【恋に不可欠】魅力的なギャップのある女性のパターンと作り方を紹介!

目次

「ギャップのある女性になりたい!」と考えていますね。
ギャップのある女性とは、日ごろの自分とは違う一面を見せることのできる女性のことです。
ギャップを見せることで、男性があなたを気になる存在としてみるようになります。
今回は魅力的なギャップのある女性のパターンやギャップの作り方を詳しく説明。
自分の持つギャップを知って、男性の目を引きましょう。

1.魅力的なギャップのある女性のパターン

ギャップのある女性とは、日ごろの自分とは違う一面を見せることのできる女性のことです。
魅力的なギャップのある女性のパターンは4つあります。

  1. 普段はしっかり者なのにドジをする
  2. 可愛い雰囲気なのにSっ気がある
  3. 男っぽいのに料理が上手
  4. いつもはおしゃべりなのに2人きりだと照れる

それぞれのパターンを確認して、自分で作れそうなギャップを見つけましょう。

ギャップ1.普段はしっかり者なのにドジをする

普段はしっかり者なのにドジをするギャップを見て、男性は思わず「守ってあげたい」と思います。
いつもは仕事が出来る女性なのにプライベートのことになると忘れ物をしたり勘違いをするような天然の女性って身近にいませんか?
近づけない完ぺきな女性よりも、ふとした時に抜けている様子を見て親近感がわくのです。
「俺がいなきゃダメなんだな」と、男性の心はくすぐられます。

ギャップ2.可愛い雰囲気なのにSっ気がある

可愛い雰囲気なのにSっ気がある女性も、モテるギャップです。
最近は、女性にリードしてもらいたいと考える男性は多くいます。
そんなとき、「かわいいな~」と思っていた女性からいたずらをされたり、からかわれるとギャップに驚くのです。
その驚きが「かわいいくせに意外と・・」と良い意味で恋のエッセンスとなります。

ギャップ3.男っぽいのに料理が上手

男っぽい性格の女性の料理が上手といったギャップに、男性はとても弱いです。
たとえば、ランチにお弁当を作ってきたり、バーベキューで慣れた手つきで材料を切っている様子を見ると、グッとくるのだとか。
「この人の料理を食べてみたい!」と女性として意識してしまうのです。
また、「結婚したら毎日食べられるかな?」なんて妄想はどんどん膨らむのだそうです。

ギャップ4.いつもはおしゃべりなのに2人きりだと照れる

みんなでいるときはおしゃべりなのに、2人きりになるといきなり照れるようなギャップは魅力的です。
男性は「恋愛に慣れていないのかな?」「ウブだな」と感じます。
そもそも男性は女性の恥じらう姿に魅力を感じるものです。
そのため、2人きりになると恥ずかしそうに照れる様子を見て、ギャップ萌えしてしまうのです。

2.だれでも出来る!ギャップのある女性の作り方

ここまで紹介した4つのギャップは意識しても簡単に作れるものではありません。
そこで、簡単にできる男性をドキっとさせるギャップのある女性の作り方を3つご紹介します。

  1. 普段はコンタクトなのに眼鏡をかける
  2. いつもはパンツスタイルなのにスカートを履く
  3. まとめている髪型を下ろしてみる

さっそくその方法を確認し、実践しましょう。

作り方1.普段はコンタクトなのに眼鏡をかける


いつもはコンタクトなのに、ある日突然眼鏡をかけてくる女性に男性はドキっとします。
「いつもと違うギャップ」を分かりやすく感じさせることが出来る方法です。
コンタクトをしている女性は多いので、一度実践してみましょう。

作り方2.いつもはパンツスタイルなのにスカートを履く


いつもはパンツスタイルなのに、突然スカートを履いている女性を見ると心を揺さぶられます。
「今日はデートなのかな?」などと、変な勘繰りを始めてしまい、女性として意識するようになるのです。
逆にいつもスカートの女性がパンツスタイルというのも魅力的に映ります。
しゃきっとした印象を与え、「いつもと違うけど、こういうのも良いな~」と感じさせられるのです。

作り方3.まとめている髪を下ろしてみる


いつもはまとめている髪を下ろしていると、男性はギャップにドキッとします。
いつも髪の毛をまとめている人は、それが仕事モードだと認識されており、おろした髪型を見て「プライベートモードだ」と感じるのです。
逆にいつもおろしている人も、たまにまとめるとドキッとさせることができますよ。

まとめ

ギャップのある女性とは、日ごろの自分とは違う一面を見せることのできる女性のこと。
ギャップを見せることで、男性があなたを気になる存在としてみるようになります。
自分の持つギャップを知って、男性の目を引きましょう。
 

Avatar photo

フェリーチェ編集部

follow me
related posts

関連記事

Scroll to Top