回避依存症は男性に多い恋愛傾向!特徴や最適な付き合い方

「彼氏と付き合ってから冷たくされている気がする。。」なんて、お悩みではないでしょうか?

せっかく好きな人と付き合えたのに、付き合う前よりも冷たくされるのは辛いですよね。

そんなとき、もしかすると彼氏は回避依存症なのかもしれません!

そこで今回は、回避依存症とはどのようなものかや、特徴、良い接し方などを見ていきます。

彼氏が回避依存症だとしても、良い接し方を知って仲良く付き合っていきましょう。

1.回避依存症とは?男性に多い恋愛傾向!

回避依存症とは、他人と親しくなることを避ける癖のある人のことです。

幼少期の親からの愛情表現が特殊であるなどの理由で、愛情とは支配関係だと考えている人が多いとされています。

なので、支配関係を避けるために、他人と親しくなることを嫌うことが珍しくありません。

たとえば、異性とデートをして付き合うことになったのに、恋人関係になってからは相手を避けてしまう場合が考えられます。

このような回避依存症の人と付き合うときは、特徴や接し方を理解しておかなければ上手く付き合いにくいです。

回避依存症の人は連絡を無視したり、音信不通をしたりといったことも多いとされています。

1−1.回避依存症の人は無視や音信不通をしがち

回避依存症の人は無視や音信不通を当然のように行います。

せっかく恋人関係になったのに、連絡が全然とれないとなると辛いですよね。

もしも回避依存症について知らなければ、「彼はもしかして自分のことを好きじゃないのかも。。」なんて、思ってしまうでしょう。

なので、まずは彼氏が回避依存症なのかどうかを確かめるのが良いです。

デート前日なのに連絡が来ない!という方はこちらで連絡が来ない時の対処法を参考にしてみてください。

 

1−2.回避依存症だったら浮気の心配はないの?

では回避依存症の人は浮気の心配はないのでしょうか?

いいえ、実は浮気をしがちという意見が多く聞かれます。

これはなぜかというと「一人の人と深く関係が持てない」ということや、先述したように「他人と親しくなることを嫌う」という傾向から来ています。

愛されたい欲求はあるのですが、恋人と深い関係になってしまうと「いずれ見捨てられてしまったらどうしよう?」「このまま幸せになれるのかな?」等の不安を抱えてしまいます。

また、恋人からの愛情表現が少なくなってきた場合とても寂しく感じることもあります。

そのため他の女性と浮気をして自分の自信につなげたり、その寂しさや不安を少しでも埋めようと浮気をしてしまうパターンがあるんです。

回避依存症の人はこのような特徴から女性との交流を多く持とうとしており、経験値もあるために最初のうちはモテる男といった印象を受けます。

裏返せば、女性の気を引こうとして好感をもたれようとする「八方美人」であり、その後に浮気へと発展するケースが目立ちます。

彼からのLINEの返信が遅いのは浮気してるからかも・・と心配な方はこちらの記事を参考にどうぞ。

 

2.回避依存症の特徴と原因

回避依存症の男性にはどんな特徴と原因があるのか?ご紹介しましょう。

2-1.回避依存症の男性の特徴3つ

回避依存症の男性の特徴は大まかに3つあります。

  • 絶対的権力者タイプ
  • 自己愛が低いナルシストタイプ
  • 逃げ腰タイプ

特徴1.絶対的権力者タイプ

絶対的権力者タイプは、会社の上司部下のように上下関係を作ってしまえば良いと考えているタイプです。

本当の自分をつい見せてしまったとしても、上下関係さえできていれば相手がパートナーを解消しようと言ってこないと思っています。

そうすることで自分が傷つくリスクを減らしているのです。

特徴2.自己愛が低いナルシストタイプ

本来のナルシストは、自己愛が強く自分をよく見られるためにならいい人を演じたり、オシャレにも敏感です。

しかし、回避依存症の場合は周囲からはいい人と言われるような行動をしますが、それは他人に嫌われないためにやっていることで自分が好きだからやっていることではありません。

むしろ、自分のことが嫌いで現実と理想とのギャップで苦しんでいることもあります。

特徴3.逃げ腰タイプ

逃げ腰タイプは、自分が嫌われることを恐れ、周囲との関係を自分から拒絶します。

そのため、突然連絡が取れなくなったり、距離を置かれたりします。

結婚間近だと順調であった交際が突然破談になったりするのは、回避依存症である可能性があります。

2-2.回避依存症となる原因4つ

回避依存症となる原因には大きく4つが考えられています。

  • 親から過干渉を受けていた
  • 親の言動に一貫性がなかった
  • 母親からの育てられ方
  • 過去の人間関係のトラウマ

これらの原因によって、回避依存症になる人が多いです。

それぞれの原因について、順番に確認していきましょう。

原因1.親から過干渉を受けていた

親から過干渉を受けていた人は、回避依存症になることがあります。

過干渉とは、親が子供の行動をなんでも決めたり、制限したりというように厳しく管理することです。

このような過干渉を受けながら育つと、愛情表現を支配によるものだと勘違いしてしまいます。

なので、愛情のある恋人関係では支配が行われてしまうと思って、相手への警戒心が強くなるのです。

回避依存症かもしれない相手の幼少期がどのようなものだったか、さり気なく聞いてみるの良いでしょう。

原因2.親の言動に一貫性がなかった

親の言動に一貫性がなかった人も、回避依存症になりやすいです。

たとえば、親の機嫌が良いときはたくさん愛情を与えられ、機嫌が悪いときは冷たくされてきた人を指します。

このような子育てをされると、いつ愛情がもらえるのかがわからないので愛情表現に期待しなくなるのです。

そして、「人と近づいても辛くなるだけだから、仲良くならないようにしよう」と考えてしまいます。

このように、愛情表現の与えられ方によっても、回避依存症になることがあるのを知っておくと良いでしょう。

原因3.母親からの育てられ方

人間は「ありのままの自分」を受け入れられることで自己愛が高まります。

しかし、幼少時に母親から「ありのままの自分」を認めてもらえないと、思春期頃になって人間関係を窮屈に感じるようになってしまいます。

それが他人から束縛されるのを嫌がる原因になっています。

原因4.過去の人間関係のトラウマ

誰しも少なからず一度は誰かに裏切られたりする経験があると思いますが、その経験が大きなものであると人と付き合うことに対して臆病になってしまう傾向があります。

また、生まれながらにして繊細な性格をしていると、1度の裏切り行為でも激しく傷ついてしまいます。

このように過去の人間関係のトラウマから回避依存症になってしまうこともあります。

ではここで、回避依存症かを診断するためのチェック項目を5つご紹介しましょう。

3.回避依存症か診断しよう!チェック5項目!

彼が回避依存症がどうかを診断してみましょう。

診断するためには、以下のチェック項目5つについて考えるのが良いです。

  1. 付き合い始めてから冷たくなる
  2. 連絡を無視したり音信不通になる
  3. 恋人との約束は優先順位が低い
  4. フットワークが重い
  5. 恋人が違う考えを持っていると指摘する

これらの項目について診断していけば、彼が回避依存症かどうかがわかります。

それではそれぞれの診断項目について、順番に確認していきましょう。

診断1.付き合い始めてから冷たくなる

彼が付き合い始めてから冷たくなったのであれば、回避依存症の可能性が高いです。

付き合う前は頻繁に連絡もくれていたのに、付き合ってからは連絡が返ってこなくなるなどのケースが考えられます。

このように、付き合う前と後で明確なギャップがあるときは、回避依存症を疑いましょう。

相手に近づくのが怖くて、回避してしまっているかもしれないのです。

ただし、いわゆる「釣った魚には餌をやらない」タイプの男性な可能性もゼロではありません。

女性関係がチャラくはなさそうなのに付き合ってから冷たいなら、回避依存症だと言えます。

診断2.連絡を無視したり音信不通になる

連絡を無視したり音信不通になったりする人も、回避依存症かもしれません。

出会ってからずっと連絡が続かない場合は、単に連絡不精なことも考えられます。

しかし、仲良くなるまでは頻繁にやり取りが出来ていたのに、仲良くなってからはやり取りが続かなくなった場合は要注意です。

そのようなときは、彼が回避依存症ではないかと考えてみてください。

ちなみに、デート前日なのに連絡が返ってこないときについては、『デート前日に連絡がこない理由って?連絡する方法やデート前日の準備とは』が参考になるはずです。

診断3.恋人との約束は優先順位が低い

恋人との約束は他の予定よりも優先順位が低いというときも、回避依存症が疑われます。

つまり、せっかく仲良くなったのに、自分の約束がないがしろにされている場合です。

このとき、もともと彼氏が恋人よりも友人関係や仕事などを優先する性格かどうかを確かめるのが良いでしょう。

「恋人だしいつでも会えるから仕事を優先したい」などの理由がないのに優先順位が低いなら要注意です。

特に理由なしに優先順位が低く、あまり約束も守ってもらえないなら回避依存症の可能性が高いと言えます。

診断4.フットワークが重い

お出かけなどのでデートに誘っても断られてばかりでフットワークが重いのも、回避依存症かもしれません。

特に付き合う前は誘いに乗ってくれていたのに、付き合ってからは断られてばかりな場合は回避依存症の可能性が高いです。

これは、誘いに乗って一緒に出歩くことによって距離が縮まることを恐れている状況だと考えられます。

あなたのことが嫌いで断っているのではないことを覚えておきましょう。

診断5.恋人が違う考えを持っていると指摘する

恋人が違う考えを持っていると、ついつい指摘してしまう人も回避依存症の可能性があります。

なぜなら、回避依存症の人は、愛情表現を支配関係によって表現しようとすることがあるためです。

したがって、悪気はないものの、あなたの考えを否定することが多いかもしれません。

嫌われているわけではなさそうなのに、何かと考えの違いを修正するように言われるなら回避依存症を疑いましょう。

以上が、回避依存症かどうかを診断する5つの項目でした。

「彼に当てはまることがあるし、回避依存症みたい。。」と思った人も多いはずです。

ここで、回避依存症の原因について見ていきましょう。

4.回避依存症の克服方法

せっかく恋人になることができたのにお互いを分かり合えないままで別れてしまうのは、とても寂しいですよね。

そうならないためにも、彼と一緒に回避依存症を克服していけるように努めるのも良いのではないでしょうか。

克服方法を3つご紹介します。

克服方法その1.彼の過去を知る

まずはなぜ回避依存症になってしまったのか?その原因やトラウマを探るところから始めてみましょう。

彼が回避依存症になっているのは先述したように親からの愛情不足(支配的な教育)や信頼していた友達から裏切られてしまったなど様々な理由があります。

それがトラウマとなってしまい、人と深く付き合っていくことに抵抗を覚えている人も多くいます。

普段の会話からさりげなく彼の家庭環境やトラウマを聞くことによって、なぜ回避依存症になってしまったのか、原因を見つけることから始めましょう。

克服方法その2.本当の愛情や人との付き合い方を教えてあげる

回避依存症の彼はあまり人との深い関係を持ったことが少ないので、自分の過去のことを話したがりませんし、聞いてくれる人もいなかったりすることが多くあります。

そんな時にあなたがじっくりと話を聞いてあげましょう。

きっと色々なことを話してくれるようになると思います。

そしてそれが愛情や信頼関係につながってくるのです。

彼に共感できるときには共感して、もし間違った考えをもっていたらそれをしっかりと指摘してあげることです。

あくまでも対等の関係で会話をしたり行動を共に過ごすことを意識していくと、自然と彼はあなたの事を信頼し、あなたからの愛情を感じることができるでしょう。

克服方法その3.本音を意識する

回避依存症の人はそもそも本音を言うことが苦手です。

だからこそ人との深い関係を回避する傾向にあります。

過去のトラウマの話を聞きながらも、彼には本音で話すように意識してもらったり、あなた自身も本音で話すように意識をすることが大切です。

そうすることで自然と深い関係を構築することができるため、回避依存症を克服するきっかけにもなります。

以上が、回避依存症の克服方法でした。

彼が回避依存症だとしても、できるなら上手く接していきたいと考えていると思います。

次は、回避依存症の人との良い接し方をもう少し具体的に見ていきましょう。

5.回避依存症の人との良い接し方5選

回避依存症の人との良い接し方には、以下のようなポイントがあります。

  1. 無理に追いかけすぎない
  2. 本命かどうかを迫らないで信じる
  3. 愛情表現を積極的にする
  4. 余計な不安を抱かせない
  5. 甘えさせ過ぎないように注意

これらのポイントを押さえて接することで、回避依存症の彼とも上手くやっていきやすいです。

それぞれの接し方について、順番に確認していきましょう。

接し方1.無理に追いかけすぎない

回避依存症の彼を無理に追いかけすぎてもよくありません。

なぜなら、回避依存症の人は距離が縮まることを恐れているので、一気に距離を縮めると離れていってしまうためです。

たとえば、相手が連絡を返してこなくなったときに、一方的に連続で連絡を送り続けるのは避けたほうが良いと言えます。

回避依存症の人とは、距離を縮めすぎるとうまくいきません。

無理やり追いかけたところで、彼が好意を示してくれることはないと考えるべきです。

徐々に距離を縮めながら、仲良くなっても害がないことを知っていってもらいましょう。

接し方2.本命かどうかを迫らないで信じる

回避依存症の人を相手に恋愛しているときは、本命かどうかを迫るのもやめたほうが良いです。

回避依存症の彼と関わっていると、「自分って本命なのかな。。」と悩むこともあると思います。

しかし、そのようなときに彼に本命かどうかを迫ってしまうと、彼はあなたを避ける一方です。

なので、ある程度は彼の好きにさせてあげ、信じる姿勢を持ってください。

彼を自由にしてあげることで、彼もあなたに安心感を持つようになります。

束縛せず居心地の良い女性になることで、あなたは彼にとって欠かせない存在になっていくでしょう。

ただし、もしもあなたと付き合っているのに他の女性とも関係を持とうとしているなら、それは許してはいけません。

あくまでも浮気をしていないというときだけ、広い心で待ってあげましょう。

自分が本命なのかどうかが気になるなら、当サイトの『都合のいい女の特徴を知って本命になろう!彼女になる方法を伝授!』が参考になるはずです。

接し方3.愛情表現を積極的にする

回避依存症の彼には、愛情表現を積極的にしてみるのが良いです。

「どれだけ愛情表現をしても、避けられてしまうから心が折れそう。。」なんて、悩むかもしれません。

しかし、彼が避けているときもずっと愛情表現をし続ければ、回避依存症の彼にも気持ちが伝わる可能性はあります。

「自分はずっと避けてるのに、この人は見捨てず愛してくれるんだな」と思ってもらえるのです。

そうなれば、彼も心を開いてくれることでしょう。

したがって、回避依存症の彼相手には、欠かさずに愛情を伝えていってください。

以上が、回避依存症の彼と上手く接する方法でした。

相手の癖を受け入れて、自分のペースを保つことがポイントです。

接し方4.余計な不安を抱かせない

回避依存症の男性は、突然連絡を取らなくなったりしますが、あなたも同じことをしてはいけません。

待ち合わせ時間に必ず間に合うように行ったり、連絡もこまめにしましょう。

普通の人が「許容範囲だな」と感じることも回避依存症の男性にとっては不安になってしまうので気をつけましょう。

接し方5.甘えさせ過ぎないように注意

回避依存症の男性を甘やかすのは逆効果です。

甘やかしてしまうと、もっと甘やかしてもらおうとしてしまいます。

  • 「これでも許してくれる?」
  • 「これでも好きでいてくれる?」

あなたに対しての要望が強くなってしまいます。

あなた自身もエスカレートする行為にだんだん許せなくなってくるでしょう。

許せなくなった時に「やっぱり裏切るんだね」と思われてしまいます。

6.回避依存症の彼とは結婚できる?

いろいろな問題がある回避依存症のある彼と結婚することは可能なのか、結婚した場合にはどうなるのか?

とても気になりますよね。

結婚した場合にはどのような事が考えられるかを紹介していきたいと思います。

何も変わらない

  • 結婚をすることによって彼に責任感が芽生える。
  • 一念発起してあなた一人だけを大切にしようと変わってくれる。

そんな希望だけを持つのは非常に危険です。

回避依存症というのは人との深い関りを「回避」する「依存症」です。

克服をしていない中途半端な状態であなたと結婚をした場合、人との深い関りが「回避」できなくなります。

そうするとそれ以外のお酒やギャンブルに依存したり以前と同じく浮気に走ってしまう可能性が考えられます。

そうしたシナリオを頭に浮かべた時にあなたは幸せになれるかどうか?

それでも彼を支えてあげたいかどうか?

ここが大きなポイントとなってくるでしょう。

見極めてから結婚をする

大切なのは本当に彼が回避依存症を克服をしたのか?

これをしっかりと見極めてから結婚することです。

具体的には彼が他のものに依存していないこと、しっかりと信頼関係を築くことができて、あなたと向き合えて対等な関係を続けられていること。

これさえしっかりと行えていれば結婚しても目立った問題はでてこないでしょう。

もっと言ってしまえば、彼にとってそこまでの信頼関係を築き上げられた人はあなただけかもしれません。

そうなればあなたのことをとても大事にしてくれる素敵な旦那さんになる可能性も見えてくるでしょう。

7.回避依存症の彼との別れ方

どんなに頑張って彼と接してきても2人の未来が見えなかったり、あなた自身が彼との交際に疲れてくる場合もあると思います。

どうしても彼とはうまくいかないと思った場合は以下の点に注意しながら別れ話を切り出しましょう。

彼に依存している自分を断ち切る

回避依存症の彼と付き合い続ける女性は、先述したように彼に対してとても親身になって接するように心がけてきたと思います。

しっかりと話を聞いてあげたり、彼のペースを乱さないようにしたり、様々な工夫や努力をしてる人が多いでしょう。

しかし裏を返せば、

  • 「彼を見捨てたらかわいそう」
  • 「私がいなくなったら彼はどうなるの?」

といった思考にたどり着いてしまう場合があり、これは非常に危険です。

あなた自身が彼との恋愛に疲れが見えているにも関わらず、彼のために別れたくないと思うようになると、あなたが彼に依存し続けるようになり、あなたのためにならないのです。

場合によっては「都合の良い女」と思われてDVやモラハラを受ける危険まであります。

そうならないためにも彼に依存しきる前にしっかりと彼に依存している自分も断ち切りましょう。

別れるときには、その状況に応じて対応を変える

別れるという選択をしたからにはその気持ちと理由を彼に伝えましょう。

そもそも回避依存症の男性であれば、別れを女性から切り出されても、しばらくしたらすぐ他の女性を見つける傾向があるため、特に問題とならないケースが多いです。

しかし特に注意が必要なのは彼氏自身があなたに依存してきている場合です。

彼に対して様々な愛情を表現してきて、彼が少しずつあなたに依存してきてしまった場合にハッキリと別れを告げるとストーカーやDVに及ぶ可能性も考えられます。

そうならないためにも別れる原因が彼にあったとしても彼の悪口を言いながら別れ話をするのはNGです。

自分の将来や目標のためといったように、自分自身が理由で別れるように話しましょう。

回避依存症の彼とどう頑張っても上手くいかない場合もあります。

もしも回避依存症の彼と別れたなら、新たな出会いを探しに行きましょう。

8.回避依存症の人と別れた後は出会いを探そう!

回避依存症の人と別れた後は、積極的に出会いを探しに行くのが良いでしょう。

男性に多い回避依存症ですが、このような行動パターンを持っていない男性も多いので安心してください。

もしも今は特に新たな出会いがないようなら、『オリエンタルラウンジ』を利用するのがピッタリだと言えます。

オリエンタルラウンジに行けば、さまざまな男性と出会うことができます。

行くだけでたくさんの人と関われるので、心から好きになれる相手も見つかるはずです。

良い出会いを見つけたいのなら、ぜひ一度オリエンタルラウンジに行ってみてください。

ちなみに、あまり出会いの場に行ったことがなければどのようなことを話したら良いのかがわからないかもしれません。

基本的には男性がリードをしてくれるので気にしなくても大丈夫です。

ストレスなく楽しく付き合えるような男性との素敵な出会いを見つけてくださいね!

まとめ

回避依存症とは、他人と親しくなることを避ける癖のある人のことです。

回避依存症の人と付き合うと、付き合う前と付き合ってからで言動が違うので驚くことが珍しくありません。

回避依存症の男性との良い接し方を知って、上手く恋愛していきましょう。

関連記事

  1. 40代でセックスを楽しむにはコツがあった!性生活の秘訣とは?

  2. 婚活成功率を高める方法とは?3つのコツを徹底解説!

  3. 好きになる瞬間はいつ?男性に好かれる女性になるための秘訣!

  4. アラフォーもセックスがしたい!楽しむコツや出会いの場を知ろう!

  5. 恋のABCはもう古い?キスやHなど恋愛の進行度をの意味を示す隠語!

  6. 合コンの話題10選!大学生から社会人まで使える鉄板ネタを紹介

  7. キュンキュンする瞬間9選!女性が恋に落ちる時を知って恋愛に活かそう

  8. デートで手を繋ぐのは何回目からOK?自然な手の繋ぎ方と手汗対策