ハイスペは2種類に分かれる!合コンでぶっちぎりモテする必勝術

ごきげんよう。
合コンちゃんです。

週5回の合コンへの参戦を欠かさない、20代前半の丸の内OLです。
よく合コンさせていただくのは五大商社、パイロット、お医者様、ときどき外コン。

前回「まだ寮祭で消耗してるの?エリート合コンの参加方法と一人勝ちする秘テク」という記事を書かせていただきました。

①異性の知人の数より同性の知人の数
②類が友を呼んでくれるお陰で無限に釣り放題
③可愛い子に挟まれて可愛くなろう、オセロと同じ原理で
④絶えず男との会話のネタを探す

につきましては、前回の記事をご笑覧くだされば幸いです。

さて、今回はついに合コンが始まった後のお話をさせて頂きます。
少しでも皆様のお役に立てれば幸いでございます。

⑤二兎を追う者は一兎をも得ず

はい、そうして必死に色々学び、ついには合コン当日を迎えました。

まず、合コン中の会話は、終わった後に台本を書けるくらいに完璧に丸暗記しておいてください。

…とまでは言いませんが。

慣れるまではキーワードだけとか、大きな会話の流れとかだけでもいいです。

お仕事の話したなぁ、その次は学生時代のサークルの話したなぁ、その次は丸の内の美味しいレストランの話したなぁ、

くらいで構いません。

 

私は幼い頃から人と話をするのが大好きなので、無意識のうちにこれをやっていました。

合コン以外の、女子会でも会社の飲み会等の場においても。

我々の間で交わされた会話を丸暗記しています。

終わった後に「さっきの会話を全て台本に書き起こせ」と言われたらそうできるくらいには。

とにかく合コン中の会話はなるべく丸暗記。

これが後でいきてきます。

 

本題ですが、合コン中に最も重要なのが、全員には媚びないということです。

全員に優しくするのも、全員とお話するのも、全員に笑いかけるのも、全員を褒めるのも、構いません。

だけど全員に媚びたり、好意があるふりをするのはダメ。
だってみんな見てるからね。俺だけじゃないんだって思われちゃう。

慣れるまでは適当でいいですから、この人とは合いそう、この人とは仲良くなりたいな、と思う相手をなるべく序盤で決めてロックオンしてください。

私がよく使う手は、「お酒を敢えて残して男に飲ませる」作戦です。

※潔癖症っぽい男性にはこの技は使わないで下さい。あとから「合コンちゃんの言う通りにしたら男にキモがられたんだけど!」と言われても知りません。

私は体質上アルコールがほとんど飲めないのですが、まぁカシオレくらいなら一口くらいは飲めないこともありません。

 

勝ち確の流れ

カシオレ頼む

一口でやめる

ねぇ、あたしやっぱりこれ飲めない…◯◯くんが飲んで?

席が遠くてもいいから、いえむしろ「席が遠いのになんで俺に渡すんだろう、不自然だな?」って思わせるくらいがちょうどいいので、気になる方にはやってみてください。

これを断る男はいません。

いないかは知らないですが、少なくとも私は断られたことはありません。

みんな私の残したカシオレをあっという間に飲み干してくれます。

仲良くなった後に、「はじめて会った時、合コンちゃんが残したお酒を俺がもらったじゃん?あの時なんで俺が選ばれたんだろう、ってすごく嬉しかった」とよく言ってもらえます。

ちなみに童貞の8割は間接キスで落ちます。(当社調べ)

でも、これを全員にやってたらやばいでしょ。この手を使っていいのは一人だけ。

  • ⑥解散後はどうする???というお話

    合コン後に「今日はありがとうございました!楽しかったです!また飲みましょう!」って個人ラインするくらいだったら全員にしてもいいけど、媚び媚びライン送っていいのは一人までだよ。

    だって男同士で情報が共有されてしまうからね。そのライン俺にも来た!俺も俺も俺も!ってことになってしまいます。

    ドリフじゃないんだからね。

     

    今時ラインやDMの内容はスクショ取って拡散され得るものだと思ってから送ってください。ほら、私に無修正ち◯ぽ画像DM送りつけてきたお前に言ってるんだぞ!

    とにかく特別感、俺だけにしてくれてる感を味あわせてあげてください。

    人間は誰しも、自身を誰かと代替可能な存在であるとは思いたくありません。

    言い方悪いですけど、よっぽど特殊な職種・役職等を除き、大抵のサラリーマンって仮に辞めても誰かと代替可能じゃないですか。

    「お前の代わりなんていくらでもいるんだぞ!」とか言ってくるパワハラ上司も世の中にはいるらしいですし。

    だからね、そんなお疲れのお兄さん達をね、「私はあなただけにこうしてあげているのよ」感を出して癒してあげてくださいね。

    なぜなら彼もまた、特別な存在だからです。

    そうこうしてる間にデートのお誘いが舞い込んできます。

    以下、計画通りにデートのお誘いを頂けた場合は飛ばし読みして⑥までいってください。

    もしお誘いが来ない場合は自分から誘ってみてください。

    え〜あたし自分から誘ってまでこいつとデートしたいわけじゃないしぃ〜とか言わないでください。

    とにかく場数を踏まないと、練習をしないと、テニスもピアノもデートもうまくなりませんから、別にその人のこと好きじゃなくたっていいんです。

    家でユニクロのリラコ着てポテチ食いながらアホみたいな顔してスマブラやってる週末は40代になっても50代になっても送ることができます。でもデートは若いうちだけ。経験です。いのち短し恋せよ乙女。

    誘い文句について。

    よくある話ですが、”デートに行くか行かないか”ではなく、”どこにデートに行くか”を相手には考えさせてあげてください。

    「もし良かったら今度ご飯行かない?」ではなく、「イタリアンと和食どっちが好き?」→「イタリアン私も好き!表参道に美味しいお店があるんだけど…」

    そして「いつ空いてる?」じゃなくて「今週末と来週末とではどっちが都合良い?」

    勝手にデートに行くことは大前提みたいな空気を作ってください。

    それでも断られるようなら、相手はおそらくブス専かゲイなんでしょう。仕方ないですね。あなたの魅力に気づかないなんて愚か者もいいところです。次行きましょう次。ブス専に構っている暇はありません。

    ⑦相手に合わせて好みは七変化

    さて、デート当日です。

    ここではあまりくどくどと説明はしません。

    その代わりにくどくどと具体例を挙げていきます。

    途中でご理解いただけたら、最後まで読む必要はないです。

    私はデートする相手によって、サッカー部が好きだったり野球部が好きだったりバスケ部が好きだったり

    数学得意な人が好きだったり英語得意な人が好きだったり男子校出身が好きだったり

    共学出身が好きだったり妹がいる人が好きだったり男兄弟の人が好きだったり高身長が好きだったり

    「あんまり背高すぎるとこわいなって思っちゃうから、Aくんみたいに170センチくらいの人が好きなの…♡」

    だったりヴァイオリンやってる人が好きだったりエレクトーンやってる人が好きだったり東京出身が好きだったり地方出身が好きだったりします。

     

    また、相手が予約してくれたお店に合わせて、「え!あたしちょうどイタリアン食べたかったところ!」になったり、

    焼き鳥が大好物だったり実はお鍋が食べたくて仕方なかったところだったりお肉大好きになったりお魚大好きになったりお野菜大好きになったり甘いものが大好きになったり、

    または池袋まで一本だったり恵比寿は土地勘があるから嬉しかったり中目黒は最近行ってなかったから久しぶりに行ってみたかったり

    銀座は家からのアクセスが良かったり新宿は行き慣れてて好きだったりします。

     

    そういうことです。

    とにかく、あなたがタイプなの!と言われて嬉しくない男はいません。

  • ⑧男性の有効な褒め方に関する考察

    あとはまぁ、男性の褒め方ですけど、しばらく見てたらこいつここを褒めて欲しいんだな〜って大体わかりません?

    エリート男性はびっくりするくらいこの二種類に分類可能なのです。

    東大卒であることにしか誇りがない、医者であることにしか誇りがない。

    見るからにそういう人は”東大卒であること”、”医者であること”自体をたくさん褒めてやってください。

    喜ばれると思います。

    言い方悪くて申し訳ないですけど、いわゆる成り上がりにこのタイプは多いです。

    一方、家柄もよく、絵に描いたようなエリートコースを歩んできた男性。

    こういう男性にとってはね、幼稚舎からオール慶應だったり、大企業に勤めてたり、医者だったり、はたまた若くして起業してたり、そういうのって周りもみんなそうだから本当に当たり前のことで、むしろそんなもの目当てに寄ってくるような女は願い下げだって思っている傾向にある。

    開成や灘や筑駒から東大行った人と同じ。東大なのは当たり前。

    だって周りの友達もみんな東大だもん。

    だから彼らを褒める時は、”大企業に勤めていること”自体ではなく、”その企業でどんなお仕事をしているのか?”、”医者であること”自体ではなく、”どこの科の特に何を専門としていて、今後はどういったことに力を入れていきたいのか?”、”東大生であること”自体ではなく、”東大の中でどんな勉強をしているのか?”を聞いてあげて、その返答について「すごーい!」と言ってやってください。

    その職業であること自体よりも、その職業として具体的にどんなことをしているのか、今後していきたいのか、について具体的に聞き、そしてそれを褒めましょう。

    あ、こいつ俺の上っ面だけに、肩書きだけに興味があるわけじゃないんだ、って思ってもらえます。

    何を褒めたらいいのかわからない!という場合は、一番分かりやすい見た目を褒めましょう。

    素敵なネクタイ、素敵なシャツ、素敵なお靴、素敵な時計、背が高いのね、その髪型素敵ね、いい匂いね、どこの香水?もうなんでもいいです。

    明らかに容姿に興味がないと思える男性以外は、とりあえず見た目を褒めておいて間違いはないと思います。

    合コン中、彼らがどんな話をしていたのか一言一句覚えていれば、”どこを褒めて欲しいのか”ってのは見抜けるはずです。

    特に”肩書き自体にプライドを持っているタイプ”なのか”肩書きだけで寄ってくる女はもう沢山で、上っ面だけじゃない深い話をして欲しいタイプ”なのか。

    これは早めに見抜いておいて下さい。

    ⑨合コンは過去問、その後のデートが入試

    いいですか。

    その後のデートを本番の入試だとしたら、合コンは模試ないしは過去問みたいなもんです。

    合コンでこんなこと言ってたな、こんな話が出たな、でも私それについてあまり詳しく知らないな。彼とは話が合わないかもしれない。

    そこで諦めてどうするんですか!!

    まだ過去問解いただけでしょ。

    本番に向けて対策すれば良いのです。

    合コンで最近ゴルフ始めたんだよね、とか言ってたら次のデートまでにゴルフの勉強。

    北海道出身なんだよね、って言ってたら北海道の勉強。

    シリコンバレーからの帰国子女なんだよね、って言ってたらシリコンバレーの勉強。

    とにかく男と話を合わせるために身を粉にするのです。

    あからさまなくらい、それがバレるくらいがちょうど良いです。
    「あ、この子、もしかして俺と話を合わせるためにちょっと勉強してきてくれたのかな…?」と思わせるくらいが良いのです。
    女の子にそんなことをされて嬉しくならない男はいません。

    ただ、受験勉強とは違うのが、この場合模試や過去問は何度も見返すことができないのです。

    だから合コン中の会話は一度で全て暗記して下さい。間違えでもしたら大変です。

    「◯◯くん、たしかラグビーやってたって言ってたよね?」
    「え、違うけど…?」
    とでもなったら最悪です。
    なに他の男と間違えとんねんってなります。

    合コン中の会話を、気になる男性の発言だけでもいいから暗記すること。
    そして模試や過去問で解けなかった問題は本番までに復習。
    弱点をなくして、いざデートへ。

    俺に対してだけそうしてくれてるんだ、っていう特別感を味あわせること。俺のために勉強してくれたのかなって喜ばせること。
    そんなことされて、嬉しくない男はいないです。断言します。

  • 最後に

    とにかく合コンもデートも戦争なのです。関ヶ原の合戦にスウェットで行く人はいません。

    戦略を立てること。武器を身につけること。最大限対策をしてから臨んでください。

    最後までご覧下さいまして、ありがとうございました。
    少しでもあなたの合コンライフの助けになることができれば幸いです。
    皆様のご多幸をお祈りしております。

  • 関連記事

    1. 婚活デート3回目!告白を成功させたいあなたに読んで欲しいこと

    2. 2対2の合コンが成功の秘訣!2対2が最適な理由と成功のコツとは

    3. 二股男と付き合っても時間の無駄!すぐに見極める方法を徹底解説!

    4. 魅力的な女性になる8つのポイント!異性からも同性からもモテよう!

    5. 5割の女性が浮気する!?浮気しやすい女性の特徴7つとサインを紹介

    6. 元カノとエッチするのはアリ?面倒事を避ける誘い方を解説!

    7. 【これが令和の恋】『付き合う』に固執するのはもうやめよう

    8. かわいいと言われるには方法があった!モテる女の子になる秘訣は?