デートがマンネリ化してない?マンネリ解消法とおすすめデートプラン

     
PICK UP   この記事は
ECONOMY(年収500万円未満)

カップルも付き合って3年くらい経つと、将来のことが視野に入ってくる段階ですよね。

女性としては年齢的なものもあるし、彼にもそろそろ腰をあげて欲しいところ。

それなのに、最近関係がマンネリ化してきている・・・という焦りが、あなたを不安にさせてはいませんか?

マンネリ化してしまう原因とその解消法を探り、幸せな生活をつかみましょう。

このデートってマンネリ?他人に聞けないマンネリ化の基準

付き合ってしばらくの間は、遊園地やドライブ、すてきなカフェめぐりなどで楽しんでいたデート。

それが気付けば、お家デートで済ませることが多くなってしまった・・・。そんな風に嘆く女性が少なくありません。

では、こうしたマンネリ化してしまう原因はどこにあるのでしょうか。

マンネリ化しやすいカップルに多いデートとは?

頑張らないインドアデートが増えること=マンネリ化の前兆にあたります。

とくにお互いの仕事が忙しくなると、休みのタイミングがなかなか合わせづらく、どちらかのお部屋でDVDを観たり読書をしたり、ときにはお茶をしながら共通の会話を楽しむようにもなるでしょう。

こうしたデートは決して悪いものではなく、ときにはリラックスした関係性も重要です。

ところがリラックスした関係に油断していると、相手への配慮に欠けるようになりわがままをいう機会が増え、雲行きが怪しくなってきます。

マンネリ化の起こりやすい時期っていつ?

やはり実際にマンネリ化が起こりやすいといえるのは、1年が経ったあたりでしょう。

仕事も恋も「まずは3カ月」といわれるように、一番最初の節目として3カ月がクローズアップされていますが、実際にはマンネリ化の入り口とはいえません。

毎日24時間べったりとくっついて生活をしているならば例外ですが、ほとんどの場合は1日のうちの数時間を恋人に費やしている程度でしょう。

最初の1年はお互いの誕生日やクリスマスといったイベントのほかに、シーズンごとの旅行などもあるかもしれません。

こうしたある程度の出来事を過ごしていくうちに、相手の人となりがわかるようになり、安心感から気のゆるみへと移行してしまいがちになります。

さらに、この1年目を無事に過ごしたとしても、3年目に本当の意味でのマンネリ化がやってくるカップルが多いのです。

さすがに3年目ともなると、馴れ合いにもなってきますし、デートに出かけるにしても行った事のある場所になりがちです。

こうなってくると、まるで長年連れ添った夫婦のような感覚になり、マンネリ化へと突き進んでしまいます。

デートがマンネリ化することで起きる不幸

 

自宅デートに限らず、毎回同じカフェで同じような会話をしたり、同じ道を通って前回と変わらないお店でショッピングしたりする「お決まりコース」

こうした変化のないデートをしていると、自然と心の中にも「自分たちはマンネリ化してきている」と思わずにはいられなくなってきます。

1度自覚してしまうと、マンネリ化していることに嫌気をさして、気持ちが落ちてしまうこともありますよね。

そういったときに、現状を打破しようと奮起する場合もあれば、その逆にどんどん関係性が悪くなる場合もあります。

「このままつまらない付き合いを続けていいのだろうか」なんていう気持ちも沸いてきて、別れを意識するようになるかもしれません。

お互いに相手への不満がつのり、減点方式で恋人をジャッジしあうようになることも。

マンネリ化してきている!と気付いた時点で、改善しようと努力をしあわなければ、2人の関係はどんどん悪くなって不幸な結果を招いてしまう可能性が高くなるのです。

では具体的にはどのような不幸が訪れるのでしょうか。

「会う」ということに積極性がなくなる

なにをするにも一辺倒な付き合いだと感じるようになると、恋人と会うことすら面倒に感じるようになってしまいます。

どちらかが腰をあげてデートの予定を立てて、そこで楽しく過ごせればマンネリ化から脱することもできるでしょう。

けれど、デートにこぎつくまでのやりとりさえもうっとおしくなったらそれはマンネリ以上の不幸をもたらすかもしれません。

相手の話に興味が薄れる

せっかくふたりで会っても、相手が自分の話しをきちんと聞いてくれなかったり、あるいは相手の話を聞く気になれないということもやってくるでしょう。

恋人同士に限らずいえることですが、人間関係はコミュニケーションが大切です。

コミュニケーションが成り立たないようでは、2人の関係は一緒にいるという意味がなくなっていくのです。

相手への文句が増える

お互いが相手への不満を持つようになると、それを態度で表したり直接言葉で指摘するようにもなるでしょう。

もしそれが建設的な意見交換であれば、2人の関係は良好なものへと転換していく可能性がアップします。

けれど、ただの「文句の言い合い」になってしまうと結果的には不幸な方向へと向かうことになるかもしれません。

デートがマンネリ化してしまうカップルの4つの原因とは

実際にどんなカップルがマンネリ化していくのか、知っておきたいとは思いませんか?

今はまだラブラブなカップルでも、この先突然やってくるかもしれないのがマンネリ化です。

マンネリ化してしまうカップルの原因を探り、先手を打っておくのがいつまでも仲の良いカップルでいられる秘訣です。

相手の気持ちを尊重しない

付き合いが長くなってくると、ついつい自分の意見を通そうとしたり、ちょっとしたわがままをいってしまったりすることもあるでしょう。

これがほんの出来心であったり、このままではよくないと気付いて改善するのなら、何も問題はおこりません。

ところが、よくないと気付いてもなかなか直すことができなかったり、あるいは相手へ「ごめんね」と謝ることができなかったりすると、関係は下降気味に。

恋人同士の付き合いは、長くなっていくにつれて遠慮というものが欠けてしまいがちです。

そのまま生活していても、お互いになんの得もありません。

そうならないためには、相手の気持ちを想像したやりとりを心がけましょう。

刺激が減った

たまにしか会えないようなカップルであれば、デートのときの相手の表情やしぐさに「ドキッ」とすものです。

しかしこれも3年も4年も付き合っていくと、「いつもと同じ」だと感じてしまうように。

相手からの電話やメール、LINEといった連絡がきても、ワクワクするようなことがなくなってきていませんか

心の躍る感情がなくなるイコール、刺激が減ってしまったということです。

決まったデートプラン

お決まりのレストランやカフェで、リラックスして会話を楽しむのも、安定したカップルであればよくあることです。

しかし「どうする~?どこにいく?あそこでいいか~」というような惰性で「いつもの場所」にいくのは、安定しているとはいいがたいものがあります。

残念ながらそれはすでにデートプランとはいえませんよね。

カフェにしろドライブにしろショッピングにしろ、いつもと同じところにいくのは真新しい気分にもなりませんし、飽きやすくなる原因です。

一緒にいることが当たり前

「付き合っているから」という理由で、週末はとりあえず一緒にいるというカップルはいませんか?

特にどこかに行く予定もないけれど、とりあえず会っておこうというスタイルを続けていると、お互いが会うことの必要性を疑うようになります。

一緒にいることが当たり前になってくると、相手の存在の大切さを感じにくくなってしまうのです。

要するに、感情が鈍くなるということです。

鈍くなった感情で、いつも一緒にいることが「当たり前でつまらない」と判断すると、その先の結婚といった将来はかすんでみえてしまうでしょう。

デートでマンネリ化を簡単に解消する3つの方法!

世の中にはマンネリ化しているカップルばかりではありません。ではマンネリ化しないカップルは、一体どのような関係を保っているのでしょうか。

その秘密はズバリ「デート」にあります!

マンネリ化しつつあるカップルのデートについて、どのような対策をしたらいいか3つの方法をご紹介しましょう。

ファッションを変えて見た目から刺激を

いわずとしれた、見た目の変化からお互いの気持ちに刺激を与える方法です。

わたしたち人間は、自分の視界に入った人の見た目を潜在的に観察する性質があります。

たとえば、地下鉄などで目の前に座っている人のファッションを観察した経験はありませんか?

自分の好みのファッションをしている人には好感を抱き、そうではない人には無関心になります。

マンネリ化しているカップルは、こうした心理を応用して自分のファッションをまず変えてみるといいでしょう。

服装だけではなく、メイクやヘアスタイルなども変えてみるといいですよ。

そうすることで相手の関心を惹きつけて「いつもとちがう」という感情を抱かせるようにするのです。

次のデート用ファッションを選ぶ時は、下記の記事を参考にしてくださいね。

2人だけで決めた条件を設ける

何年も一緒にいると、だいたいのことがルーズになってくる傾向にあります。

たとえばデートに遅れそうになったときの連絡に関しても、ギリギリになってから連絡をしてきたり、ドタキャンをしてきたり。

お互いに長年連れ添った夫婦みたいになっていて、相手への配慮が欠けてしまいがちになります。

マンネリ化を解消するには、こういったルーズな部分をなるべく減らしていくのがいいでしょう。

「デートに遅れるときは、待ち合わせ時間の1時間前には知らせる」
「ドタキャンはしない」
「デートのキャンセルは前日まで」

など、ある程度の条件を設けるといいでしょう。

わくわくするデートプランに変える

毎回同じようなデートコースは、初めのうちはいいかもしれません。

しかし3年くらい付き合ってくると飽きてきてしまうのが人情というものですね。

人間は、飽きがくると途端にその対象に興味をもたなくなってしまうので、すこし工夫をする必要があります。

たとえば、今度のデートは新しいお店を探してから出掛ける!などというように、お互いにワクワクするような宿題を設けるのもいいでしょう。

マンネリ化を解消するのは、何事も努力が大切ということですね。

当たり前になっているデートに刺激をプラスするために、ちょっと積極的になってみるのもありですよ。

ときにはあなたからのキスが、マンネリ解消のキッカケになることもあるでしょう。

興味がある人は、下記も記事を読んでみてください。

次のページでは、デートでマンネリ化しているカップルにおすすめデートプランをご紹介します。

関連記事

  1. フリーセックスの意味と楽しみ方!日本と海外のセックスの価値観は違う? …

  2. 婚活に年齢は関係あるの?婚活を始めるなら早ければ早いほど良い理由。

  3. デートの店選びには正解がある!決め方を知りデキる男をアピールせよ

  4. デートでの映画ジャンルの正解は3つだけ!本当に観るべきなのは?

  5. 好きバレから付き合える?好きな人との関係を前進させるコツを大解剖

  6. 彼氏ができない理由とは?非モテ女を卒業する解決策を紹介!

  7. 別れる最後のデートはすべき?後悔しないためにすべき3つのことを解説!

  8. 「好きだけど付き合えない」ってどういうこと?後悔しない接し方!