脱ブラジャー宣言!リラックスできるノーブラの魅力を徹底解説!

ノーブラとは、ブラジャーをつけずに生活することです。

当たり前のように着用しているブラジャーですが、ブラジャーに不快感やストレスを感じている女性は多いのではないでしょうか?

「ノーブラでいたいけど胸の形がくずれちゃうかな‥。」
「ノーブラって恥ずかしい?どこまで外出していいのかな?」

とノーブラに対する疑問は尽きませんよね。

海外ではノーブラでも堂々と外出している女性が大勢います。

ここでは、ノーブラでの生活について詳しく紹介します。

1.ノーブラはいいことだらけ?ノーブラ女子が増えている理由

ノーブラのメリットってご存知ですか?

「ワイヤーの締め付けが苦しくて‥。」
「ブラジャーを外した時の解放感が忘れられない!」

しっかりしたワイヤーで形を補正してくれる分、ブラジャーには苦しさもありますよね。

一度ノーブラ生活に慣れると、その開放感から病みつきになってしまうかもしれません。

ここではなぜノーブラ女子が増えているのか、そしてノーブラの魅力を紹介します。

魅力1.バストサイズがアップする

フランスのブザンソン大学・医薬学部の研究でノーブラのほうがバストサイズがアップするという研究がありました。

ブラなしで一年過ごした女性を生体測定したところ、乳房の細胞組織の質が向上し、肩の回旋筋や大胸筋がより発達したことが判明。しかもバストのサイズがブラありの時よりもわずかながら大きくなっており、かつ位置もリフトアップしている

ただし、スポーツ中などは胸が大きく揺れると、クーパー靭帯に負担がかかるためブラを着けてバストを守ったほうがよい

ブラジャーをしない=胸が垂れるのではなく、ブラジャーをしないでクーパー靭帯を鍛えたほうが胸には良いというのです。

ワイヤー付きのブラジャーで支えていると筋肉の衰えにもつながる可能性が考えられます。

これなら安心してノーブラ生活ができますね。

魅力2.締めつけ感がない

ノーブラが締めつけ感がないことは女性なら誰しも理解できますよね。

生理中や妊娠初期などは、締め付けが苦しくてブラジャーを付けられない女性も多いのではないでしょうか。

ホールド力を求めれば、ワイヤーの締め付けは避けられません。

仕事終わりに、ブラジャーを外したときの開放感は女性ならではの感覚です。

ノーブラだと、この締めつけ感とは無縁の生活になるのも大きな魅力です。

魅力3.下着のラインが気にならない

下着のラインは薄着になると女性を悩ませます。

白や薄手のトップスを着るとどうしてもブラジャーが透けたりストラップが見えたりということがあります。

ノーブラだとそもそも下着のラインを気にする必要がないのです。

透けるからという理由でベージュのブラジャーを選んだり、ストラップが見えないように黒のブラジャーを選ぶというような悩みからも解放されるのもノーブラの魅力です。

魅力4.肩こり・冷えが軽減される

ノーブラには、血流がよくなり肩こりや冷えが軽減されるという効果もあります。

ブラジャーはストラップで胸を支えているので肩に負担がかかります。

また脇の下を圧迫することで血の巡りが悪くなる恐れがあります。

血の巡りが悪くなると、肩こりや冷えにもつながります。

冷え性、肩こりは女性にとって切実な悩みです。

そノーブラだと締め付けがないので、血流がよくなり肩こりや冷えの悩みも解消されることもノーブラの魅力です。

魅力5.リラックスできる

ノーブラにはリラックス効果もあります。

休日にノーブラで過ごすのは最高のリラックス法です。

ブラジャーをつけると戦闘モードになれる女性が多いように、ブラジャーを外すことでリラックスできるものです。

体だけでなく心までリラックスできるノーブラは最高のリラックス法と言えるでしょう。

2.ノーブラって気付かれる?男性がノーブラに気付くタイミング

ノーブラ生活で一番気になることは周囲の男性の視線ですよね。

「ノーブラだって思われて変な目でみられないかな?」
「男性の目が気になってノーブラになれない‥」

海外では多く見られるノーブラも、日本ではまだ市民権を得ているとは言えません。

ここでは男性がノーブラに気付くタイミングを紹介します。

ドキッとされてしまわないためにも、このタイミングを知っておきましょう!

タイミング1.下着のラインが見えない

本来見えるはずの下着のラインが見えない時にも、ノーブラに気付かれてしまう可能性があります。

肩が大きく開いたトップスなのにストラップが見えなかったり、ホック部分のラインが見えない時に「もしかしてノーブラ?」と思われるかも知れません。

しかし、今はブラトップやヌーブラなどライン自体が出ないものもあるので、これだけではノーブラだと確信されることは少ないでしょう。

タイミング2.胸元が空いている服装

ノーブラで胸元が空いている服を着るときは要注意です。

かがんだ時に服の中が見えて、バストトップが丸見えなんてことになったら言い逃れはできません。

見てしまった人も完全にノーブラに気付くでしょう。

ノーブラを悟られたくなければ、胸元が空いた服装は避けたほうがいいでしょう。

タイミング3.ピッタリしたタイトなトップス

ノーブラでピッタリとしたタイトなトップスを着るとかなり胸の形が目立ちます。

タイトな服だとバストトップもくっきり浮かび上がるので、ノーブラだと一目瞭然です。

海外の女性は、敢えてノーブラでバストラインを見せるファッションを好む女性もいます。

ファッションとしてのノーブラを楽しみたいなら、タイトなトップスに挑戦してみるのもいいでしょう。

しかし、周囲の人に驚かれないようにTPOは考えましょう。

タイミング4.バストの揺れを感じる時

ノーブラだとかなり胸が揺れます。

その揺れを見て、「もしかしてノーブラ?」と気付かれることも多いでしょう。

ブラジャーで固定されていないので、胸の大きな人ならかなりインパクトがあるでしょう。

男性も目のやり場に困ってしまいますね。

ノーブラの時に走ったり激しく動き事は避けましょう。

3.ノーブラ外出はどこまでOK?

ノーブラ生活で気になるのが、ノーブラのままどこまで出かけていいのかということではないでしょうか?

休日に家の中でノーブラでいるのは全く問題ありませんが、外に出る以上は人の目が気になります。

しかしノーブラ外出を経験した女性は多いのではないでしょうか?

「これくらいならノーブラでいいかな?」という確信犯から「うっかり付け忘れちゃった!」というハプニングも含めれば、かなりの女性がノーブラ外出をしているでしょう。

ここではノーブラ外出について紹介します。

ケース1.家の中

家の中でのノーブラはもちろんOKです。

「仕事から帰ったらまずブラジャーを外す!」
「お風呂上がりはノーブラでリラックスする」

というのはもはや普通のことですよね。

急な宅配や来客にさえ注意すれば、家の中でのノーブラ生活は全く問題ありません。

ケース2.ゴミ出し

「ゴミ出しくらいはノーブラで全くOK!」という人は多いのではないでしょうか?

上着を羽織ってしまえばノーブラだと気付く人はいないでしょう。

家からほんの数メートルの距離ならノーブラ外出のハードルも低いです。

夏場にTシャツ1枚やタンクトップ着用の時は上着を羽織るなどしてカバーしましょう。

ケース3.コンビニ

最寄りのコンビニくらいならノーブラでも行けそうですね。

夜のコンビニはノーメイクに部屋着で訪れている人も多いので、ノーブラである可能性も高いでしょう。

ちょっとコンビニに行くのにわざわざブラジャーをつけるのも面倒くさいと思ってしまいますよね。

ゆったりしたシルエットの服でバストラインさえ隠れていれば、ノーブラに気付かれることもないでしょう。

ケース4.デート

デートにノーブラで行くというのはかなり勇気がいります。

周囲の人にはバレなくても、彼氏にはかなりの確率でバレてしまうでしょう。

「だらしないなぁ。」と笑ってくれるか、「誘ってるの?」と喜んでくれればいいのですが、付き合いが浅い時は驚かれる可能性が高いのでノーブラデートは慎重にしたほうがいいです。

ノーブラを歓迎してくれる彼なら、思い切って行ってみるのもいいですね。

ケース5.仕事

仕事にノーブラで行くのはかなりハードルが高いです。

この場合、意図的にノーブラで行くというよりは、うっかり付け忘れてしまったという場合がほとんどでしょう。

仕事はどんな人と合うかわからず、失礼に当たる場合もあるのでノーブラで仕事に行くのはやめましょう。

万が一ブラジャーを忘れてしまった場合は上着を着込むなどして周囲にバレないように振る舞うべきです。

4.海外ではノーブラが当たり前?海外のノーブラ事情

ノーブラと聞いてイメージするのは海外セレブの堂々としたノーブラファッションではないでしょうか?

海外セレブはバストトップが見えていても全く気にせず、ファッションとしてのノーブラを楽しんでいます。

隠すものではなく、美しいから見せるものという発想も海外ならではですよね。

ここでは海外のノーブラ事情を紹介します。

1.アメリカにはノーブラの日がある

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 

今週の #Thursdine は #ノーブラの日 に合わせてセクシーなナディーン❤️ @nadinecoyle

高宮もにかさん(@aloudfromjpn)がシェアした投稿 –

2011年にアメリカで始まったノーブラを提唱する記念日があります。

女性はブラジャーを付けないようにし、男性は紫色のものを身に着けようと提唱されています。

7月9日はノーブラの日として、最近では日本でも認知されつつあります。

ノーブラになることで女性の胸を解放しようという発想が、ノーブラ記念日の原点です。

自由の国アメリカらしい記念日ですね。

2.ノーブラより下着のラインが見えるほうが恥ずかしい

海外では、有名な女優もノーブラでドレスを着ていることが珍しくありません。

欧米では、ノーブラでいることよりも下着のラインが透けるほうが恥ずかしいという感覚があるのです。

バストトップが見えることを、むしろセクシーと捉える感覚もあります。

同じ女性でも国が違えばブラジャーに対する感覚が違うのです。

3.男女平等を主張したフリーザニップル運動とは?

フリーザニップルとは、男女平等を主張してトップレスになることを求めた運動です。

ビーチなど公共の場で男性は上半身裸でいることがあるが、女性が上半身裸でトップレス姿はみたことがないですね。

この当たり前に感じることに意義を唱えたのがフリーザニップル運動の始まりです。

今では海外のセレブや女優も賛同し、自身のトップレス画像をSNSで発信するなど世界中で広まっています。

日本ではまだ認知度は低いですが、ハロウイーンが一般的なイベントになったように、今後日本でもフリーザニップル運動が認知される日が来るかもしれません。

5.ノーブラよりも安心!ノーブラに代わる下着4選!

ノーブラは確かに魅力的ですが勇気が出ないという女性も多いでしょう。

「ノーブラで過ごしたいけど、やっぱりちょっと恥ずかしい‥」

そんな女性には、ノーブラに代わる下着を紹介します。

ブラジャーよりもリラックスできて、ノーブラよりも安心感のある下着ならリラックスして過ごせますね。

1.ヌーブラ

ヌーブラはワイヤーやホックのない貼るタイプのブラジャーです。

夏の露出が多い季節や、パーティードレスを着用する時は必需品だという女性も多いのではないでしょうか。

背中に下着のラインが出ないことはもちろん、フロントホックでしっかり固定するので谷間が作れるのも魅力です。

ホックもストラップもない開放感に一度使ったら手放せなくなりそうですね。

2.バンドゥブラ

バンドゥブラは肩ストラップのないブラジャーです。

見せてもかわいいデザインなので、オフショルダーや背中の大きく開いた服にぴったりです。

肌に触れる面は布なので肌触りもよく、バストはしっかり支えるので安心感もあります。

これなら抵抗なくノーブラ代わりに使えますね。

3.ニップレス

ニップレスはバストトップに貼る保護シールです。

ニップレスを貼ることで擦れて痛くなることもなく、バストトップが透けるのも防いでくれます。

「バストトップだけは隠したい。」という女性はニップレスを使ってみてください。

ほぼノーブラと感覚は変わらないので、開放感もたっぷりです。

4.ブラトップ

ブラトップはカップ付きのタンクトップやキャミソールタイプの下着です。

1枚着るだけでいいという手軽さから愛用している人も多い商品です。

締め付けもなく肌着としての機能も兼ね備えているためリラックス感は抜群です。

着用している女性が多いのも納得の便利なアイテムです。

有効に活用しましょう!

6.まとめ

ノーブラはリラックス感や開放感だけでなく、体にもいいことがたくさんあります。

ブラジャーをすることに苦しさを感じているなら、一度ノーブラ生活を試してみてください。

海外では多くのセレブに認知されているノーブラファッション。

まだまだ日本では広まってはいませんが、今後はもっと認知されていくかもしれません。

時と場合を選ばないと周りの人をドキッとさせてしまうので、TPOに応じたノーブラ生活を楽しみましょう。

関連記事

  1. 遠距離恋愛の彼の気持ちを確かめたい時、デキる彼女は時空を超えて透視で把握
    PR:Tphereth

  2. 【女子のセフレ作り方ガイド】セフレにしやすい男と注意点を徹底解説

  3. 付き合う前の理想のデート間隔とは?しっかり守って告白を成功させよう

  4. 元カノとエッチするのはアリ?面倒事を避ける誘い方を解説!

  5. 彼氏が連絡をくれない!別れの予兆?忙しいだけ?彼氏の心理と対処法

  6. 浮気をする男性の心理とは?浮気する3つのタイプや対処法を知ろう

  7. 本当に優良な婚活サイトランキングベスト5!おすすめの理由を徹底解説!

  8. 人見知りは合コンで有利だった!苦手を克服するテクニックをご紹介!