ハリネズミのジレンマの意味とは?わかりやすい具体例と恋愛でのコツ

「ハリネズミのジレンマという言葉を聞いたけれど、どういう意味なんだろう?」なんて、お調べですね。

ハリネズミのジレンマとは、ヤマアラシのジレンマとも呼ばれるものです。

これは、恋愛をする上で知っておくと役に立つ考え方だとされています。

そこで今回は、ハリネズミのジレンマの意味や具体例を徹底解説!

ハリネズミのジレンマについてしっかり理解して、恋愛に臆病な気持ちをなくしちゃいましょう!

1.ハリネズミのジレンマの意味は?

ハリネズミのジレンマの意味とは、人が近づきすぎると傷つけ合ってしまうというものです。

また、傷つけ合うことを恐れて距離を置くと、今度は疎遠になりすぎて仲良くなることができないという意味だとされています。

ここから、人間関係を築いていくとき、人にはそれぞれの最適な距離があるということがわかるのです。

この言葉は、哲学者ショーペンハウエルの随想録に載っているヤマアラシのお話が元になったものだと言われています。

ヤマアラシのお話とは、2つの山にそれぞれ押すとメスのヤマアラシがいて、恋に落ちるお話です。

2匹は恋に落ちた結果、お互いの山を降りて中間のふもとで合うようになりましたが、強く抱き合おうとするとお互いの針が刺さってしまいます。

刺さらないように身体を離しても、お互いが好きすぎて近寄っては離れてを繰り返し、最終的にお互いのちょうど良い位置を見つけたのです。

もともとのお話がヤマアラシなので、ハリネズミのジレンマはヤマアラシのジレンマとも呼ばれています。

1−1.ハリネズミのジレンマとヤマアラシのジレンマは違う?

ハリネズミのジレンマとヤマアラシのジレンマは同じものだと考えて問題ありません。

お話に登場したのはヤマアラシでした。

そして、『新世紀エヴァンゲリオン』というアニメの第4話のサブタイトルが「Hedgehog’s Dilemma」というものだったことから、この言葉は日本に広まりました。

しかしそのアニメの中では、ヤマアラシではなくハリネズミのジレンマだと言われていたので、ハリネズミのジレンマも使われるようになったのです。

したがって、どちらも同じ意味だと考えて使いやすい方を使えば良いでしょう。

以上が、ハリネズミのジレンマの意味や由来についてでした。

「近づきすぎると傷つき、離れすぎるとまた近づきたくなる」というのは、恋愛をしているときによく感じる気持ちだと思います。

ここからは、ハリネズミのジレンマで悩む3つの具体例について、順番に確認していきましょう。

2.ハリネズミのジレンマで悩む3つの具体例

ハリネズミのジレンマで悩む具体例としては、以下の3つが考えられます。

  1. 告白する前の不安な状況
  2. 恋人になってからの自分の見せ方
  3. 恋人への悩みの打ち明け

これらの状況になったとき、あなたもハリネズミのジレンマを感じたことがあるのではないでしょうか。

それぞれの具体例について、順番に確認していきましょう。

例1.告白する前の不安な状況

告白する前の不安な状況は、ハリネズミのジレンマを感じやすいと言えます。

告白をして付き合って仲良くなりたいけれど、振られてしまって関係が絶たれるのも嫌であるという心理です。

恋に落ちた相手にはもっと近づきたいと思うものですが、近づきすぎるとうまくいかなくなるかもしれません。

そして、近づいた結果、離れることになってもまた近づきたくなるはずです。

このように、恋人関係になる前でも、恋愛でハリネズミのジレンマを感じることはあるとされています。

例2.恋人になってからの自分の見せ方

恋人になってからの自分の見せ方についても、ハリネズミのジレンマを感じる人は多いです。

たとえば、積極的に相手と距離を縮めて素の自分を見せていきたいと思っても、素を見せすぎると相手を傷つけてしまうかもしれません。

そうなると、自分も傷ついてしまいます。

このように、恋人関係でもお互いの距離感は非常に重要です。

付き合っているからと言って距離を一気に縮めてしまうと、揉めてしまうこともあります。

もしも恋人と喧嘩をしてしまったなら、『彼と喧嘩したときの仲直り方法3選!別れを回避するテクを解説!』を読んでみてください。

例3.恋人への悩みの打ち明け

恋人に悩みを打ち明けるときも、ハリネズミのジレンマを感じるかもしれません。

悩みを打ち明けるということは、相手と距離が縮まるということです。

なので、それによって、お互いが傷つく可能性が高まります。

付き合ってすぐなのにいきなり深刻な悩みを打ち明けられると、距離を置かれてしまうこともあるはずです。

このように、自分では距離を縮めようと思わずにやったことでも、ハリネズミのジレンマに陥ることがあります。

以上が、ハリネズミのジレンマの具体例でした。

「自分もハリネズミのジレンマを感じたことがあった!」と思った人も多いはずです。

それではここからは、ハリネズミのジレンマに陥るとどうなるのかも見ていきます。

3.ハリネズミのジレンマに陥るとどうなる?

ハリネズミのジレンマに陥ってしまうと、以下のような状況になることがあります。

  1. 相手の気持ちがわからずにケンカになる
  2. ずっと距離が縮められずに関係が終わる

これらの状況になると、恋愛がうまくいかなくなりやすいです。

それぞれのパターンについて、順番に確認していきましょう。

パターン1.相手の気持ちがわからずにケンカになる

ハリネズミのジレンマに陥ると、相手の気持ちがわからずにケンカになりやすいです。

お互いが好きだと思って近づいているのに傷つけあってしまうことで、相手の気持ちがわからなくなってしまいます。

しかし、お互いを好きに思い合っている2人の距離が近づいたとき、思いもしないことで傷つけあうことはおかしくありません。

仲良くなろうとするあまり、相手に踏み込みすぎてしまうためです。

したがって、2人の距離を縮めたのに傷つくことになってしまったときは、冷静にハリネズミのジレンマを思い出しましょう。

パターン2.ずっと距離が縮められずに関係が終わる

ハリネズミのジレンマに陥ると、ずっと距離が縮められずに関係が終わることもあります。

好きな人に近づくことによって傷つけ合うのが怖くて、距離を縮められないのです。

たしかに、人間関係は近づけば傷つく可能性は高まります。

しかし、傷つくことを恐れすぎていても、相手と仲良くなることはありません。

お互いが傷つきにくい距離感を見つければ大丈夫だと考えて、少しずつ距離を縮めてみましょう。

好きな人が相手なときほど距離感がわからなくなるものなので、徐々に距離を変えていくのがポイントです。

ちなみに、男性側が距離を縮めるのを嫌がったときについては、『「距離を置く」ってどういう意味?男性の心理や対処法は?』で解説しています。

以上が、ハリネズミのジレンマに陥ったときになりやすいパターンでした。

このようなパターンに自分もはまってしまわないように、事前にハリネズミのジレンマをしっかり意識しておきましょう。

ちなみに、ハリネズミのジレンマに陥りやすい性格というものが存在します。

4.ハリネズミのジレンマに陥りやすい人の性格

ハリネズミのジレンマに陥りやすい人の性格には、以下のようなものがあります。

  1. ネガティブで常にマイナス思考である
  2. 空気を読みすぎて自分の意見を言えない
  3. 今までに恋愛で大きな失敗をして臆病である

これらの性格に心当たりがあるなら、特にハリネズミのジレンマについて気をつけておかなければなりません。

それぞれの性格について、順番に確認しておきましょう。

性格1.ネガティブで常にマイナス思考である

ネガティブで常にマイナス思考な人は、ハリネズミのジレンマに陥りやすいです。

傷つくことを極力避けようと考えるため、相手との距離を縮められなくなります。

もしもあなたが、「相手を遊びに誘うのは迷惑かな。。」「理由はないけれど、相手に好かれていない気がする。。」なんてよく考えるなら、この性格に当てはまるでしょう。

せっかく関わってもいつか離れていくのだろうと考える人も多いです。

性格2.空気を読みすぎて自分の意見を言えない

空気を読みすぎて自分の意見を言えない人も、ハリネズミのジレンマに陥りやすいです。

何か思っていることがあっても、相手の考えを優先してしまうタイプがこの性格だと言えます。

相手の考えを大切にすることは、恋愛において重要です。

しかし、自分の意見を言わないことは、傷つくのを恐れて相手に近づけない証拠だと言えます。

もしもあなたが、「相手の意見に合わせれば良いし黙っておこう。。」と頻繁に思っているなら、この性格に当てはまるでしょう。

性格3.今までに恋愛で大きな失敗をして臆病である

今までに恋愛で大きな失敗をして臆病になっている人も、ハリネズミのジレンマに陥りやすいです。

過去に傷ついた経験があるなら、あなたも臆病になっている可能性は高いと言えます。

もしも過去に好きな相手に近づいたことで傷つき、今は恋愛に積極的に慣れないなら、この性格に当てはまるでしょう。

以上が、ハリネズミのジレンマに陥りやすい性格でした。

もしも少しでも心当たりがあるなら、ハリネズミのジレンマを意識して恋愛に活かしていきましょう。

5.ハリネズミのジレンマを恋愛に活かすには距離感を意識!

ハリネズミのジレンマを恋愛に活かすには、距離感を意識することが大切だと言えます。

なぜなら、お互いにとって適切な距離感を見つければ、傷つけ合う可能性も減るためです。

ハリネズミのジレンマを怖がっていても、恋愛はできません。

恋愛をするには、相手のことを信頼して徐々に距離を縮めることが重要なのです。

仲良くなる過程で傷つけ合うこともあるかもしれませんが、話し合って乗り越えていくのが良いでしょう。

もしも今の段階で良い相手がいないのであれば、出会いを探しに行ってみてください。

ハリネズミのジレンマの存在を知っておけば、大失敗することはないはずです。

6.ハリネズミのジレンマを恐れずに出会いを探そう!

ハリネズミのジレンマを恐れずに、積極的に出会いを探しに行くのが良いでしょう。

お互いに適切な距離を見つけることができれば、一生モノの関係になるはずです。

もしも今は特に新たな出会いがないようなら、『オリエンタルラウンジ』を利用するのがピッタリだと言えます。

オリエンタルラウンジに行けば、さまざまな男性と出会うことができます。

行くだけでたくさんの人と関われるので、心から好きになれる相手も見つかるはずです。

良い出会いを見つけたいのなら、ぜひ一度オリエンタルラウンジに行ってみてください。

ちなみに、あまり出会いの場に行ったことがなければどのようなことを話したら良いのかがわからないかもしれません。

基本的には男性がリードをしてくれるので気にしなくても大丈夫です。

しかし、どうしても心配なら、『【一覧あり】合コンで絶対に盛り上がる話題とは?NGな話題まで徹底解説!』で予習していくと良いでしょう。

ハリネズミのジレンマを乗り越えて、素敵な出会いを見つけてくださいね!

まとめ

ハリネズミのジレンマとは、人は近づきすぎると傷つけあってしまうという言葉です。

しかし、ハリネズミのジレンマを恐れて距離をあけすぎると親しくはなれません。

恋人とはお互いに心地よい関係を築いていくことが大切でしょう。

したがって、ハリネズミのジレンマを意識しながら、徐々に傷つかない距離感を見つけていってください。

関連記事

  1. 【最強の男友達】仲良くなるべきはスーパーコネクター系ハイスぺ男子

  2. 付き合う理由って何?好きじゃない人と付き合うってアリなの?

  3. 女の子を満足させるデートの流れを徹底解説!【草食系男子必見】

  4. 【5秒でわかる】体の相性を決める6つの基準とは?

  5. 5割の女性が浮気する!?浮気しやすい女性の特徴7つとサインを紹介

  6. LINEで別れ話をされたときの返信・別れ話の切り出し方をご紹介!

  7. 彼氏が連絡をくれない!別れの予兆?忙しいだけ?彼氏の心理と対処法

  8. 【体毛だけじゃない】セックス前に男が一瞬で萎えてしまう瞬間