女友達をセフレにするのはアリ!後悔を避ける注意点とは?

「セックスはしたいけど、彼女を作るのは面倒だな…」

「セフレがいたら良いけど、見ず知らずの人は怖い…」

心の中で、こんな思いを抱いていませんか

恋人がいる・いないに関わらず、誰しも性欲が高まるときはあります。

とはいえ、性欲を発散するためだけに、恋人を作るのは面倒だなと考える人もいますよね。

かといって、出会い系アプリで見ず知らずの人と関係を持つのは、変なことに巻き込まれそうで怖い。

そんな人は、女友達をセフレにするのが良いかもしれません。

この記事は、女友達セフレにする方法やメリットを紹介。

また、セフレにするときの注意点もお話します。

  • 性欲を持て余している
  • 恋人は欲しくない
  • 気楽で割り切った関係を作りたい

こんな人は、ぜひ参考にしてみてください。

1.女友達をセフレにするのはアリ!

女友達をセフレにするのはアリ!

女友達をセフレにするのはアリです。

女友達をセフレにすることによって、今までよりも親しい関係になれます。

なぜなら、身体の関係を持った男女は、精神的にも距離が近づくためです。

たとえ彼氏と彼女という関係ではないとしても、単なる友達とは違う関係を築けます。

そして、恋人関係よりもお互いの生活を優先できるので、仲の良さが長続きしやすいです。

このように女友達をセフレにするのにはさまざまなメリットがあるので、詳しく見ていきましょう。

2.女友達をセフレにするメリット

女友達をセフレにするメリット

はじめに、女友達をセフレにするメリットについてお話します。

人によっては「友達関係が壊れるのでは?」と、ネガティブに感じるかもしれません。

ですが、女友達をセフレにすることはさまざまなメリットがあるのです。

ここでは、メリットを下記の5つに分けてお話します。

  1. カレカノと違って楽に過ごせる
  2. 飾らない自分のままで居られる
  3. 嫉妬をしなくても済む
  4. 何でも相談できる
  5. そのまま恋愛に発展することもある

詳しくお話しますので、ぜひ参考にしてみてください。

メリット1.カレカノと違って楽に過ごせる

女友達をセフレにするメリットの1つは、恋人と違って楽に過ごせることです。

女友達なら元から気心の知れた関係なため、必要以上に気を使わずに済みます。

これが彼女であればデートに行ったり、まめに連絡を取ったりと、関係を維持していく上で必要なことが多いでしょう。

セックスは楽しみたいけど、そうした努力は面倒という人もいるはず。

その点、元々親交のある女友達なら、気の置けない楽な関係でいられます。

ですので、恋人関係が煩わしい人は、女友達をセフレにするとストレスのない関係を築けるでしょう。

 メリット2.飾らない自分のままで居られる

メリットの2つ目は、飾らない自分のままで居られることです。

人によっては、セックスに対してこだわりがあったり、やってみたいプレイなどがあったりするでしょう。

しかし、自分のこだわりを出すと、恋人に引かれてしまうのではと思って隠していた人もいるはず。

そんな人は女友達をセフレにすれば、ありのままの自分を出すことができます。

まず恋人ではないので、引かれる心配をする必要がありません。

また、セフレの関係に応じる時点で、相手もセックスに対して積極的と言えるからです。

これまでに友達としてお互いの恋愛観を話していた仲であれば、なおのことさらけ出しやすいのではないでしょうか。

隠していた性癖を開放して、ありのままの自分でセックスを楽しめるのは、女友達をセフレにする魅力の1つと言えます。

 メリット3.嫉妬をしなくても済む

3つ目のメリットは、嫉妬をしなくて済むことです。

セフレの大きな魅力の1つは、お互いが自由であること。

恋人ではないので、お互いが他の異性と遊ぼうと関係ありません。

これが恋人なら、他の異性と遊んでいることを知って、嫉妬心に苦しむこともあるでしょう。

しかし、セフレであれば割り切った関係なので、嫉妬せずに済みます。

お互いが嫉妬することなく、必要なときに求め会えるのがセフレの良さと言えます。

 メリット4.何でも相談できる

4つ目のメリットは、何でも相談できることです。

女友達とセフレになると、これまで以上に心の距離が縮まるでしょう。

体の関係を持つことで、身も心もさらけ出すからです。

ある意味、家族以上に相手のことを知っていると言えるかもしれません。

そんな相手であれば、なかなか人には話しづらいことも相談できるでしょう。

例えば、自分の性癖や性生活に対する価値観などは、家族や友人には話しづらいものです。

ですが、肉体関係を持った女友達であれば、今さら隠すこともありません。

女友達がセフレになることは、単に体の関係だけでなく、人によっては何でも相談できる心の拠り所となるでしょう。

 メリット5.そのまま恋愛に発展することもある

メリットの5つ目は、そのまま恋愛に発展することもある点です。

セフレとはいえ男女の仲ですので、人によってはそのまま恋人になることもあるでしょう。

体のつながりから心の距離が近くなり、そのうち本当に好きになってしまったりと。

また、ここまでにお話した女友達をセフレにするメリットを見ても、これほどまでに信頼の置ける人はいないのではないでしょうか。

  • 楽に過ごせる
  • 飾らない自分でいられる
  • 何でも相談できる

このように身も心もさらけ出した相手であれば、恋愛に発展しても何も不思議はありません

最初は割り切ったセフレの関係だったのが、気づけば割り切れない恋人の関係になるのも、女友達をセフレにするメリットの1つと言えます。

ここまでが女友達をセフレにするメリットのお話でした。

しかし、メリットは分かったものの、問題は「どうやって女友達をセフレにするか」ですよね?

3.女友達をセフレにする方法5つ

女友達をセフレにする方法5つ

先ほどのお話で、女友達をセフレにするメリットはお分かりいただけたかと思います。

ですが、一番の問題はどうやって女友達をセフレにするか

ここでは女友達をセフレにする方法を、以下の5つに分けてお話します。

  1. 飲み会から誘う
  2. 相談から親密になる
  3. 下ネタから誘ってみる
  4. 盛り上がったときに伝える
  5. ボディタッチから誘う

順番に見ていきましょう。

①飲み会から誘う

1つ目の方法は、飲み会から誘うことです。

女友達をセフレにするには、とにもかくにも信頼関係が大切。

誰しも、信頼関係がない人と肉体関係を持とうとは思わないからです。

例えば、初めて会った見ず知らずの人と、一夜をともに過ごしたいと思いますか?

なかには初対面であろうと関係ない人もいますが、多くの人は知らない人と一夜を過ごしたいとは思わないでしょう。

だからこそ、まずは女友達と信頼関係を築くことが大切です。

そのためにも初めは飲み会に誘って、交流を深めましょう。

一方で、すでに信頼関係ができている人であれば、お酒の勢いに任せてセックスに誘ってみるのもありです。

酔っぱらって開放的な気分から、意外とOKしてくれるなんてことも。

いずれにしても最初は飲み会に誘って、仲良くなることを大事にしてください。

②相談から親密になる

2つ目の方法は、相談から親密になることです。

先ほども、女友達をセフレにするには信頼関係が大切とお話しました。

単に飲み会で交流するだけでなく、女友達が悩んでいるときは積極的に相談に乗りましょう。

相談に乗ることで、相手は次第にあなたに心を開いてくれます

そして、心の関係性ができれば、体の関係にも踏み込みやすくなっているはずです。

また、相手からの相談に乗るだけでなく、自分からも女友達に相談をしてみてください。

ビジネス心理学の「自己開示とは」にもある通り、プライベートな情報を話すことは相手との愛情や親密さを深めます。

人に言いづらい話を自らすることで、相手も同じように話さなければいけないと思うわけです。

お互いにプライベートな話を重ねて秘密を共有すれば、いつしかセフレにも誘いやすくなるでしょう。

③下ネタから誘ってみる

3つ目の方法は、下ネタから誘ってみることです。

信頼関係を築くとはいえ、いざセフレに誘うのは勇気がいるもの。

せっかく仲良くしていたのに、拒絶されて関係が終わったらどうしようと不安になりますよね。

そんな人は、まず下ネタから誘ってみましょう。

下ネタを話すことで、相手の性に対する反応が見えるからです。

例えば、下ネタを振ってみて、その時点で話を拒否されたとしましょう。

下ネタでダメな相手が、よりハードルの高い肉体関係になってくれるとは考えにくいです。

逆に言えば、一緒に下ネタで盛り上がってくれる人であれば、性に対してオープンな価値観を持っている可能性が高いと言えます。

ですので、まずは下ネタから誘ってみて、女友達の性に対する価値観を見極めましょう。

④盛り上がったときに伝える

4つ目の方法は、盛り上がったときに直接伝えることです。

この方法は、ここまで紹介した方法との合わせ技と言えます。

飲み会や相談で信頼関係を築き、下ネタで相手の反応を見る。

そして、相手と自分の性に対する価値観が似ていると感じたら、話の盛り上がりに任せて直接誘ってみるのです。

外でご飯を食べているならホテルに誘い、家で飲んでいるならそのままセックスしたいことを伝えてみましょう

お酒を飲みながら、話が盛り上がったときは絶好のチャンス。

相手は酔っぱらっていることもあり、押しに負けてくれる可能性が高いからです。

なので、しっかりと女友達と信頼関係を築いてきた人は、タイミングを逃さずに思いを伝えましょう。

⑤ボディタッチから誘う

盛り上がっているとはいえ、「直接的に誘うのはちょっと…」なんて人もいますよね。

そんな人は、ボディタッチから誘う方法がおすすめです。

軽いボディタッチから体に触れ合う関係になれば、スムーズに肉体関係を持てる可能性が高いでしょう。

例えば、相手の爪や手の大きさに言及して、手に触れることから始めてみてください。

爪をよく見せてと言ってみたり、手の大きさを比べたりしても良いでしょう。

この時点で相手が嫌がらなければ、第一段階はクリアと言えます。

その後は腕や肩に触れて反応を伺いつつ、拒否されなければ思い切って手をつないでみるのもありです。

ボディタッチが拒否されなければ、つまりはあなたから触れられても嫌ではない証。

肉体関係を受け入れてくれる可能性も高いので、関係が深まったらホテルに誘ってみましょう。

ただし、ボディタッチは必ず軽く始めることが大切です。

いきなり太ももや腰などを触ってしまうと、人によってはセクハラで訴えられかねません。

仮に訴えられなかったとしても、その後に友人関係を継続することは難しいでしょう。

しっかり相手の様子を伺いながら、軽いボディタッチを心がけてください。

いかがでしたか?

女友達をセフレにするイメージは浮かびましたでしょうか。

それでは紹介した方法を使えば、どんな女友達でもセフレにできるかというと、そんなことはありません。

性格は人それぞれで、セフレにするには向かない人もいるからです。

4.女友達を誘うのはちょっと待った!向かない人もいる

女友達を誘うのはちょっと待った!向かない人もいる

女友達をどのようにセフレにするかは大切ですが、同時にセフレに誘う人の選び方も大切です。

セフレに向かない人を誘ってしまうと、あなたにとってまずい状況を作り出してしまうから。

ここでは、セフレに誘うには向かない人のタイプを3つ紹介します。

  1. 真面目すぎる人
  2. 口が軽い人
  3. 遊び慣れていない人

それぞれ詳しく見ていきましょう。

(1)真面目すぎる人

真面目すぎる人は避けましょう。

なぜなら、真面目すぎる人は往々にして、セフレに嫌悪感を抱いている可能性が高いからです。

「恋人でもないのに肉体関係を持つなんて考えられない」

このような考えの人にセフレを誘っても、まず良い結果にはならないでしょう。

前提として、真面目な考えが悪いわけでも、セフレという関係が正しいわけでもありません。

あくまでも価値観や考えは人それぞれです。

ただ、価値観の違う人にセフレを誘ってしまうと、まずその人とは友達ではいられないでしょう。

性に対する価値観が違うだけで、その他の話はとても合う人だっています。

真面目すぎる人はセフレに誘わず、1人の友人として関係を続けていきましょう。

(2)口が軽い人

次にセフレに向かない人のタイプは、口が軽い人です。

口が軽い人は、セフレに誘われたことを言いふらしてしまう可能性があるからです。

例えば、同じ社会人サークルや共通の友人グループの女友達を、セフレに誘ったとしましょう。

セフレを拒否されただけならまだしも、口が軽い人の場合はそのことをグループ内で広めてしまうかもしれません。

そうなると、誘ったあなたの立場は非常に悪くなります

肉体関係だけを求めてきた軽薄な男と、嫌なレッテルを貼られるなんてことも。

そうしたまずい状況を回避するためにも、口が軽い人はセフレに誘わないようにしてください。

(3)遊び慣れていない人

最後のタイプは、遊び慣れていない人です。

遊び慣れていない人を誘ってしまうと、割り切った関係を築くことが難しいでしょう。

セフレの良いところは、自由な割り切った関係でいられること。

お互いを束縛せずに、必要なときに求め会えるのがセフレの魅力と言えます。

しかし、遊び慣れていない人は、セフレと言われていてもつい本気の恋に発展しがちです。

気がつけばあなたを恋人のように束縛したり、嫉妬心を向けてくるかもしれません。

そうなるとセフレの関係を解消しても、かえって恨まれてしまうこともあるでしょう。

割り切った関係を作るつもりが泥沼の関係とならないよう、遊び慣れていない人には要注意です。

女友達をセフレにする際は、相手のタイプを見極めた上で誘うようにしてください。

それでは、いざ女友達をセフレに誘いたいところですが、その前にセフレにするときの注意点を確認しておきましょう。

5.女友達をセフレにする注意点も確認!

女友達をセフレにする注意点も確認!

ここからは、女友達をセフレにすることのリスクをお話します。

やはり肉体だけの関係は、一般的に見れば良いイメージはありません。

女友達をセフレにするときは、以下3つの注意点に気をつけましょう。

  1. 彼女を作りにくくなる
  2. 周囲にバレると面倒
  3. 恋人や配偶者がいると浮気・不倫になる

順番にお話します。  

(1)彼女を作りにくくなる

注意点の1つ目は、彼女を作りにくくなることです。

女友達をセフレにしたら、まず彼女は作れないと思いましょう。

これはセフレになった女友達の問題ではなく、付き合う彼女が拒否するからです。

付き合った彼氏にセフレがいたと知ったら、その彼女はどう思うでしょうか?

拒絶されることはもちろん、別れを切り出されてもおかしくありません。

つまり、セフレの関係を築いた時点で、特定の恋人を作ることは難しくなるでしょう。

誰かに縛られないのはセフレの魅力ですが、それゆえに誰か1人のものにもなれないのです。

もし本当に好きな人ができてしまったなら、まずは誠意を持ってセフレ関係を解消しましょう。

けじめをつけた上で、好きな人にアタックすることが最善の道と言えます。

(2)周囲にバレると面倒

注意点の2つ目は、周囲にバレると面倒な点です。

一般的に、セフレに対するイメージは良いものではありません

恋人でもないのに肉体関係を持つことに対し、嫌悪感を抱く人は少なくないからです。

そのため、女友達とセフレであることが周囲にバレてしまうと、面倒な状況に陥ってしまうでしょう。

それこそ口の軽い人にバレてしまったが最後、友人間やグループ内で一気に広まってしまいます。

グループのなかに正義感の強い人がいれば、セフレに誘ったあなたを強く非難するかもしれません

そうなってしまっては、グループや友人の輪にあなたの居場所はなくなるでしょう。

このように周囲にバレると面倒な状況になるリスクは、女友達をセフレに誘う上で覚悟する必要があります。

友人グループで遊ぶ際は、セフレになった女友達と今まで通りの接し方を心がけましょう。

油断していると、勘の鋭い人はあなた達の関係性の変化に気づいてしまうかもしれません。  

(3)恋人や配偶者がいると浮気・不倫になる

最後の注意点は、浮気や不倫の危険です。

誘った女友達に恋人や配偶者がいた場合、浮気や不倫になります。

仮に相手に配偶者がいて不倫をしてしまった場合、最悪は慰謝料を求められるかもしれません。

いくらセフレが心地よい関係とはいえ、慰謝料を請求されるリスクを負ってまで築く必要性はないでしょう。

ですので、恋人や配偶者がいる人をセフレに誘うことは、絶対にやめてください

人によっては、不倫の背徳感やスリルが良いという方もいるかもしれません。

しかし、十中八九良い結果にはならないでしょう。

バレてしまったが最後、慰謝料の請求から人間関係の崩壊と、あなたを最悪な状況に突き落とします。

ただでさえ、ネガティブなイメージのあるセフレという関係。

余計なリスクは背負わないようにしましょう。

6.女友達をセフレにするときのコツ

女友達をセフレにするときのコツ

ここまでのお話で、女友達をセフレにする方法や注意点はお分かりいただけたはず。

最後に、女友達をセフレにするときのコツをお話します。

そのコツとは、独占や束縛をしないことです。

これまでにお話した通り、恋人のような煩わしさがないのがセフレの魅力。

要するに、自由な関係であることがセフレの良いところなのです。

それなのにセフレになった女友達を独占したり、束縛したりすると、お互いにとって不幸な結果を招くでしょう。

例えば、女友達は恋人でもないのに束縛されることにうんざりし、あなたはセフレなのに不要な嫉妬心を燃やしてしまいます

これではセフレの関係を築くメリットが何もありません。

あなただけでなく女友達自身も、気楽にセックスを楽しめる関係であるために、独占や束縛はしないようにしましょう。

7.女友達をセフレにするか悩むなら出会いを探そう!

女友達をセフレにするか悩むなら出会いを探そう!

女友達をセフレにするか悩むのであれば、出会いの場に行って出会いを探すべきです。

すでにご説明した通り、女友達をセフレにするということは、今まで通りの関係というわけにはいかなくなります。

もしもそのことについて少しでも不安があるなら、焦って女友達をセフレにする必要はありません。

身近に出会いがないようなら、『ワクワクメール』を利用すれば女性と出会うことができます。

利用者の目的はさまざまですが、まずはこういった出会いの場でセフレにできる女性を探しましょう

もしもコミュニケーション能力に自信があるのであれば、クラブを併用するのも良いです。

クラブでのナンパについては、以下で詳しく書いているので参考にしてください。

  • 面と向かってコミュニケーションを取るのが苦手
  • ナンパは苦手、恥ずかしい
  • 徐々に仲良くなっていってセフレの関係になりたい

ということであれば、マッチングアプリや出会い系サイトを利用するのが良いでしょう。

最初はアプリやサイト上でメッセージのやり取りを重ねていけるので、見知らぬ人と直接会ってコミュニケーションを取るのが苦手という方にもおすすめです。

セフレを作るのにおすすめのマッチングアプリ・出会い系サイトはこちらでもいくつか紹介しているので良ければご参考にどうぞ!

まとめ

女友達をセフレにするのはアリです。

仲が良い分、気を使わずに誘うことができます。

しかし、今までと同じような関係を保つことは難しいので、誘う前にデメリットについてもしっかり考えましょう。

セフレが欲しいだけなら、出会いの場に行ったりマッチングアプリや出会い系サイトを使うのが無難です。

セフレの作り方はこちらの記事でも紹介しているので良ければ合わせて読んでみてくださいね。

 

関連記事

  1. 久しぶりの連絡はどうして送られてくる?目的を見破る方法

  2. プラトニックラブの知られざる秘密とは?信頼関係を基にした恋愛ができます…

  3. 男性がモテるために必要なGプラスアルファ!顔と金!byE子

  4. 打算?愛情?結婚相手の選び方であなたの人生は180度変わる!

  5. 経験人数の多い女性が持つ8つの魅力とは?

  6. デートでご飯に行くのは好感度アップのチャンス!成功のポイントは?

  7. 【男女別】合コンあるあるまとめ!笑えるものから悲しいものまで

  8. デートがマンネリ化してない?マンネリ解消法とおすすめデートプラン

フェリ恋 フェリーチェについて フェリーチェについて 恋愛四季報の本 恋愛四季報の本