これって恋人ごっこ?見極め方と注意したい4つの習慣を紹介!

「これって恋人ごっこかも?」

現在付き合っている彼との関係について、そんな不安を抱えていませんか?

  • もちろん本気の恋愛をしたい!
  • だけど、今の関係って恋人ごっこかも……?

そんな矛盾を抱えたまま、付き合い続けていくのはつらいですよね。

「そもそも恋愛ごっこってどうやって見極めればいいの?」と疑問を感じている人もいると思います。

そこで本記事では、恋人ごっこの見極め方や、恋人ごっこになりがちな習慣をお伝えします。

いつかは終わってしまう恋人ごっこを卒業し、愛し愛される本気の恋愛をしましょう!

▼もし「不倫関係を終わらせたい」と悩んでいる人は、こちらの記事で具体的な方法を紹介します。

そもそも「恋人ごっこ」ってどんな関係?

「恋人ごっこ」とは、ごっこ遊びのように「楽しむ目的で付き合っている関係」のこと。

本来はお互い「好き」という気持ちが通じ合って恋人関係になるものですが、恋人ごっこの場合は相手のことを本気で好きじゃなくても成立します。

中には最初から「遊び」と割り切り、恋人ごっこを楽しんでいる人も。

しかし、遊びは遊び。いつかは終わってしまうもの。

恋人ごっこの相手とは、将来や結婚についての話はできないことがほとんどです。

なぜ恋人ごっこになってしまうのか?

最初から「恋愛なんて遊びでいい」「本命じゃなくてもいい」と考えている人は少ないでしょう。

それでも恋人ごっこになってしまうのは、なぜでしょう?

いくつかパターンがあります。

たとえば、配偶者や本命との関係にマンネリしていて刺激を求めているパターン。

あるいは、本気で好きになれる相手がおらず、1人の寂しさを紛らわせるために恋人ごっこを受け容れている人も。

このように、自覚があって恋人ごっこになる人だけでなく、自覚がないまま恋人ごっこの関係になってしまう人もいるのです。

恋人ごっこの見極め方

「これって恋人ごっこかも?」

と不安になったら、まずは今の関係が恋人ごっこかどうか、ちゃんと見極めたいですよね。

本気の恋愛関係でも「相手にとっては遊びだったらどうしよう」と不安になることはあるからです。

ここからは、恋人ごっこの見極め方について、本気の恋愛関係との比較しながらお伝えします。

見極め方1.2人の将来について話し合えるか

恋人ごっこは恋人同士の真似事(ごっこ遊び)ですので、2人の将来について真剣に話し合うことができません。

たとえばあなたが「そろそろ結婚を考えたいんだけど」と真剣に打ち明けても、恋人ごっこの相手は、

  • 「うーん、結婚とかちょっと早くない?」
  • 「君とはそういう話したくないな〜」

などと、話し合うこと自体を避ける傾向にあります。

なぜなら、あなたのことを「将来も一緒に過ごす相手」と思っていないから。

人によっては「は?なんで結婚の話なんかするの?」と、不機嫌になってしまうことも。

本当の恋人関係なら、今すぐ結婚は考えられないような状況であっても、相手の話を聞く姿勢を見せてくれるはずです。

見極め方2.自分の気持ちより相手の気持を優先できるか

2つ目は、自分の気持ちより相手を優先できるかどうかということ。

もし恋人ごっこの関係なら、相手より自分の感情や都合を優先してしまいます。

たとえば、以前から約束していたデート当日に「今日は気分が乗らないからやっぱり別の日にしよう」とドタキャン連絡を入れてくるのは、自分の都合を優先している状態。

本気の恋愛関係ではないため「無理して相手に合わせる必要はない」「もし別れることになってもそれはそれで良い」と投げやりな気持ちがあるのかも知れません。

ただ、本当の恋人関係であっても自分の気持ちを優先してしまうことはあるもの。

「自分の都合を優先した!」=「どうせ私とは恋人ごっこなんだ!」

と思い込まず、他の見極め方とあわせて考えましょう。

見極め方3.対等な関係かどうか

本当の恋人関係なら、2人の関係は対等です。

どちらかが相手に尽くしすぎている場合、その関係は恋人ごっこの可能性が高くなります。

たとえば、外食のときは毎回どちらか片方が全額支払っている。そして、払ってもらっている方も当然のように支払わせている関係。

何かをしてもらった時や、お金を出してもらった時は「ありがとう」「次は自分に任せてね」と、相手を思いやって分担し合う関係が、対等な関係と言えます。

このバランスがおかしくなっているということは、それだけ恋人ごっこの可能性が高いのです。

見極め方4.周囲の目や反応が気になるか

最後は、周囲の目や反応が気になるかという見極め方。

過度に周囲の反応や評価を気にしている場合、その関係は恋人ごっこの可能性が高いです。

「常に恋人がいる自分」「いつもキラキラしている自分」

そんな自分を周囲の人に見て欲しい・評価して欲しい、といった気持ちから恋人ごっこを楽しむ人もいるからです。

具体的には、次のような言動です。

  • デート中もSNSに投稿する写真の撮影にばかり夢中になっている
  • あなたに対して「知り合いに見られたら恥ずかしいからもっとオシャレして」というように、周囲の目を意識した発言が多い

こんな人は、自分の評価を重視して、あなたと恋人ごっこを続けているだけかも知れません。

恋人ごっこになってしまう4つの習慣

愛し愛される本気の恋愛をするために、どんな習慣が恋人ごっこの関係を招いてしまうかを知りましょう!

これから4つの習慣をお伝えしていくのですが、先に共通点をお伝えすると「自己主張しましょう」ということ。

理由は、相手と対等な関係を築くためです。

見極め方のところで見てきたように、恋人ごっこの関係は対等ではありません。

どちらか片方が不安になったり、辛い気持ちを我慢しなくてはならない状態に陥りがちです。

だからこそ、対等な関係を築くよう心がけていくことが、恋人ごっこを回避しつつ、本気の恋愛関係を築いていくコツなのです。

それでは、4つの習慣をひとつずつ見ていきましょう。

習慣1.相手の都合に合わせがちになる

恋人ごっこになってしまう習慣1つ目は、相手の都合に合わせがちになるということ。

たとえば「どこへ行きたい?」「何を食べたい?」と意見を訊かれた時に、「私はどっちでも良い」「あなたの好きにして良い」と相手の都合を優先する人は、恋人ごっこに陥りがちです。

「面倒くさいと思われたくない」「相手にうんざりされたくない」との思いから、このように自分の意見を押し殺してしまう人もいますが、それでは対等な関係を築くことはできません。

中には、意見がなく優柔不断なあなたのことを「流されやすくて都合がいい女」と解釈する人もいるでしょう。

ですので、もしあなたに自分の都合があれば、ちゃんと伝えるべきです。

「どちらでもいい」が口癖になっているという人は、相手の質問に即答する前に一呼吸し、本当に自分の意見がないか考えてから回答するようにしましょう。

習慣2.約束を破られても怒らない

デート当日待ち合わせ場所で待っていたら、電話1本でドタキャンされた。理由を聞いてもちゃんと話してくれない。

……このように明らかに理不尽な状況でも、取り乱したり怒ったりしないという人は、恋人ごっこの関係に陥りがちです。

「感情をぶつけて嫌われるのが嫌だ」「面倒くさい奴だと思われたくない」という気持ちから怒らないのであれば、すでに対等ではありません。

繰り返しますが、本当の恋人同士とは対等な関係のこと。

  • 不誠実な態度に怒りを感じた時はちゃんと怒ること。
  • 相手の態度に不快な気持ちを感じたら、その気持ちを素直に示すこと。
  • 改善してほしいところがあれば、相手に伝えること。

このように主張すべきところで主張していくことが、あなたを恋人ごっこの関係から遠ざけてくれます。

習慣3.恋愛で傷つくことを極度に恐れる

「恋愛のいいところだけ楽しみたい。恋愛で傷ついたり悩んだり、つらい思いはしたくない」

このような考えを持つ人は、恋人ごっこの関係を招きがちです。

なぜなら、恋人ごっこの相手を求める男性も、同じような考えを持っていることが多いから。

具体的には、次のような考えです。

  • 恋愛のいいところだけ楽しみたい
  • 面倒くさい恋愛はしたくない
  • 後腐れなくいろんな人と恋愛を楽しみたい
  • 相手の将来に責任を持ちたくない
  • 結婚して落ち着くより刺激的な恋愛を楽しんでいたい

恋愛で傷つくことがあっても、そこからの関係修復や立ち直りを経験できれば、それだけ本気の恋愛関係に近づくことができます。

▼「でも、過去の失恋から立ち直れない……」という人は、こちらの記事で気持ちの切り替え方を伝授します!

習慣4.恋愛以外に熱中できることがない

「恋愛以外に熱中できることがない」

という人も、恋愛ごっこに陥りがちです。

なぜなら、1人の過ごし方や、寂しい気持ちをまぎらわせる方法が分からず、恋愛に依存してしまうことがあるから。

この「恋愛以外に熱中できることがない」がさらに深刻になると、「恋愛していない自分なんて考えられない」「恋愛していない自分には価値がない」とまで考えるようになってしまいます。

「とにかく誰かと付き合いたい」「本気じゃなくても良い」という気持ちから恋愛を求めるため、同じような考えを持つ男性を引き寄せてしまうのです。

しかし本当の恋愛関係は、いつでもタイミング良く訪れてくれるものではありません。

時には、1人の期間が長引くことだってあるでしょう。

そんな時期は「自分と向き合う時期なんだ」と言い聞かせ、趣味に打ち込んだり、自分に似合うファッションを研究したり、自分磨きをしましょう。

そうすれば「この人と本気の恋愛がしたい!」と思える相手があらわれた時に、自信を持ってアプローチできるでしょう。

▼本気の恋愛に向けて、愛され女性に生まれ変わりたい!という方は、こちらの記事も参考にしてください。

まとめ

恋愛のいいところだけをギュッと濃縮したような「恋人ごっこ」が楽しく思える時期もあるでしょう。

しかし、それは一時的なもの。

あくまで遊びですので、いつか終わってしまいます。

「それでも良い!」と投げやりな気持ちで恋愛ごっこを続けていたら、本気の恋愛をするタイミングを逃してしまいます。

恋愛ごっこの現状を卒業し、愛し愛されるような本気の恋愛を探しましょう!

▼「恋愛ごっこなんてもう嫌!お互いに思い合い、愛し合える関係を築きたい!」という方は、こちらの記事も読んでみてくださいね。

関連記事

  1. 遠距離恋愛の彼の気持ちを確かめたい時、デキる彼女は時空を超えて透視で把握
    PR:Tphereth

  2. 憧れの大人の色気をゲット!?メイクや服をかえて大人女性に

  3. 聞き上手な男性はモテる!聞き上手な男性になる為の特徴をレクチャー

  4. 合コンのやり方を初心者でも分かるように徹底解説!【幹事必見】

  5. 合コンは盛り上げ役を買って出ろ!確実にモテる盛り上げテク3選

  6. 【経験者の警告】性感染症を他人事とは思わないで【その一晩が火事の元】

  7. これであなたも恋愛マスター!恋愛のテクニック本をシーン別に紹介!

  8. CPS(コストパーセックス)とは?-効率よく女性を抱く方法-