美容院に行くベストな頻度とは?ヘアスタイルや悩みで頻度を変えよう

「どのくらいの頻度で美容院に行くのがいいのか分からない」とお悩みですね。

美容院に行くタイミングは、長さやカラーリングの有無、髪の悩みで異なります。

理想的な間隔で美容院に行くことで、自分に似合うヘアスタイルを維持できるのです。

今回は、美容院に行く頻度の他にもヘアスタイルと長持ちさせるコツや節約方法もご紹介していきます。

印象を左右する髪型を綺麗に保ち、自分の魅力を最大限に発揮させてみましょう。

1.髪型によって美容院に行く頻度

髪の毛の長さで美容院に行く頻度は変わります。

まずは、髪型別でのおすすめの間隔を確認しましょう。

1ヶ月半~4ヶ月と幅があるので、自分の髪型にピッタリの頻度を覚えておくとキレイに髪型を保てます。

自分に合う頻度で美容院に行くことで、理想的な髪型をキープ出来るようになるはずです。

頻度1.ショートやボブは1ヶ月半~2ヶ月ごとがおすすめ

ショートやボブは1ヶ月半~2ヶ月ごとがおすすめです。

髪の毛が短いショートやボブスタイルは、少し伸びただけでも目立ってしまいます。

バランスを保つためにも、美容院に行く頻度は短めとなるのです。

小まめにカットし、全体のフォルムをキープしていきましょう。

頻度2.ミディアムやセミロングは2ヶ月~3ヶ月ごとに行こう

ミディアムやセミロングは2ヶ月~3ヶ月ごとに行きましょう。

全体のスタイルが崩れ始め、毛先の傷みが気になる頃です。

長さを変える予定がない場合は、2ヶ月~3ヶ月間隔をワンセットにし美容院に足を運んでください。

そうすることで、常に整った髪型を維持することが出来ます。

頻度3.ロングは3ヶ月~4ヶ月ごとでOK

ロングヘアーの方は、3ヶ月~4ヶ月ごとでOKです。

長いことで、ヘアスタイルのバランスの崩れが目立ちにくい特徴があります。

毛先の傷みが気になってくるなどしたら美容院に行くよう意識してください。

「髪のメンテナンス」という間隔で、3ヶ月~4ヶ月に1度は美容師さんに見てもらいましょう。

2.美容院に行くタイミング

髪型ごとで美容院へ行く頻度を紹介しましたが、さらにキレイな髪型を保つために知っておきたいタイミングがあります。

美容院へ行くタイミングは以下の3つのタイミングです。

  1. 髪型のバランスが悪くなってきた
  2. 毛先の痛みが目立ってきた
  3. ヘアスタイルで悩んでいる

自分に当てはまるかどうか、しっかり確認していきましょう。

髪の毛の手入れ次第で見た目がグッと良くなります

自分に合うタイミングで、美容院に足を運んでみてください。

タイミング1.髪型のバランスが悪くなった

鏡でチェックして、髪型のバランスが悪くなったら美容院に行くタイミングです。

美容師さんは、顔や頭の形に合わせてカットなどを施しています。

バランスが崩れている場合、印象が重たく映るようになってくるので気をつけてください。

自分の魅力を取り戻すためにも、バランスが悪いと感じたら美容院に足を運んでみましょう。

タイミング2.毛先の傷みが目立ってきた

毛先の痛みが目立ってきたら美容院に行きましょう。

健康的で艶やかな女性の髪は人々の全貌の的と言えます。

毛先が傷んでいると「清潔感が感じられない」と周囲の人は受け止めてしまうのです。

傷みを見つけたら美容師さんに毛先をカットしてもらうなど、傷みを目立たないように意識してください。

タイミング3.ヘアスタイルで悩んでいる

自分に合う髪型がどれだか分からない時は、美容室に行き相談してみましょう。

美容師さんは長さなどの要望を聞きつつ、髪質やくせ毛の有無を考慮してヘアスタイルを提案してくれます。

ヘアスタイルで悩んでいると、笑顔が消えがちになり魅力的に映りません。

自分らしいヘアスタイルを取り入れることで、周囲の人から「明るくなったね!」と言われるはずです。

3.ヘアカラーで美容院に行く頻度

ヘアカラーをしている場合、カラーによっても美容院へ行く頻度は変わります。

3つのヘアカラーのタイプに分けて頻度を確認しておきましょう。

  1. 明るめのヘアカラーなら1ヶ月~1ヶ月半がベスト
  2. ダークカラーなら2ヶ月がおすすめ
  3. 白髪染めは2ヶ月間隔で綺麗さをキープ

美しカラーを保つために、自分に合った間隔を覚えておくことは大切です。

適切な頻度で美容院に行ってみましょう。

3-1.明るめのヘアカラーなら1ヶ月半がベスト

明るいヘアカラーは1ヶ月半ごとに美容院に行きましょう。

髪が伸びることで、地毛との境目が目立ちがちです。

プリン状態を避けるためにも、早めにカラーリングをし直すことをおすすめします。

頭頂部の地毛が見えてきたら、ヘアカラーのサインです。

3-2.ダークカラーなら2ヶ月がおすすめ

ダークカラーは2ヶ月に1度の頻度が基本的におすすめです。

抑えめのカラーや元の髪色に近いカラーだと地毛との差が目立たちません

こういった条件が揃い、かつロングヘアーの場合は3ヶ月間隔でも大丈夫です。

定期的に地毛との境目をチェックして、ヘアカラーの時期を見逃さないようにしましょう。

3-3.白髪染めは2ヶ月間隔で綺麗さをキープ

白髪染めの場合は2ヶ月間隔で行うことで綺麗さをキープできます。

若白髪などに悩んでいる場合は、美容院に行き美容師さんに相談してみましょう。

適切な方法で白髪染めをし、自分でするよりも色が長持ちします

4.パーマをかける頻度と長持ちさせる方法

パーマをかける頻度や長持ちさせる方法は3つあります。

  1. カットの時に一緒にパーマをかける
  2. ダメージ防止でカラーとは別の日にする
  3. パーマ用の製品を使う

3つのポイントを抑えることで、頭皮への負担が減りパーマを長持ちさせることが出来るはずです。

方法1.カットの時に一緒にパーマをかける

カットの時にパーマをかけましょう。

美容師さんがカットをした上で、新しい髪型に合うようにパーマをかけてくれます

頭の中でイメージを湧きながら行うので、1回でフォルムの整った髪型に仕上がるのです。

方法2.ダメージ防止でパーマとカラーは別の日にする

ダメージ防止も兼ねて、パーマとカラーは同じ日にしないようにしましょう。

パーマもカラーも頭皮への負担が大きいです。

2つ同時に行うと、頭皮がダメージを受けて抜け毛などのトラブルを引き起こすかもしれません。

また、先にヘアカラーをしてからパーマをすると、色落ちする場合もあります。

美容院に行く回数が増えてしまいますが、パーマとカラーは別の日にするなど心がけてください。

方法3.パーマ用の製品を使う

パーマを長持ちさせるために、シャンプーやトリートメントなどはパーマ用の製品を使いましょう。

ヘアムースなどの整髪料でも、パーマ用が販売されています。

日頃の手入れ次第でパーマの持ちが良くなるので、専用の製品を使うことは大切です。

パーマの持ちを良くし、自分に似合う髪型をキープしていきましょう。

5.ホームケアで髪の毛の健康を保つコツ

できれば、美容院へ行かずに髪の毛を綺麗にしたいですよね。

そんな人はホームケアをすることで、髪の毛の健康を保つ3つのコツを覚えておきましょう。

  1. 自分の髪質に合ったシャンプーで洗う
  2. 髪の毛をすぐに乾かす
  3. 洗い流さないトリートメントを使う

髪の毛の状態は自分の印象に直結するので、しっかりとホームケアをしていきましょう。

コツ1.自分の髪質に合ったシャンプーで洗う

自分の髪質に合ったシャンプーを使いましょう。

とくに、髪が傷みやすく美容院でトリートメントなどを施術してもらっている場合は注意が必要です。

洗浄力の高いシャンプーを使用すると、トリートメント剤が取れやすくなります。

自分の髪に合うシャンプーが分からない時は、美容師さんにおすすめの銘柄を聞いてみましょう

適切なシャンプーを使うことで、トリートメント効果の持ちを良くすることが出来るのです。

コツ2.髪の毛をすぐに乾かす

髪の毛を洗ったら、時間を空けずに乾かしましょう。

髪の毛が濡れていると、髪のキューティクルが外に流れやすくなります

キューティクルが少ない髪は、パサつきがちになり傷みが激しくなるのです。

低音のドライヤーで根元から毛先へと丁寧に乾かしていきましょう。

日頃のケアで髪の毛の美しさを維持出来るのです。

コツ3.洗い流さないトリートメントを使う

髪の毛の傷みが激しい時は、洗い流さないタイプのトリートメントを使ってみましょう。

ドライヤーの熱から髪を守ったり、パサついた髪が艶やかになる効果も期待できます。

オイル、クリーム、スプレーなどのタイプがあるので自分に合ったものを選ぶことが大です。

  • ドライヤーを使う回数が多い方はオイル
  • 髪の毛の乾燥やダメージが気になる方はクリーム
  • スタイリング剤の代わりに使いたい方はスプレー

以上のように、髪質に合わせて使ってみましょう。

6.美容院の頻度を減らさない節約テク

美容院に行く頻度を減らさずに節約する方法は3つです。

髪の毛の手入れはしたいけれど、頻繁に行くとどうしてもお金がかかります。

3つの方法を実行すると、髪の毛の手入れはしっかり出来つつお金を節約することが出来るのです。

「髪の毛はベストコンディションを保ちつつ節約したい!」と考えている方は実行してみてください。

節約テク1.カットモデルをする

カットモデルに応募して美容院代を節約しましょう。

新人の美容師さんの練習としてカットモデルを募集している美容院があります。

カットモデルの役割は、経験の浅い美容師にとって様々な髪質をカットし技術向上の場を提供していることです。

大半のケースで無料もしくは低価格でカットが出来ます。

カット代を節約したいのなら、カットモデルを利用してみましょう。

節約テク2.クーポンを利用する

フリーペーパーなどのクーポンを利用し、美容院代を節約しましょう。

新店舗だと特にカットやパーマ、ヘアカラーなどの多種多様な割引サービスがあります。

「パーマをしたいけれど金額が気になる」という時は、クーポンを上手に使ってみましょう

最新のパーマやヘアカラーを格安で体験することが出来るのです。

節約テク3.1000円カットに行く

カットにお金をかけたくないと考えているなら、1,000円カットを有効活用しましょう。

短時間に仕上げる1,000円カットは、安さが売りの美容院です。

とくに以下に上げる3つの特徴を持つ方は1,000円カットをおすすめします。

  • 美容師さんとの会話が苦手
  • ヘアカラーやパーマをしない
  • とにかく安くカットしたい

1回のカット代をグッと抑え、頻度を変えずに節約を実現出来るのです。

7.髪の悩みで美容院に行く頻度

くせ毛や伸ばしかけなど、髪の悩みを抱えている時は定期的に美容院に行くことが大切です。

髪型のバランスを保ったり、毛先のカットなどメンテナンスが必要となります。

美容師さんのアドバイスを聞きながら、自分にとって理想的な髪形を維持していきましょう。

7-1.くせ毛は最長2ヶ月ごとにカット

くせ毛は最長2ヶ月ごとにカットするように心がけてください。

髪の毛が伸びてくると、スタイリングがしにくくななどの問題が出てきます。

うねりが出てきて見た目も悪くなるので、基本的に2ヶ月間隔で美容院に足を運ぶことをおすすめします。

くせ毛の強さで間隔も変わっていくので、普段からバランスをチェックするなど気をつけてください。

7-2.伸ばしかけは2ヶ月~3ヶ月に1度

伸ばしかけの時も、2ヶ月~3ヶ月に1度は美容院に行き整えてもらいましょう。

傷んだ毛先をカットし、髪型のフォルムを綺麗にすることが出来るのです。

ずっと伸ばしたままだと、少しずつ髪のバランスが崩れて印象が暗くなります。

伸ばしかけでも整った髪型を維持することは大切です。

まとめ

ヘアスタイルによって美容院に行く頻度が変わります

自分の魅力を引き出す髪型をキープするために、定期的に美容院に足を運ぶことは大切です。

その一方で、お金がかかるのも事実なのでカットモデルやクーポン、格安美容室を賢く利用して整った髪型を手に入れてください。

パーマなどを長持ちさせるためにも、日頃からホームケアをすることで髪の毛をベストコンディションに保てます。

なりたい自分をキープ出来るよう、間隔を決めて美容院に通ってみましょう。

関連記事

  1. 彼女ができないのは何故?あなたが陥っている理由と解決策を伝授します!

  2. 皆はどうしてる?付き合ってから気になるデートやエッチ事情を解説!

  3. デートのドタキャンはキレるべき?許すべき?結局愛されるのは?byE子

  4. 一緒に寝ると彼氏と仲良くなれる!ラブラブなカップルになる方法とは?

  5. 女子力の高い女性のバックの中身とは?7つのマストアイテムをご紹介♡

  6. 脈あり女性が見せる21の態度とは?チェックしてデートに誘おう!

  7. 彼氏が会ってくれない原因4選!秘密のテクで彼の心を取り戻そう!

  8. お泊まりデートなら必見!持ち物・服装・夜用メイク・注意点を全特集