セフレって意外と奥が深い?セフレ好きが言い放った名言集14選

「セフレってどういう関係性?」
「セフレ好きの心に刺さる名言が知りたい!」

セフレの関係性に疑問を抱いている方は多いと思います。

人々がつぶやき、言い放った名言からセフレの関係性が読み取れるのをご存知ですか?

そこで、今回はTwitter上から様々なセフレに関する名言を集めて解説することにしました。

この記事を読んでセフレとは何か、またセフレを作った者、セフレにされた者などの気持ちに共感してみましょう。

1.セフレ好きが言い放った名言集14選

世の中には、男女が体の関係だけを持ち、交際をしないセックスフレンド、すなわちセフレという関係性の人がいます。

一部からしてみれば、セフレなんて都市伝説なんじゃないかと思われがちですが、現代では恋人を作らず夜の営みに興じる男女が増えています。

特に若い世代のセックスに対する価値観は変わってきているようです。

今回は、そんなセフレに関するTwitterで投稿された素晴らしいツイートを紹介し、解説していきます。

  • セフレ名言1.お互いが同意の元で初めてセフレ

    セフレが言い放った名言1つ目は、「セフレは自分がセフレという事実を知らない」です。

    実に、深いですね。

    セフレっていうのはお互いに同意の元で恋愛感情無しで性的関係に及んでいるものと思いきや、実際は片方だけがセフレと考えていて、もう片方は恋人だと思っているケースも存在します。

    想像すると女性が遊ばれているようなイメージですが、男性が遊ばれている場合も現代はあるそうですよ。

    セフレ名言2.お互いが好きな時にできるのがセフレ

    セフレが言い放った名言2つ目は、「セフレってお互いに好きな時にできないとセフレじゃないやん」です。

     

    セフレとはいえ、一方的じゃダメだし、人間同士なんだからやっぱり相手の欲望を尊重し合わなきゃダメだっていう一言でしょう。

    本来のイメージだと都合の良い関係、縛られない関係って感じがしますよね。

    都合が良いというのは逆にいえば「やりたいときにやれる」それはいつでもってことなのかもしれませんね。

  • セフレ名言3.永遠に終わらないのがセフレ

    セフレが言い放った名言3つ目は、「セフレは終わらない」です。

    恋ってのは永遠では無いし、恋人ってのはずっと続く保証はない。

    でも、セフレという関係は気持ちの面で関係がこじれることは無いという部分で核心をついている一言です。

    心は不確かなものだけれど身体の相性は嘘をつきませんからね。

    もちろん、1回きりだとか数回で関係の終わってしまうセフレだって存在しますが、セックスはしてみれば相性がわかるので、相性が合えば意外と長い事終わらない関係って望めたりもするんですよね。

    セフレの名言4.第2の彼女は無理だが、第1のセフレ

    セフレが言い放った名言4つ目は、「第2の彼女か第1のソフレか第1のセフレのどれがいい?」です。

    これは現時点で君のことは二番目の彼女にするしかないんだという一言です。

    一見悲しい一言のように思えますが、ソフレかセフレになってもらえるのなら一番にするよって発言しています。

    ちなみにソフレというのは添い寝する友達だそうでセックスの関係はないそうで、これは男の子が上手い事、この女の子を騙そうとしているものです。

  • セフレの名言5.コンドームはラップ越しのキスと同じ

    セフレが言い放った名言5つ目は、「コンドームを付けたセックスなんて、ラップ越しのキスと同じだ!」です。

    確かにコンドームをつけるというのは望まない妊娠を避けたり、感染症を防ぐためではあるのですが、そんな事を恐れて本当のセックスが楽しめるかって感じで言い放ってますね。

    セックスって本来は妊娠を望んでするものなので、男性側は妊娠させるつもりで激しく、女性側は妊娠させられるつもりで激しく求め合わないと意味ないんじゃないのかなとは思います。

    下のお口同士のキスに例えたのでしょうが、もし上のお口でラップ越しにキスしてたら笑えますよね!

    セフレの名言6.セフレの仲にも礼儀あり

    セフレが言い放った名言6つ目は、「セフレの仲にも礼儀あり」です。

    セフレとはいえ、お互い人間同士ですから最低限の礼儀は必要です。

    それに中にはプライベートの話を振られたくない方なんかも沢山いますよね。

    「セフレの仲にも礼儀あり」という言葉は二人の間に肉体関係があっても超えてはならないボーダーラインは存在しているんだよという部分の核心をついた名言ではないでしょうか?

  • セフレの名言7.ヤリチンが言い放つ三原則

    セフレが言い放った名言7つ目は、「キスしたのはイタズラ心。ヤったのは気まぐれ。捨てたのは運命。」です。

    いやぁこの適当さ具合は頭の悪さが滲み出ていますねぇ。

    ヤリチンは亀頭のほうに脳みそが詰まっているらしいですが、理性よりも本能で生きているということなんでしょうか?

    キスもセックスもその瞬間は欲望があったからとっさにしただけであって、飽きたらポイ捨てで、ポイ捨てをしたのもされたのも運命だなんて最後の最後まで「運命」なんていういかにも女性が好きそうな言葉を使っちゃってます。

    でも、女性ってそういう言葉に弱いのでホイホイ男についていっちゃうんですよね。

    イケメンでそれっぽいこといっておけばセックスなんて簡単にできちゃいますよという一言でした。

    次は、セフレの名言8から続きをご覧ください。

    セフレ名言8.ヤリマンにとっては男性器は〇〇〇

    セフレが言い放った名言8つ目は、「チンコは飲み物」です。

    2万人とセックスをした有奈めぐみさんという方が残した名言だそうです。

    この方の職業はAV女優で現在は40代になるそうです。

    経験人数が2万人オーバーと言われていますが、2019年現在は既に3万人オーバーの猛者だとか。

    「チンコおいしい」って言葉はよくアダルトビデオやアダルトアニメなんかで使われることもあるので、男性側視点からすれば食べ物ってことかと思いきや飲み物だったんですね。

    セフレ名言9.ヤリチン、ヤリマンは魅力的な証拠

    セフレが言い放った名言9つ目は、「ヤリチン、ヤリマンぐらいの方がいいよ。それだけ魅力的ってことなんだから。もしくはそうゆう風に見えるくらいの方が良い。」です。

    ヤリチンやヤリマンを恥じる必要なんかない。

    世の中にはセックスをしたくても相手を見つけられないくらい消極的な人間もいる。

    ヤリチンやヤリマンになれるってことはそれだけ性的に魅力的だってこと。

    恋愛や性交に積極的な証拠。

    確かに世の中には童貞や処女を守ろうなんて考えの方もいるようですが、そういう人ってどこか消極的で、他の事にも無関心で引きこもりがちというイメージはあります。

    ヤリチンやヤリマンはその点社交的で新しい事に挑戦するタイプが多いので意外と魅力的にうつることもあるかもしれませんね。

    セフレ名言10.分かっていても恋に落ちそうになるのがセフレ

    セフレが言い放った名言10個目は、「セフレでもかなり危ない時ある。ちゃんと区切りを付けなきゃ行けないのに恋に落ちそうになる。不意にキュンとさせるのやめて頂きたい」です。

    Twitterで流行りの裏アカウント、この女の子は「ななみ」というらしいのですが、セフレでも恋をしてしまいそうになる瞬間があるそうです。

    セフレだと割り切っていたはずなのに一緒にいるうちに良い雰囲気になって恋人みたいになっちゃうことってありますよね。

    男性でも女性でもセフレに恋をしてしまったという経験がある方も少なくはないはずです。

    不意にキュンってしてしまいそうになる自分と葛藤している様子が見受けられるツイートです!

    セフレ名言11.叶姉妹のお姉さん!叶恭子の言い放った一言

    セフレが言い放った名言11個目は、「男女関係に“本命”や“セックスフレンド”などのラベルを貼るのは、ナンセンス」です。

    男女関係に本命だとか本命じゃないとか、セックスフレンドなんていうラベル(肩書)を貼るのはナンセンスだなんて、さすが叶恭子さんです。

    ようするに男女の関係をこうだと決めつけてしまうこと自体が宜しくないということでしょうか。

    数多くの恋をしているお姉さまだからこそ言うことのできた発言です。

    セフレ名言12.本音を言うと愛を求めてしまう事もあるのがセフレ

    セフレが言い放った名言12個目は、「セフレよりも愛が欲しい。」です。

    とても素晴らしい一言ですね。

    セフレを作っている人の中でも愛に飢えているから寂しくてセフレを作ってしまうという方もいるんですよね。

    セフレとの間には基本的には愛ってあってないようなもんなので心の底から愛し合える相手が見つかったのならば、セフレを作る必要もないんですがね。

    セフレ名言13.遠距離恋愛中に大切なのはセフレ

    セフレが言い放った名言13個目は、「遠くの恋人より近くのセフレ。」です。

    おそらくこの名言をつぶやいた人は遠距離恋愛中なのではないでしょうか?

    いくら好き合っていても心は傍にあっても肉体の距離が遠いのは人間としては寂しいもの。

    だからといって浮気しても良い事にはなりませんが、セフレは浮気ではなくセックスをするお友達なので浮気ではないのかもしれません。

    でも、一緒に居たら遠くの恋人より近くにいるセフレといるほうが楽しくなっちゃってなんてこともありますよね。

    結局は遠距離恋愛なんてもの自体が成立しないものなのかもしれません。

    セフレ名言14.セフレだからと悲観することはないその先に発展することもある

    セフレが言い放った最後の名言は、「気の合うセフレは彼氏を超える。」です。

    セフレだろうが恋人だろうが、ようは気が合うか合わないかなんですよね。

    もちろん割り切ってセフレって関係でいたいって人もいるとは思いますし、一緒に居るうちに恋人になりたいだなんて思ってしまう人もいるでしょう。

    仮にセフレだとしても気が合いさえすれば彼氏以上、彼女以上の存在になり得るという事もあるという事ですね。

    2.まとめ

    今回は、セフレ好き、セフレを作ってしまう、セフレを作りたいと考えている。

    そんな貴方のためにセフレが言い放った多くの名言を紹介してきましたがいかがでしたでしょうか?

    セフレといえども人間なのでそこには様々な感情が入り組んでいるということがわかりました。

    この記事を読んだ貴方がこの記事を通して様々な思いに触れて、セフレという概念にマイナスではなくプラスのイメージを少しでも抱いてくれたら幸いです。

    男女は肉体的にも精神的にも愛し合えるもの。もちろんLGBTの方であってもそれは同じです。

    思いやりのあるセックスが楽しめたら世界は平和になるかもしれませんね。

  • 関連記事

    1. 婚活がうまくいかない理由は?対処法と成功する方法を徹底伝授!

    2. 女子が好きな「男のデート服装」30選!おしゃれ度がUPするポイントも伝…

    3. 彼女にしたいと思われるタイプは?職業ランキングも紹介!

    4. 女子力の高い女性のバックの中身とは?7つのマストアイテムをご紹介♡

    5. 【婚活難民必見】20代で早々に売り切れてしまう最速入籍女子の特徴!

    6. 合コンで脈ありか脈なしか知りたい!彼の態度から即判断するテク

    7. 「デート何する?」でもう迷わない!色んなデートで2人の仲を深めよう

    8. 【完全版】O型女性を口説くために必須の情報5つとアプローチ方法