ラインがめんどくさい時はどうする?人間関係を壊さない秘訣を紹介

「ラインの返信をするのがめんどくさい!」とお悩みですね。

男性だけでなく、女性でもラインがめんどくさいと考える人がいます。

少しでも返信が遅れると急かされたりして、ラインとの付き合い方に悩んでしまうのです。

そこで今回は、ラインがめんどくさい理由や感じる瞬間、対処法をご紹介していきます。

彼や友人とのコミュニケーションは、気持ちよく取り合うことが大切です。

ラインと一定の距離を取りつつも、上手な人間関係を築きましょう。

1.ラインがめんどくさい理由

まずは、ラインがめんどくさい理由を考えてみましょう。

理由が分かると、どういった対処法をしていけばいいのか見えてきます。

ここでは、ラインがめんどくさい5つの理由を確認していきましょう。

  1. 返信しないと嫌われるのではと不安になる
  2. 集中している時に届く
  3. 延々とやり取りが続く
  4. 気を遣い過ぎて疲れる
  5. 自分の時間がなくなる

めんどくさいと思っている理由を知ると、「なるほど!」と納得しモヤモヤとして気持ちが解消できるはずです。

  • 理由1.返信しないと嫌われるのではと不安になる

    ラインでメッセージが届いたら、ちゃんと返信しないと嫌われるのではないと不安になります。

    たしかに、ラインを使えば会話感覚で連絡が取れるので、とても便利です。

    その反面、返信が遅れたり既読スルーしていると相手が不機嫌になるなど、めんどくさいことが起きます。

    便利なはずのラインが、人間関係に影を落とすことに繋がるのです。

    理由2.集中している時に届く

    プライベートで自分の趣味などに没頭している時にメッセージが届くと、集中力が切れて嫌な気持ちになります。

    「なんでこんな時に来るの!」と憤りを感じるのです。

    もちろん相手は、あなたが何をしているか分かりません。

    しかし、自分の思い通りのタイミングでないメッセージだと、作業が途切れて不快な思いをするのです。

  • 理由3.延々とやり取りが続く

    メッセージのやり取りが延々と続くのもめんどくさい理由の1つです。

    ラインは目の前で会話しているような、ライブ感のあるやり取りで人気を集めています。

    一方で、切り上げどころが難しく、ダラダラとやり取りが続いてしまうのです。

    メッセージのやり取りが始まると、「いつ切り上げようか?」と常に辞めるタイミングを考える必要があります。

    理由4.気を遣い過ぎて疲れる

    相手のテンションに合わせる必要があるので、疲れます。

    恋バナなどで相手のテンションが一方的に盛り上がっているのに合わせると、気を遣うのでとてもめんどくさいです。

    ラインの画像を見るたびに、ため息をついては「どんな返しをしたらいいの?」と悩みます。

    顔が見えないので、相手の表情から気持ちを読み取ることができません。

    そのため、思いがけずテンション高めのやり取りに巻き込まれることがあるのです。

  • 理由5.自分の時間がなくなる

    ラインでやり取りをしていると、自分の時間がなくなるのでめんどくさいです。

    ラインは彼や友人との直接のやり取りの他に、グループラインもあります。

    参加しているグループラインが多いと頻繁にメッセージが届き、目を通したり返信したりを繰り返すので時間がなくなるのです。

    2.ラインがめんどくさいと感じる瞬間

    普段はラインを楽しく使っていても、めんどくさいと感じる瞬間があります。

    ここでは、めんどくさいと感じる5つの瞬間を確認していきましょう。

    1. 相手に即スレされた
    2. 自慢話をしてくる
    3. 非常識な時間帯に送信してくる
    4. どうでもいいメッセージが届く
    5. 何をしているか確認してくる

    自分がどういった瞬間にめんどくさいと感じるのか理解することで、上手に気持ちを落ち着かせることができるはずです。

  • 瞬間1.相手に即レスされた

    ラインのメッセージを送り、相手から即レスされるとめんどくさいと感じます。

    自分も即レスしないといけないとプレッシャーを感じ、焦りを覚えるのです。

    少し時間を空けて送ろうと思っているときに即レスされると、余計に「ラインはめんどくさい!」と思ってしまいます。

    瞬間2.自慢話をしてくる

    付き合っている彼から「数合わせで無理やり参加した合コンで、3人からアプローチされて困る」などモテ自慢されるのも、めんどくさいと感じる瞬間です。

    自慢話に対し素っ気ない返信をすれば「妬いているの?」と誤解をされるのも嫌なので、文面を考え込んでしまいます。

    メッセージだけでなく、モテ自慢画像を送ってくると、余計にイライラが募るのです。

    瞬間3.非常識な時間帯に送信してくる

    彼が夜中の2時にメッセージを送信してきて、睡眠を妨げられるのでめんどくさいです。

    とくに平日の深夜にラインが届くと、重要な内容なのではと目が覚めてしまいます。

    しかし、彼から寂しからなどの理由で送られてくると、うんざりした気持ちになるのです。

    瞬間4.どうでもいいメッセージが届く

    彼から「今、電車に乗りました!」など、返信に困る内容が届くのも、めんどくさいと感じる瞬間です。

    どんな反応をしていいかわからず、かと言って未読スルーするのも気が引けます。

    返信しにくいメッセージは取り扱いが難しいので、とてもめんどくさいです。

    瞬間5.何をしているか確認してくる

    彼から「今何をしているの?」と確認するメッセージが届くと、ラインにめんどくささを感じます。

    既読スルーしていると、彼は誤解するのでとても厄介です。

    監視されていたり浮気を疑われているようで、良い気分になりません。

    3.彼からのラインがめんどくさくなった時の対処法

    付き合っている彼からのラインがめんどくさくなったら、放置せずに対処法を実施していきましょう。

    ここでは、彼とのラインがめんどくなった時の4つの対処法を確信していきます。

    1. ライン以外の連絡手段を使う
    2. ラインの使い方を話し合う
    3. スタンプを上手に使う
    4. 「またね」と切り上げる

    男性は女性に比べてラインを多用しない傾向がありますが、仲にはマメにラインをする男性もいます。

    正しい対処法をしていくことで、彼との関係をより密なものにしていきましょう

    対処法1.ライン以外の連絡手段を使う

    ライン以外の連絡手段を使うよう提案しましょう。

    「ライン以外の連絡の方が嬉しい」と自分の気持ちを伝え、電話連絡などに切り替えるのです。

    ラインは相手の表情が見えず、文の意味を取り違えるとイザコザの原因になります。

    苦痛なままやり取りをしていると、常に素っ気ないメッセージになるなど勘違いを引き起こしかねないのです。

    電話で直接話しをして、2人の間に溝を作らないようにしていきましょう。

    対処法2.ラインの使い方を話し合う

    彼とラインの使い方を話し合いましょう。

    お互いが気持ちよくやり取りできるよう、ルールを決めてください。

    • 23時過ぎたらラインのメッセージは送らない
    • 返信しなくてもお互い文句を言わない
    • 忙しい時は連絡を控える

    このように、話し合いをしながら2人が納得した形でラインを使うように心がけましょう。

    対処法3.スタンプを上手に使う

    返信するのがめんどくさい時は、スタンプを上手に使いましょう。

    彼の気持ちが和むような癒し系のスタンプを選びましょう。

    返信がめんどくさい気持ちの隠れ蓑として、上手に使ってください。

    対処法4.「またね」と切り上げる

    彼とのやり取りが延々と続きそうなら、頃合いを見て「またね」と切り上げましょう

    用件が済み、惰性で続きそうな雰囲気になったら切り上げのタイミングです。

    「会う日を楽しみにしているね。それじゃ!」と明るく終わらせることを意識しましょう。

    逆にラインで盛り上がりたいのに、盛り上がらずめんどくさいと思うのであれば『LINEのやりとりで彼と親密に!おすすめの話題と6つのテクニック』を参考にしてください。

    4.友達からのラインがめんどくさい時の対策

    友達からのラインがめんどくさいと感じる時もあります。

    いくらめんどくさくても、ブロックすると友情にひびが入るので柔軟に対応することが大切です。

    ここでは、友達からのラインがめんどくさい時の4つの対策を確認していきます。

    1. ラインは苦手とさり気なくアピールする
    2. ラインの通知をオフにしていると公言する
    3. 返事にスタンプを利用する
    4. 短文で切り上げる

    友人とのコミュニケーションツールとして人気のあるラインなので、しっかり対策をして友人との関係を円滑にしていきましょう。。

    対策1.ラインは苦手とさり気なくアピールする

    ラインの話題が出たら、「実はラインが苦手なんだよね」とさり気なくアピールしましょう。

    日頃から嫌味なくアピールしておくと、友人もメッセージの返信が遅いことに文句を言わなくなるはずです。

    「そういえば、彼女はライン苦手なんだよね」と捉えてくれます。

    対策2.ラインの通知をオフにしていると公言する

    ラインの通知をオフにしていると公言しましょう。

    「どうしてもメッセージに気がつくのが遅くなる」と伝えておくと、友人も送る回数を減らすはずです。

    メッセージを気にせず過ごしたいなら、通知オフ設定にしておきましょう。

    対策3.返事にスタンプを利用する

    いちいちメッセージを書いて送るのがめんどくさいなら、返事にスタンプを利用しましょう。

    友人への返信内容に合うものを選ぶようにしてください。

    話に噛み合わないスタンプを使うと、「私のこと嫌い?」と受け止めるので気をつけましょう。

    対策4.短文で切り上げる

    友人とのラインは、だらだらと続くことが多いので、短文を送って切り上げるようにしましょう。

    例えば、「明日早いからもう寝るね!ゴメン」と理由を言い切ると、相手も納得してくれるはずです。

    ただし、相槌のような言葉だと「早く切り上げたいの?」と相手に不快を与えるので気をつけてください。

    5.ラインする時間がないとアピールするコツ

    ラインの返信がめんどくさいと感じるなら、ラインをする時間がないことをアピールしましょう。

    ここでは、ラインする時間がないとアピールする3つのコツを確認していきます。

    1. 仕事が忙しいとアピール
    2. スキルアップで勉強しているとアピール
    3. ラインより電話連絡してとアピール

    忙しくしていると、ラインのメッセージを大量に送ったり、返信を求める人は少なくなるはずです。

    嫌味なく時間がないことをアピールしていきましょう。

    コツ1.仕事が忙しいとアピール

    仕事が忙しいとアピールすると、自然とメッセージ数が減っていくはずです。

    そもそも、忙しい人は返信率が低くなるので「メッセージを送っても返ってこない」と相手は考え、送らないようになるのです。

    ただし、口だけだと「避けたいから忙しいと嘘を言っている?」と思われます。

    本当に忙しい時にだけ、アピールするようにしましょう。

    コツ2.スキルアップで勉強しているとアピール

    仕事や趣味のスキルアップで勉強していることをアピールしましょう。

    例えば、仕事で役に立つ資格を取ろうとしたり、TOEICに向けて勉強を始めたと話してください。

    それを聞き「邪魔をしたら悪い」と、重要な件のみメッセージを送るようになるはずです。

    勉強している人を応援するために、ラインの回数を相手の方から控えるようになります。

    コツ3.ラインより電話連絡してとアピール

    「忙しいからラインより電話連絡の方が確実に答えられる」とアピールしましょう。

    ラインは自分の時間を奪われてしまうので、忙しい時にはめんどくさい気持ちが強まります。

    軽い用事で電話することに抵抗感を持つ人も多いので、効果的です。

    電話ならOK、とアピールすることで本当に重要な時だけ連絡してくるようになります。

    6.ラインがめんどくさくても避けるべきNG言動

    いくらラインがめんどくさくなっても、自己中心的な言動をすると不評を買うので注意が必要です。

    ここでは、ラインがめんどくさくても避けるべき3つのNG言動を確認していきましょう。

    1. 面と向かって「めんどくさい」と言う
    2. どのメッセージでも未読スルーする
    3. 重要なメッセージをスタンプ返しする

    ラインはコミュニケーションの一部と見なしている人も多くいます。

    円滑な人間関係を構築するためにも、非常識な言動は控えるよう意識しましょう。

    NG言動1.面と向かって「めんどくさい」と言う

    直接会って話をしている時やラインでのやり取りの中でも、相手に「めんどくさい」と言うのはやめましょう

    ラインをめんどくさいと思っていても、相手は用事があってメッセージを送ったりしているのです。

    相手の気持ちを考えず、きついことを言うと、相手はとても傷つきます。

    人間関係を悪化させるので、直接的な言い方は控えてください。

    ただでさえ、ラインで素っ気なくされると相手は傷つきます。

    男性の気持ちは『未読スルーする女性心理は?今後は無視されないラインテクも紹介!』を参考にしましょう。

    NG言動2.どのメッセージでも未読スルーする

    どのメッセージでも、未読スルーをしていると送り主が「嫌われた?」と受け止めます。

    嫌われていると勘違いし、距離を置くようになるのです。

    ラインがめんどくさくても、中身をチェックして適度に返信しましょう。

    円滑なコミュニケーションは、周囲の人との関係を気づいていく上で欠かせません。

    NG言動3.重要なメッセージをスタンプ返しする

    重要なメッセージも、めんどくさいからという理由でスタンプ返しをしないようにしましょう。

    あなたの考えや日程を知りたいのに、返信がスタンプだけだと相手も驚くだけです。

    「自分とはやり取りしたくない?」と思い、相手を不安にさせてしまいます。

    仕事に関することや、外出の予定など重要な用件は必ず文章で返信するように意識してください。

    まとめ

    ラインのやりとりがめんどくさいなら、忙しいことをアピールしたりラインを苦手にしていることを匂わせす言動をしましょう。

    頻繁にやり取りをしなくてはいけないラインを、めんどくさいと感じている人は多くいます。

    とくに男性とやり取りをしていると、途中で返信が来なくなるので余計めんどくさいと感じるものです。

    男性心理を知ることで、必要のないストレスを抱まずに済みます。

    めんどくさい気持ちをそのままにせず、ストレートに彼に聞いたり自分の考えを伝えるようにしましょう。

    意見交換することで、2人の関係がより密接なものになるはずです。

    もし、恋愛自体がめんどくさいと感じているのであれば危険信号。

    『恋愛がめんどくさいのは危険信号!理由を知って早めに対処しよう!』を参考に、恋愛を楽しめるようになりましょう。

  • 関連記事

    1. もっと愛される可愛い彼女になる方法♡可愛い彼女の特徴や仕草を学ぼう

    2. デートでヒールは男ウケする?ヒールの高さやコーデのコツをご紹介!

    3. 彼女ができないのは何故?あなたが陥っている理由と解決策を伝授します!

    4. 好き避けとは?特徴や心理、良いアプローチを知って恋人になろう!

    5. 【これが令和の恋】『付き合う』に固執するのはもうやめよう

    6. いつまで続くの!?しつこい男の行動や特徴と対処法

    7. Ccを入れる男はモラハラ夫に?すぐ社内恋愛する男は出世しない!仕事っふ…

    8. 話題の婚活リップとは?人気の種類や効果&結婚成功者の体験談も紹介!