38歳は人生の分かれ道?38歳の女性の特徴と結婚できない理由を解説

「38歳になってまだ結婚していないけど、私は結婚できるのかな?」
「世の中の男性は、38歳の女性のことをどう思っているんだろう?」

このようにお悩みではないですか?

実は、38歳の女性を取り巻く現状は非常に厳しく、人生の分かれ道であると言っても過言ではありませんよ。

この記事では、38歳の女性がどんな女性か、38歳の女性の5つの特徴、38歳女性が結婚できない5つの理由、38歳女性の魅力や婚活のポイントなどについて解説します。

この記事を読んで、「38歳の女性」というあなたの現状を見つめなおし、これからの人生を前向きに生きるヒントにしてください。

 

1.38歳女性とは?

38歳になった女性は、40歳を目前にして自分の未来をしっかりと考えねばならない岐路に立っています。

それは、あなたの周囲とあなた自身に変化が現れるからです。

具体的には、次の2つです。

  1. 結婚や子どもへの反応
  2. 健康状態の変化

それでは、1つずつ解説していきます。

 

1-1.結婚や子どもの話題に敏感になる

38歳になると、あなただけでなく周囲が結婚や子どもの話題に敏感になり始めます。

確かに、現在は晩婚化が進み、結婚しない女性が増えてきました。

しかし、あなたの親世代の本音は「結婚して子どもを産んでほしい」が多数派を占めています

帰省するたびに、両親や親せきから

「そろそろ結婚しないの?」
「子どものことを考えたら、早く結婚するに越したことはないよ」

と言われる機会も増えるでしょう。

こうなると、嫌でも結婚や子どもを意識せざるを得ません。

それが、「38歳の女性」が置かれた立場なのです。

 

1-2.健康状態が変化し始める

38歳という年齢は、若いころは気にならなかった健康状態が気になってくる時期でもあります。

なぜなら、女性特有の病気にかかる可能性が増え、容姿の衰えが目立ち始めるからです。

35歳を超えて出産経験がない女性は、女性特有の病気にかかるリスクが増えるというデータがあります。

子宮内膜症や子宮筋腫、子宮頸がん、乳がんなどです。

お肌の老化も、40歳を目前に控えた今では、メイクでごまかすのは厳しいと言わざるを得ません。

40歳を目前に控えた38歳の女性は、自分の将来をしっかりと考えなければならない時期なのです。

 

2.38歳女性ってどんな女性?38歳女性の5つの特徴

ここからは、38歳の女性の特徴をご紹介します。

38歳の女性の特徴は、以下の5つです。

  1. 何に対しても自信がある
  2. お金に余裕がある
  3. 「年齢より若く見える」と思い込んでいる
  4. 「仕事を頑張りすぎた」と後悔している
  5. 本当は結婚を意識している

それでは、1つずつ解説していきます。

 

2-1.何に対しても自信がある

38歳の女性は、何に対しても自信があり、同年代の主婦層の中で天狗になっています。

理由は次の2つです。

  1. 仕事にプライドを持っている
  2. 自分の外見にお金をかけられる

それでは、解説していきます。

 

理由1.仕事にプライドを持っている

38歳の女性は、仕事にプライドを持っています。

自分の力でお金を稼いできたという事実が、自信の裏付けになっています。

「配偶者の収入に頼り切って生活している専業主婦とは私は違うんだ」というプライドを持っているのです。

38歳の女性は、正社員としてバリバリ仕事をしている自分に誇りを持っています。

 

理由2.自分の外見にお金をかけられる

38歳の女性が自信を持てるのは、外見にお金をかけられるからです。

エステやヘアサロンなど自分磨きにお金を使えるため、自分の美しさに自信を持てるのですね。

主婦層は子育てや家事で疲れ果て、メイクやヘアスタイルに気をつかう余裕がなくなっています。

そのような主婦たちと違い、まだまだ自分は美しいと思っている女性が多いです。

38歳の女性は、仕事面でも外見面でも、自分に自信を持っていることが多いのです。

 

2-2.お金に余裕がある

38歳の女性は、お金に余裕があります。

お金に余裕がある理由は、次の2つが考えられます。

  1. 貯蓄をする必要がないから
  2. 高収入の女性が多いから

それでは、1つずつ解説していきます。

 

理由1.貯蓄をする必要がない

38歳で独身の女性は、貯蓄をする必要性をあまり感じていません。

子育てにかかる費用や、子どもの将来に向けての貯蓄をする必要がないからです。

貯蓄を考えなければ、高級なデパートコスメやブランド品を買う余裕も充分にあります。

節約を考えて毎日チラシを見比べ、少しでも安い食材を買いに行く必要もないですね。

このように、38歳の独身女性は貯蓄を意識せずに生活できるのです。

 

理由2.高収入の女性が多い

38歳の女性には高収入を得ている人が多いです。

新卒から産休や育休をとることなく仕事に励み、職場から高評価を受けてきた結果です。

パートやアルバイトに出ている主婦層とは、収入に天地の開きがあります。

長期休みのたびに海外旅行でリフレッシュすることも不可能ではありません。

このように、38歳の女性はお金に余裕があり、我慢することなく人生を謳歌している女性が多いのです。

 

2-3.「年齢より若く見える」と思い込んでいる

38歳の女性は、「年齢より若く見える」と思い込んでいます。

なぜなら、自分の自由になるお金が多いため、好きなだけ美容にお金を使えるからです。

たとえば、高級なデパートコスメを買ったり、ヘアサロン、エステサロンに定期的に通っている女性も多いですね。

妊娠・出産をして体型が崩れてしまった女性がいる一方で、独身で出産経験のない38歳の女性はプロポーションを保つことができます。

このように自分の外見にお金を使うことができ、体型が崩れる心配もありません。

そのため、「自分は年齢的にはアラフォーだが、アラサーと言っても通用するはずだ」と思っている女性が多いのです。

 

2-4.「仕事を頑張りすぎた」と後悔している

38歳の女性の中には「仕事を頑張りすぎた」と後悔している人もいます。

仕事に励み、出世街道を突き進むあまり、結婚適齢期を逃してしまったのが大きな理由です。

職場での話題も、知らず知らずのうちに家庭や子どものことが中心になっていきます。

その中で、独身女性は話についていけず疎外感を感じることが多くなってしまうのです。

とはいえ、結婚しようと思っても同世代の男性はほとんど結婚してしまっているため、相手になる独身男性が不足しています。

38歳の独身女性は、仕事にまい進してきた自分を後悔するようになるのです。

 

2-5.本当は結婚を意識している

38歳の独身女性は、本当は結婚を意識しています。

家族や親せきなど、周囲からの無言のプレッシャーを感じ取るようになるからです。

38歳にもなると、男女問わず同僚のほとんどが結婚し、子どもを持っているのが普通になっています。

特に、今まで独身仲間だと思っていた友人が結婚すると、祝福する気持ちの裏で

「私は結婚しないままでいいのかな…」

という疑問を持ち始めるのも無理はありません。

このように、38歳の独身女性は40歳を目前にして、結婚を強く意識するようになっていくのです。

 

3.38歳女性が結婚できない5つの理由

ここからは、38歳女性が結婚できない理由をご紹介します。

なぜ、38歳の女性は結婚できないのでしょうか?

理由は次の5つです。

  1. 妊娠しづらい
  2. 妊娠・出産にリスクがある
  3. 容姿が劣化している
  4. 婚活に必死になりすぎる
  5. 「自分はモテた」と過去の栄光にすがっている

それでは、1つずつ解説していきます。

 

3-1.妊娠しづらい

女性が38歳になると妊娠しづらいという現実は、結婚の大きな妨げとなります。

理由は次の2つです。

  1. 医学的な妊娠適齢期は20代
  2. 子どもを望む男性は若い女性を選ぶ

それでは、1つずつ解説していきます。

 

理由1.医学的な妊娠適齢期は20代

女性の妊娠適齢期は医学的には20代です。

10代から始まった生理が安定して、卵子の数も質も十分になるのが20代だからです。

特に妊娠しやすいピークは25歳というデータもあります。

しかし、30代になると一気に不妊症のリスクが上がるのです。

希望する子どもの人数が1人なら、30代前半でも間に合うかもしれません。

しかし、38歳となると子どもを1人持つのも厳しいという医師の意見もあります。

医学的なデータに基づくと、38歳という年齢は決して妊娠に適した時期とは言えません。

 

理由2.子どもを望む男性は若い女性を選ぶ

理由の2つ目は、子どもを望む男性が若い女性を選ぶ傾向にあることです。

強く子どもを希望する男性は、どうしても妊娠しやすい20代の女性に流れがちなのです。

38歳になった女性が妊娠しづらいことは、今や男性の多くが知っています。

どんなに性格の相性が良くても、「38歳」という年齢だけで結婚対象から外れてしまうことは十分考えられますね。

「妊娠しづらい」という理由で、38歳女性が結婚できる可能性は残念ながら低くなってしまうのです。

 

3-2.妊娠・出産にリスクがある

38歳になった女性が妊娠できたとしても、その妊娠・出産にはリスクが伴います。

出産には体力が必要ですが、38歳になった女性はすでに体力が衰えているからです。

たとえ妊娠できたとしても、無事に出産できる確率は低くなってしまいます。

具体的なトラブルとしては、流産、妊娠高血圧症候群、前置胎盤があります。

そして、高齢出産となると、先天的に障害を持った子どもが生まれる可能性も高くなるのです。

このようなリスクを避けようとする男性が、若い妊娠適齢期の女性を選ぶのは、自然な流れと言わざるを得ません。

 

3-3.容姿が劣化している

容姿の劣化が原因で結婚できない38歳の女性もいます。

急激に衰えた容姿を、花の盛りを迎えた若い女性と比較されるからです。

38歳の肌は20代のころのハリがなくなり、くすみが目立ち透明感もなくなります。

髪はコシがなくなり、人によっては白髪が生えてくる場合もあるでしょう。

会社で20代の女性を見て、自分とは肌や髪の質が違うことにがく然とした経験はありませんか?

容姿の劣化を認めることができず、高額なエステや化粧品にお金をつぎ込む女性もいるでしょう。

しかし、どんなに頑張っても20代のはじけるような若さにはかないません。

どんなにメイクを頑張っても、厚塗りの不自然なメイクでは男性が引いてしまうことも考えられます。

ルックスを重視する男性は、容姿の衰えた38歳女性よりも、美しさの盛りを迎えた若い女性を選択するのです。

 

3-4.婚活に必死になりすぎる

婚活に必死になりすぎるのも、38歳の女性が結婚できない理由の1つです。

なぜなら、40歳を目前に控えた女性が必死になっているのは「見苦しい」の一言につきるからです。

婚活アプリで、自分より若い男性にひたすら「いいね!」を送ってもまったく相手にされなかった、という経験はありませんか?

「高学歴・高収入、イケメンで禿げても太ってもいなくて、両親とは同居しなくていい」

そんなハイスペックな男性は、わざわざ38歳の女性を相手にしません。

若くて魅力的な女性が何をせずとも寄ってくるからです。

自分の分をわきまえずに、理想ばかり高くなった女性を相手にする男性はまずいません。

婚活に必死になればなるほど、結婚は遠のいていくのです。

アラフォー女性が正しい婚活をする方法については、次の記事に詳しく書かれています。

結婚したいと本気で思っているなら、この記事をぜひ参考にしてください。

 

3-5.「自分はモテた」と過去の栄光にすがっている

「自分はモテた」と過去の栄光にすがっていると、結婚できないままで一生が終わっていきます。

「モテた」のはあくまで過去の若かったころのあなたで、38歳になったオバサンのあなたではないからです。

「昔はモテモテだった」と語るのは、周りから見るとイタい女性でしかありません。

あなたが過去モテたのは、若かったからなのです。

若ければそれだけでチヤホヤされますし、男性も自然と集まってきます。

しかし、それは過去の栄光であるときっぱりと捨て去らないといけません。

男性を選び放題だったときに結婚しなかったのは、あなたが選んだ結果に他なりません。

もう、あなたは若くないのです。

本気で結婚したいのなら、「自分がオバサンである」という現実をしっかりと見つめなければいけません。

 

4.男性から見た38歳女性の魅力

ここまでは38歳女性の厳しい現状についてお伝えしましたが、何もかもネガティブに考えることはありません。

ここからは38歳女性の魅力についてご紹介します。

 

4-1.自立している

若い女性と違って経済的に自立していることが38歳女性の魅力です。

38歳ともなると、会社内でも重要なポジションの仕事を与えられており、金銭的な面で男性に頼らず生活できます。

最近の男性の結婚条件としても、女性の年収が自分と同じぐらい、もしくはそれより上でもよいという人が増えています。

つまり、経済的に自立していることは、婚活でもアピールポイントとなるのです。

また、38歳女性は経済的に自立しているだけでなく、精神的にも自立しています。

恋愛に依存せず、お互いの価値観を認め合い、束縛しない関係を築くことができます。

そこが男性にとってとても居心地良く感じます。

年齢を重ねている分、社会経験があるため、若い人とは違って話が合うと感じる男性も多くいます。

また、知識と経験が豊富な38歳女性は、デートや旅行の際も男性に任せきりにしません。

男性に甘えてばかりではなく、自ら進んでプランを考えてくれるところも魅力の一つです。

 

4-2.大人の色気がある

色気というとボディラインを強調した服装などをイメージしがちですが、大人の色気とはそういうことではありません。

精神的に余裕のある38歳女性には、内側からにじみ出てくるような大人の色気があるのです。

大人の色気とは、落ち着いた仕草や立ち振る舞いなどから出てくるものです。

38歳女性は、会社でもある程度立場を得ているため、物事を決断しなければならないことが多くあります。

そのため、自分の考えや意見をしっかり持っており、周囲の人にはとてもかっこよくうつります。

そういったかっこよさは、若い女性だと生意気な印象になることがあります。

しかし、38歳女性だと肩に力が入りすぎず、とても印象よく感じるのです。

自立したかっこよさと女性らしさ、両方を持ち合わせる姿は、男性にとってとても魅力的です。

若い女性のはつらつとして健康的なところも素敵ですが、年齢を重ねた女性にしか出せない、大人の色気を魅力的だと思う男性も多いのです。

 

4-3.包容力がある

38歳女性は包容力があるので、女性に甘えたい、安心感を求めたいという男性にとってはとても魅力的です。

大人の余裕と包容力のある38歳女性は、男性が弱いところや頼りないところを見せたとしても、しらけたりせずに寛容な態度で接してくれます。

自分自身が仕事で様々な経験をしているため、時に男性が仕事の相談や愚痴を吐いたとしても、ゆったりと付き合ってあげる余裕があるのです。

男性というのは、若い女性の前だと頼られるべきと頑張りすぎてしまう傾向があります。

しかし、38歳の大人の女性の前では、心を許して甘えることができるのです。

そういった大人の包容力は、仕事で疲れた男性にとって居心地がよく、心からホッとできるのです。

 

4-4.気配り上手

38歳女性には気配り上手な一面もあります。

若い頃に、仕事やその他で失敗も成功も経験してきた38歳女性は、社会経験が豊富です。

そのため、自分中心ではなく相手の立場に立って考え、よりよい対応をすることができるのです。

若いうちは自分のことだけでいっぱいいっぱいになりがちですが、38歳女性には周りを見渡す余裕があり、相手を立ててあげることも得意です。

仕事で誰かがミスをしたとしても、落ち着いてフォローに回ることができます。

若い人とは違う落ち着いた気配りは、男性からすると安心感と癒しを感じずにはいられません。

 

5.38歳女性が結婚に近づく大事なポイント

38歳女性が結婚するためにはどのようなことを意識していけばよいのでしょうか。

ここからは、婚活において38歳女性が結婚に近づくために意識しておきたいポイントを紹介します。

 

5-1.見た目に気を使ってみる

38歳女性の婚活において、やはり見た目に気を使うことは大事です。

年齢によって老いてくる見た目をそのままにしておけば、どんどん老け込んでいってしまいます。

まずは寝る前に簡単なストレッチをするとか、早寝早起きの健康的な生活を送ってみるなど、体の内側から若々しさを保つ努力をしてみましょう。

また、婚活市場で男性にどう見られると得なのか、客観的な視点で考えることも大事です。

若作りしすぎたり、自分の好みだけを追求したような服装はNGということです。

自分の好みにこだわりすぎず、世間の人がイメージする大人の女性の服装を意識してみましょう。

第一印象は大事です。

特に婚活の場では、第一印象が良いとチャンスを多くつかむことができます。

幸せな結婚生活を送れそうだなと相手に印象づけるような見た目を意識することが大事なのです。

 

5-2.出会いの場に積極的に参加する

結婚をしたい38歳女性にしてほしいことは行動です。

婚活を始めて何度か出会いの場に参加してみても、好みの男性に出会えなかったり、時には嫌な思いをしたりして、婚活の場から足が遠のくこともあるでしょう。

ですが、待っているだけでは何も起こらないということを肝に銘じましょう。

38歳ともなると出会いの場が減っていくものです。

しかし、最近は年齢層が高めに設定されたお見合いパーティーなどもありますので、積極的に参加してみましょう。

出会いがないなら出会いのある場所へ、声をかけてもらえないなら自分から声をかけるのです。

職場の懇親会、友人の結婚式なども出会いのチャンスが潜んでいます。

身近なご縁を大事にすることも大切です。

 

 

5-3.結婚したい相手を具体的に考えてみる

どんな男性と結婚したいですか?

あまりに理想が高いと婚期を逃してしまうことはもう気付いているでしょう。

だからといって、結婚できれば誰でもいいというわけではありませんよね。

理想の男性の条件を書き出していき、その中から絶対に譲れない条件を絞り込んでみてください。

穏やかな結婚生活を長続きさせられそうかどうか、という視点で考えてみることが大事なポイントです。

そうすれば自ずと、外見や職業といった細かい条件に執着していたことに気づくはずです。

こうして絞り込んだ条件をもとに、婚活を頑張ってみましょう。

 

 

5-4.結婚のことばかり考えない

今まで述べてきたことと相反しますが、結婚のことばかり考えすぎないというのも38歳女性の婚活では大事なポイントです。

真面目な人ほど、つい肩に力が入ってしまいがちですが、普段の生活を充実させることも大事です。

仕事を一生懸命してみたり、趣味の時間を持つなど、一瞬一瞬を大事に生きてみましょう。

生き生きとした表情となり、他人から見ても幸せそうなオーラが漂うでしょう。

表面的なことはわかっても普段の姿が見えにくい婚活の場で、そのような女性はとても魅力的にうつるものです。

そうすると興味を持ってくれる男性が現れてもおかしくないのです。

 

5-5.勢いに乗ってみる

38歳ともなると、結婚について重く考えすぎてしまう傾向があります。

人生経験が豊富で気遣いができる分、相手の都合を考えすぎてしまい結婚の二文字を切り出すことができないのです。

しかし、38歳女性には悠長に構えている時間はありません。

自分が結婚したいと思うなら、まずは相手に気持ちを伝えましょう。

相手も同じ気持ちを持ってくれているのであれば、もう難しく考えることはやめて、勢いに乗ってしまうことが大事です。

 

6.まとめ

この記事では、女性の38歳という年齢が人生の分かれ道になることを説明しています。

まず、38歳の女性を取り巻く現状を解説しました。

そして、38歳の女性の特徴を5つ、38歳の女性が結婚できない理由を5つ、38歳女性の魅力や婚活のポイントまでご紹介しています。

38歳になったあなたは、人生の重大な岐路に立っていることを自覚しなくてはいけません。

しっかりと現実を見据えたうえで、この先の人生のために現実的な選択をしてくださいね。

関連記事

  1. 遠距離恋愛の彼の気持ちを確かめたい時、デキる彼女は時空を超えて透視で把握
    PR:Tphereth

  2. 金縛りにあう夢の意味 どんなサインが隠されているのか?徹底考察

  3. 写真の夢!夢占いの意味をパターン別に紹介

  4. ラッキーorアンラッキー?虎が出てくる夢の夢占い

  5. 誕生石「オパール」の魅力や特徴とは?

  6. 一人になりたい心理とおすすめの過ごし方

  7. 主婦に人気!目的別のおすすめ趣味一覧

  8. 元カノの夢が暗示する心理と夢占いの意味