チャラい男が結局モテる!元広告マンが伝授する女を落とす究極のテクbyパーヤン

「俺だって女の子と遊びたい」

「あわよくばチョメチョメしたい・・・」

 

世の男子諸君よ。

最近の調子はどうだ。

 

この世の中でモテたいと思うのであればジャ○ーズEX○LEのようなビジュアルを手に入れたいと思うだろう。

無論私もそう思う人間の一人だ。男性であればモテたいと思うのは当然だろう。

 

言うなれば不特定多数の女性を抱いていけば、精神的にも強くなれる。

これが俗に言う「チャラ男」だ。

 

今夜のあなたの人生を変えるために記事を書いているパーヤンです。

普段はナンパやマッチングアプリを紹介するブログ「タメして!パーヤン」を運営している。

 

本題に戻るが、もしこれを読んでいる者の中に「少しでもモテたい」と思う気持ちがあるのならば、「チャラい」ことへの概念を払拭しろ。

結論から言うが、チャラ男は正義だ。

 

この記事では、チャラいことから得られるテクニックやメリットを紹介していき、どう女性を落とすときに使うのかまでを解説していく。

いますぐ、ぬるま湯から脱し華やかな女性とのライフに囲まれたいのであれば、この記事を最後まで読む必要があるぞ。

チャラい=正義だから男はみんな遊べ

こんな風に書いてしまうと女性からは反感を食らってしまうかもしれない。

だが、マッチングアプリや婚活などが流行っていく中でいまどき「僕は君を一生好き♡」なんて男がどれだけ少ないのか知らないのだろうか。

 

それはさておき、何もチャラい=正義というのはただ己の性欲を満たすためだけではない。

正確にいえば「チャラいことで得られる副産物が尋常じゃないくらいある」ということだ。

 

チャラいことで得られる副産物を簡単に紹介していく。

  • イケメンでなくても美女を抱けるチャンスがある

    チャラいからと言ってイケメンであるとも限らない。

    よく街中で「なんであんな男が可愛いこと歩いているんだ」という光景を目にしたことがあるだろう。

    言うなれば男性は「顔がかっこよくなくても可愛い子とヤレる」のだ。

    これは、男性の特権と言っても良い。

     

    例えばではあるが、女性がブスで男性がカッコイイというシーンをあなたはどれだけ見てきたか?

    夢物語でもない限り現実のシーンではあまり目にする機会はないだろう。

     

    金があれば抱けるというのも決して悪いことではない。

    それがあなたの魅力の一つでもあるのだから。

     

    女性は実に面白い。男性の場合「ブスを見て抱きたい」と思うのはごく少数。

    男性のステータスとして可愛い女性を抱けば自慢をしたくもなるし自信がつく。

     

    一方女性は「男性のブス」という基準が明確に決まっていない。

    好みのタイプが一人一人によって違いすぎる。

    女性の場合、男性よりも深く慎重に相手を判断する傾向にある。

    年収・性格・価値観etc。

    数えれば、女性が男性に求めるのは口に言わないだけで山の数ほどあるかもしれない。

     

    女性は「誰々とやった」ということを男性ほど大体的には言わないだろう。

    顔がイケメンじゃなくても「可愛い子」とヤリあえるってわけだ。

    つくづく男に生まれてよかったと思ってる。

     

    日本では男女比率の人口が女性の方が高い。

    だから必然と全ての男性が女性とヤリあっても女性の母数は溢れる。

    男たちよ、もっと群れをなして女性と対峙して欲しい。

    多くの女性を知れるから経験値がとてつもなく上がる

    チャラついて得られることで、もっともでかいのが「女性に関しての経験値が上がること」だろう。

    とにもかくにも、女性を落としたいのであれば、女性を知ることから始めなければ意味がない。

     

    スポーツで表すのであれば相手チームを分析せずに戦うことを意味する。

    当然分析を怠ったチームは負けるべくして負けるだろう。

     

    負ける場合には必ず原因がある。

    女性を落とすことに対しても全く一緒だ。

    相手を理解しない上で自分を理解してもらおうと思うことには無理がある。

     

    女性を落としたいのであれば、ある程度女性に慣れていないと話や会話も続かない。

    さらに多くの女性を経験すれば、様々なタイプに出くわす。

    メンヘラ系・バリキャリ系・清楚系etc。

     

    最初は失敗しても良い、より多くの女性と遊ぶことで己が磨かれて不思議と自信がついていく。

    100人も声をかければ1人くらいは「可愛い子」とヤレるチャンスが巡ってくる。

    そこで得られる自信と経験はお金では買えない。

     

    焦るな。人間そううまくはいかない。まずは、女性の本質を知り「タイプごと」で落とすテクニックを感覚値で身につけることが大切だ。

    経験を積むことで、自分の中で女性を落とすルーティーンが確率されていき、その枠に当てはめることができれば面白いように女性を落とすことができるようになる。

     

  • 遊んで気づいた女性を落とすテクニックを簡単に紹介

    上記で、女性に関してのざっくりとした説明は済んだので、ここからは「どうすれば女性を落とせるのか」のテクニックについて具体的紹介していこうと思う。

     

    ただ、あくまでこれが全ての女性に当てはまるかと言われればそうではない。

    確率論で「多くの女性には」通用するという解釈で解説していくので、その点を踏まえて読み進めてみてほしい。

    年収の高さはあくまで目安。最初から武器にして戦うな

    先ほど上記で「金があれば抱ける」と紹介したが、これはあくまで一つの手段であって全ての女性には通じない。

    しかも金で落とせる女はあからさまに「お金が好き」とアピールをしてくる。

     

    時計や財布で、判断して相手側からクロージングされる常套手段だ。

    だが、女性もそれだけで相手の男性を認めるわけではない。

    「この人と一緒にいたい」と思うのであれば、極論ベストではあるが、その前に「俺はお金を持っている」とアピールをしたことで相手の心にはそれほど響きはしないだろう。

     

    例えば、お金を持っているというアピールの仕方にも別の方法がある。

    最初から自慢気に話されるよりは「実は・・・」のような後出し戦法の方が女性には効果的だ。

     

    一番のベストな後出しは、最後の最後に相手から仕事に関して質問されたタイミングで答えた方が、相手へのインパクトは強い。

    年収が高いことは確かに凄い。だが、これはあくまで一つの武器として持っているくらいがちょうど良いだろう。

     

  • 女性の話をメインに会話を進めろ。男なんてのは会話が切れた時に話すくらいで良い。

    不思議なことに女性という生き物は恐ろしいほど話好きだ。

    なぜあんなにも会話が途切れないくらいにネタを持っているのだろう。

     

    始めての女性とのデートで「この女の子をどうにかして落としたいな」と思えば自然とアピールをしたりするのが男という生き物。

    積極的に女性にアピールすることは決して間違いではない。

     

    だが、話好きの女性達に対し、男性が話を多くしてしまうことはナンセンスだ。

    「私の話を聞いてほしい」という女性の多くは、ただ男性達に話を聞いてほしいだけなのだ。

    話を聞いているだけでも女性達の中では自然と「この人は話しやすい」という感覚に落ちていく。

    「うんうん」とうなずいたり、「そうだよね」と共感をしておくだけで、コロッと決まることもある。

     

    これは相手が話好きな女性であればあるほど決まるであろう。

    また会話が切れた時に話す話題についても、女性主体で展開できるようなネタがおすすめだ。

     

    女性を会話で気持ちよくイカせろ。細かくジャブを入れ続ける

    前述の話と通じてくるが次に大事なのが、会話で女性をイカせることだ。

    言葉通りに女性を気持ちよくさせることが重要なのである。

     

    男性であればキャバクラに行った時に「お兄さん凄い♡」と褒められて良い気分になったことがあるだろうか?

    人は周りから褒められたりすると嬉しい生き物であり、感受性豊かなのでさらに褒められようと努力する。

    ならば、それを女性にしてあげれば良い。

     

    だが、ただ褒めるだけなら意味がない。

    典型的な良い例が、可愛くないが売れているキャバ嬢だ。

    彼女たちは、徹底的に会話の中で男性を気持ちよくさせるための術を知っている。

     

    相手の職業から見ていそうなニュース・話題・趣味などを分析して「なんでそんなことまで知っているの?」と驚くほどリサーチが凄まじい。

    それが仕事でもあるのだが、何より「大切なお客様をどうしたら離さずにいられるだろうか」を考えている。

    そこまで相手のことを考えて会話をできる人間が素人でどのくらいいるだろうか?

     

    彼女の服装・趣味・会話から好きそうなことや興味がありそうなことを徹底的に分析する。

    確かに髪型の変化や「そのネイル可愛いね」と、細かいポイントに気づいてくれる男性も評価は高い。

    だが、あくまでそんなのは通過点。

    もっと本質的な「女性を落とす」ということにコミットするのであればそれ以上の会話が必要だ。

     

    何もホームランを求めているわけではない。

    野球で言うなればホームランを打ち続けることは相当難しい技術だ。

    ならば、ヒットを打ち続けることはどうだろうか?

     

    ホームランを3打席連続で打つ確率と、3打席連続でヒットを打つ確率であれば、おそらく後者の方が確率はより高くなる。

    女性との会話でもジャブをゆっくりと打ち続けていけば、段々と相手の心に近づくことができると思っている。

    女性との会話でもコツコツ気持ちよくさせていき、最終的にホームランが打てればそれで良い。

     

  • 興味がありそうでなさそうなものをプレゼントしてみる。

    このように言ってしまうと「つまりそれってどっちなの?」と思うだろう。

    ニュアンスがわかりづらく申し訳ない。だが相手に「喜ばれるもの」をあげることは普通すぎる。

     

    高価なものをあげれば、付き合ってくれるのかと思うと女性は必ずしもそうではない。

    この「どちらとも言えないプレゼント」というのは敢えて、女性に興味を引き出し周りと違う感じがすると印象付ける狙いがある。

    例えば本だ。女性に送るプレゼントと言えば指輪やネックレスなど、女性らしいものを想像する人がいるだろう。

     

    その中で本を渡すというのは中々変わっている思考だ。もちろん、これで嬉しくないと思えばそれまでだが、少なくとも相手の頭の中には「何かしらの印象」を刷り込むことができる。

    大事なのはプレゼントをして喜んでもらうことではなく、記憶に残らせることだ。

    本を例にするのであれば、正直なんでも良い。

    できれば、小説などは避けて「コミュニケーション系」について書いてある本などだと興味が湧きやすい。

    難しかったら店員さんに聞いても良いだろう。

     

    相手の中で疑問を考えさせて、記憶に刷り込んでいく。少し変わっているかもしれないがぜひ試してみてほしい。

    意外と大きな効力を発揮する。

     

    男性にはギャップを磨いてほしい

    昔なら真面目より「少し悪い奴」の方が可愛い子からモテていたなんて覚えはないだろうか?

    そんな少し悪そうな奴がうさぎを撫でていたりしたら、ギャップにやられてコロッと落ちるのが女性だ。

    近年であれば、ドラマやメディアの影響力で王子様のような存在や誰でも真似できるようなスキルを鵜呑みにしている人間が多い。

    たまに「モテるためのワード〇〇選!」のようなものを目にするが、それだけで女性の心が動くなんて失礼にもほどがある。

     

    鵜呑みにして実践しているだけで、逆にモテるためから逃げているようにしか思えない。

     

    それならば、女性に見せるギャップを磨いた方が良いだろう。

    ギャップを磨くならばてっとり早くアピールできるのが料理だ。

    「何を作れるか」まで答えられたら、効果があるだろう。

     

    それなりに難しそうだけど凄そうな料理が良い。

    おすすめは「ローストビーフ」だ。

    ローストビーフを作れるとなれば、凄そうに見える。

    しかも意外とローストビーフは作るのが簡単だ。

     

    このようにギャップをアピールして女性を崩していくことができれば、自分の中で「女性を落とすルーティーン」というものが確率できるようになる。

     

  • まとめ

    今回紹介したテクニックは、あくまで一部である。

    しかし、チャラいという言葉は見た目や相手に与える影響以上に「得られる経験値」の方が圧倒的に高い。

    確かに美人級を抱くのは難しいことかもしれない。

    ただ、男性である以上、不可能なことではないのだ。

     

    むしろこれら上記で紹介したことを一度試してみてほしい。

    容姿を気にしたり、自分のスペックで負けを認めるくらいであれば、それはもう自分の価値をなくしてしまっている。

    「俺はモテない」と思った瞬間から男性は本当の終わりに向かう。

     

    あきらめずに、全ての同志達が今宵求める女性と一つになってほしいと心から願っている。

     

    ▼こちらの記事もおすすめ▼

  • 関連記事

    1. 【悲報】可愛く生まれたら300万円以上も得!?女は容姿が全てという話

    2. ​賃料・総工費共に日本最大級の相席ラウンジが梅田茶屋町にオープン!

    3. 炎上覚悟で慶應ボーイが登場!異次元すぎる幼稚舎と三田会の実態とは

    4. 相席ラウンジのシステム丸わかり!システムや値段を徹底解説

    5. 難波の相席屋・ラウンジ厳選4店!大阪で美女を探すならここで決まり!

    6. 彼女持ち男性を振り向かせるには?その方法と男性の本心を徹底解説!

    7. 【ダメ男好き診断】ダメ男の4つの特徴と好きになりやすい女性の3つのタイ…

    8. ダメンズの特徴10選!ダメンズウォーカーを抜け出す秘策とは?