キモオタ認定される男の特徴はこれ!改善点も伝授します!

     
PICK UP   この記事は
ECONOMY(年収500万円未満)

「もしかして俺、女性からキモオタと思われてるかも……?」

現在あなたはこんな不安を感じていませんか?

一昔前は「オタク」というだけで近寄りがたいようなイメージがありましたが、現在は「オタク=趣味が充実している人」という前向きなイメージが定着しつつあります。

好きなことへの情熱があるからこそ、イベント参加や聖地巡礼にアクティブになれたりと、プライベートが充実しますよね。

ですので、脱出すべきは「オタク」ではなく、あくまで「キモオタ」!

本記事では、キモオタ認定されてしまう男性の特徴と改善ポイントを伝えていきます。

趣味やプライベートを充実させつつ、キモオタ認定を回避しましょう!

スポンサーリンク

「キモオタ」とは?

「キモオタ」とは「気持ち悪いオタク」の略。

言動や服装などが気持ち悪いオタクに対する蔑称です。

かつては「オタク=気持ち悪い」というイメージも強くありましたが、現在ではオタクの中でも特に気持ち悪いオタクに対し「キモオタ」という呼び方が使われるようになりました。

  • スポンサーリンク

  • 「キモオタ」と「オタク」との違いって?

    「オタク」とは、好きなことに対する知識が豊富だったり、趣味に没頭している人を指します。

    「オタク」は必ずしもネガティブな意味でなく、最近では「自分は◯◯オタクだから」というように、自分の趣味や嗜好を表現する手段として使う人もいます。

    一方キモオタには「気持ち悪い」といった露骨にネガティブな印象があります。

    • オタク=特定分野の知識が豊富な人、趣味が充実している人
    • キモオタ=オタクの中でも周囲に不快な印象を与えてしまう人

    繰り返しますが、回避したいのはキモオタ認定。

    次の段落から、キモオタ認定されてしまう男性の特徴を見ていきましょう。

    キモオタ認定されてしまう7つの特徴

    キモオタ認定されてしまう男性には、共通する以下の特徴があります。

    1. 演技がかった独特の喋り方
    2. 独り言やひとり笑いが多い
    3. 会話中に相手の目を見ない
    4. イキリ発言が多い
    5. 好きなものに全財産つぎ込む勢いを見せる
    6. 不快な臭いがする
    7. 身だしなみに清潔感がない

    逆に言えば、これらの特徴に該当しないよう対策・改善をしていくことで、キモオタ認定を回避できるということ。

    それぞれどんな特徴なのか、詳しく見ていきましょう。

  • スポンサーリンク

  • 特徴1.演技がかった独特の喋り方

    キモオタ認定されてしまう男性は、演技がかった独特の喋り方をすることが多いです。

    演技がかった独特な喋り方とは、具体的には次のような喋り方をいいます。

    • 自分のことを「拙者」「我輩」「小生」などと言う
    • 相手のことを「◯◯氏」「貴様」「お主」などと言う
    • 「かたじけない」「なにゆえか?」「いかに!」「ござる」など時代劇のような口調
    • 喋りに抑揚がない
    • 上ずった高い声で喋る
    • 息継ぎをせず一気にまくしたてる
    • 周囲が迷惑に感じるほどの大声や奇声

    「拙者」「◯◯氏」など明らかに違和感のある言葉遣いをしていなくても、話すペースや声のトーンも要注意です。

    たとえば、早口でしゃべるだけで「キモオタっぽい」と思われてしまうこともあるからです。

    喋る時だけではありません。

    このようにLINEの文面においても、自分の言いたいことだけ詰め込んだ長文を送ると、キモオタ認定されてしまうことがあります。

    特徴2.独り言やひとり笑いが多い

    先ほどは喋り方についての特徴をお伝えしましたが、独り言やひとり笑いが多い場合もキモオタ認定されてしまいます。

    さらにこの場合は、単に「気持ち悪い」という不快感でなく、「えっ、何言ってるの?怖っ」「なるべく近寄りたくない」と、恐怖心&警戒心も抱かせてしまうのです。

  • スポンサーリンク

  • 特徴3.会話中に相手の目を見ない

    会話中に相手の目を見ずに話す男性も、キモオタ認定されがちです。

    ただ、この特徴に関しては目を合わせないからキモオタ認定というわけではなく、他の特徴と組み合わさった時にキモオタ認定されてしまうことが多いです。

    具体的には、次のような状況です。

    • 好きなことを上ずった声で解説している+一切目を合わせない
    • ときどき笑いながら早口で喋っている+こちらの目を見てくれない

    このように、相手の反応を見ずに自分の喋りたいことを一気に喋ってしまう姿勢が、女性に「えっ誰と喋ってるの?」「キモオタ?怖っ……などの不快感を与えてしまいます。

    特徴4.イキリ発言が多い

    「イキる」は「意気がる」の略語で、調子に乗ったりえらぶったりすることをいいます。

    そしてイキリ発言とは、自分を実物以上に良く見せようとして見栄を張った発言のこと。

    下記にイキリ発言の具体例を挙げます。

    • 「自分では自覚ないんだけど、よく周りからイケメン俳優の◯◯に似てるって言われる。ただのオタクですけどって感じwあ、あと今付き合ってる彼女もアイドルの◯◯に似てるって言われてるwえ、そうでもないかなって俺は思うけどw実際言われちゃうから仕方ないwww」
    • 「5年前くらいかな?俺、DQNに絡まれたことがあるんだよね。理由もなく飛びかかってこられたから、容赦なく返り討ちにしてやったけど。あ、俺こう見えてもオタクやってます」

    このように、一見自分を卑下しておいて、嘘か本当か分からない自慢話を披露したがるキモオタはイキリオタクとも呼ばれます。

  • スポンサーリンク

  • 特徴5.好きなものに全財産つぎ込む勢いを見せる

    誰しも好きなものにはお金をかけたいと思いますが、全財産つぎ込むほどになると周囲は引いてしまうかも知れません。

    通常であれば、毎月の給料から生活費などを差し引いて、残ったお金を欲しいものや趣味に費やすものです。

    しかし、自分の手元にあるお金すべてを使い切ってしまうような人は「計画性がない」「理性が足りない」と思われてしまうのです。

    そのため女性からは「通常の金銭感覚や理性がなくなるほどお金をつぎ込むなんて、私にはキモオタが理解できない……」として距離を置かれてしまいます。

    特徴6.不快なニオイがする

    オタク活動に没頭するあまり入浴や歯磨きの時間まで惜しんだり、汗をかく夏場でも毎日同じ服を着ていれば、当然、体が臭ってきます。

    しかも、生物の感覚器には「強い刺激を受けてもだんだん慣れる」という性質があります。

    そのため、強烈な体臭や口臭があったとしても、本人はなかなか気づくことができません

    しかし周囲の人や初対面の相手にとっては、強烈な異臭となっています。

  • スポンサーリンク

  • 特徴7.身だしなみに清潔感がない

    ニオイの話とも関連しますが、身だしなみに清潔感がないというのもキモオタの特徴です。

    たとえば、こんなことになっていませんか?

    • 髪がボサボサでフケが発生している
    • 顔がテカテカしている
    • 眉、鼻毛、ヒゲが伸び放題になっている
    • 指の爪が伸び放題になっていたり、黄ばんでいる
    • 口臭がある
    • 歯に色素沈着がある(歯磨きを怠ったため)
    • 何日も風呂に入っておらず体臭がある

    上記項目にいくつか当てはまる場合、キモオタ認定されてしまう確率が高まります。

    脱キモオタに向けた改善ポイント

    先に結論から伝えますと、脱キモオタに向けた改善ポイントは「相手に興味を持つ」「清潔感を保つ」の2点。

    1. 相手に興味を持つ
    2. 清潔感を保つ

    なぜならキモオタ認定されがちな男性の共通点をまとめると、「相手に興味を持てず(自分のことしか考えておらず)、不潔な印象を与える」というものだからです。

    ですので、この2点を重点的に改善していくことで、キモオタ認定される確率をぐっと下げることができるんです!

    まずは1つ目の「相手に興味を持つ」というポイントから、詳しく見ていきましょう。

    改善ポイント1.目の前の相手の話に興味を持つ

    キモオタが早口で喋ったり、相手の目を見ずに会話したりしてしまうのは、目の前の相手に興味を示せていないからです。

    人と話す時は「一旦自分の言いたいことをガマンし、相手の話に耳を傾ける」ということを意識しましょう。

    気の利いた相槌や、的確なアドバイスをしようと考える必要もありません。

    「でも、ただ黙って聞いてるだけだと、興味がないんじゃないか?と誤解されるかも……」と不安な人もいるかも知れません。

    そうならないためには、下記の3つを意識してみてください。

    この3つはいずれも、聞き上手な男性に共通する特徴です。

    1. 解決策ではなく共感を示す(例「つらかったね、頑張ったね」)
    2. 話題に合った表情とリアクションをとる
    3. 質問しながら会話を広げる

    3つとも、相手が気持ちよく会話を続けられるような話し方ですよね。

    「モテよう」「面白いことを言おう」と気負わず、まずは相手の気持ちに寄り添って聞き上手になることを心がけてみましょう。

    ▼聞き上手な男性になる方法についての詳細は、こちらの記事も参照してください!

    改善ポイント2.清潔感を大切にする

    脱キモオタのための改善ポイント2つ目は、清潔感を大切にすることです。

    具体的には、身だしなみと服装の点において清潔感を意識しましょう。

    1. 身だしなみを整える
    2. 清潔感のある服装を選ぶ

    1点ずつくわしく見ていきます。

    1.身だしなみを整える

    まず身だしなみについては、次のようなことを日頃から意識・実践します。

    • 美容室で髪をカットしてもらう(可能なら眉毛の手入れもしてもらう)
    • 入浴後はドライヤーで髪を乾かす(フケ・頭皮のニオイ防止になる)
    • 外出前にブラシやワックスで寝癖を整える(寝癖ヘアは本物の寝癖ではない)
    • 歯磨きとブレスケアで口臭予防をする

    特に1つ目の「美容室で髪をカットしてもらう」についてです。

    美容師さんに「今日はどんな髪型にされますか?」と質問されたら、「爽やかなイメージで」「清潔感のある感じで」というふうに、おおざっぱなイメージだけ伝え、細かな点や仕上がりはお任せしちゃいましょう。

    「どうせ茶髪は似合わない」「パーマは無理」など思い込みがあるほど注文をつけたくなりますが、美容師さんは客観的にあなたに似合うかどうかを判断した上で施術してくれるからです。

    2.清潔感のある服装を選ぶ

    服装選びでは流行やセンスは意識せず、清潔感を最優先しましょう。

    「一気にオシャレにイメチェンしよう」「流行をばんばん取り入れよう」というふうにハードルを高めてしまうと、逆効果になってしまうことも。

    「清潔感のある服装」に重要なポイントは、次の3つです。

    1. 体型にジャストフィットするサイズを選ぶ(購入前に必ず試着)
    2. 白、黒、紺、グレーなどベーシックな色を選ぶ(大きなイラストや柄入りだと野暮ったさややりすぎ感が出てしまう)
    3. シワやニオイを付けないよう保管方法やメンテナンスに気をつける

    上記3つは、1年を通じて踏まえておきたいポイントです。

    ▼「季節別のコーデ例をいろいろ見てみたい」という方はこちらの記事必見!インスタ写真多数掲載しています。

    ▼女性ウケの良いコーデをもっと勉強したい!という方はこちらの記事も参照してください!

    まとめ

    キモオタ認定を回避するには、キモオタの特徴を踏まえた上で改善していく方法がベスト。

    課題を認識しておけば無駄に労力を使うこともありませんし、間違った努力とも無縁です!

    熱中できることや趣味の時間を充実させつつ、キモオタ認定だけは回避しましょう!

    ▼オタク活動に理解のあるオタク女子と付き合いたい!という方は、こちらの記事も参照してくださいね。

  • スポンサーリンク

  • 関連記事

    1. 絶対に出会える大阪の出会いの場はココ!厳選4つの大阪出会いスポット

    2. 彼女の写真を撮る男性心理は?断り方やかわいく撮れるアプリを紹介!

    3. 垢抜けた素敵女子になるための4つの方法とは?今すぐ実践できるものばかり…

    4. デート4回目で付き合うにはコツがある!脈なしサインを見極めよう!

    5. 魅力的な女性になるには方法があった!男女から好かれる人になろう!

    6. 処女って恥ずかしい?処女とサヨナラするために知っておきたいこと

    7. 即持ち帰りOKのナンパスポット!恵比寿居住者おすすめ厳選の9スポット

    8. ロシア美女が徹底伝授!ロシア人彼女を作る出会いの場3選とその秘訣