女の子の名前!人気の漢字やイメージは?

赤ちゃんが生まれたときに、まず決めなければならないのが名前。

「名は体を表す」といわれるほど、赤ちゃんに付ける名前は重要な要素です。

もし女の子が生まれたときは、どういった名前が候補に挙がるでしょう?

名前は時代やそのときの価値観によって流行りが大きく表れます。

もしあまりにも古めかしい名前を付けようものなら、生まれた女の子が成人してから「お父さん、お母さん、なんでこんな名前にしたの!」と、怒られかねません。

今回は女の子の名前ランキングや、人気の漢字、漢字の字数別の名前などを紹介していきます。

「もうすぐ女の子が生まれる」というパパやママ、「将来、女の子が生まれたときに向けて備えておきたい」という人にとって参考になる情報が満載。

それでは早速、紹介していきましょう。

1.女の子の名前ランキングで人気の漢字

どんな名前にしようか悩んだ時、参考になるのは明治安田生命が毎年発表している名前ランキングです。

名前のイメージが付きやすいので、名付けをする際は一度見てみるべきサイトです。

出典元:明治安田生命 名前ランキング ベスト100 

 

2019年のランキングで栄えある1位を獲得したのは、凛という漢字でした。

読み方はリンの一択。

凛とする・凛々しいといった規律正しいイメージを持つ名前です。

2位は、陽葵。

読み方は、ヒナタ・ヒマリ・ハルナど。

「陽」も「葵」も近年男女限らず多く使われている人気の漢字です。

3位は、結愛。

読み方は、ユア・ユイナ・ユウナなど。

ここ最近はベスト10位以内に必ずある人気の名前です。

「愛」という漢字を女の子につけたい親心が反映されているのでしょうね。

2.女の子の名前ランキングで人気の名前の読み方

ベスト100を抜粋して見てみると、メイ・ミヅキ・コハルなどがありました。

古風な名前や、珍しい名前もありますが、これと言って共通する読み方はありません。

ただ、イメージとして温かい雰囲気の名前が多い印象を受けました。

その他にも、ココハ・コトハ・ヒヨリなどフワッとした柔らかく温かい印象のある名前が多くありますよ。

また、〇〇ハ・サクラ・アオイなど植物の名前も多く使われており、これもまたイメージとしては温かみのある名前にあたるでしょう。

一方、それとは反対に、サキ・ラン・リコといった凛々しいイメージを持つ名前も目に付きます。

どんな名前も、生まれたその子の印象を見てご両親が考えたものですのでとても素敵ですね。

3.漢字の字数別で人気の女の子の名前

ここからは、漢字の字数別で人気の高い女の子の名前について解説していきます。

日本文化では欠かせない漢字をどうチョイスするかは子どものネーミングにおいて大事な要素。

一文字・二文字・三文字の名前を文字数別でそれぞれ紹介していきます。

3-1.漢字一文字の女の子の名前

漢字一文字で人気の高い女の子の名前の代表格は、「杏」ちゃんです。

アンやアンズという読み方が多いものの、モモやコウなどの読みになるケースも。

他には、前述の明治安田生命の名前ランキングで首位だった凛(リン)という名前。

人間は自分自身につけられた名前の影響を無意識に受ける存在。

凛ちゃんとネーミングされた女の子は、背筋がピンと伸びたり、りりしい女性に育ちそうですね。

葵という表記でアオイやメイ、少々読み方が難しい紬(ツムギ)も、人気名前ランキングのトップ10に入っています。

苗字が漢字一文字の場合、下の名前も同じく一文字だったら字面のバランスがあまりよくないと感じることもあるかも知れません。

しかし、日本人の苗字の大半が漢字二文字以上。

苗字二文字、名前一文字という漢字の組み合わせは調和がとれています。

3-2.漢字二文字の女の子の名前

最近流行りの、女の子の名前に使われる漢字の一つに「結」があります。

「結」に他の漢字を加えることで名前のバリエーションが広がっています。

例えば、結月(ユヅキ)、結愛(ユア、ユエ、ユメなど)、結菜(ユナ、ユイナ)など。

他に、芽依(メイ)、莉子(リコ)などもよく名付けられるネーム。

また陽菜もよく見かける女の子の名前。

元AKB48で今もタレントとして活躍中の小嶋陽菜さんも同じ名前ですね。

読み方はハルナ、ヒナ、ハナなど。

美月も人気の名前ですね。

こちらの読み方は、ミツキ、ミヅキ、ミズキ

ファッションモデルの山本美月さんと同じ漢字ですね。

憧れの芸能人と同じ名前を自らの子供に付けることはよくあること。

今後も新たなカリスマ的な女性が出現した場合、その名をお母さんたちが娘に名付けると予想できます。

3-3.漢字三文字の女の子の名前

苗字との兼ね合いで、バランスを取るために漢字三文字で名前を考えている方も多いかと思います。

ちなみに、明治安田生命が発表している名前ランキングの中に漢字三文字の名前は1個しかありません。

それは、陽菜乃でした。

読み方はヒナノ・ハナノなど。

人気のある漢字を使った、温かいイメージのある名前ですよね。

乃や子という漢字は最近多く使われています。

漢字三文字にするなら最後に乃もしくは子をつけるといいかもしれません。

例えば、巴那乃

読み方は、ハナノ

乃で終わることで温かみのある印象を持つことができます。

あとは、華奈子も可愛らしい印象がありますね。

読み方は、カナコです。

華という漢字が入るだけで、名前全体が引き締まる感じがします。

漢字三文字の名前の場合、すべて画数の多い漢字を使うと重たい印象を受けます。

どこか一文字でもいいので、画数の少ない漢字を使いメリハリをつけて、読みやすくするといいでしょう。

4.女の子に人気!季節を感じさせる名前

日本の魅力といえば、四季折々の眺めがあること。

春めいてきたことに心がほっこりする人もいれば、猛烈な暑さの続く夏にハイテンションになる人も。

また、秋の紅葉で癒される人もいれば、冬にこたつでみかんを食べながら窓の外に降る雪を眺めるのが好きという人もいるはず。

我々、日本人は春夏秋冬とずっと付き合って生きてきました。

となれば女の子の名前に、季節感の出る漢字を入れるのも道理。

人気が高く、季節を感じさせる女の子の名前を春夏秋冬順で紹介します。

4-1.春をイメージする女の子の名前

春はそれまで耐え忍んだ寒さから解放されることもあり、ポジティブな気持ちになれる季節。

春の季節に生まれた女の子には、春をイメージさせる名前を付けたい人も多いはず。

さて、どんな名前が人気なのでしょう?

最も多かったのが、サクラちゃん。

毎年花見を欠かさないほど、日本人は桜が大好き。

ひらがなで、さくらと付ける人もいれば、桜という漢字一文字を選ぶ人もいます。

最近人気なのが咲良という漢字です。

少しひねりがあって現代的。

ズバリ「春」という漢字を入れたい人は、心春(コハル)を選ぶケースが多いのだとか。

きっと心に春が絶えず訪れているような、素敵な女の子に育っていくのでしょう。

4-2.夏をイメージする女の子の名前

夏らしい名前でよく付けられるのが、明治安田生命の名前ランキングでも2位だった陽葵

読み方はヒナタ、ヒヨリ、ヒマリなどです。

前述した漢字一文字の葵(アオイ)もかなり人気が高い名前ですが、「葵ちゃんにしようと思っていたけど、夏生まれだから陽葵もあり」といった理由で、名付ける親御さんがいるかもしれません。

夏という漢字をそのまま入れるなら、夏希(ナツキ)や夏帆(カホ)という名前も。

夏に芽を出す夏芽(ナツメ)もまた季節を感じる名前ですね。

名前に夏のニュアンスが含まれていると、活発で明るい女の子としてスクスク育ちそうです。

4-3.秋をイメージする女の子の名前

厳しい夏が終わってから生まれた女の子には、穏やかな秋を連想させる名前を付けたいもの。

「スポーツの秋」「読書の秋」「芸術の秋」「食欲の秋」など、秋は過ごしやすい季節のため、様々なことに集中しやすい時期。

最も有名な秋を含む女の子の名前は千秋でしょう。

タレントの千秋さんなど、この名前のかわいい女性はたくさんいます。

もし、お姫様のような女の子が生まれたなら、秋姫(アキヒ)というのはいかがでしょう?

音楽をたしなんでほしいのなら、秋音(アキネ)という名前もいいですね。

やや古風ながら日本人らしい情緒を感じさせたければ、秋乃(アキノ)と名付けてみては?

ちなみに「秋」一文字でミノリと読むこともできます。

秋にちなんだ名前はとにかくバリエーションが豊か。

収穫の季節でもある秋なので、そこから着想を得るとたくさんの候補が浮かび上がります。

4-4.冬をイメージする女の子の名前

一年で一番寒い時期ですが、美しい雪が舞ったり華やかなイルミネーションなど、視覚的に楽しみやすい冬。

一月下旬から二月上旬の間に生まれた女の子には、シンプルに真冬(マフユ)という名前を選ぶパパやママも少なくありません。

女の子の名前ランキングで陽という漢字が全体を通して人気と言いましたが、これは冬生まれの赤ちゃんにおいても言えること。

冬+陽で冬陽(フユヒ)という名前は、寒さと暖かさ双方の要素を含んでいます。

バランスのとれた女の子になるかもしれませんね。

冬は音読みで「トウ」。

末尾に「美」を入れるのは、女の子ネームではよくあること。

冬+美で冬美(トウミ)という名前には趣きがありますね。

冬+歌で冬歌(トウカ)というのはいかがでしょう。

漢字だけ見ると、将来和歌を詠みそう!?

しかし令和の時代に、あえて日本的情緒を持つ名前を付けるのは、少々角度が違っていてセンスあふれるかも?

5.女の子に人気!花や自然をイメージする名前

日本には、たくさんの花があります。

花は田舎だけで見られるものではありません。

都会でも花屋さんが夜遅くまで営業しているなど、津々浦々で花に親しむことができます。

普段からよく目にするため、花にちなんだ名前を女の子につける人はマジョリティーといえそう。

前述したように、お花見のシーズン生まれなら桜関連の名前を付けやすいですね。

花はバリエーションが多いため、選ぶのに迷うほどたくさんの候補があります。

菊(キク)や秋桜(コスモス)、鈴蘭(スズラン)、水連(スイレン)などは、比較的たくさんの人に知られている花。

少しひねりたいなら芙蓉(フヨウ)、蘇芳(スオウ)などを選ぶといいかもしれないですね。

花の写真などをじっくりと見ながら、かわいい女の子につける名前は何がしっくりくるかを考えましょう。

また、花よりもさらに大きな枠で考えるなら、「自然」というテーマで名前をつけることも可能です。

女性タレントでも多いのが樹里(ジュリ)というネーム。

樹木の「樹」が入った名前は、現代的で高い人気があります。

海にまつわる名前なら岬(ミサキ)という名前もいいのでは?

透明感を求めるなら、水咲と書いてミサキと読ませることもできますね。

「女の子なので、しっとり系の名前がいい」という人は、天音や天根、雨音と書いてアマネと読ませましょう。

天や雨が入る名前には、癒しの意味合いが含まれます。

もし夫婦喧嘩が起こっても、アマネちゃんが仲裁してくれるかも?

あるいはアマネちゃんの放つマイナスイオンで、夫婦間バトルが発生しないことも考えられます。

6.女の子に人気!古風・和風な名前

落ち着いた名前を女の子に付けたい人は、古風な漢字を含むものを選んではいかがでしょう?

お琴といえば、日本で長い年月受け継がれてきた弦楽器。

琴乃(コトノ)という名前を付ければ、落ち着いた女の子になりそうです。

末尾に「子」が入る名前は、古さを感じる風潮があるのも確か。

しかし恭子(キョウコ)や亜希子(アキコ)などは、女性芸能人で活躍している人が付けていることもあり、古い感じがしません。

「和の心を大切にしたい」というお父さんやお母さんには佳代、加代(カヨ)というネーミングがおすすめ。

佐藤かよさんのように、ひらがなで「かよ」と名付けるパターンもありますね。

7.女の子に人気!個性的で珍しい名前

「少し変わった名前がいい」「個性的な名前にこだわりがある!」という親御さんがいるかもしれません。

そういった方たちの参考になるような個性あふれる名前を紹介していきます。

小さな恋の名前で、小恋名(ココナ)はどうでしょう?

小顔でスリムでモデルのような女の子に似合いそうな名前ですね。

漢字一文字というのもアプローチとしてはありです。

「咲」という漢字は人気が高いと前述しましたが、単体でも使われるケースも。

一文字だけになると、咲(サラ)という読み方になります。

女性タレントの、のんさんがおられますが、漢字で「のん」の音を使いたいのなら暖かいという文字一文字で、暖(ノン)と名付けましょう。

きっと心優しい子供に育つはずです。

もし初めての赤ちゃんなら、初(ウイ)という名前がありかも?

男の子の名前で一郎というのは、ストレートすぎてひねりがないと感じる人が中にはいるかも?

そういった感性の持ち主におすすめなのが、初(ウイ)という女の子ネーム。

初めてを表しつつスタイリッシュとくれば最高ですよね。

東日本大震災の後、「絆」という単語をよく耳にするようになりましたが、絆(キズナ)ちゃんも今っぽくて人気がありそう。

こちらは女の子でも男の子でも違和感がない名前です。

8.女の子に人気!なってほしい性格や才能をイメージする漢字の名前

名前から受けるイメージというのは、その子に反映されていくもの。

なので、ご両親がこうなってほしいと願う性格などを名前に盛り込むことが多いです。

例えば、心優

読み方は、ココナ・ミユ・ココロ・ココミなど。

見てわかるように、この名前には心優しい子に育ってほしいという願いが込められています。

いろんな読み方が存在していて、どの読み方にしようか悩むかと思います。

どの読み方も、かわいらしい名前ですね。

心・優という漢字自体、ここ数年大変人気!

和心(ワコ)・真心(マコ)・愛里優(アリス)・美優(ミユ)なども優しい心をもつといった願いを持っています。

どの名前も、ふんわりとした印象がありますよね。

次に、育英という名前。

読み方は、イクエ

英才教育をするご家庭が多く、英語に特化してほしいと願うご両親は多いはずです。

そのため、英という漢字自体が人気になりつつあります。

英はエイ・エの他にハナという読み方もあるので、心英でミハナという名前も可愛らしいですよね。

最後は、明音という名前。

読み方は、ハルネ・アキネ・アカネなど。

明るい子になってほしい、歌や芸術の才能があるといいなという願いが込められています。

また、音という漢字も人気が高いです。

紫音(シオン)・花音(カノン)など、音がつくだけで柔らかい印象がありますよね。

9.まとめ:両親の願いを込める!女の子には素敵な名前を付けよう

赤ちゃんが生まれて、名前を考えるときは人生の中でかけがえのない時間。

一度付けられた名前とともに、子供は一歩一歩進んでいきます。

愛する娘だからこそ、じっくりと時間をかけて名前を付けてあげたいものですね。

あなたのもとに生まれてきた女の子が、素敵な人生を送れるように願いを込めましょう。

きっと一球入魂の名前を付けられた女の子も、自身の名前に愛着を持つはず。

パパやママが命名に対して時間をかけること自体が、愛情表現かもしれませんね。

関連記事

  1. 馬の夢が暗示する夢占いの意味やメッセージ

  2. 東京ママ活事情!相場やおすすめの場所は?

  3. パパ活のデメリットとメリットをパパとパパ活女子別で紹介

  4. ダイエット中のカレー!食べ方やレシピは?

  5. 結婚式の夢が暗示する夢占いの意味とは?

  6. 【ヤリコン】既婚者も参加するヤリコンとは?セックスを目的とした大人の関…

  7. トイレ掃除の夢が暗示する夢占いの意味

  8. 結婚したいのにできない!?できない人の意外な共通点とモテる人との違い