一文字の名前をつけたい!人気の漢字とは?

近年、人気のある名前として定着している一文字の名前。

特に若い世代の親は、好んで付ける人も少なくありません。

人気が高い一文字の漢字ネームをジャンル分けして、紹介していきましょう。

男の子と女の子の双方に関する一文字の漢字について解説しています。

 

漢字一文字の名前の一般的なイメージとは?

昭和の名前は「〇郎」「〇彦」「〇子」「〇美」など、漢字二文字以上のものが今よりも多めでした。

時代が流れて、今では人気の名前もかなり変化。

漢字一文字ネームがたくさん付けられるようになりました。

漢字一文字の名前がどういったイメージを持たれているかといえば、今風、スタイリッシュなどポジティブなものばかり。

発音に着目しても、スッと覚えられるものが少なくありません。

 

特に若い世代の親御さんは古めかしすぎる名前よりも、今っぽいものを好む傾向になります。

漢字一文字の名前は強いオシャレ感を持たれているといえるでしょう。

 

男の子向け!漢字一文字の名前

「男の子が生まれるので漢字一文字の名前を付けたい」と考えている親御さんに向けて、いくつかの名前を紹介します。

人気名前ランキングに入っているもの、かっこいいもの、古風、和風で情緒的なものなどがあります。

漠然と「漢字一文字が良い」と考えるよりも、やはりいくつかの実例を見た方が具体的に考えやすくなります。

「この名前があったか!」「この漢字とっても素敵!」など、あなたがお気に入りとなる漢字一文字の名前があれば幸いです。

 

ランキング上位の人気の漢字

明治安田生命のサイトでは毎年しっかりと統計を取り、人気が高い漢字ランキングを発表しています。

男の子の名前の漢字一文字で上位にランクインしているものをいくつか紹介していきましょう。

 

最も人気が高かったのは「蓮(レン)」です。

いかにも今っぽくてスタイリッシュな名前ですね。

 

2位が「湊(ソウ、ミナト)」、次が「樹(イツキ)」となりました。

トップ10以下でも、魅力的な名前がいっぱい。

少し珍しいところでは「新(アラタ)」という名前があります。

今後、さらに定着して人気を伸ばしそうな名前ですね。

 

ずっと根強い人気を誇るのが「翔(ショウ)」

「翔」という漢字は二文字の漢字などにも使われています。

特に人気が高いものを紹介しましょう。

 

「大翔(ツバサ、タイト、ダイト、ダイショウ、ハルカ、ヒロト)」「陽翔(ヒナタ、ヒロト、ヨウト、アキト、ハルカ、キヨカ)」は人気の名前トップ10に入っています。

これらは響きも含めて総合的な評価を受けているポピュラーネームといえるでしょう。

 

「悠」も同じく多くの支持を集める名前。

読み方のバリエーションは非常に豊富で「ユウ、ハルカ、チカ、チカシ、ハルカ、ヒサ、ヒサシ」など。

これだけたくさんの読み方がある、漢字一文字ネームも珍しいですね。

読み方が一つに限定されず、バリエーションが多いというのも、名付ける親からすれば嬉しいはずです。

出典元:明治安田生命 名前ランキング 

 

かっこいいイメージの漢字

最近、人気の高い名前が「響(キョウ、ヒビキ)」です。

「音が響き渡る」「評判が伝わる」といった、その名を遠くまで響き渡せるような意味を持ちます。

他にも「共鳴する」という協調の意味を持っています。

 

同じく音と意味の双方を重視するなら「秀(シュウ)」はいかがですか?

「秀」という漢字は昔から男性の名前でよく用いられてきました。

漢字一文字だけになると、また印象がガラッと変わってオシャレになります。

文字通り「秀でた人間」になってもらいたいものですね。

 

これから確実に人気が出そうなスタイリッシュネームに「陸(リク)」「岳(ガク)」が挙げられます。

男兄弟が生まれた場合、「陸(リク)」「岳(ガク)」と名付けるケースも少なくないのだとか。

「陸岳ブラザー」は、これからもどんどん増え続けることが予測できます。

特に「岳(ガク)」は、俳優の濱田岳さんが活躍したことで名付ける親御さんが増加したのは間違いありませんし、今後もたくさんの人に親しまれていく名前となりそうです。

 

古風・和風な漢字

 

今も昔も変わらずに定着しているのが「剛(ゴウ)」という名前。

凛々しい古風な男性をイメージさせる名前は、いかにも男っぽい性格に育ってくれそう。

一家の屋台骨をしっかりと支えられる力を持ちそうな名前ですね。

 

新選組の旗を連想する人がいるかもしれない「誠(マコト)」

こちらもまた和の意味を持つ漢字です。

嘘偽りない誠実な男性になるでしょう。

 

日本はお琴や琵琶、三味線といった弦楽器が古くから奏でられた国。

音楽の世界で弦楽器を自在に操るミュージシャンとして活躍してほしいのなら「弦(ユヅル)」という選択肢もあります。

(ユヅル)という名前自体もフィギュアスケートの羽生選手が活躍したことによって大勢の人に知られることになり、馴染みがありますよね。

 

今っぽさと古風なニュアンスを併せ持つのが「颯(ソウ、ハヤト)」という名前があります。

「風が吹く音」「疾風(ハヤテ)」の意味を持つ漢字ですので、爽快でフットワークの軽そうな子供になるかもしれないですね。

 

女の子向け!漢字一文字の名前

続いて女の子にピッタリな漢字一文字の名前をご紹介。

男の子同様にランキングの上位に入っているような人気のあるものや、キュートなもの、和風、古風で趣きがあるものを紹介していきましょう。

 

ランキング上位の人気の漢字

こちらも男の子の名前と同じく、明治安田生命のサイトが集計したデータをもとに紹介していきます。

 

見事、トップに輝いた漢字一文字ネームは「杏(アンズ、アン)」です。

世界的に活躍している名優の渡辺謙さんの娘であり、イケメン長身俳優の東出昌大さんの妻である杏さん。

彼女のように容姿端麗で華のある女性に育ってほしいと願う親御さんは多いでしょう。

このように流行りの名前というのは、その時代に活躍している芸能人やタレントの影響を色濃く受けます。

 

次に人気があったのは「凛(リン)」

大和撫子には、やはり凛としてもらいたいもの。

「凛(リン)」という名前は、ここ数年ですっかりランキング上位で定着しているため、しばらくの間は「凛(リン)」という名前の支持が落ちることはなさそうです。

これからもどんどん名付けられていくでしょう。

 

「葵(アオイ)」という名前を付ける親御さんも少なくありません。

こちらもよく目にする名前ですね。ランキング上位の常連です。

 

爽やかさをイメージしたいなら「楓(カエデ)」という名前はいかがですか?

清涼感あふれる名前で、今後もっと人気の高まる可能性があります。

出典元:明治安田生命 名前ランキング 

 

かわいいイメージの漢字

「周(アマネ)」は、とてもキュートな女の子にピッタリきそうな名前。

「周(アマネ)」には「隅々まで行き渡る」という意味があります。

気遣いがよくできる女性は重宝されます。

絶対的というより相対的な話なのですが、女性は男性よりも細かなことに注意をするのが得意です。

繊細な神経があると他者の気持ちがよく理解できたり、気配り上手になれるという利点があるでしょう。

「周(アマネ)」ちゃんは、きっと細やかなことにも気付ける感性に持ち主になるはずです。

(アマネ)という音の響きも、アニメなどの主人公に付けられてもおかしくないような現代っぽさがあります。

 

「梢(コヅエ)」という漢字も、かわいらしい名前の代表格です。

「肖」という漢字は、「小ぶりな」「小さい」などの意味を持ちます。

子供の身長というのは親の遺伝が大きいもの。

親御さんがミニマムなら、総じて子供も小さく生まれてくる可能性があります。

男性なら高身長の方がスペックが高いと捉えられるものの、女性は別。

小さな女性は「女の子っぽくてかわいい」と好まれやすいのです。

また背が低い女性は同性から好かれやすいでしょう。

もし家系的に小さな子供が生まれやすく女の子とわかったなら、「梢(コヅエ)」とい名前を付けてみてはどうでしょうか。

 

古風・和風な漢字

どちらかといえば音読みよりも訓読みの方が和の雰囲気が出せるかもしれません。

 

「紬(ツムギ)」という名前はとても和風な感じがしますね。

みんなに愛されるかわいい「紬(ツムギ」ちゃんに育つでしょう。

 

もう一つ紹介したいのが「柊(シュウ)」という名前。

音読みをすると「ヒイラギ」になります。

艶やかな光沢を持つ美しい葉を誰もが一度は見たことがあるでしょう。

日本人との関わりも深く、葉の形状から「邪鬼の侵入を防ぐ」と信じられ庭に植えられてきました。

盆栽にも使用されるなど、その用途は豊富です。

自分の身は己で守れるような強い女性に育つかもしれないですね。

 

男女共に使える漢字一文字の名前

「樹(イツキ)」という名前を男の子の名前として紹介しましたが、みなさんの周りには「樹(イツキ)」ちゃんという女の子がいるかもしれません。

このように男女どちらに付けても馴染みやすい名前が最近増えつつあります。

男女どちらにも名付けることが可能な名前を挙げていきます。

 

清廉で品位のある子供に育って欲しいのなら「聖(ヒジリ)」という名前がいいかも?

「聖」は聖職にも使われる漢字で「知徳に秀でる」という意味を持ちます。

 

「蛍(ホタル)」という名前は、かつては「女子にしか名付けてはいけない」と思われていたかもしれません。

しかしサッカー選手の山口蛍選手の活躍によって、男性に付けてもしっくりくることが広まりました。夏に生まれた子供に付けると良いでしょう。

 

2011年3月に起こった東日本大震災後に名付けられることの増えた名前でいえば「絆(キズナ)」が挙げられます。

人名以外でいえば、競馬の世界で武豊が騎乗してダービーを制覇した馬に付けられていた名前が「キズナ」でした。

大変な出来事があると、改めて人と人との繋がりが大切だとわかります。

そういった思いを名前に込める親御さんが増えています。

 

令和の時代に人気が出そうな男女兼用ネームでいえば「浬(カイリ)」も忘れたくないところ。

海上の道のりを図る単位の「かいり」を名前に付けるなんてオシャレですよね。

 

漢字一文字の名前を付ける時の注意点

漢字一文字の名前を子供に付ける際に、いくつか注意してもらいたいことがあります。

まず一つ目が名字とのバランス

字面で見た場合に調和があるかどうかは重要なポイントとなります。

 

また女の子の場合は結婚して名字の変わる可能性があるため、将来のことまで視野に入れる必要があるでしょう。

上記二点について詳しく説明していきます。

 

名字とのバランスを考える

もしあなたの名字が「森」「林」など漢字一文字の場合は、子供に付ける名前を漢字一文字にするかどうか悩むかもしれません。

タレントでモデルの森泉さんなど、名字と名前の両方が漢字一文字という人もいないわけではありません。

メリットとして「インパクトが強い」「覚えてもらいやすい」というものが挙げられます。

名前は当人がどのように感じるかが重要。

子供が自分の名前を気に入れば問題ありません。

 

もう一つ意識してもらいたいのが響き。

森泉さんなら「モリ」+「イズミ」なので、5音で収まりがいいですよね。

これがもし森蘭だったら「モリ」+「ラン」で4音となり、違和感を覚える人もいます。

名字の漢字と音は、長年その名前で生きてきた人からすれば当たり前になりすぎており意外と何も考えないケースがあります。

 

しかしあなたの子供は、名字も含めて初めての名前を授けられます。

「トータルで考えた場合にどうなのか?」を熟慮しましょう。

 

女の子の場合は結婚したときに変な意味にならないかを考える

女の子の場合、一生涯今の名字のままであるとは限りません。

嫁いだ際に、妙な名前にならないかを考えて付ける必要があります。

 

例えば「夏(ナツ)」という名前の女性が、安藤さんという男性結婚すれば「安藤夏(アンドウナツ)」となります。

 

また「衿(エリ)」という女性が、岡さんという男性と結婚すると「岡衿(オカエリ)」となるケースも。

 

「鞠(マリ)」という女性が、小田さんという男性と結婚すれば「小田鞠(オダマリ)」になりかねません。

 

女性に付ける漢字一文字の名前に限っては、そういった将来のことも考慮して考えるのがベストです。

 

まとめ

様々な漢字一文字の名前を紹介してきました。

「こんなにたくさんあるのを知らなかった!?」と驚いた人がいたかもしれませんね。

大切な赤ちゃんに付ける名前なので、選択肢が多いに越したことはありません。

親御さんのどちらかが付けるのか、それとも二人で相談して名付けるのかは家庭の事情次第。

いずれにせよ、字一文字の名前はセンスが問われます。

 

将来、子供が育って「僕、自分の名前大好き!」「私、自分の名前お気に入りなの!」と言ってもらえるような素敵な名前を付けてあげましょう。

名前は親が子供に送れる最初のギフト。

愛情の込もった名前を考えてあげてくださいね。

関連記事

  1. 遠距離恋愛の彼の気持ちを確かめたい時、デキる彼女は時空を超えて透視で把握
    PR:Tphereth

  2. レイプされる夢!相手・状況別夢占いの意味

  3. デートで居酒屋はあり?行って良い理由と5個のスポット

  4. 魚の夢が暗示する夢占いの意味を診断!

  5. 男女別!ムラムラするときと性欲解消方法

  6. 雨の夢が暗示する夢占いの意味とは?

  7. 洪水の夢!夢占いが暗示する意味を解説

  8. 結婚したいのにできない!?できない人の意外な共通点とモテる人との違い