女友達をセフレにするのはアリ!後悔を避ける注意点とは?

     
PICK UP   この記事は
ECONOMY(年収500万円未満)

「女友達をセフレにしたいけれど、実際のところアリなのかな。。」なんて、お悩みではないでしょうか?

気が合う仲の良い女友達をセフレにできれば、今まで以上に楽しくやっていけそうですよね。

しかし、女友達をセフレにするにあたっては、後悔しないように気をつけるべきこともあるんです。

そこで今回は、女友達をセフレにするメリットや方法、注意点を見ていきます。

上手く女友達をセフレにして、快適に楽しく暮らしていきましょう!

1.女友達をセフレにするのはアリ!

女友達をセフレにするのはアリです。

女友達をセフレにすることによって、今までよりも親しい関係になれます。

なぜなら、身体の関係を持った男女は、精神的にも距離が近づくためです。

たとえ彼氏と彼女という関係ではないとしても、単なる友達とは違う関係を築けます。

そして、恋人関係よりもお互いの生活を優先できるので、仲の良さが長続きしやすいです。

このように女友達をセフレにするのにはさまざまなメリットがあるので、詳しく見ていきましょう。

2.女友達をセフレにするメリット

女友達をセフレにするメリットは、以下のようなものがあります。

  1. 気を使わなくて良い
  2. 今まで以上に仲良くなれる

これらのメリットは、女友達をセフレにしたときならではの嬉しいものです。

それぞれのメリットについて、順番に確認していきましょう。

メリット1.気を使わなくて良い

女友達をセフレにするとき、すでに仲の良い相手なのでわざわざ気を使う必要がありません。

今まで通り気楽に接しながらセックスも楽しめます。

せっかくセフレができても関わることがストレスなのは続かないので、気を使わなくて良いのは大きなメリットです。

もしも今までに友達ではなかった女性を新たにセフレにする場合は、さまざまなことに気を配る必要があります。

関係の維持に気力を使わなければならないのが嫌なのであれば、女友達をセフレにするのが良いでしょう。

メリット2.今まで以上に仲良くなれる

女友達をセフレにすれば、今まで以上にその女性と仲良くなることができます。

身体の関係を持つことによって、今まで以上に何でも気楽に言い合える関係になれるのです。

もっと仲良くなりたいけれど、恋人になりたいわけではないという場合にはセフレになるのも良いと言えます。

セフレになったとしても今までと同じような遊び方はできるので、安心してください。

以上が、女友達をセフレにするメリットでした。

メリットを見て、女友達をセフレにしたいと思った人も多いはずです。

それでは、女友達をセフレにする方法を見ていきましょう。

3.女友達をセフレにする方法は普段通りがコツ!

女友達をセフレにしたいのであれば、普段通りに接することが最大のコツです。

まずは、普段通りに遊びやご飯に行きましょう。

その際、お酒を飲む場であれば相手の気持ちも盛り上がりやすいのでおすすめです。

そしていつもと同じように楽しくお酒を飲み、自然にホテルに誘ってみてください。

ホテルの利用方法がわからないという人は、事前に『ラブホ初心者必見!分かりにくいラブホのシステムを徹底解説』を読んでおけば大丈夫です。

仮に断られたとしても、そこで諦める必要はありません。

「友達なんだからちょっとゆっくりしに行くだけだよ」という調子で、気楽に誘い直せば良いです。

そこで相手にハッキリと断られたら、サラッと謝ってその場は解散しましょう。

もしも諦めきれない場合は、何度か遊んだあとにまた再挑戦するのが良いです。

なかなか女友達が誘いに応じてくれない場合は、終電を逃すように飲みを盛り上げるなど工夫をしてみてください。

このように、デートでホテルに誘う方法は、女友達も彼女も大きく違いはありません。

ホテルへの誘い方をもっと詳しく知りたいなら、『デートでホテルにスマートに誘う方法!彼女のOKサインを読み取ろう』も読んでみてください。

以上が、女友達をセフレにする方法でした。

あくまでも普段通りに接しながら、自然にホテルに誘うのがポイントです。

また、遊びには付き合ってくれるのに、どれだけ誘ってもホテルには行ってくれない場合は、あなたが信用されていない可能性があります。

3−1.ホテルに誘う際は女友達に信頼されていることも大切!

ホテルに誘う際には、女友達に信頼されているということも非常に大切です。

セフレ関係にあることを誰かに話されてしまうのではないかと女友達が考えている場合、ホテルに行くことは難しくなります。

したがって、口が堅い誠実な印象を与えることがポイントです。

ランチデートやディナーデートを重ねて、信頼できる男性だと思ってもらうのが良いと考えられます。

女友達の信頼を勝ち取れば、セフレになることも難しくはありません。

ただし、女友達をセフレにする場合には注意するべきこともあります。

どのようなことに注意するべきなのか、確認しておきましょう。

4.女友達をセフレにする注意点は関係が変わること

女友達をセフレにする際に注意するべきことは、まったくもって今まで通りの関係というのは続けられないということです。

良くも悪くも、女友達からセフレに変わるというのは、関係に変化が伴います。

特に女性は、身体の関係を持つと相手の男性のことが好きになるということも少なくありません。

したがって、恋人にしたくないなら一線を引いておく必要があります。

今までは気楽に2人で遊びに行っていたのも、セフレになってからは身体の関係ありきのデートになりやすいです。

なので、女友達との今の関係が気に入っているのであれば、セフレにする前に冷静に考えたほうが良いでしょう。

お互いがセフレという関係を楽しめる性格なのであれば、問題はありません。

女友達をセフレにするかを悩む気持ちがあるのなら、出会いの場に行ってセフレを作ったほうが楽しめるはずです。

5.女友達をセフレにするか悩むなら出会いを探そう!

女友達をセフレにするか悩むのであれば、出会いの場に行って出会いを探すべきです。

すでにご説明した通り、女友達をセフレにするということは、今まで通りの関係というわけにはいかなくなります。

もしもそのことについて少しでも不安があるなら、焦って女友達をセフレにする必要はありません。

身近に出会いがないようなら、『オリエンタルラウンジ』を利用すれば女性と出会うことができます。

オリエンタルラウンジは、男性と出会いたい女性がたくさん利用しているので、簡単に良い出会いを見つけられます。

利用者の目的はさまざまですが、気楽に遊べる友達を探している女性も多いです。

したがって、女友達をセフレにするか悩むなら、まずはこういった出会いの場でセフレにできる女性を探しましょう。

もしもコミュニケーション能力に自信があるのであれば、オリエンタルラウンジとクラブを併用するのも良いです。

クラブでのナンパについては、『クラブで出会うには?クラブナンパを成功させるための5ステップ』で詳しく書いているので参考にしてください。

ワンナイトラブならクラブ、長く続くセフレ探しはオリエンタルラウンジというように上手く使い分けるのが良いと言えます。

まとめ

女友達をセフレにするのはアリです。

仲が良い分、気を使わずに誘うことができます。

しかし、今までと同じような関係を保つことは難しいので、誘う前にデメリットについてもしっかり考えましょう。

セフレが欲しいだけなら、出会いの場に行くほうが無難です。

関連記事

  1. ハリネズミのジレンマの意味とは?わかりやすい具体例と恋愛でのコツ

  2. 合コンのやり方を初心者でも分かるように徹底解説!【幹事必見】

  3. 婚活デート3回目!告白を成功させたいあなたに読んで欲しいこと

  4. デートで暇なときにはコレがおすすめ!スマホで出来る暇つぶし10選

  5. 皆はどうしてる?付き合ってから気になるデートやエッチ事情を解説!

  6. これであなたもモテる!街コンの必勝法を徹底解説

  7. ドキッとする!後ろから抱きつく「男性の心理」と取るべき「神対応」とは?…

  8. 【異性との出会いってどこにある?ステキな異性と出会いたいあなたへ】