告白の返事に困ってる人必見!OK・NG・保留のシチュエーション別の返事の仕方

「告白されたけど、どんな風に返事をしたらいいのか分からない」とお悩みですね。

思いを寄せてい彼からの告白だったら、OKの返事も色々と考えてしまいます。

一方、NGの時や保留の時は返事の仕方で悩んでしまうものです。

そこで今回は、シチュエーション別で告白の返事の仕方をご紹介していきます。

どのような返事をするにも、勇気を出して告白した彼への気遣いをすることが大切です。

そうすることで、OKの時は彼ともっと仲良くなり、NGの場合でも2人の関係が気まずいものになりにくくなります。

1.告白の返事がOKの時に彼を喜ばすコツ

気になっている彼から告白されたら、OKの返事をする時に喜ばせてみましょう。

彼を喜ばせるコツは4つあります。

  1. 「嬉しい!」と告白されたことを素直に喜ぶ
  2. 「私でいいの?」と逆質問する
  3. 「実は私も好きだったの 」と言う
  4. 「ありがとう」と勇気に感謝する

彼のタイプによって返事の仕方を決めると喜びが増すはずです。

告白してきた彼の性格を考えて、しっかり確認していきましょう。

ただ「はい」と答えるだけではもったいないので、返事の仕方を考えることで彼ともっと仲良くなるはずです。

コツ1.「嬉しい!」と告白されたことを素直に喜ぶ

男らしいタイプの彼から告白されたら、素直に「嬉しい!」と伝えて喜びましょう。

男性は、遠回しな言い方よりストレートな表現を好むものです。

彼に思いが伝わるよう、手短なフレーズの返事を意識してください。

「彼女はこんなに喜んでくれている!」と彼も嬉しい気持ちになるはずです。

コツ2.「私でいいの?」と逆質問する

モテるタイプの彼から告白されたら、笑顔で「私でいいの?」と逆質問してみましょう。

周囲にいる女性が放っておかないタイプだと、どうして自分なのか気になることろです。

交際がスタートする前に、明るい表情で「どうして私なの?」と確かめてください。

モテる彼だと、交際後に他の女性から言い寄られるなどの心配もあります。

そういった心配事を払拭する効果もあるので、ぜひ聞いてみましょう。

コツ3.「実は私も好きだったの」と言う

心配性な彼だったら、「実は私も前から好きだったの」自分から逆告白してみましょう。

ずっと前から両思いだったことに、彼も笑ってくれるはずです。

「もっと早くに告白しておけば良かった!」と交際スタート直後からラブラブな雰囲気になります。

コツ4.「ありがとう」と勇気に感謝する

少しシャイな彼なら、告白してくれた勇気に「ありがとう」と感謝してみましょう。

あなたに告白するまで、不安や葛藤と闘ってきたはずです。

彼の勇気を称え、「ありがとう。これからよろしくね」とニッコリ笑顔で返事をしてください。

2.告白の返事がNGの時の相手を傷つけない断り方

告白の返事がNGなら、彼を傷つけにくい断り方や言葉選びをしましょう。

ここでは、彼を傷つけにくい断り方を4つ紹介していきます。

  1. 「友達としてみている」と恋愛対象外を伝える
  2. 「今は誰とも付き合いたくない」と言う
  3. 「気持ちはありがたいけど」と言いながら断る
  4. 「好きな人がいる」と教える

NGの場合、返事はとても悩むものです。

しかし、返事を先延ばしにしたり言葉を濁すと彼に期待を持たせてしまう可能性もあります。

断ることを決めたなら、言葉を選びながらすぐに返事をすることが大切です。

そうすることで、2人の関係にヒビが入りにくくなります。

断り方1.「友達としてみている」と恋愛対象外を伝える

友達としてお付き合いをしていきたいなら「友達としてみている」と恋愛対象外をストレートに伝えましょう

人として好きだけど、恋人としては考えていない時は早めに返事をし、端的な表現を意識してください。

2人の関係を変化させたくない思いが強い時は「このまま友達関係が良い」と自分の気持ちを素直に言いましょう。

あなたの思いを、彼も尊重してくれるはずです。

断り方2.「今は誰とも付き合いたくない」と言う

勉強や仕事で忙しく、恋愛を考えられない時は「今は誰とも付き合いたくない」と断りましょう。

あなたの多忙さを知っていたら、彼もその返事に納得するはずです。

自分を取り巻く状況が理由なので、最も相手を傷つけない断り方と言えます。

ただし、好きな人がいる時に使うのはやめましょう。

いつか嘘はバレるので絶対に避けてください。

断り方3.「気持ちはありがたいけど」と言いながら断る

考えた末に返事がNGなら「気持ちはありがたいけど」と前置きをして断りましょう。

告白への感謝を伝えることで、彼の心の傷が最小限に留められます。

2人の関係に波風立てにくい大人な断り方です。

断り方4.「好きな人がいる」と教える

自分に好きな人がいるなら「好きな人がいるから付き合えない」とストレートに伝えることが大切です。

好きな人がいると知れば、彼も早めに諦めがつきます。

万が一、「好きな人って誰?」と聞かれても教えないようにしましょう。

後でトラブルになる可能性もあるので「その人に迷惑かけるから内緒」と対応することが大切です。

3.告白の返事を保留する伝え方

もう少し考えたい時、保留の返事をする時も彼にしっかり伝えることが大切です。

保留するときの伝え方は3つあります。

  1. 「もう少しあなたを知りたい」と言う
  2. 「2週間だけ待って」など期限を決める
  3. 「今は忙しいから時間が欲しい」と伝える

どの伝え方も、告白してきた彼を気遣う言動がポイントです。

しっかり考えることをアピールし、自分も相手も納得する返事を導き出すようにしましょう。

伝え方1.「もう少しあなたを知りたい」と言う

告白してきた相手に対し良い印象を持っているのなら「もう少しあなたを知りたい」と言って返事を保留してみましょう。

この言葉を聞いた相手は、前向きに考えてくれると捉えます。

好きな気持ちを抱きつつある場合に使用してください。

OKする確率が高い保留におすすめの伝え方です。

伝え方2.「2週間だけ待って」など期限を決める

告白されて、じっくり考えたいのなら「2週間だけ待って」など期限を決めて保留の意思を伝えてください。

相手の男性も、あなたの揺れ動く気持ちを理解するはずです。

返事がどちらになるにせよ、勇気を出して告白した相手を待たせ過ぎるのはよくありません。

事前に期限を決めて返事を出すことが大切です。

伝え方3.「今は忙しいから時間が欲しい」と伝える

告白されたタイミングが、ちょうど忙しい時だったら「今は忙しいから時間が欲しい」と彼に伝えましょう。

返事はゆとりを持って真剣に考えたいものです。

その気持ちを素直に口にすれば、彼も理解を示してくれます。

忙しい時は慌てずに返事を考えることは大切です。

4.告白の返事に悩んでしまう?そんなときの見極め方法

告白の返事に悩んでしまったら、彼との相性を考えて返事を見極めることが大切です。

簡単にできる返事の見極め方法は5つあります。

  1. 彼と価値観が合うか考える
  2. 2人きりの時間が楽しいか想像する
  3. 彼の趣味を理解できるか考える
  4. 容姿を受け入れられるか考える
  5. 周囲の評判が良いか確認する

交際するかしないかの判断するポイントになるので、しっかり確認していきましょう。

5つの方法を実践することで、自分の答えを簡単に導き出せるはずです。

方法1.彼と価値観が合うか考える

彼と価値観が合うかどうかを考えていきましょう。

交際する時に、2人の価値観がズレているとケンカなどの衝突が起きやすくなります。

価値観が似ていることは、2人の関係を築き上げていく上では欠かせない条件です。

何よりも先に価値観に関して考えるようにしてください。

  • 金銭感覚が似ているか
  • インドア派かアウトドア派か
  • 好きなものなど共通点が多いか

以上のような3つのポイントをチェックすると簡単に見極められます。

価値観が似ていると、2人の関係もよりスムーズになるので重要なポイントです。

方法2.2人きりの時間が楽しいか想像する

夜寝る前など、落ち着いた状態で2人きりの時間が楽しいかどうか、想像してみてください。

デートを考えた時、笑顔の自分が浮かんでくるのなら彼とのお付き合いは楽しいはずです。

一方、ぎこちなさや違和感を感じたらOKの返事を出すことは控えるようにしましょう。

彼と一緒にいる自分を考えて、幸せかどうかは返事を左右する重要なポイントです。

方法3.彼の趣味を理解できるか考える

彼の趣味を理解できるか、じっくり考えてみましょう。

時と場合によっては、彼があなたとの時間より趣味の方に時間を割くこともあります

彼の趣味に対して、理解を示せるのか、それとも不満を募らせるかを想像してみてください。

趣味への理解は意外な盲点となるので、返事をする前にしっかり考えることはとても大切です。

方法4.容姿を受け入れられるか考える

彼の容姿がとくにタイプではないなら、ずっと一緒にいても受け入れられるかどうか考えてみましょう

一番簡単な見極め方法は「彼とキスできるかどうか」です。

想像してみて、抵抗感がなければお付き合いできる容姿と言えます。

方法5.周囲の評判が良いかどうか確認する

彼の評判が良いかどうか、周囲の人に確認してみましょう。

「彼ってどんな人?」と告白されたことを伏せてさり気なく聞いてみてください。

交際する前は、真面目で優しそうと思っても、いざ付き合ってみたらダメンズというケースもあります。

トラブルを回避するためにも、彼の人となりをリサーチすることは大切です。

告白の返事に迷うなら、『彼と付き合うか迷うあなたへ。悩み別の判断ポイント18選』も参考にして下さいね!

5.告白の返事をした後に彼ともっとラブラブになるポイント

OKの返事をした後、彼ともっとラブラブになってみましょう。

交際スタート直後から彼をキュンとさせるポイントは3つです。

  1. LINEで「よろしくね」とメッセージを送る
  2. 友達に報告する
  3. 定期的に気遣いのメッセージを送る

どのポイントも、あなたに対する思いがアップするので実践してみましょう。

そうすることで、初デートまでに2人の距離がグッと近いものになっているはずです。

ポイント1.LINEで「よろしくね」とメッセージを送る

OKの返事をした後、LINEで「よろしくね」と彼にメッセージを送りましょう。

2人の関係がスタートしたことを彼も再確認し、素直に「可愛いな」と思います。

きっと彼も、初デートまで待ちきれない気持ちになるはずです。

ポイント2.友達に報告する

彼に告白に対してOKの返事をしたら、友達に報告しましょう。

2人の関係がオープンなものになり、彼も「恋人関係になったことを喜んでいる」と受け止めてくれます。

あなたの交際への前向きな姿勢を見て、ますますあなたを好きになるはずです。

ポイント3.定期的に気遣いのメッセージを送る

彼に返事をした後、次に会うまで時間があるときは定期的に気遣いのメッセージを送りましょう

「仕事忙しいみたいだけど、体調に気をつけてね」という内容を受け取って、喜ばない男性はいません。

大好きな彼女から、気遣われれば「デートを励みに頑張るぞ!」と仕事に取り組められます。

気遣いが出来る女性は男性の心を鷲掴みにするので、積極的に実践してみましょう。

6.告白の返事で気をつけたい注意点

返事がOKまたはNGの場合でも、自分勝手な言動を慎むことを意識してください。

告白の返事をするとき、気をつけたい注意点は2つあります。

  1. 返事をする前に友人に教える
  2. 相手を否定した返事をする

勇気を持って告白してくれた彼に対して、気遣いをするのは大切なことです。

返事をする際は相手を傷つけないよう意識してください。

注意点1.返事をする前に友人に教える

彼に返事をする前に、友人に教えないようにしましょう。

噂話はあっという間に広がるので、返事をもらう前に彼の耳に届くこともありえます。

直接聞かされていないのに、結果を周囲の人から言われると彼も傷つくはずです。

友人に教える場合も、必ず彼に伝えた後にするようにしてください。

注意点2.相手を否定した返事をする

告白の返事をする時に、人格否定するような返事は絶対にしないように気をつけてください。

断られた上に傷つけられると、後々トラブルになる場合もあります。

「自分にはもったいなさすぎる」など角を立てない表現を意識して断ると角が立ちません。

再度デートに誘われた場合は、『デートの断り方14選!関係が悪化しない上手な断り方をマスターしよう』を参考に、上手に断りましょう。

まとめ

少し気になっていた彼から告白されたら、しっかり2人の相性を見極めてから返事をすることが大切です。

「交際したら楽しそう」と判断したら、時間を空けずに返事をしましょう。

返事に時間をかけてしまうと、彼も諦めの気持ちが出てくるはずです。

告白の返事は、色々ありますが彼の心に伝わる方法で行うことがポイントです。

お付き合いすると決めたなら、しっかりと返事をして彼との交際がスムーズに運ぶようにしましょう。

付き合った後のデートの頻度は、『デート頻度が多いと友達どまり!付き合う前の理想のデート頻度』を参考にして下さいね!

関連記事

  1. 遠距離恋愛の彼の気持ちを確かめたい時、デキる彼女は時空を超えて透視で把握
    PR:Tphereth

  2. 未読スルーは脈なし?彼の本音の探る裏技と対処法を教えます!!

  3. 再婚で幸せゲット!30・40代のバツイチ男女の再婚のすすめ

  4. 別れる最後のデートはすべき?後悔しないためにすべき3つのことを解説!

  5. 諦めないで!忙しい彼氏とも上手く付き合って理想のカップルになろう

  6. マゾ(M)な人はココで分かる!特徴の見分け方や攻略方法を紹介【男女別】…

  7. デートでホテルだけってアリ?彼に愛されているか知る方法をご紹介!

  8. デートの誘い方や日程調整のコツとは?女性からOK貰えるポイントを大解剖…