ラインで心を掴め!付き合う前の女性に響くラインの頻度とネタ5選

「好きな女性にいつどんなふうにラインのメッセージを送ったら心に響くんだろう…」

好きな気持ちが強ければ強いほど、いろいろ迷って悩んでしまいますよね。

しかし、迷っているだけでは、目の前にあるチャンスを逃してしまいます!

今回は、付き合っていない女性へのラインの適正頻度と、距離を縮める5つの会話ネタをご説明するので参考にしてください。

この記事を読んで、ラインを最大限活用して好きな女性との幸せな未来をゲットしてくださいね。

1.付き合う前のラインの頻度とは?

付き合う前は、3時間に1回程度のペースが自分をラインで最も上手にアピールできるペースです。

好きな女性とは話したい、自分を気にしてほしいと高頻度で送ってしまいがちですが、それではアピール上手とは言えません。

好きな女性とちょうど良い距離感を作れる3時間の理由と、この時に気を付けるべきポイントも2つ合わせてご紹介しますね。

  • 1-1.3時間に1回がベストなワケ

    Woman Wearing White Long Sleeve Shirt Sitting on Brown Wooden Stairs

    付き合う前の女性へのラインの頻度が3時間に1回が理想的である理由は、女性にとって居心地が良いペースだからです。

    しつこすぎず、あっさり過ぎず、それでいて「あなたのことが気になっています」という男性の気持ちが女性にほどよく伝わる絶妙なインターバルが3時間なのです。

    そして、相手にも負担にならない間隔なので、距離を詰めるには最適な頻度といえるでしょう。

    1-2.女性との距離感にも気を付けて!

    3時間が最も望ましいといいましたが、これは誰にでも当てはまる頻度ではないのでご注意ください。

    気になる女性もあなたのことを好ましく思っている時には、この頻度がベストです。

    しかし、女性とラインの交換やメッセージのやり取りはしているけれど、まだただの友人レベルの関係性なら、3時間は少し多いでしょう。

    友達以上恋人未満という関係の時にこそ最大の効果を発揮する3時間なのでお間違いのないように。

    「まだそこまでアプローチできてないんだ」という男性は、1日に2~3回、具体的には朝の「おはよう」やお昼の何気ないメッセージ、そして夜の「お疲れ」程度のメッセージから始めましょう。

    その何気ない会話の中で、少しずつ距離を縮めていき、徐々に間隔を3時間にしていくのが、相手の女性に警戒されない上手なアプローチです。

  • 1-3.相手のペースにも合わせて!

    I Hate Nothing About You With Red Heart Light

    友達以上恋人未満のいい感じだからといって、自分勝手は嫌われてしまうのでくれぐれも相手のペースに合わせることをお忘れなく!

    例えば、相手は夜勤のお仕事の女性なのに、自分の生活サイクルに合わせて朝早くから「おはよう! 今日は雨だね」なんて能天気なラインを送られても迷惑に感じるだけですよね。

    また、逆に早く起きて出勤する女性だった場合、急いでメイクや着替えをしている慌ただしい時間帯に「もう出かけるとこかな? 」なんてラインを送られたら…?

    これはもうただただ鬱陶しく、空気読まないヤツと敬遠されてしまうのは必至でしょう。

    ラインで相手の心を掴むためには、相手の生活サイクル、そして気持ちの余裕がありそうな時を見計らってラインをする配慮が大事です。

    また、タイミングが合う相手=自分に合う相手・居心地の良い相手と女性は感じやすいので、その点でも相手のペースにあわせることは効果的です。

    2.付き合う前のラインで好感を持たれる会話ネタ5つ

    ある程度親しい関係を築けているなら、付き合う前のラインの内容をより魅力的なものにするとっておきの会話ネタがあります。

    「内容を魅力的なものにするって難しそう」と不安に思うかもしれませんが、そんなにハードルが高いものではありません。

    ただ、相手のことを尊重し、自分の誠実さを伝えるよう心掛ければ、自然と相手の興味を引いて信頼を築けるやりとりとなるはずです。

    次に5つご紹介するので、ぜひ参考にして今すぐ使ってみてください!

  • 1.1日に1回は褒める

    Shallow Focus Photography Of Girl Clapping

    好きな女性の心をつかむには、なによりも褒めることが大事です。

    褒めてくれる相手に嫌悪感を感じる人はまずいませんね。

    「そういうほかの人が気付かないようなところに気付くってすごく素敵だね」などさりげなくピンポイントで褒めることが重要です。

    褒める場合は、外見よりも中身重視の発言に徹し、不器用でも表現がへたでも自分らしい自分の言葉で1日の会話で1回は伝えましょう。

    その一生懸命さや一途さが女性のあなたへの好意をより高めてくれます。

    2.具体的な会話や質問をする

    Two Brown and Blue Ceramic Mugs

    ラインの会話は、表層的なものばかりではなく、相手を知り自分を知ってもらえるような具体的な会話や質問を心がけましょう。

    質問ばかりも相手にとってはプレッシャーになるので、相手の女性:自分=8:2くらいで自分のことも織り交ぜるようにしてくださいね。

    また、質問するなら相手の女性が答えやすい質問を心がけるのも重要です。

    例えば、「遊園地ってどこが好き? 」よりも、具体的に「自分はディズニーシーよりランドのほうが好きなんだよね。〇〇さんはどっち派? 」など相手が返事を返しやすいものにするのがデキる男の気配り。

    そんな質問なら気軽に答えられますし、さらに次の会話に広げてお互いの仲を深めていけることでしょう。

  • 3.頑張っているところを認める

    2 Brown Rabbits Smiling At Each Other

    会話を魅力的にするために、相手を認めて評価するのもおすすめです。

    「〇〇さんはいつも仕事に一生懸命で頑張ってすごいね。見ている俺が元気をもらえるよ」など具体的に認める言葉が心に響くことでしょう。

    今は自己肯定感の低い人やその裏返しで承認欲求が強い人も増えています。

    だからこそ、全面的に自分を認めてくれる相手には親近感や信頼感を抱きやすく、そこから恋愛感情に発展することも少なくありません

    特に相手の女性が、頑張っても評価されない、認めてもらえないなど現状に不満を抱いているようならその言葉は強く深く女性の心に響くことでしょう。

    頑張りを認めつつ、自分がその点に好感を持っていることをプラスして伝えれられれば最高です。

    4.何気ない会話を覚えておく

    何気ない会話を覚えていることを伝えることも効果的です。

    例えば、「〇〇さんのアンディ(犬)って15歳だっけ」など以前に女性がちらっと話したことを時間をおいて持ち出すのです。

    できれば、「〇〇さんのアンディが気に入りそうなドッグラン見つけたよ」などさらに発展させるメッセージならば満点。

    「自分が以前に何気なく話したことをちゃんと聞いていて覚えてくれている! 」というのは、男性が思う以上に女性にとってすごくうれしいことなんです。

    しかも、そこから話を広げてくれる男性なら「私のことをちゃんと受け止めてくれるんだ」と心を開きたくなるものです。

    プライベートな話は2人の関係性が深まってきた証拠でもあるので、どんどん広げていきましょう。

    5.心に残る写真を送る

    Black Camera With 3 Paris Landmarks Photos

    「見て! 虹が出てる」など、その時にあなたが相手の女性に見せたいと思った写真があれば送るのも効果的です。

    高頻度で送るのは女性側にも負担ですので、できれば数日に1回など間隔をちょっとあけてメッセージをつけて送るのがポイント。

    例えば、道端で昼寝している猫の写真を撮って「俺ものんびりしたい。〇〇さんも無理しないでね」などの気遣うメッセージは好感度も高いことでしょう。

    あるいは、新装開店のカフェの写真を見て「〇〇さんと行ってみたいお店その1(笑)」などさりげなく誘うのもおすすめです。

    女性が好みそうな写真+気遣いや好意を寄せていることが伝わるメッセージで、女性の心の壁も次第に取り外されていくことでしょう。

    3.付き合う前のラインで気を付けるべき7つの点

    Silver Iphone 6

    ラインのやり取りでもよい感じになったとしても、付き合う前なら気を付けたほうがよい点が7つあります

    不用意なラインでせっかく縮めた距離を台無しにしてしまわないように、今からご紹介する以下のポイントにくれぐれもご注意くださいね。

    それさえ守れば、ゴールまであと少しですよ。

    1.下ネタ

    女性には決して下ネタを絶対に送ってはいけません。

    少し親しくなった女性に男性がやってしまいがちですが、付き合う前の男性からのあからさまに性的な雰囲気に女性の警戒心はMAXとなります。

    男社会では円滑なコミュニケーションを図るために下ネタが用いられることもありますが、それは女性に対しては通用しません。

    下ネタ発言をする男性はただのセクハラ男でしかありませんし、嫌悪感しか沸いてきません。

    こちらとしては軽い冗談や単に親しみを込めたつもりであっても、女性にとっては強い不快感を感じることも多いので、好きな人に幻滅されて嫌われないためにも下ネタは絶対に避けましょう。

    2.べた褒め

    White Paper Printed With "love"

    あからさまにご機嫌取りをしているような言葉でのべた褒めは、かえって女性を白けさせてしまうので気を付けてくださいね。

    「誰にでも言ってそう」と軽い男・チャラ男と思われて嫌われてしまいます。

    また、女性なら喜ぶだろうと「かわいいね」や「きれいだ」などの外見を褒める安易な言葉を多用してしまいがちですが、それも厳禁です。

    相手が外見に自信のある女性なら、そんな言葉は今までの人生でたくさん言われてきたので全く心に響きません。

    それどころか「やっぱり外見しか見てないんじゃないの」と相手から軽蔑されるおそれもあります。

    褒めることは円滑なコミュニケーション・良い関係を築くのに不可欠ですが、やりすぎはかえって逆効果です。

    褒めるとするなら「いつも思うんだけど、髪の毛すごくきれいだよね」とか「姿勢がとてもきれいだけど、なにかスポーツやってた? 」など個別具体的に褒めるようにしましょう。

    3.恋人気どり

    Woman Punching Men's Face

    付き合ってもいないのに相手の女性を束縛するようなメッセージを絶対に送ってはいけません

    「今日、何してた? 」とか「誰と出かけたの? 」と根掘り葉掘り聞くような男は、「この人、付き合い始めたら面倒くさい彼氏になりそう」と要注意案件扱いされて距離を置かれてしまうことでしょう。

    好きな人の日常はとっても気になるのは当たり前です。

    しかし、そこを詮索できる立場に自分はまだ立てていないのですから、そこは男らしくどーんと落ち着いて男の余裕をみせるようにしましょう。

    4.ひとりごと・自分語り

    ひとりごとを好きな女性に送ってはいけません。

    「今日は朝から電車が混んでいた」とか「食事に行ったら休業だった」など、どうでもいいひとりごとは彼女なら許容範囲ですが、そうではない相手からするとウザいだけです。

    自分では自覚がないかもしれませんが、それは傍からみるとただのかまってちゃんでしかありません。

    そんな男性に心ときめく女性もまず存在しないことでしょう。

    会話のネタにと持ち出したのかもしれませんが、相手から共感を得られないような発言はこの時点では避けるのが賢明です。

    また、「俺ってこういう人だから」という自分語りも厳禁です。

    「うわ~、ナルシスト」とドン引きされてしまうので、あくまでも自分のことは尋ねられたら答える程度にしておくのがコツですよ。

    5.返事の催促

    相手からの返事がなかなかこないからといって返事の催促のメッセージを送るのもやめましょう。

    返事がないと「嫌われちゃったかも」と不安になるでしょうが、単に忙しくて時間がなかっただけ・スマホの充電が切れていただけなどといったケースがほとんどです。

    返事が来なくて心配になって連投ももってのほかです。

    ラインの未読メッセージ数をみただけで相手の女性はゲンナリしてしまうことでしょう。

    なかなかラインが来なくても、最後のメッセージを送信してから1日くらい経った後で「きのうどうした? 体調悪かった? 心配だよ」と気遣うメッセージを送っておくだけで十分です。

    多少のことで慌てず焦らず、返事がないのは良い便りとどっしり構えておきましょう。

    6.強気な発言

    Portrait of Young Man

    女性はぐいぐい引っ張ってくれる強引なくらいの男性が好きだろうと、強気な発言を繰りかえすのも悪手です。

    女性から上から目線の発言が許されるのは、かなり親密度が高い相手だけです。

    特に微妙な関係にある現時点でのオレ様発言は効果的なアプローチ方法ではありません

    また、ラインはメッセージのやり取りですから、文章がかなりうまい方ならいざしらず、その時のあなたの意図や雰囲気を文章だけで正しく伝えることは簡単ではないですよね。

    相手に、強気すぎると思われるような言い回しや表現は避けたほうが無難ですよ。

    7.ネガティブ

    Man's Portrait Photo

    あまりにネガティブすぎる発言も相手も憂鬱になるのでやめましょう。

    自虐ネタを時々持ち出して相手を和ませるのは良いのですが、常に「どうせ俺なんて」という男性に魅力を感じる女性はまずいません。

    普段から、好きな人とのラインのメッセージは、前向き・ポジティブ・明るいイメージを心がけること!

    そのほうが断然「一緒にいて楽しそう」などと女性から高評価・好印象を持たれることでしょう。

    4.まとめ

    付き合う前は、お互いに手探り状態・微妙な関係なので、どのように距離を縮めればいいのかわからないのも当然です。

    だからこそ、ラインという便利な文明の利器を使って、効果的にアプローチをしましょう。

    相手を思い遣り、大事に考えている気持ちが伝わる言葉は、必ず女性の心に届きます

    そして、自分を大切にしてくれる男性に対して、女性は次第に心を開いていくことでしょう。

    好きな女性のハートをつかむ心のこもったメッセージで、二人の距離がもっと近づき、素敵なゴールを迎えられることを応援していますね。

  • 関連記事

    1. 当てはまってない?あなたが合コンに呼ばれない理由とその対策

    2. 君は何を武器に女性と戦う!?セックスまで導く会話術

    3. 見逃さないで!奥手な彼氏の愛情表現|奥手でも上手に付き合う方法

    4. 気になる人と好きな人の違いとは?恋の初期に効果的なアプローチ方法を紹介…

    5. デートに誘われるのは彼女候補だから♡脈ありサインや告白される方法を伝授…

    6. 愛されたい…愛される女性はどんな人?特徴や愛される方法を伝授!

    7. 【名古屋】自分にぴったりの婚活パーティーを選んで素敵な人に出会おう

    8. マシュマロボディの作り方やケアの方法は?男ウケする身体になろう!