片思いの女子必見!告白を成功させて両思いになるための極意を伝授

「1年以上片思いしている彼に告白して思いを伝えたい…」

「思い切って告白したい…でも正直不安」

片思い中の彼に告白するのは、不安でいっぱいですよね。

もしOKをもらえなかったら…なんてことを考えると、なかなか一歩が踏み出せないかと思います。

でも、相手から好きになってくれるのを待っていたら、いつ他の女の子に奪われてしまうか分かりません。

告白するのは怖いと思いますが、たとえそれでも、本気で彼と付き合いたいと思うなら勇気を出して気持ちを伝えてみてください。

今回は、そんなあなたの告白を成功させるために、片思いを成就させる告白の方法を徹底的に解説します。

「直接会って伝えるべきか」「告白の言葉はどうするべきか」など、告白前に気になることを全て解説しているので、ぜひ参考にしてくださいね。

1.片思いの相手への告白を成功させるポイント

ずっと好きだった人に告白するとなると、相当な勇気が必要です。

相手にフラれるかもしれないと、不安になってしまう気持ちもあるでしょう。

でも、勇気をもって「告白する!」と決めたからには、絶対成功させたいですよね。

告白を成功させるためには、以下の2点を抑えることが、非常に大切になってきます。

  1. 直接会って思いを伝えること
  2. 告白する場所をよく選ぶこと

さっそく順番に見ていきましょう。

ポイント1.直接会って思いを伝えること

まず大切なのが「どうやって想いを伝えるか」です。

彼に告白するとき、「直接合って話すべきなのか」「ラインで伝えた方がいいのか」など、伝える手段で悩んでしまうこともあると思います。

結論から言うと、告白を成功させたいならば、直接合って思いを伝えるのが一番良いでしょう

告白を成功させるためには、どれだけ自分の気持ちを相手に伝えられるかが大切です。

そのため、メールの文面だけではわからない「表情」や「仕草」など、全てを相手に見てもらえるようにするべきです。

ラインや電話の場合は「本当は会いたかった」と伝えよう

「本当は直接会いたいけれどどうしても恥ずかしい」

「遠距離なのでなかなか会うことができない」

そのような場合であれば、電話やライン、メールで告白するしかありません。

その際に大切なポイントは、「会って伝えたかった」という気持ちを、きちんと相手に伝えることです。

「ほんとは会って話したかったけど、どうしても勇気がでなかった」など、正直に自分の気持ちを最初に伝えておきましょう。

そして可能であれば、後日会う約束などをたてて改めて想いを伝えるのがおすすめです。

ポイント2.告白する場所をよく選ぶこと

2つ目のポイントは、告白のタイミングです。

どのタイミングで告白するかは、相手の返事にもかかわる非常に大切なポイントです。

相手の気持ちが高まっているタイミングに告白するのがベストですが、相手の気持ちを探るのは難しいですよね。

告白のおすすめのタイミングは以下の2つです。

  • 二人っきりで静かな場所にいるとき
  • 夜景がきれいなどロマンチックな場所で

それぞれ、具体的に見ていきましょう。

二人っきりで静かな場所

2つ目は、二人っきりで静かな場所にいるときです。

周りに人がいるところやガチャガチャした場所では、気持ちは高まりませんよね。

告白された時の思い出は、非常に大切なもの。

静かな公園や、二人っきりでいる際などに告白をするのがおすすめです。

デートなどで二人っきりになれる場合は問題ありませんが、二人になるのが難しい場合もあるかと思います。

友達同士でいる場合は、周りの友達に協力してもらって二人っきりにしてもらいましょう。

学校や職場などが一緒の場合は、「ちょっと今大丈夫?」と自然な感じで呼び出し、二人っきりの静かな場所に移るのもおすすめです。

夜景が見えるロマンチックな場所

もう1つおすすめなのが、夜景がきれいなどロマンチックな場所です。

カップルでしか行かないようなロマンチックな場所だと、気持ちも高まりますよね。

そんな場所で告白することで、いい返事をもらえる確率も高まります。

ディナーやお茶をする際におしゃれな店を予約しましょう。

夜景がきれいなスポットや、ちょっと高級な雰囲気なレストランなどで告白するのがおすすめです。

食事中は店員さんが来てしまうので、食事が終わって会計をするまでに間に告白するのが良いでしょう。

2.相手からOKをもらえる告白の言葉

告白を成功させるために押さえておくべき「手段」と「タイミング」がわかりました。

しかし、一番大切なことは「どのような言葉で思いを伝えるのか」ですよね。

男性から「この人だったら付き合ったもいいかな…」と思ってもらうためには、相手の心に響く言葉を考えなければなりません。

でも、なんて伝えたらいいのか悩んでしまって、なにも考えられなくなることもありますよね。

そんな時は、以下のようなステップを踏みながら思いを伝えてみてください。

「これを言えば告白は完璧」という魔法の一言はありませんが、手順を踏みながら丁寧に思いを伝えることで、相手からOKをもらえる可能性が高まりますよ。

  • ステップ1.彼の好きな理由を具体的に伝える
  • ステップ2.シンプルに「好き」と伝える
  • ステップ3.「付き合ってほしい」と最後に伝える

では、さっそく1つずつ見ていきましょう。

ステップ1.彼の好きな理由を具体的に伝える

まず大切なことは、彼の好きな理由を具体的に伝えることです。

いきなり「好き」と言われても、どこが?どうして?とびっくりされてしまいます。

そのため、彼のことを好きな理由や、好きになったきっかけなどを話すのがおすすめです。

「〇〇のときに優しくしてもらってから気になり始めた」「〇〇君のこういうところが好き」など、具体的なエピソードを交えて伝えましょう。

彼からすると、「あ、そんなところを見ててくれたんだ」と嬉しくなるはずですよ。

ステップ2.シンプルに「好き」と伝える

続いて大切なことは、シンプルに「好き」と伝えることです。

回りくどい言い回しをしたり、あえて「好き」という言葉を使わなかったりすると、相手から「本気でないのでは?」と思われてしまう可能性があります。

なので、難しい言葉や飾った言葉で告白するよりも、シンプルに「好き」と伝えるのが一番良いでしょう。

相手に誤解を与えることなく、ストレートに思いが伝わりますよ。

ステップ3.「付き合ってほしい」と最後に伝える

相手の好きなところや自分の思いを伝えたら、最後は「付き合ってください」と、はっきり伝えましょう。

相手にYESかNOの2択を迫ることで、曖昧な返事をされることが無くなります。

ここまで、相手の好きなところや、自分の「好き」という気持ちを丁寧に伝えていれば、きっといい返事をもらえるはずですよ。

3.告白前に絶対に確認しておくべき注意点

気になる彼に告白する際の手段・シチュエーション・言葉についてお教えしました。

どのように告白するか、イメージが湧いてきましたよね。

しかし、告白する前に必ず覚えておくべき注意点が3つあります。

  • 自分の素直な気持ちを誠意をもって伝える
  • 返事をすぐに催促しない
  • 例えフラれてもきちんと感謝の気持ちを伝える

注意点を押さえておかないと、逆に相手から嫌われてしまうこともありますので、よく確認しておいてください。

3-1.自分の素直な気持ちを誠意をもって伝える

1つ目は、自分の素直な気持ちを誠意をもって伝えることです。

告白で1番大切なことは、「気持ち」です。

彼に誠意が伝わなければ、「本当に俺のこと好きなの?」「この子と付き合っていいのかな」と不安に思われてしまいます。

そのため。自分の素直な気持ちを、誠意をもって伝えることを忘れないでください。

3-2.返事をすぐに催促しない

2つ目は、返事をすぐに催促しないことです。

告白しても、すぐに返事がもらえないケースもあるでしょう。

しかし、「すぐに返事が欲しい」と催促してはいけません。

返事を催促させると相手に負担をかけてしまい、断られてしまう可能性も。

返事はせかさず、ゆっくりと考える時間を与えてあげましょう。

3-3.たとえフラれてもきちんと感謝の気持ちを伝える

自分の気持ちを伝えても、残念ながら断られてしまう場合もあるでしょう。

フラれてしまうのは、かなり落ち込んでしまいますよね。

しかし、悲しい・辛いからと言って彼を責めてはいけません。

彼に非があるわけではないので、責め立てず感謝の言葉を伝えましょう。

今回はだめだったかもしれませんが、もしかすると次のチャンスがあるかもしれません。

まとめ

告白を成功させ、両思いになるための極意を伝授しました。

好きな人に告白する際には、手段・シチュエーション・言葉が大切です。

しかし、それ以上に大切なことは、「気持ち」です。

例え不器用でも、自分の気持ちを素直に伝えることで彼の気持ちも動きます。

自分の気持ちに正直に・誠意を持って告白しましょう!

関連記事

  1. お嬢様言葉!おすすめことばと使える表現

  2. 塩まじないのやり方!書き方や効果が出る方法を解説

  3. ダイエット中の水の摂り方と注意点

  4. マッチングアプリで結婚!出会い方と体験談

  5. 事故の夢が暗示する夢占いの意味とは?

  6. 首を絞められる夢を見る時の心理と夢占いの意味

  7. やけどの夢が暗示する夢占いの意味とは?

  8. 私を抱きしめるのはどうして?『抱きしめる』に込められた想いとは