マジで連絡きます。笑

 

オリスパに来てる時点でお金はありそうだというイメージがある上に、オリスパ奢ってくれるとかラッキー☆というノリで捕まります。

オリスパから始まる愛人関係なんて最高に面白いですし、たとえ関係が終わっても良い酒の肴になりそうです。

連絡先を渡すという超難関ハードルさえ切り抜けたら、愛人になってもらえる確率はNo. 1です。

切り抜けたら、ですが(笑)

おわりに:

本命彼女の選び方に正解はないけれど、愛人選びには正解と不正解が明確にあります。

キャバ嬢は、愛人界における正解であり大本命。

時には美味しいお酒を飲みながら、他愛ない話をして、SEXをする。

この全てにおいて高パフォーマンスを発揮してくれる女なんて、そうそういないのですよ。

あてもない愛人探しはもうやめて、夜の街に繰り出してみましょう。きっといい出会いがあるはずです。

関連記事

  1. 職業別男性のレベルランキング!最もいい男に選ばれたのは?!

  2. 港区美女が伝授♡こっそり通うオトナの夜遊びスポットまとめ

  3. パパ活にオススメのアプリ4選!デートをするだけで月収200万?!

  4. テラハ伊東大輝が登場!鎌倉で爽やかすぎる海辺デートを満喫

  5. 芸能人と付き合う方法を芸能関係者が本気で考えてみた

  6. 社長と付き合いたい!経営者との恋愛あるあると上手く付き合う方法

  7. 隣の社長も実はジリ貧?やり手の経営者を見抜くには財務諸表を読め!

  8. 女子に人気のAV男優鈴木一徹と新宿でドキドキの急接近デート