【デートの断り文句集】気まずくならないデートの断り方をマスター

「好きでない男性からデートに誘われたけど、上手な断り方が分からない」と悩んでいませんか?

特に、職場の人や男友達だと、関係が壊れてしまうかもしれないと思って言葉を選びますよね。

今回は、そんな時に使えるデートの断り方を集めました。

誰にでも使える断り方から、関係別の断り方をご紹介します。

デートの誘いはしっかりと断りつつ、その後の関係が悪化しない断り方を学びましょう。

1.誰にでも使える!脈なしと分かるデートの断り文句4選

まずは、誰にでも使えるデートの断り方を4つご紹介します。

口調は相手によって変えて下さいね。

嫌われない合コンの断り方を知りたいあなたは、こちらの記事でチェックしてください↓

  • 断り方1.半年先まで予定がいっぱい

    常に忙しいことをアピールしましょう。

    忙しいを断り文句にしていたら、きっと「いつが空いてるの?」と聞かれるはず。

    そんな時は、「半年先まで予定がいっぱいで!」と笑顔で答えましょう。

    男性「ねえ、今度一緒にご飯行こうよ!おごるよ!」

    自分「私、本当に忙しいんですよ!」

    男性「そんなこと言って、じゃあいつなら空いてるの?」

    自分「半年先まで予定がいっぱいなので!ごめんなさい!」

    ここまで言ってしまうと、さすがの相手も脈がないんだと気づいてくれますよ。

    断り方2.みんなで行きましょう

    デートに誘われるたびに、「じゃあみんなで行きましょう」と言ってデートを避けましょう。

    その提案は楽しそうだけど、あくまでも「みんな一緒」がいいことをアピールし続けるのです。

    男性「最近オープンした○○ってレストラン、美味しいらしいから一緒に行こうよ」

    自分「そうなんですね!私も気になってたので、みんなで行きましょう!

    男性「友達が遊園地デート楽しかったらしいんだ!チケットもらったから一緒に行こうよ」

    自分「楽しそうですね!じゃあみんなで行きましょう!

    これを何度も繰り返します。

    何度も言っているうちに、2人では行きたくないことが伝わるはず。

    変に嫌われないための、上手い断り方はこちらの記事でもチェックできます↓

  • 断り方3.体調が悪くて行けません

    デートのお誘いがあるたびに「体調が悪くて行けません」と断りましょう。

    毎回体調不良を理由にしていると、「行く気がないんだな」と気づいてくれます。

    男性「今度ドライブいかない?おすすめの絶景スポットがあるんだ!」

    自分「お誘いありがとうございます。でも、最近体調が悪くて行けません。あまり長時間乗り物に乗るのはつらいんです。」

    男性「そっか。仕方ないね。じゃあランチでもどうかな?」

    自分「せっかくなのですが、体調がすぐれないので、行けないです。ごめんなさい。」

    これも、何度も繰り返します。

    デートに行く気がないことが相手に伝わりますよ。

    断り方4.こちらから連絡します

    「こちらから連絡しますね」と言って放置してしまいましょう。

    男性はそういわれるとデートに誘いにくくなってしまいます。

    男性「友達のバーがすごくおしゃれだから今度2人で行こうよ!」

    自分「じゃあ予定が分かったらこちらから連絡しますね。」

    愛想が良そうにみえて、暗に「そちらからは誘わないでね」と伝える断り方です。

    男性もこれ以上誘うとガツガツしてると思わると嫌だな・・と思って誘ってこなくなりますよ。

  • 2.タイプ別!相手を傷つけない上手なデートの断り方

    誰にでも使える断り方をお伝えしましたが、次は関係別の断り方です。

    会社の上司なのか同僚なのか、合コンであった人なのか昔からの友達なのかによって、断り文句は変わってきますよね。

    先ほど紹介した断り方も含め、一番言いやすい方法で実践して下さいね。

    2-1.会社の同僚

    まずは会社の同僚からのデートの誘いに対する断り方です。

    会社の同僚は仕事の忙しさがバレているので、「忙しい」を言い訳にしづらいですよね。

    また、プライベートなことも知っている関係の可能性も高いので、このような理由に断るのはいかがでしょうか。

    1. 女磨きを頑張ってるアピールをする
    2. 合コンを持ちかける

    それぞれ具体例を見てみましょう。

    婚活の場で相手を傷つけない断り方を知りたいあなたは、こちらの記事をチェックしてください↓

    ①女磨きを頑張ってるアピールをする

    少しでも時間があれば女磨きをする時間に使っていることをアピールしましょう。

    「あなたの優先順位はかなり下」ということが強調されます。

    男性「今度一緒にフレンチディナーに行こうよ」

    自分「今ダイエット頑張ってるから外食は嫌だな」

    男性「じゃあスポーツ一緒にしに行く!?」

    自分「今、土日は全部フィットネスに通ってるから無理!」

    男性「1日くらい、いいじゃん」

    自分「嫌だよ。自分磨き頑張ってるんだから邪魔しないでよね。」

    ②合コンを持ちかける

    合コンを持ちかけることによって、「あなたは恋愛対象外」ということを伝えることが出来ます。

    あなたの好意には気づいていません、という素振りが大切です。

    男性「今度一緒にフレンチディナーに行こうよ」

    自分「あ、いいね!じゃあせっかくだし合コンしようよ!」

    男性「え?合コン?2人で行こうよ」

    自分「やだよ~。出会いが少ない者同士、幹事しようよ。友達にイケメンいないの?」

    このように、会社の同僚には普段顔を合わせる分、明るく断ると良いでしょう。

  • 2-2.会社の上司 

    会社の上司からのデートのお誘いは、今後の会社での立場を考えると特に断りづらいですよね。

    相手に恥をかかせず、でも脈ナシと伝える断り方を2つ考えてみました。

    1. 他の人をすすめる
    2. お父さんみたいと言う

    順番に具体例を見てみましょう。

    ①他の人をすすめる

    「それだったら○○ちゃんのほうが詳しいですよ!」とか、「××くんが行きたいって言ってましたよ!」と言って、自分より適任がいることを伝えましょう。

    男性「今やってる映画おもしろいらしいから土日にでも見に行こうよ」

    自分「あ!その映画だったら××くんが行きたいって言ってましたよ!誘ってみたらどうですか?」

    男性「今度一緒に姪っ子のプレゼント買うのついてきてくれない?ディナーもご馳走するよ」

    自分「それだったら○○ちゃんも姪っ子がいるって言ってたので、詳しいと思いますよ!」

    ②お父さんみたいと言う

    家族みたいな親密さはあるけど、恋愛対象ではないとやんわり伝える方法です。

    男性「今度一緒に水族館にいかない?車出すよ!」

    自分「課長って優しいですね!みんなのお父さんみたいです」

    男性「休みの日、ランチにでも行こうよ。美味しい店みつけたんだ。」

    自分「やだ、課長!昨日、私の父が同じこと言ってましたよ~!お父さんみたい!」

    このように、「私よりもっといい人がいますよ!」という親切心を出したり、「家族みたいな存在だ」とアピールすることで、上司のプライドを傷つけずに断ることが出来ます。

    デートに行きたくない時の上手な断り方は、こちらの記事でもチェックできます↓

    2ー3.仕事のお得意先

    営業女子に多い、仕事でのお得意先からのデートのお誘い。

    これもなかなか断りづらいですよね。

    今後のビジネス関係を悪化させない断り方を2つお伝えします。

    1. 冗談にする
    2. 親が厳しいと言う

    順番に使い方を確認しましょう。

    ①冗談にする

    「またまた御冗談を!」と全ての誘いを冗談として受け流して、デートを断る方法です。

    何度も冗談にしていくうちに、男性の方がデートに誘う気を失くしてしまいます。

    男性「そろそろ1回くらいデートに行こうよ!」

    自分「またまた!ご冗談がお上手ですよね。」

    男性「今度は上司抜きで、2人きりでごはんに行こうよ。」

    自分「やだ、○○さんたら、ご冗談を。また上司も含めて、お食事楽しみにしてますね!」

    ②親が厳しいと言う

    家族をほのめかしながら、親の門限が厳しいことををアピールして断る方法です。

    箱入り娘アピールをすることで、相手の男性もめんどくさいなと感じます。

    男性「金曜日の夜、一緒にご飯にでも行こうよ」

    自分「ごめんなさい。恥ずかしい話ですが、親が厳しくていまだに門限があるんですよ。」

    男性「じゃあ土曜日のランチはどう?」

    自分「ごめんなさい。土日は習い事で手いっぱいで・・。親が着付けや華道くらい身に付けとけ!ってうるさいんですよ。」

    この2つはビジネスの関係で一定の距離がある人に使える断り方です。

    デートは断りつつも、ビジネスの関係では上手なお付き合いを続けることが出来ます。

    2-4.数回しか会ったことない人

    合コンなどで、数回しかあったことがない人には、「もう2度と会わない」と思って、強気で断りましょう。

    嫌われてもいいという覚悟でキッパリ断ってください。

    1. イケメンじゃないと嫌だと言う
    2. 相手を怒らせる

    順番に具体例を見てみましょう。

    ①難しいデートの条件を言う

    相手がどうしようもないことを言い訳にして断る方法です。

    例えば「高級車じゃないと嫌」「日帰りで沖縄に行きたい」など、無理難題を言いつけます。

    男性「今度、ドライブデートしようよ。合コンでもドライブ好きって言ってたよね」

    自分「ごめんなさい。ベンツじゃないと乗りたくないの」

    ②相手を怒らせる

    外見がタイプじゃないと似ていますが、相手を怒らせて二度と誘ってこないようにする方法です。

    次のお誘いは確実になくなりますが、嫌われる可能性が高いです。

    男性「そろそろデートに行ってくれても良いんじゃない?もう誘うの3回目だよ!」

    自分「背の低い人って性欲強いってウワサ本当なんだ。ウケるんだけど!w

    両方とも自分が嫌われる方法ですが、効果はテキメンです。

    彼が良い人か悪い人か判断する方法は、こちらの記事でチェックしてください↓

    2-5.元々仲の良い男友達

    学生時代からの友達など、昔から付き合いのある男友達からのデートの断り方も難しいですよね。

    今後友達関係を持続させたいのであれば、「友達なら私のこと応援してくれるよね?」という態度を取りましょう。

    1. 恋愛の相談をする
    2. 仕事を理由にする

    順番に具体例を見てみましょう。

    ①恋愛の相談をする

    好きな人に「好きな人が出来た」ということは間接的な失恋です。

    「好きな人は会社の同僚だよ」など、「あなたではない」こともハッキリさせておきましょう。

    男性「今度飲みに行こうよ!いつも5人だけど今回は2人で・・。」

    自分「いいよ!だったら、恋愛相談乗ってくれない?他の友達にはちょっと相談しづらくて。」

    男性「え、いいけど・・誰なの?」

    自分「会社の人だよー。上手くいくようにアドバイスしてほしいの!」

    ②仕事を理由にする

    キャリアアップを目指していて忙しいことをアピールしましょう。

    「今は恋愛に時間が割けないんだな」と解釈してくれますし、友達として応援してくれるはずです。

    男性「前言ってた映画、公開になったから2人で見に行こうよ」

    自分「ごめん!今仕事が大事な時期で・・。とても重要なプロジェクト任されたんだ」

    男性「すごいじゃん!おめでとう!」

    自分「だからしばらく会えないんだ。今仕事一筋って感じ!!ごめんね。」

    どちらの場合も、「あなたの好意には気づいていません。友達だったら応援してくれるよね?」という態度でいきましょう。

    3.あいまいに断るのはやめよう

    ここまでは上手な断り方を紹介しました。

    このように、上手な断り方とは、脈がないことをしっかりと伝えることです。

    曖昧に断ることで、その後、何度もデートに誘われ続けることになってしまいます。

    例えば曖昧な断り方には、こんな言い回しがあります。

    • 「あまりで出掛ける気分じゃないので、すみません」
    • 「今回は予定があって行けません。また今度ですね。」
    • 「実はあんまりイタリアンって好きじゃないんです。ごめんなさい」

    このようにその場しのぎの断り方では、またデートに誘われます。

    誘われるとまた断り文句を考えなければいけないので、そのたび負担がかかってしまいます。

    そんなことにならないよう、一度目にしっかりと「あなたには脈はありませんよ」と伝える必要があるのです。

    男性が脈アリ・脈ナシと判断する基準については、『デートの延期は脈なし!?延期する心理と脈のありなしを判断する方法』に詳しく説明しています。

    4.しつこい人にはキッパリと断ろう

    こちらが上手く断ろうとしているのに、全然察してくれない鈍感な男性もいます。

    そんな人にはハッキリと断りましょう。

    ここで重要なことは、きっぱりと諦めてもらうこと。断り文句はこんな感じです。

    • 「他に好きな人がいるのでデートには行けません」
    • 「みんなで会うならいいんですけど、2人っきりでは会いたくありません」
    • 「もし時間が出来ても、あなたとデートは無理です。」

    それでもしつこい人には、「彼氏がいるので、無理です。」と嘘をつきましょう。

    さすがに彼氏のいる女性を強引に誘う人はいないです。

    たとえ嘘がばれても、「本当に行きたくなかったんだな」と、諦めてくれますよ。

    ▼この記事を読んだ方は、こちらの記事もおすすめ▼

    まとめ

    デートの断り方のパターンをたくさん紹介しました。

    相手との今後の付き合いや関係も踏まえて、一番断りやすい方法を選んでくださいね。

    また、しつこい男にはハッキリと「あなたとは無理です」と伝えましょう。

    嘘をついてもバチは当たりませんよ。

    最近なかなかいい出会いが見つからなくて、断るデートが続いている人は新たな出会いを求めて相席ラウンジに行ってみてください

    特に人気の高いオリエンタルラウンジは、大人の社交場のようなおしゃれな相席ラウンジです。

    20代半ば~40代半ばの男性と簡単に出会うことができますよ。

    女性は無料なので、気楽に利用することができるでしょう。

  • 関連記事

    1. 彼女に疲れたらどうすれば良い?彼女のタイプ別に対処法を解説!

    2. LINEのやりとりで彼と親密に!おすすめの話題と6つのテクニック

    3. 彼氏の着て欲しい激押しスタイル&これはちょっと…ダメスタイル8選

    4. 可愛い韓国人彼女の作り方を日本在住の韓国人女性に聞いてみた!

    5. 婚活で相手を傷つけない正しい断り方をご紹介【例文あり】

    6. 草食系男子との恋愛は常識が通じない?上手にアプローチをして彼の心を掴も…

    7. デートで遅刻した際の謝罪方法!4ステップと原因別の謝り方を紹介

    8. デートに寝坊する彼への3つの神対応♡許してあげて女度を上げよう