月を使う名前!男女別に人気の名前を紹介

赤ちゃんの名前を付ける際に、神秘的で美しい名前を選びたいという親御さんはたくさんいます。

その中でも人気が高いのは「月」という漢字の入った名前。

夜になると夜空に現れる月は、我々にとってかけがえのない存在。

月にインスパイアされた名前を付けたいと思うのはとても自然なこと。

今回は男の子におすすめな月の名前と、女の子に付けるとしっくりくる月の名前を各々紹介します。

 

「月」の漢字を名前に使うときに込める意味

まずは我が子に月にちなんだ名前を付ける際に、どういった意味を込めているのかについて説明していきます。

名前に「月」が入っていても、名前に入れられているメッセージは各々異なるもの。

果たしてどんな意味が込められているのでしょう?

 

月のように明るく周りを照らす子供になって欲しい

愛する我が子には、周囲を明るくするように育ってほしいのが親心。

名前に「月」を選ぶ人は「月のように明るく周りを照らす子供になって欲しい」という着想を持つことが多め。

明るい場所、暖かい場所には自然と人が集まってきます。

「運の正体は人とのつながり」「人脈=金脈」という言葉がある通り、人とたくさん交流できる人は幸せな人生を送りやすいでしょう。

仕事でも成功しやすいのは確か。

そのためには明るい性格に育つことが求められます。

「〇〇くんがいるだけでみんな笑顔になる」「〇〇ちゃんがいるだけで明るい雰囲気になる」などといわれる子供になったら、親としては「月」という名前を付けた甲斐を感じるはずです。

 

月のように輝く子供になって欲しい

月から連想する言葉に「輝き」が挙げられます。

月の興味深いところが、見上げるときによって輝き方が異なるところ。

青白く神秘的に輝いている時もあれば、黄色い光を放つ時もあります。

月は太陽の光が反射して光っています。

つまり太陽がどんな光を送るかによって、月の輝き方も変化します。

月という意味を名前に込められた子供は、ある時は神々しく、またある時はまばゆいばかりの光を放つかもしれません。

 

特に女の子は、成熟した女性になるタイミングで別人のように化けるケースも。

月に関連した名前を付けられた女の子が、バリエーション豊かな輝き方をして周囲を驚かせるかもしれないですよ。

 

「月」という漢字が入った男の子向け人気の名前

まず最初に紹介する名前は男の子向けの名前。

「これは男の子に付けたい」と思う月に関する名前を紹介していきます。

漢字二文字で人気の名前、和の精神を表した古風なイメージの名前、外国でも十分通用する名前、魅力的で個性あふれる名前などを紹介します。

 

漢字二文字で人気の名前

日本人の名字は漢字二文字が多いため、その下に続く名前の多くは漢字一文字か二文字がスタンダード。

 

「月」という漢字が入っているもので、今っぽいニュアンスを持たせたいなら「蒼月(アツキ)」という名前はいかがでしょう?

「蒼」という漢字は「草のように青い色」や「青く茂る様子」といった意味を持ちます。

青といっても、どちらかといえば「グリーンに近い青」であると認識しておきましょう。

「月」が入るだけで素敵なのに、「蒼」という漢字は明治安田生命の人気名前ランキングでもよく見かけるほど人気が高い漢字。

「蒼月(アツキ)」という男の子ネームは、これからさらに増えていくと予測できます。

出典元:明治安田生命 名前ランキング 人気の漢字ベスト25

 

古風・和風なイメージの名前

1月生まれの男の子に是非とも付けてほしい「月」を使う名前は「睦月(ムツキ)」。

新年に親戚一同が集まり、賑やかな場を設ける機会がある家も多いでしょう。

「睦月」には「親類や知人が互いに行き来して、仲睦まじくする月」という由来があります。

人間同士の交流が盛んになるという意味を持つ名前なので、友達がたくさんできる子供に育つかもしれません。

「睦月」には諸説あり、「稲の実を初めて水に浸す月」で「実月(ムツキ)」から転じたという説もあります。

いずれにせよ縁起が良い名前といえますね。

 

他に和風な名前では「柚月(ユヅキ)」という名前が挙げられます。

柚の消費量や生産量は日本が世界一。

柚は日本となじみ深い植物といえます。

ミカンの類では最も寒さに強いことから、冬の寒さを耐え抜く力のある強い男の子になるかもしれません。

冬場は駅伝やマラソンのシーズン。

耐え忍ぶ粘り強さがある性格は長距離ランナーに向いています。

コツコツ努力をして、マラソンなどで力を開花させる人に育つかもしれいないですね。

 

外国でも通用する名前

「テテーンテーン、テテーンテーン♪」といったBGMが流れた瞬間にシルベスター・スタローンのボクサー姿が脳裏に浮かび、「エイドリアーン!」と叫びたくなる人も多いのでは?

そんなロッキー好きな人は、生まれてくる男の子に「路月(ロッキー)」と名付けてみるのが良いかも?

産まれてくる男の子には「男らしく育ってほしい」「男っぽい生き方をしてほしい」と願うお父さんはまだまだ多いもの。

「路月(ロッキー)」と名付ければ、よほど名前負けしない限り、たくましい男性に育つでしょう。

もしかしたらボクシングの世界で頭角を現し、井上尚弥選手のように世間を騒がせる存在になることも考えられます。

「ボクサーになりたかったけど、家庭の事情で諦めざるをえなかった…」というお父さんは、息子に「路月(ロッキー)」と名付けてみるのはいかがでしょうか。

 

個性的な読み方をする名前

「翔」という漢字は、男の子の名前で非常に高い人気を誇ります。

月に翔「月翔(ツキト)」と読みます。

同じ読み方で月系の名前なら「月斗(ツキト)」と読ますものもありますが、「月翔(ツキト)」は読み方が珍しいですよね。

「翔」という漢字には「飛ぶ」「駆ける」といった強くて勢いのあるニュアンスがあります。

月まで飛んでいってしまいそうな、推進力のある男の子に育つかもしれません。

 

「翔」には、つまびらかという「細かい点までハッキリしている」という意味を持ちます。

勢いの人間だけでなく、どんな性格かが詳細に伝わるわかりやすさを兼ねた人物になれば、親としても嬉しいのではないでしょうか。

 

月という漢字が入った女の子向け人気の名前

次に紹介するのが「月」という漢字の入った女の子の名前。

「月が入る女の子ネームを考えているんだけど、中々思いつかない…」と、頭を悩ませている親御さんのお力になれると嬉しいです。

 

漢字二文字で人気の名前

美しい女性に育ってほしいのなら「那月(ナツキ)」と名付けてはどうでしょう?

「那」という漢字には、美しいという意味があります。

綺麗な女性は、異性からだけでなく同性からも憧れの眼差しを向けられるもの。

誰かに娘を紹介する際に、整った外見をしていたら親としても鼻高々。

しかし、あまりに美しすぎると悪い虫が寄り付きやすいので、お父さんとしては心配の種になるかもしれません。

 

同じ(ナツキ)でも漢字が変わるとイメージもガラッと変化。

最近では「菜月(ナツキ)」という名前が増えてきました。

「菜」という漢字は、明治安田生命の女の子の名前ランキングでも上位に入るほどの漢字。

人気の有る無しは、名付け親からしても重要な要素。

これから「菜月ちゃん」という女子はさらに増えていくかもしれません。

 

高畑充希さんの活躍によって(ミツキ)という名前が脚光を浴びました。

違う漢字でいえば「美月(ミツキ)」「心月(ミツキ)」といった選択肢があります。

 

「結」+「月」「結月(ユヅキ)」という名前はどうでしょう?

親御さんが出会って結ばれたからこそ、子供が生まれてきます。

そしてその子供も成長して大人になると、また運命の人と結ばれるでしょう。

「結月(ユヅキ)」には、そんな人と人との結び付きの大切さが込められている素敵な名前です。

 

もし親御さんが音楽をしていたり歌うことが大好きなら、「歌月(カヅキ)」というのはいかがでしょう?

名前自体に華やかさがあり、たくさんの人たちの中にいても埋もれず、個性をアピールできるような子供に育つ可能性が高いですね。

出典元:明治安田生命 名前ランキング 人気の漢字ベスト25

 

古風・和風なイメージの名前

「月」を使う名前で、和を感じさせる女の子のものに(サツキ)が挙げられます。

どのような漢字が人気かといえば「沙月」「紗月」など。

『となりのトトロ』に出てくる女の子ではありませんが、五月生まれの女の子に(サツキ)という名前を付けたいと考える親御さんは少なくありません。

しかし、「皐月」「五月」という漢字を選ぶのはあまりにもストレートと感じるかもしれません。

 

そういう意味もあり、「沙月」や「紗月」を名付ける人たちが増えています。

「沙」には、「砂」というものの他に、「水で洗い、悪いものを取り除く」という意味合いもあります。

つまり、ヒーラーやセラピストのように浄化できる能力を含む名前なのです。

特に「紗」は日本的な意味を持つ漢字。

生糸の織物の一種で、薄く軽いことから蚊帳や夏羽織など、夏を中心に活用されてきました。

「紗月(サツキ)」は、清涼感のあるさわやかな女性に育ってくれそうな名前ですね。

 

子供が生まれた月をヒントに名前を付けるなら、弥生の「弥」を入れて「弥月(ミツキ)」という名前もあり。

上記で紹介した「美月(ミツキ)」「心月(ミツキ)」とはまた別の漢字です。

こうして見ると、(ミツキ)という名前はとてもバリエーションが豊富ですね。

 

名前に「乃」が入ると、一気に和の雰囲気を醸します。

「月乃(ツキノ)」という女の子ネームは、雅な印象を与えられる人気の名前。

和服が似合う美人になるかもしれませんね。

 

「香」という漢字は、一文字で女性の名前になるほど日本人にとってポピュラーネーム。

「月」+「香」「月香(ツキカ)」というのも女の子らしいキュートかつムードのある名前ですね。

 

日本列島は海で囲まれています。

大陸続きの国々と違って、多くの海がある環境の日本では、名前に「海」とよく付けられてきました。

 

「月」+「海」「月海(ツキミ)」という名前には、漢字だけでなく響きの素晴らしさもあります。

音だけ聞くとお月見を連想するかもしれませんが、「月海」という漢字を見せた途端「すごい魅力的な名前だね!」と字面の魅力も必ず伝わるはずです。

ちなみに漢字の順番を反対にすると「海月(ミヅキ)」となり、異なった趣きを感じますね。

(ミヅキ)と読む「月」を使った名前は他に「水月(ミヅキ)」があります。

 

外国でも通用する名前

外国で通用する名前の条件に、外国人にとって響きがわかりやすいというのが挙げられます。

先程紹介した「菜月(ナツキ)」の漢字を入れ替えると、「月菜(ルナ)」となります。

「ルナティック」には、常軌を逸した様子という意味があります。

西洋では「月の魅力が人をおかしくさせる」という解釈が昔からされていました。

狼男も孫悟空も月の影響で狂気を発揮。

「月菜(ルナ)」と名付けられた女の子は、将来たくさんの男性をおかしくさせてしまう魅惑的な女性になるかもしれません。

 

外国人に覚えてもらいやすい名前の多くは二文字&二音。

「心月(ユナ)」という名前は、「月菜(ルナ)」に並ぶほど世界に通用しやすいジャパニーズネーム。

心豊かな女の子に育ってほしいという願うのは親として当然。

グローバルな活躍をするだけでなく、人の気持ちを汲み取れる優しい女の子になるのではないでしょうか。

 

個性的な読み方をする名前

「月」を使う名前で個性豊かなものがいくつかあります。

「月々菜(ルナルナ)」という名前は、一度聞いたら忘れないほどインパクトの強い名前。

ギャルに育ちそうな予感もしますね。

 

昔ヤンチャをしていたお父さんが付けそうな個性的ネームとして「月夢杏(ルノア)」があります。

月にちなんだ名前で個性溢れるものには、「ル」で始まるものが少なくないようです。

 

まとめ

「月」という名前に込めやすいメッセージや、男の子や女の子におすすめの月にちなんだ名前などを紹介してきました。

月は古代から我々の祖先である人類に親しまれ、畏怖されてきた存在。

あなたが時間をかけて考案した名前を付けられた子供が、どんな人生を歩むのか楽しみですね。

もし、こちらの記事にあなたが「うちの子供に付けたい!」と思える名前があったなら幸いです。

関連記事

  1. 遠距離恋愛の彼の気持ちを確かめたい時、デキる彼女は時空を超えて透視で把握
    PR:Tphereth

  2. 誕生石「ルビー」の魅力や特徴とは?

  3. 手相占いにおける「仏眼」の意味とは?

  4. 病気になる夢!状況や人別の夢占いの意味

  5. 40代女性の正しい婚活の仕方とは?婚活が成功するルールを伝授!

  6. 気温13度の服装!男女別おすすめコーデ

  7. 失敗したくない男性必見!デートで女の子がOKする告白場所ベスト3

  8. 8月の誕生石はふたつ!各宝石の特徴や意味