セックスは時間が重要?女性を満足させるための時間と4つのコツ

「セックスの時間ってどのくらいがいいの?」
「女性を満足させるためにはどうすればいい?」

きっとこの記事を読もうとしているあなたもそうしたことで悩んではいませんか?

女性をよろこばせるには行為によっての適切な時間があります!

今回はセックスと時間との密接な関係から女性を悦ばせる方法を解説していきたいと思います。

この記事を詠めばあなたもセックスマスターになれるかもなので最後まで読んでくださいね!

1.セックスは時間が重要!

セックスは古来より男女間の愛の営みとして親しまれてきました。

かし、多くの方が意外と認識していないポイントというのが実は存在します。

そのポイントとは「セックスは時間が重要」だという事です。

そうは言われてもピンと来ないという人もいるでしょうが、実際に女性にインタビューをとった実例が存在しています。

実は前戯から挿入までの間にはどのくらいの時間をかけて欲しいというアンケートでは約半数以上の女性がある時間を指しているのです。

その時間というのがどのくらいであるか気になりますよね?

そこで今回は理想のセックス時間をステップ別に紹介していきます!

2.理想のセックスの時間をステップ別に解説!

セックスの時間は前戯を含めて短すぎても長すぎてもダメだという事はわかりましたが、実際問題どのようにしたら良いかなど想像はつきません。

セックスといえども前戯から挿入、男性がオーガズム、女性がエクスタシーを感じるまでと順序があります。

ひとつのセックスが始まりそして終わるまでの間には多くの行為があり、それらには適した時間の取り方というものがあるのです。

そこで、この項目ではインターネット上などで収集した情報などを元に理想のセックスの時間をステップ別で解説していきたいと思います。

  • ステップ1.前戯は20分がベスト
  • ステップ2.挿入は15分がベスト
  • ステップ3.後戯は10分がベスト

時間を有効に使ったセックスの世界を垣間見て相手を悦ばせるセックスをマスターしましょう!

ステップ1.前戯は20分がベスト

ステップ1の前戯は、20分がベストです。

男性は直ぐに挿入してもピストン運動を膣内で行い時間が経てば射精感が得られますが、女性はそうはいきません。

勿論、個人差はありますが前戯無しで挿入しようとすると感じにくかったり、そもそも挿入しにくかったりします。

場合によっては十分な前戯によって愛液を分泌させなければ、最悪の場合その摩擦によって膣の粘膜が傷つけられたりと出血にいたる場合もあります。

前戯には時間をかける人もいれば、そもそも前戯なんてしないという人も少なからず存在します。

女性が男性に対して前戯をする場合は多くの方が想像するのはフェラチオではないでしょうか?

確かにフェラチオは男性を気持ちよくさせる為には有効な前戯であることは間違いありませんが、前戯というのは何もフェラチオに限った事ではありません。

前戯とは時間をかけたキスからはじまり、触れるか触れないかというボディタッチ、そしてフェラチオとなります。

特にボディタッチの部分は大切でこれはいわゆる業界用語ではアダムタッチと呼ばれています。

人間の肌というのはくすぐったいという感覚に陥った時に性的興奮を脳が覚えるようにできており、そのように意識して触れる行為を指します。

フェラチオの時も同様ですし、逆に男性が女性に対して前戯をする場合もこうした行為は性的興奮を高めるのには有効です。

こうしたことを踏まえての理想の前戯時間は約20分と言われています。

ステップ2.挿入時間は15分がベスト

理想的な挿入時間というのは一般的には15分がベストだといわれています。

挿入時間によっては男性が早漏と見られてしまったり、遅漏と見られてしまったりとします。

東邦大学医学部が日本人夫婦を対象に行った調査では、希望挿入時間は『15分』という結果が出たというのはご存知でしょうか?

また、米国とカナダの医療関係者による調査によると、「7~15分」というのがベストだともいわれているのです。

女性を満足させるためにも挿入時間は15分がベストなんです!

それから、挿入の際には他の性感帯も同時に刺激したりなども必要です。

女性のほとんどは膣よりもクリトリスで感じる方が多く、中にはクリトリスではエクスタシーに達するが膣ではイケナイという女性もいます。

こうした女性を相手にした際はケースバイケースで膣内でピストン運動をすると同時にクリトリスを上手く刺激したり、前述であげたような性感帯の部分を刺激すると満足させることができるでしょう。

ステップ3.後戯は10分がベスト

前戯は10分がベストです!

前戯、挿入ときたらセックスは終わりじゃないかなどと思っている方も多いのではないでしょうか?

確かに一般的には前戯、挿入は知られていますが、後戯といわれてもパッとイメージできる人は少ないはずです。

後戯とは、どちらか一方がセックスによって満足感を得られなかった場合に、満足を得られなかった相手に対して満足をさせるように何かしらの行為を行うことです。

もちろんお互いに満足をした場合は軽く抱擁しあったり、キスしたりをやることは様々です。

内容は前戯と変わらないという場合もありますが、後戯の必要性とは相手を思いやる気持ちの部分です。

こうした行為にかける時間は一体どの程度が良いかという点は人によっても変わりますが、ベストな時間は10分と言えます。

10分といえば前戯の約半分の時間になるので少々物足りなさを感じるというイメージもありますが、行為の後である程度の体力を消耗している事も踏まえればこの程度がベストなのではないでしょうか。

3.前戯を長くするためのコツ

セックスにかける時間という部分ではこれまでの項目である程度は理解できたはずです。

しかし、セックスにかける時間では女性の求めているものがわかったとはいえ、満足させるには更なるコツが必要です。

そこでこの項目では「前戯をさらに長くするコツ」について解説します。

前戯は女性にとってセックスの満足度を決める重要な要素。5分で終了なんてもってのほかです!

前戯にゆっくり時間をかけるだけで、女性は見違えるほどに感じてしまい、気持ちよくなります。

それでは、前戯のコツについて見てみましょう!

前戯のコツ1. 全身へのリップ舐め

女性にとって、キスは愛情を感じられる行為であり、また興奮を誘導する重要な要素でもあります。

ディープキスをすることで男性の唾液を通じて「テストステロン」が体内に取り込まれます。

このホルモンは「天然媚薬」とも呼ばれているため、女性はキスをするだけで濡れてしまうのです。

まずはディープキスから始め、相手の反応を確かめながら耳、首元、胸、太ももへとリップ舐めしていきましょう。

濡れているのを確認したら秘部を触るのも忘れずに。

キスの目安時間は5分前後です。

前戯のコツ2. 手マン・クンニで秘部を刺激

女性は挿入でイクより前戯でイク人の方が多いです。

男性が挿入してからイクまでの時間は短いですが、女性はイクまでに20〜30分はかかってしまいます。

そのため、クリトリスを指と舌で時間をかけてしっかりと刺激してあげましょう。そうすることで、トロトロと愛液が溢れてきます。

手マン・クンニの目安時間は15分前後。イキにくい女性にはもっと時間をかけて行ってくださいね。

▼関連記事▼

感度がイイと愛される♡とろける前戯をしてもらえる裏ワザまとめ

3.挿入を長くするためのコツ

早漏に悩む男性は3.5人に1人だと言われています。

しかし、女性が男性に望む挿入時間は15分!5分で終了されると物足りないというのが本音なのです。

また、挿入が長すぎる男性に対しては「早くイッてくれよ……」と内心思っています。

挿入の目安時間は15分。

ある程度射精までの時間をコントロールできるようになれば、女性の満足度が格段に上がりますよ!

それでは、挿入のコツについて見てみましょう。

挿入のコツ1.体位を変えて休憩時間を作る

体位を変えることによって、間に空白時間が埋まれ、射精までの時間を長くできます。

正常位→座位→騎乗位など、最低でも2回は体位を変えることを意識しましょう。

また、激しく動くことですぐに射精してしまうなら、ゆっくり動かすセックスにもトライしてみて。

騎乗位、座位、後背位などは激しくピストンしなくても女性の満足度が高い体位です。

挿入のコツ2.普段から筋トレしておく

どうしても挿入ですぐにイッてしまうという人は、普段から筋トレを行うように心がけましょう。

骨盤周辺の筋肉を鍛えることで、早漏改善、勃起力の改善が期待できます。

また、筋トレすることで「テストステロン」が多く分泌されるようになります。

この「テストステロン」の分泌量が多いことで、ポジティブな思考ができたり、自分に自信が持てたりするようになります。

仕事がデキる男が日々体を鍛えていて、さらに女性にもモテるのはこのためなのです。

4. セックスにおける注意点

セックスに時間をかけることは大切です。

男性よりも女性は快感をゆっくり時間をかけながら楽しむことを好んでおり、この部分を大切にしないと雑だと思われがちになってしまいます。

それぞれのステップでのコツを理解できたら、次はセックス全体における注意点を見ていきましょう。

注意点1.女性の反応を常に見張っておく

女性の反応を常に見張っておくことは大切です。

世の中のモテる男性はほんの些細な女性の変化を見逃しません。

このほんの些細な反応というのはセックスにおいても同じことです。

例えば、胸であったり、女性器であったりが感じやすいというのは言うまでもありませんが、首が感じやすかったり、耳が感じやすかったりと相手の女性によって違います。

だからこそ反応を見張っておくというのが重要になってくるのです。

セックスを重ねているうちに相手の女性の感じやすい部分、喜んでいる部分、そうしたことから満足感を得ている旨などを感じ取っていくことが女性を満足させるために大切なのです。

注意点2.何事も優しくする

何事も優しくすることは大切です。

セックスの際に男性がよく勘違いをしてしまっていることがあります。

それはSかMかを女性に男性が尋ねた場合に女性がMと答えた場合に起こります。

一般女性がMのほうが圧倒的に多いのですが、Mだという事に対して男性側の対応の仕方に問題があるのです。

女性がMだからといって乱暴な言葉遣いや、乱暴な激しいプレイを強要することが女性を満足させることには繋がらないということが理解できていない男性というのが意外と多いのです。

女性は行為そのものというよりもセックスにおいては脳で満足する生き物。

確かに中には乱暴されるシチュエーションそのものに興奮する女性もいます。

ただ現実は、優しい口調で言葉責めされたり、激しいピストン運動をするのではなく、まったりと時間をかけて優しく焦らされたいという女性の方が圧倒的に多いということを理解しておきましょう。

確かに優しすぎる男性というのは男性としての魅力に欠けてしまう場合があるので女性は満足感を得られない場合もありますが、基本的には何事も優しくというのが女性を満足させるために必要なことだと言えますね。

注意点3.避妊は確実に行う

女性を満足させるには避妊は確実に行う必要があります。

避妊というのは具体的にいえば、コンドームやピルです。

もちろんこうした対策は望まない妊娠を避けたり、性病を避けたりなどもありますが、こうした対策を行う事で女性に精神的安心を与えると共に快楽へと導いていくことができるのです。

最近のコンドームなどは男性側も付けてるかわからないほどに快感を感じるほどに進化していますので無理に生でする必要はありません。

避妊を確実に行う事で女性側は男性に大切にされていると感じ、身を安心して男性に預けられるのでセックスにおいても大きな満足感が得られる可能性が格段にあがるのです。

どうしても子供が欲しいという夫婦以外はたとえ夫婦間であってもこうした取り組みをしていくことでお互いの信頼も深まっていくと思うので必ず避妊はするようにしましょう。

5.セックス相手を探すのにおすすめのサイト

今回はセックスに対する時間の重要性について解説してきましたがいかがでしたでしょうか?

セックスの中にも様々な段階があり、その段階ごとに適切な時間があることは理解できたはずです。

また、女性が満足するには様々なテクニックがあるということも学べましたね。

セックスのテクニックは経験に比例します。

もしあなたがセックスのテクを向上させ、女性にモテたいなら多くの女性に触れ、場数を踏むことが大切です。

セックス相手を探すのにおすすめのサイト・アプリはハッピーメールです。

ハッピーメールは、累計登録数2,000万人を突破したセフレを探すのに便利なサイト・アプリ。

20代前半、20代半ばを中心に、30代、40代まで幅広い年齢の人が登録しています。

料金はポイント制となっており、メッセージ1通を送るのに50円。

ポイント購入は500円から可能なので、運が良ければたったの500円でオフパコできちゃいますよ。

  • 男性会員:メッセージ1通50円〜
  • 女性会員:月額0円 

>>ハッピーメール公式サイト

あなたも素敵なセックスライフを送ってくださいね!

 

▼関連記事▼

オフパコとは?人気ツールや具体的なやり方、オフパコ狙いの男女の特徴

【閲覧注意】セックスしなくても分かる「体の相性の見分け方」とは?

SEX中のNG行為まとめ!女子が幻滅する男の独りよがりSEX

関連記事

  1. 冷めてきた彼氏の心を取り戻す!誰でもできる効果的な8つの方法

  2. 昼からデートのおすすめプランとは?退屈なデートにしない4つのコツ

  3. 彼氏を誘うにはコツがあった!キスやベッドの誘い方5選!

  4. 可愛い女の子になるためには方法があった!見た目や言動のポイント

  5. 口説き方に必勝法はない!でもこれだけは抑えておきたい7つのマインド

  6. 初心者必見!合コンセッティングの基礎知識と成功のコツを解説します

  7. 彼ウケ最強♡デートでモテる必勝メイクとパーツ別の厳選コスメを紹介

  8. 付き合う前にエッチしたらカップルになれない?そのワケとカップルになるた…