同じ趣味の人と出会いたい!出会うコツとおすすめのマッチングアプリ

目次

同じ趣味の人というのは、話も合いやすく仲良くもなりやすいです。
今まで意識せずとも自然に仲良くなってきたのもそういった人たちではないでしょうか。
ただ、意識して見つけるとなると案外難しいものですよね。
特に恋人候補で同じ趣味の人を見つけるとなると相当苦戦します。
そこで、今まで同じ趣味の人と出会うために出会いの場へ行ったり、研究したりと試行錯誤してきた私が次の順序で最適な方法をご紹介します。

この記事のポイント

  • 同じ趣味の人と出会うメリット
  • 男女のバランスが取れている趣味を選ぶと出会いやすい
  • おすすめはマッチングアプリ
  • マッチングアプリ以外で同じ趣味の人を探す4つの方法

今回の記事を読めば、趣味から簡単に出会いを見つけることができるようになること間違いなしです
しっかりと読みこんで共通の趣味を持つ、素敵な人と出会いましょう。

1.同じ趣味の人と出会うメリットとは

そもそも同じ趣味の人と出会うと、どんな良いことがあるのでしょうか。
今までの経験から少なからず思い浮かぶことはあると思いますが、ここで再度確認しておきましょう。

  • 共通の話題が多く話が広がりやすい
  • 一緒に趣味に打ち込む時間ができる
  • 進展のスピードが早い

メリットが分かっていれば探す際のモチベーションになります
探す前に挫けてしまっては、探せるものも探せなくなってしまいますからね。

1-1.共通の話題が多く話が広がりやすい

まずメリットとして挙げられるのは、共通の話題が多く話が広がりやすいという点です。
初対面だったり、出会ってから日が浅いとどうしても話に詰まってしまうことがありますよね。
一般的には人は出会ってから数回のうちに恋人にできるかどうかを判断する傾向があることが分かっています。
心理学で言う「メラビアンの法則」によってその人の印象を会って数回のうちに決めるからですね。
また、HAL遺伝子というのも人間は会って数回のうちに嗅ぎ分けることができ、恋人選びに関係しています。(恋愛行動と恋愛心理の多様性に関する比較社会生態学的検討 山田2018)
つまりその間に「この人と一緒に居ると楽しい」と思わせる必要があるのです。そのためには話を広げるのは必須というわけですね。
趣味が同じであれば、使う道具のことであったり、今までの体験談だったりを共有できるので話に困ることがありません。

1-2.一緒に趣味に打ち込む時間ができる

同じ趣味を持つことの醍醐味はなんと言っても、一緒に趣味に打ち込むことができるという点です。
楽しい時間を共有するというのは、信頼関係を深める上で欠かせません
スポーツのように複数人で行うものであれば自然にプレイすることができます。
単独行動がメインになるカメラ等が趣味でも、それぞれ撮ったものを見せ合ったり同じ場所に撮りに行ったりすることができますね。
本来であれば別々に行動しなければならないことも、一緒にできるのは大きなアドバンテージです。
趣味が同じでない人に比べ、仲良くなりやすく相手のことも理解しやすくなります。

1-3.進展のスピードが早い

最後に進展のスピードが早いというのもメリットの点として挙げられるでしょう。
進展のスピードが早いということは、他のライバルに取られにくいということ。
その分多くのチャンスを掴むことができます。付き合うところまでさほど時間もかかりません。
さらに付き合った後も、将来の想像がしやすいため結婚にも結び付きやすくなります。
未来が明るく見えたら付き合いも楽しくなりますね。

2.出会える趣味は男女のバランスが取れているものを選ぶのがコツ

同じ趣味を持つ人を見つけるのは簡単なことではありません。特にニッチな趣味であればその難易度は余計に上がります。
ではそういう人たちは出会うこと自体を諦めなければならないのでしょうか。
それではあまりにも酷すぎますよね。出会える趣味がないのであれば、出会える趣味を見つければいいのです。
初めは興味がないものでも、始めてみると案外楽しかったりします
この機会に新しい趣味を探してみるのもいいですね。
ここでは出会える趣味を7つ厳選してご紹介します。

  • グルメ
  • お酒
  • スポーツ
  • 音楽
  • 写真
  • 読書
  • ゲーム

2-1.グルメはハズせない!特にスイーツは好きな人が多い

グルメは多くの人に好まれる趣味です。美味しいものを食べるのが嫌いという人はいませんよね。
万人に受けるこの趣味は、美味しいお店を紹介しあうのも良し、行ったことのないお店を一緒に開拓するも良しと楽しみ方も多くあります
好き嫌いはあるかもしれませんが、そこもお互いが知っていれば問題ありません。
グルメと言っても種類は様々で、特に人気のあるジャンルも存在します。それはスイーツです。
スイーツであれば気軽にお店を周ることもできますし、なによりお店を周ってスイーツを食べ歩くことを趣味としている人が多くいます。
しばしば話題に上がるのもスイーツが多いですね。グルメは人間の3大欲求でもあるので、ハズせない趣味になります。

2-2.お酒は距離を縮めやすい

お酒は大人の嗜みですね。ビールをはじめハイボールなんかが好きな人も最近では多くなっています。
週末には自然な形で飲みに誘うことができますし、お酒が入ると距離も縮まりやすくもなるのでオススメの趣味です。
種類もアルコールの強さも数多くあるので、好みのお酒を見つけ出すこともすぐにできるでしょう。
そこまでお酒に詳しくないという人も一緒に行って教えてもらうという楽しみ方もできるので、始めやすい趣味とも言えますね。
酒フェスというのも流行ってきているので出会いやすさも文句なしです。

2-3.スポーツであればスキンシップも簡単に

スポーツは趣味の王道ですね。
野球、サッカー、バスケ等ありますが、出会いやすさで言うと男女比のあまりないものが良いです。
男女比がないものだとバスケ、ランニング、テニスなんかが挙がります。
特にランニングであれば誰でもできますし、場所も選ばないので人口も多いです。
他のスポーツも各地にチームがあったり、大会、オフ会なんていうものも定期的に開催されているので出会いの機会は沢山あります。
一緒にプレイして汗を流せばあっという間に仲良くなることができますね。
また、スポーツの良いところは定期的に集まることが多いということです。
定期的に集まることで、接する機会も増え距離を縮めやすくなります。

2-4.音楽好きはとにかく人口が多い

好きな音楽は誰しもありますよね。
街中にもイヤホンをしている人が沢山いるように、音楽が好きな人はとにかく多いです。
人気のバンドのフェスなんかに行けば、最初から親近感を持って接することがお互いにできます。
同じアーティストが好きだというだけで仲良くなれた気がしますよね。
仲良くなった後は一緒に盛り上がることもできるので、そこで仲良くなって連絡先を交換するということも多々あります。
アイドルやロックバンドといった違いはあるので、出会いたいのであればなるべく多くのジャンルをカバーしておいた方が良いですね。
同じジャンルの中でも好きなアーティスト等いると思うので、色々なアーティストの曲を聴いてみましょう。
出会いの機会は圧倒的に増えるはずです。

2-5.写真は教えあうことができる最強ツール

写真を趣味にしている人は最近急激に増えています
少し前までは一眼レフカメラなんかを持っていなければ良い写真を撮ることはできませんでしたが、最近ではスマホなんかでも良い写真を撮ることができるようになってきました。
さらにインスタグラムが流行ったため、女性の間にも一気に写真の趣味が広がりましたね。
スマホの性能も上がっていますし、アプリの発展も目まぐるしいです。
料理を取るのも良し、日常の素敵な風景を取るのも良し、色々な自撮りで盛り上がるのも良しと楽しめること間違いなしと言えます。
どんなアプリで撮ると綺麗に撮れるのかを教えあったり、インスタ映えするスポットを教えあったりすることもできるので、まさに最強のツールです。

2-6.読書でゆったりした時間を共有できる

読書が趣味という人も多いですね。
人によって好きなジャンルは分かれてしまったとしても、読書好きならゆったりした静かな時間が好きという証拠です。
好きな作家さんや作風、ジャンルなどが違っても、同じ時間を隣で共有することができるわけですね。
とはいえ、好きな本が同じ時はより盛り上がりますので、音楽と同様、多くのジャンルをカバーすることが大事です。
逆に「読書が最近好きになったんだけど、詳しくないから教えてほしい」という方向性も良いでしょう。
あなたが「相手の好きなものに興味が持てる」方であれば、このほうが自然に話が進みます。
読書は1冊1冊読むのに時間がかかりますが、それだけ自分の糧にもなります。
出会いのために読書を始めたとしても、仕事や他の日常生活に良い影響を及ぼすこともあるでしょう。
これはまさに一石二鳥、三鳥になる趣味と言えますね。

2-7.ゲームは一緒に盛り上がれる

スマホが主流になってからは、ゲームを手軽に楽しめるようになりました。
電車での時間が多い方ほど、何かしらのゲームをプレイしたことがあるのではないでしょうか。
ゲームが趣味、というと少し前まではオタクっぽいからと敬遠されていましたが、最近では男女ともにゲームが趣味と公言する人が増えています。
同じゲームをしたことがあるのであれば相手が食いついてきやすく、出会いやすい趣味と言えます。
スマホのゲームには流行りや人気作がありプレイ人口も多いので、そういったゲームを1~2つあらかじめプレイしておくことをおすすめします。
プレイ人口が多いゲームほど出会いも期待できますし、話も大いに盛り上がることができます。

3.同じ趣味で出会いを探すのにマッチングアプリがおすすめの理由

同じ趣味で出会うなら、どのように出会うのが良いのでしょうか?
オフ会?友人の紹介?他にも様々な出会いの手段はありますが、確実な出会いの手段を知りたいですよね。
そこでおすすめなのが、マッチングアプリです。
マッチングアプリは、今まで全く繫がりがない人と出会う手段の一つですが、同じ趣味の人との出会いを求める方にとっては、本当にメリットばかりです。
理由を3つあげましたので、ぜひ参考にしてくださいね。

  • 同じ趣味の「恋人」を探せる
  • 趣味以外にも合う人と出会える
  • 大手のマッチングアプリで安全も担保

3-1.同じ趣味の「恋人」を探せる


例えばTwitterを通して、同じ趣味の人たちとオフ会をしたとします。
この場合のオフ会は、同じ趣味で盛り上がれる「友人」と会っている、と認識している人がほとんどです。
もちろん、オフ会をきっかけにカップルになる方もいますが、多くはありません。
そう考えると、オフ会で「恋人」探しをするのはリスクが伴いますね。
また友人伝いでの紹介も、やはり同じ趣味の「友人」が欲しいからであることがほとんどです。
では同じ趣味の「友人」ではなく、「恋人」が欲しいならば?
そこでおすすめなのが、マッチングアプリです。
マッチングアプリであれば、お互い「恋人」を探しているのがわかっているので、スムーズに同じ趣味の恋人候補に出会うことができます。
友人候補と出会うのと恋人候補に出会うのとでは、恋人になるまでの道筋が全く変わってきますし、時間のかかり方も全く違います。
マッチングアプリを使うことで、効率よく同じ趣味の恋人候補に出会うことができるわけですね。

3-2.趣味以外にも合う人と出会える

通常の出会いだと趣味が同じだったとしても、話がかみ合わないこともあります。
性格が合わなかったり、仕草が生理的に受け付けなかったり、他にも様々な理由でうまく行かない可能性があります。
オフ会や友人の紹介などは、他の人もたくさん関わっているので、簡単に関係を断つことはできませんよね。
しかしマッチングアプリであれば、他の人は全く関わってこないので、簡単にブロックすることができます。
趣味以外の話や性格が合う人とだけ関われば良いのです。
知らない人と出会うからこそ、出会った後でも関係を断ちやすいマッチングアプリは、出会いに最適なのです。

3-3.大手のマッチングアプリで安全も担保

大手であれば、マッチングアプリ登録時に身分証の提示が必須です。
そのため、安全性の高い出会いが可能です。
知らない人と会うわけですから、客観的な安全性を担保してくれる場所があるというのはとても大事ですね。

4.趣味を通じて出会えるマッチングアプリ6つ

趣味を通じて出会えるマッチングアプリも、目的に合わせて大まかに2種類に分けられます。

  • 恋活向け
  • 婚活向け

あなたの目的に合わせて選んで使ったほうが、希望の相手とも出会いやすいです。
それぞれ3つずつ紹介しましょう。

4-1.恋活向けのおすすめマッチングアプリ

「趣味を一緒に楽しめる人と恋愛したい!」
「彼氏・彼女が欲しいけどどんなアプリがいいの?」
そんな人におすすめの恋活アプリを3つご紹介します。

  • pairs
  • with
  • タップル誕生

pairs

画像引用:pairs(ペアーズ)
pairs(ペアーズ)というマッチングアプリの名前を聞いたことがある人は多いのではないでしょうか?

  • CMで見た
  • 雑誌で見た
  • 友達が使っている

いろんな場面で話題に上がるこのペアーズは、登録ユーザー1000万人越えの国内最大規模の超大手マッチングアプリです。
人気の理由は安全性の高さはもちろん、10万個以上ものコミュニティが存在していること。
マイナーな趣味を持つ人でも、同じ趣味を共有できる相手を見つけられるアプリです。
中でも「〇〇が好き」とあるコミュニティには、趣味や好きなものが同じ人と出会いたい方が集まります。
また、名前が若干違うだけで同じようなコミュニティが複数あることもあります。

例:

  • 料理するのが大好き
  • 料理作るの好き
  • 料理好きな男・女

同じ趣味の方と出会いたい時はすべて登録しておくと出会える確率がアップしますよ。
プロフィール検索機能も充実しているので、どんな人なのかがすぐにわかります。
使い方も簡単ですぐに利用できるのでマッチングアプリ初心者さんにおすすめです。

 

with

画像引用:with
with(ウィズ)も有名なマッチングアプリです。
こちらのアプリの監修はあのメンタリストDaiGoさん!
お互いの価値観や性格重視で出会えるマッチングアプリになっています。
心理テスト機能や性格診断で相性の良い同じ趣味を持つ相手を探せるので、外見よりも内面重視な人におすすめですよ。
withでは素敵な異性に出会える確率を高めるための機能「好みカード」があります。
この好みカードを使えば、

  • 興味や関心のあるもの
  • 性格
  • 価値観

自分にあったカードを選ぶことで異性にアピールできます。
1万枚以上の好みカードが用意されているので、自分にぴったりのものが見つかりますよ。
またwithは登録している男女の比率が整っているのもポイントです。
ちょっと遊び心があるwithはとくに女性に人気があります。

 

タップル誕生

画像引用:タップル
「趣味で繋がる恋活サービス」がコンセプトのタップル誕生は、同じ趣味で出会いを探すのにぴったりです。
タップル誕生は趣味や共通点のタグ選びからお相手探しを始められます。
1,000個以上あるタグの中から自分に合ったものを細かく選べるので、意気投合できる相手が見つかりますよ。
年齢や住んでいる地域も絞り込みができるので、地元を離れたくない人にもおすすめです。
タグを選び終わったあとは、あなたと相性の良い異性のプロフィールが1人ずつ表示されます。
好みのタイプなら「いいかも!」、それ以外なら「イマイチ…」をフリック選択していくだけなので操作も簡単ですよ。
「いいかも!」を送った相手に「相手からのいいかも!」を返されたらマッチングが成立してメッセージが送れるようになります。
従来の出会い系サイトでは気になった相手にメッセージを送ることから始まりますが、この方法なら「初めまして」の文章を考えなくてもいいので便利ですよね。
すぐに趣味の話から始められるのもタップル誕生のメリットです。

 

4-2.婚活向けのおすすめマッチングアプリ

続いては結婚を視野に入れた出会いを探している人におすすめのマッチングアプリをご紹介します。

  • ゼクシィ縁結び
  • Yahoo!パートナー
  • マリッシュ

ゼクシィ縁結び

画像引用:ゼクシィ縁結び
リクルートが運営している「ゼクシィ縁結び」は安全に婚活ができるマッチングアプリです。
良縁報告(幸せレポート)も日々報告されていて高い実績を誇っています。
ゼクシィ縁結びは結婚願望の強い人が特に多いのが特徴で、累計マッチング数は284万組を突破している婚活に強いアプリなんです。
284万組だと25秒に1組カップルが成立している計算になります。
出会って半年以内にプロポーズされ結婚している人もいるので、「早く結婚したい!」という人におすすめです。
ゼクシィ縁結びでは運営のサポートが充実していて、コンシェルジュがデートの日程セッティングを代行してくれます。
異性との会話に慣れていない人でも安心ですよね。
同じ趣味の人と出会えるようにプロフィール機能も充実しています。
また実際に会う前に「オンラインデート」もできるので、相手の雰囲気が事前にわかるのもゼクシィ縁結びの特徴です。
婚活に真剣に取り組みたい人や、サポートを受けながら出会いたい人におすすめのマッチングアプリとなっています。

 

Yahoo!パートナー

次にご紹介するマッチングアプリは「Yahoo!パートナー」です。
国内最大級の検索サイトYahoo!が運営しているアプリで、運営歴も14年以上と最長クラス。
安心安全のマッチングアプリです。
Yahoo!パートナーに登録しているユーザーは真面目なタイプ人が多いため、結婚についてお互いの意見を深く交わすことができます。
また「みんなの近況」という機能が搭載されていて、SNS感覚で文章の発信ができます。
同じ趣味の人と出会うなら「みんなの近況」で趣味の話題を発信してみましょう。
タイミングが良ければ共通の趣味を持っている人からコメントが来るかもしれません。
Yahoo!パートナーに登録しているユーザーの年齢層は幅広いですが、中でも1番多いのが40代です。
そのため30〜40代向けのマッチングアプリといえます。

 

マリッシュ

最後にご紹介する婚活向けマッチングアプリは「マリッシュ」です。
マリッシュの大きな特徴は

  • バツイチ
  • シングルマザー
  • シングルファザー

といった再婚したい人にもおすすめの婚活アプリであること。
離婚歴のある人が再婚相手や恋人探しをするとき、1番に考えるのが「離婚歴や子供のことを考えてくれる人に出会えるのか?」ですよね。
マリッシュはご紹介した他のマッチングアプリよりも、子持ちやバツイチに理解のある人が集まっています。
そのため離婚歴があってもマッチングしやすくお付き合いや結婚に繋がりやすいのです。
また本気で結婚を考えている人が多く集まっているのも特徴で、最短3ヶ月でカップル成立したという人も。
マリッシュにはグループ機能があって同じ趣味を持つ人達にメッセージを送れますよ。
異性が多く入会しているグループに入れば出会える率は更に高くなります。
バツイチや子持ちで再婚を考えている人はマリッシュがおすすめです。

 
 

5.同じ趣味の人と出会うその他の方法

ここからはマッチングアプリ以外で同じ趣味の人と出会う方法を4つご紹介するので参考にしてください。

  • 習い事
  • SNS
  • オフ会
  • 社会人サークル

5-1.習い事は同じ趣味の人に出会う王道手段

同じ趣味と出会うのであれば、その趣味を習いに行くのが手っ取り早いです。
習いごとであれば趣味の知識がアップすることはもちろん、定期的に開催されるので顔なじみも作っていきやすくなっています。
まさに一石二鳥というわけですね。
同じ空間で作業をするということで自然と接点も増えていき、時間をかけてしっかりと出会った人を見極めることもできます。
料理教室はもちろん、ジムなんかもしっかりと指導して貰いながら出会えるのでオススメです。
男女比がどのくらいなのかは、始める前にリサーチしておきましょう。

5-2.SNSのコミュニティ機能を活用する

ほとんどの人が何かしらのSNSを使っていると思います。多くのSNSにはコミュニティという機能があるので、それを上手く活用していきましょう。
有名なものだとFacebook、TwitterですがInstagram、mixiなんかも活発にコミュニティが動いています。
Twitterだと、コミュニティとして繋がれる他オンラインサロンというのも最近は流行っているので色々調べてみるのも面白いですね。
SNSを使うことによって、現実では出会うことのできない人と出会うことができます。これは出会いの幅を大きく広げてくれるので使わない手はないです。
ほとんどのコミュニティは無料で公開されているものも多いので、気になるものがあれば覗いてみるのも良いでしょう。
コミュニティ内で話が合って意気投合してから、実際にご飯へ行くなんていうこともあるので積極的に活用していくべきですね。

5-3.オフ会といった共通の趣味を持つ人が集まるところへ積極参加

オフ会というのは同じ趣味を持つもの同士が集まるので、話が弾むこと間違いなしです。
そして何より嬉しいのが、開催される形態が様々でその多くが食事をしながらだということ。
趣味で出会うとなるとその趣味をしながらだと思われがちですが、そんなことはないのです。
ただ、同じ趣味だという人たちが食事をしながら趣味について語り合うだけ。
この形式であれば用意していくものもないですし、気軽に参加することもできます。
季節によってはお花見だったり、花火大会だったりとバリエーションも豊富です。
男女比も比較的取れていることが多いので、出会いは多いですね。

5-4.社会人サークルで出会いを広げる

学生時代には部活やサークルといったものが存在しました。
同じコミュニティにコミュニティに入っている者同士、付き合ったりするということも多かったはず。
そんなサークルですが、実は社会人の間にもあります
社会人サークルというのはなかなか耳にしないかもしれません。ただ、社会人サークルを探すサイトがあったりするくらいなので、しっかりと稼働はしています。
サイトから見つける場合、男女比も載っていますし活動日も明確になっているので入る際の参考にしてください。
社会人サークルの良いところは金銭面的に負担が少ないという点と、程よい雰囲気で趣味に打ち込めるという点です。
飲み会なんかがあったりするもするので、発展もしやすいですよ。
 

6.まとめ

今回は

  • 同じ趣味の人と出会うメリット
  • 出会える趣味
  • おすすめのマッチングアプリ
  • アプリ以外で同じ趣味の人と出会う方法

をご紹介しました。
普通の出会いより意識すべきところが多いですが、その分出会った後のメリットは多いです。
出会える趣味とそうでない趣味に違いはあるので、その点は注意すべき点となります。
ただ、どんなニッチな趣味にも3,000人の人口がいると言われています。
その中で探せば予想以上の絆を築くことができるでしょう。
もし難しいようであれば、今回ご紹介した出会いやすい趣味を新たに自分の趣味とするのも良いですね。
何かを始めるのに遅いということはありません。
いつでも始めることができるのが趣味の良いところだと言えます。
新しい趣味を見つけたら、積極的に同じ趣味の人と出会うための方法を実践してみてください。
時間をかけることなく、効率的に出会うことができますよ。
その他、出会いが期待できる趣味はこちらの記事でも紹介しているのでご参考にどうぞ!


 

Avatar photo

フェリーチェ編集部

follow me
related posts

関連記事

Scroll to Top