Ccを入れる男はモラハラ夫に?すぐ社内恋愛する男は出世しない!仕事っぷりで読み解く恋愛像

ゴールデンウィークをいかがお過ごしでしょうか、気ままです。

デキる社会人各位は休暇モードに切り替えて思い切りリフレッシュしているのではないでしょうか。

今回は私のタイムライン定番の独断と偏見で、社内でのよくある困った行動パターンから「この人は恋愛や私生活もこんなタイプなんだろうな」というのを読み解いていきたいと思います。

後半では、社内恋愛での振舞いから彼らの思考回路と仕事ぶりを分析していきます。

連休明け仕事モードへの切り替えのウォーミングアップ程度にお付き合いください。

すぐCcを入れる男は外面だけ良いモラハラ夫に!?

皆さんの会社に、「共有」の名の下に必要もないのにCcに関係者の末端まで入れたり、何もないのにミーティングを持ちたがる人はいませんか?

時間を奪われて迷惑しますよね。

この気持ちを考えてみると、大きな理由としては

①責任を分散したい

②リーダーシップをアピールしたい

があるように思います。

①「責任を分散したい」については言葉通りで、もしその人と交際したり家庭を持ったとしたら、某企業ではありませんが「君はどうしたいの?」と聞いてくるタイプ。

その後で何か問題が起こっても「君がこうしたいからその通りにしているのに、僕を責めるのはおかしいでしょう?」と詰めてきます。

お気づきでしょうか。

「どうしたい?」と聞いて相手の判断にゆだねるが、事が起これば「おかしいでしょ?」と相手に思考や抗弁の余地を与えようとしない語尾の変化を。

 

②「リーダーシップをアピールしたい」このリーダーシップは誰にアピールしているのでしょうか。

もちろん上司や周りですね。

そのアピール癖、結婚したら「外面だけ良い夫/」になります。

 

実際、ミーティング大好きな同僚や上司を見ていると、ミーティングを開いて厄介ごとを他の誰かに振り分け、そのプロジェクトが成功に終わったら自分の手柄、不発に終わったら「問題点は常に共有、問題ごとに担当を決めて解決にあたってきました」などと自分は悪くないアピールに余念がありません。

結婚したら、男性は自分の母親や友人など、他者の前ではとても子煩悩だし簡単な家事もするけど、家では何もやらないタイプになるでしょう。

また共有癖もあるため、夫婦喧嘩の内容や相手に言われたことは、それぞれの親に筒抜けになっていると思われます。

  • 謎の棲み分け意識を持つ人は出世しない

    職場で独自の上下関係を設定し、自分の仕事ではない(と認識している)事を他人に振る人って、いますよね。

    私もよく腹を立てていますが、たった1枚の資料の印刷を部下にやらせたり、コピー用紙の詰め替えでわざわざ若手を呼んでやらせたり、ゴミでいっぱいのゴミ箱に意地でもそっとゴミを載せていく類の人です。

    まずもってそのような人は出世などしませんし、恋愛対象にする必要はありません。

    特にそのタイプの男性で、女性を選んで仕事をやらせる人は本当に救いようがありません。

    女性に対して悪びれもなく「一般職の仕事でしょ?」なんて言ってしまう人ですね。

    男女ともに性別的役割分担を無意識にでも強く持ってしまっている人が多いです。

    たとえば男性から女性に向くものだと、デート中にハンカチティッシュを持っていないと「女の子なのに持ってないの?」と言ったり、ちょっと感情をあらわにすると「女の子は怒っちゃいけないよ」と諭されます。

    結婚後は、常に自分の母親=理想の女性と比べられそうですね。

    ただしうまくいく法則もあって、女性も性差で役割を区別するタイプの場合は以外としっくりいきます。

    「男のクセにしっかりしてよ!」なんて平気で相手に言ってしまうし、「デート代は男性に払ってもらって当然」のスタンスを取る人ですね。

    フラットな男女観を持つ人がこのタイプの異性は絶対に合わないと思いますが、このタイプの男女が一緒になれば、案外本人たちにとってはよい家庭ができるのではないかと思っています。

    毎回ランチやコンビニに誘ってくる人はメンヘラ

    距離をつめたいのか寂しがり屋で1人でご飯が食べられないのか、とにかく誰かを誘ってランチをしたがる人、いますよね。

    ずーっと人といて、一人の時間がなくても平気な人。

    こういうタイプは依存度が高く、メンヘラ体質です。

    きっと休みの日は、土曜のお昼はこの子とランチして夜はデート、日曜のお昼は他の子とランチで…なんて、スケジュールに余白のない日々を送っていることでしょう。

    彼氏や彼女ができたらすぐ家に転がり込むタイプは、このタイプが1番多いような気がしています。

    基本的に友達がいないんですよね。

    友達が多いタイプの人と付き合うと、全然かまってもらえなくて不満が溜まるケースも。

    恋人が出来たら毎週会いたい!ずっと一緒にいたい!となる人は、同じ温度感の異性を選ぶと不満が少なくて良いと思います。

    ただ、依存には気をつけて。

     

    私は、仕事上常に上司の行動に目を光らせています。

    職業病なのか、上のタイプの人はヒマがあれば同僚のアウトルックもしっかり監視していて、たまにプライベートの予定のために夜に件名を入れずにブロックしていると、ターゲットと仲の良い人の予定表をスクリーニングして、誰と誰が何日に一緒に食事をしていた。

    などと推理を始めたりします。

    自分のお気に入りの人が男女でそんなことになっていたら大変な騒ぎですね。

    恋人同士になったら、すなわち束縛する権利を与えてしまったら重くて仕方がありません。

    ラインの既読未読から、既読になってから返信するまでのペースもいちいち計って、遅いといらぬ妄想で攻めたてられます。

  • やるやる詐欺をする人は人生設計を立てられず破綻

    仕事を引き受けておいて結局忘れていたり、キャパオーバーでやっていなかったりする罪深い行為のやるやる詐欺。

    今コレを引き受ければとりあえずは問題が解決する、今返事をすれば、とりあえず怒られなくて済む。

    基本的に、その場をやり過ごすことしか考えていません。

     

    もう、特に女性の方は気づき始めているし、覚えがあると思います。

    「今日ご飯作ったから洗い物よろしくね」

    「うん!!」

    ~食事後1時間~

    「ねぇ、いつ食器洗うの?」

    「後でやる~(スマホをいじりながら)」

    そしてこのやり取りを3度ほど繰り返し、翌朝女性がキレながら始末するアレです。

     

    職場でやるやる詐欺をやる人は、必ずこれになります。

    また、その行動からもわかるように計画性がありません。

    仕事においてそうなのだから人生についても同じで、程よい年齢で長年付き合った相手がいたとしても、将来を決める気配が出てきません。

     

    上記の食器洗いのような内容が繰り返され、愛想をつかした彼女が別れを告げるケースが多いでしょう。

    めでたく結婚することが決まっても、前途は多難です。

    両家それぞれの親への挨拶、両家顔合わせなど色々することは山積みですし、行事1つ1つでも考えることがたくさんあります。

    特に相手のご両親が関わって来ることは彼に任せるしかないのに何度も彼にやるやる詐欺をお見舞いされることになります。

    こういった相手と本気で付き合うなら、こういうリスクは十分に頭に入れた上でお願いします。

    自分が消耗します。

    つねに「自分が1番忙しい」人は、愛情不足な構ってちゃん

    職場でのマウンティングで1番多い部類ではないでしょうか、忙しいマウンティング。

    ちょっとしたランチで仕事の近況報告をすると、「そんなのまだいいよ、俺なんてさ」と上からかぶせてこられるの、慣れてはいるもののあまり気分の良いものではありませんよね。

    こういう人は、人から可愛がってもらったり同情してもらったりすることに飢えています。

    恋愛したら、過剰に愛を求めてきます。

    女性って1日の終わりに、今日あったことをパートナーに共有したい人が多いですが、楽しかったことを言っても「へぇ、楽しそうでいいね。俺なんてさ」と嫌味から始まり、愚痴をこぼしても「そんなくらいで凹んでちゃ身が持たないよ、俺なんてさ」と始まることでしょう。

     

    実に面倒ですね。

  • すぐ社内恋愛したがる人=上司からの評価は低い!

    いるんですよね、すぐに社内恋愛をする人。

    学生時代でもおそらくサークルクラッシャーとして名を馳せたであろう彼ないし彼女。

    社内恋愛の相手が1人だけでそのまま結婚するのならよいですが、次々と相手を変えたり、もっと悪い場合は同期内や部署内など同じコミュニティで何人も付き合う人だって少なくありません。

    すぐに社内恋愛をし、オープンにする人はとにかくリスク管理が甘いです。

    ・口が軽い

    ・想像力が乏しい

    ・周りが見えない

    それ以外の、社内で何人も付き合ったり、社内恋愛をオープンにしてしまう彼らは、基本的にコンプラ意識が足りないので、他人のことに関しては悪気なく口が軽い傾向があります。

    そもそもカップルというのは、片方の知っていることは片方にダダ漏れです。

    社内で起こったことなんて、アンオフィシャルといってもそんなことお構いなし。

    むしろアンオフィシャルであればあるほど2人の甘い餌になります。

    カップルであっても、ほかの人に知られるとマズいことは話さないのが賢明です。

    社内で相手をとっかえひっかえしてしまう人については、それに自分さえ良ければ他が見えないので、極力関わらないが吉です。

    相手を変えるのと同じように、その人自身の言っていることも立ち位置も玉虫色にコロコロ変わり、簡単に人を売ります。

     

    隠しているつもりでも、隠せていると思っているのは本人たちだけ、いつの間にか周りは皆知っていたというケースも多いと思います。

    そういう人にバレたきっかけを聞いていると、職場でのアイコンタクトなどよくあるパターンから、一緒に出勤するのに会社最寄り駅まで一緒に行くなど、休日のデートでも家から近いからと会社の人と遭遇するようなところに二人でいるのを見られてしまったなど、ツメの甘いバレ方ばかりです。

     

    そういった人の仕事っぷりを見ていると、自分の発言が他の人にどのように影響するかなど考えずに頭に浮かんだことがそのまま口から出てきてしまいます。

    あまり2歩、3歩先を考えて行動できるタイプではありません。

    ちなみに社内恋愛が発覚すると比較的男性のほうが評価は落ちます。

    まだまだ前時代的な男女観が染み付いているからでしょうか、「あんな女を選ぶからたいした仕事が出来ないんだ(センスがない)!」と上司たちが口にするのを聞いたことが何度もあります。

     

    私が聞いた中で1番厳しかったのは、役員会での「あいつは社内に手を出して浮かれているから、こんな重要な仕事は任せられない」のセリフです。

    議事録の下書きをポーカーフェイスで書きながら、「あぁ、A君終わったね」と思いました。

    きちんとお互いを支えあっているかどうかは仕事っぷりに如実にあらわれます。

    社内恋愛をするのであれば、自分たちの評価をするのはまだまだ前時代的な価値観の、主に男性だということをくれぐれもお忘れなく

    おそらく、それを恐れて社内の人と付き合わないと決めている男性が多いのかと思いますが。

    まとめ

    ここまで、私が職場でよく見てきた愛すべき困った人たちの傾向を分析してみました。

    多少イライラする事があっても「この人たち、家庭でもこんな風にして奥さんや旦那さんにウザがられてるんだろうな~」と思ってしまえば、少しは気の毒になって優しく出来るかもしれません。

    連休明け、早速そんな人に絡まれてしまったら、この記事を思い出して苦笑いでクスっとしてみてください。

  • 関連記事

    1. 【完全実録】合コンでのつまらない男たち!必ず意識すべき注意点5つ

    2. 彼女のすっぴんを見た彼氏の反応は?かわいいと思わせる秘策3選!

    3. 満たされない心理の理由と解決策は?スッキリ暮らす秘訣を紹介!

    4. デートリップ大本命!彼がついキスしたくなるオススメリップを厳選!

    5. おねだり上手は愛され上手!可愛いおねだりテクニックで愛を深めよう

    6. <社内恋愛>職場で気になる男性の心を自由に操る方法 by気まま

    7. 彼女と別れたいのに言い出せない…彼女に伝わる別れのサインの出し方

    8. 不倫相手と結婚できる?略奪愛の代償と男性の本音も紹介