亡くなった人の夢!夢占いでの意味を解説

生きていると亡くなった人が夢に出てくる時があります。

現実では二度と接することができない人が夢に出てくることで、普段は考えなかったことにまで思考が及ぶこともあるはず。

夢占いで、亡くなった人が出現する夢はどういった意味を持つのか解説していきましょう。

 

故人の誰が夢に出てきたかや、その時に浮かべていた表情によって夢の持つ意味が異なります。

また亡くなった人が夢の中で生き返ったり、何度も故人が出てくる夢を見ることも…。

亡くなった人が出る夢を、網羅的に語ります。

 

亡くなった人の夢はあなたと相手の関係や夢の内容で意味が異なる

夢占いでは、亡くなった人が夢で出現することを詳細に分けて意味付けしています。

夢を見たあなたと故人の関係性によって、夢の持つ意味が変わるのです。

亡くなってい人が夢に出てきた場合、その人との関係が良好だったかや頻繁に会っていたのかによって解釈が異なります。

 

相手別!亡くなった人の夢を見る時の夢占いの暗示

 

亡くなった人が夢に出てきた際に、故人が誰かによって意味が変わります。

では具体的に、すでに他界している父や母、祖父や祖母、友人、恋人、ペットがあなたの夢に現れた場合、夢占いでは何を意味するのかについて説明していきましょう。

 

父・母

亡くなっている父や母が夢に出てくることがあります。

これらの夢は、夢占いでどういった意味を持つのでしょう。

 

両親というのはあなたにとって当然かけがえのない存在です。

故人となった父や母が夢に出てくるということは、愛情深くまだまだ印象が薄れていないことを意味します。

人によっては「もっと親孝行しておきたかった…」と、悔いていることも少なくありません。

しかし、現実にその思いを形にすることは不可能です。

親を亡くして、そのありがたみがようやくわかる人もきっといるはずです。

存命である時は、「ずっと元気でいていくれるはず」といった思いを漠然と持ちやすくなります。

しかし、人間には平等に死が訪れるもの。

あなたよりも先に生まれたお父さんやお母さんの方が、先に亡くなるのは当然のことでしょう。

悔やむ気持ちもわかります。

ですがあなた自身が元気をなくすと、最も悲しむのは他ならぬ亡くなった両親です。

あなた自身が後悔を残さぬよう、充実した日々を送り続けることが今できる最大の親孝行となります。

 

祖父・祖母

すでに亡くなった祖父母が、あなたの夢の中に出てくることがあります。

夢占いでの意味は、基本的に両親が出てきた時と同じように解釈されています。

 

おじいちゃん子やおばあちゃん子だった方は、故人への思い入れが強かったはず。

両親よりもさらに年上の祖父母があなたよりも先に亡くなるというのは、順番でいうと当然なのかもしれません。

しかし、それでも「もっと一緒に過ごしたかった」「恩返ししたかった」と思う人がいるでしょう。

 

もし祖父母が亡くなってから、かなり年月が経過しているのに夢に出てきた場合は注意が必要。

こういった夢は、夢占いで「あなたに迫るトラブルを示唆している」と解釈できるのです。

生きている人間に「気をつけなさい」といったメッセージを送る夢は、「警告夢」と称されます。

何らかの災難やトラブルに見舞われるかもしれません。

何について気を付けるかを、具体的に教えてくれないので気を付けづらい面があるものの、慎重に行動したり恨みを買うような言動を慎んだ方がいいでしょう。

 

疎遠だったのになぜか祖父母が突如、夢に出現するパターン。

これも同じく「警告夢」です。

知らず知らずのうちに、あなたが良からぬ方向へ進んでいたり、あるいは忘れてがむしゃらに進みすぎて体を壊しかねない状態になると見やすい夢です。

 

こういった夢を見た際は、多忙であっても振り返る時間を作って、本来の目標、初心などについて吟味する必要があるでしょう。

 

友人

亡くなった友達があなたの夢に現れた場合、夢占いでどんな意味を表しているのでしょうか。

 

もし亡くなってからまだ間もないのなら、あなたに別れを告げにきたのかもしれません。

突然の別れとなった場合、心の整理ができるまで時間を要するもの。

もしひょっこりと友人が夢に出てきたのなら、ようやくあなたが前に進みだせる精神状態になったのかもしれません。

 

友人が亡くなってから月日が経っているのに夢へ出てくることもあります。

こういった夢は、友達があなたが抱える問題の解決に必要なメッセージを運んでくれているのかもしれません。

時間をかけないとクリアできない問題でも、夢に出てきた友人の何気ない一言がヒントになって、前に進みだせるケースもあります。

何かの示唆を含んでいることが多いので、目覚めた後にまだ記憶が鮮明なうちにどんな夢だったのかを確認しましょう。

 

恋人

かつて愛し合った恋人が夢に出てくることがあります。

すでに遠い存在となっていた人間の出現にドキドキする人がいるかもしれません。

夢占い的に、亡くなった恋人の出現は「あなたが変化するタイミングを暗示している」と考えられます。

 

社会生活を営んでいると、理不尽なことをされたり不意に傷つけられるなど、知らず知らずのうちに鎧をまとうようになります。

生身で生きていると傷だらけで、耐えられないから精神的な鎧を装備する必要を強いられるのでしょう。

しかし、その鎧のせいであなたが行き詰まることだってあるかもしれません。

そして今あなたが着けている鎧は、過去に必要だったけど今は不要なものになっている可能性だってあるでしょう。

 

夢に出てきた故人の恋人は、あなたが次のステップにいけるように心をもっとオープンにする段階にきていることを示唆しているのかもしれないですね。

 

ペット

長い時間を一緒に過ごしたペットはいつまでも心に残る存在です。

あなたの愛したペットが夢に出てきて、とても喜んでいたり嬉しそうだった場合、夢占い的に「吉夢」と解釈されます。

この夢を見た人は、そのあと運気がグングン上昇していき、右肩上がりになっていくでしょう。

厄年やあまり良い運気でなかった人が、ペットの喜ぶ夢を見た後に大成功を収めるケースだってあるほどです。

 

もし夢に出てきたペットがしょげているなど元気がなかったり、あるいは悲しそうにしている場合は、大好きだったあなたのことをペットが心配しているという意味になります。

特にワンちゃんは飼い主のことをいつも考えています。

亡くなった後でも「ご主人様は元気にしているのかな?」と思っているかも?

犬は一緒に暮らしている人間の気持ちの動きにとても敏感です。

亡くなったペットにもう心配をかけないためにも、あなたが普段から笑顔で快活に生きることが大事となるでしょう。

そういった意識を持てるようになると、悲しそうなペットが夢の中に現れなくなります。

 

表情別!故人の様子でわかる夢占いの暗示

次に着目するのは故人の表情。

故人の夢を見た際に、どういった表情をしていたのかは夢占いで重要視するポイントです。

嬉しそうな表情、悲しそうな表情、怒っている表情の3つに絞って、表情が物語る意味を解説します。

 

嬉しそうな場合

亡くなった人が嬉しそうな夢を見た人は、これから運気が上がっていく確率が高いです。

 

夢占いで、夢に出てきた故人の笑顔はポジティブなものと解釈できます。

もしあなたがここ数年で嫌なことばかり続いていたり、あるいは仕事や人間関係が上手くいってなかったとしても、こうした「吉夢」を見ることで近いうちに改善が見られるかもしれません。

生きていると喜べることばかりではないのも確かでしょう。

しかし、どこかのタイミングで必ず浮上できます。

そういった前向きな思考を習慣化できている人ほど、故人が喜んでいる夢を見やすくなります。

「思考は現実化する」と、いたるところで言われていますよね。

 

故人が嬉しそうにしている夢を見た後、「これから自分の人生は良くなるかも?」と思えた人はきっと良いことが何か起こるはずですよ。

 

悲しそうな場合

せっかく夢に故人が出てきてくれたのに、泣いていたり悲しそうだったりすると心配になりますよね。

 

亡くなった人が悲しくしている夢は、夢占い的に「凶夢」とされています。

油断していると足元をすくわれたり、あるいは何かの妨害にあったり、逆恨みされて迷惑をこうむるケースもあります。

 

また、あなたの体調が悪化している時にも、故人が夢で悲しむ表情を浮かべやすいとされています。

仕事が忙しくて休めていなかったり、ストレス過多で内臓の状態が良くないなどの自覚症状がある人は心身を休めるよう努めましょう。

「良質な睡眠は全ての鍵を握る」といっても過言ではないほど。

睡眠時間を削って働き続けると一時的にランナーズハイのような状態になりますが、これは危険な麻薬を打っているのと同じ状態です。

必ず反動がくるので、疲れを溜めすぎないようにすることが重要です。

交感神経が優位になりすぎて緊張状態が長く続いている人は、好きな趣味に没頭したり、一日の疲れを取るためにゆっくりとお風呂へ浸かるなどしてくださいね。

 

怒っている場合

亡くなった人にドヤされたり怒気を含んだ声で何か言われて目覚めると、あまり良い気分ではないでしょう。

滝のように寝汗をかいて目覚める人もきっといるはずです。

 

亡くなった人に怒られる夢は、夢占い的にいうと「あなたが何か人から怒られかねないことを普段してしまっている」と示唆しています。

事柄は各々変わりますが、例えば法的に許されないことであったり、グレーゾーンだったり、あるいはたくさんの人を傷つけるような行為をあなたしてしまっているのかもしれません。

「俺だけは許される」「自分はこれをしないと仕方がない」などと自分に言い聞かせたところで、あなたの中にいる良心が納得していないのです。

不誠実にごまかし続けていると、いつか露見する可能性が高いのも確か。

誰かを喜ばせるような行為ではなく、搾取したり窮地に追い込む結果になっているとしたら、一刻も早く行動を改めましょう。

夢でサインが出ているうちに気付ければいいのですが、そのうち現実で取り返しのつかない事態が起こるかもしれません。

 

亡くなった人が生き返る夢の意味とは?

故人が夢に出てくるもので、ややトリッキーな位置付けとなるもの。

それは故人が夢に出てきて生き返る内容です。

ストレートに解釈するなら「生き返った故人とまたコミュニケーションをとりたい」いった感じなりそうですが、夢占い的にいえば別の意味となります。

 

「吉夢」の場合は、「もう無理だと諦めていたもので、復活する可能性が芽生えた」ことの暗示となるでしょう。

告白して振られていたのに、相手の心変わりで付き合えたり、申し込みや試験に落ちて次点になっていたが、繰り上がることがあるかもしれません。

 

亡くなった人が生き返る夢で、負の意味を持つ場合もあります。

すでに解決したと思われていたトラブルに火種が残っており、再び対応を迫られるケースもあるのです。

 

どちらに転ぶかはあなたの解釈次第。

なるべくなら前向きの意味に捉えたいところですね。

 

亡くなった人が繰り返し出てくる意味とは?

亡くなった人があなたの夢に繰り返し現れるというのは、夢占い的にはどんな意味を持つのでしょう。

 

どんな関係にせよ、誰かが亡くなると精神的にダメージを受けます。

しかし時間とともに、その傷も癒えて回復に向かっていくもの。

亡くなった人が繰り返し出現する夢は、あなたの傷が癒えつつあることを示しているのです。

 

もし何度も同じ人が夢に出て怒っているケースでは、あなたが故人のお墓参りをおろそかにしているかもしれないですね。

心当たりがある人は近いうちに時間を設けてお墓参りをしましょう。

 

まとめ

亡くなった人はあなたの心の中でずっと生き続けています。

だから時折、夢の中に出てきてくれるのでしょう。

その時に誰が出てきたか、どんな表情をしていたかによって、夢の持つ意味が変わります。

もう故人と現実でお話することはできないですが、それでも彼ら彼女らが夢で暗示してくれたメッセージを受け取ることはできるはず。

夢の中で示唆してくれたことを、どのように受け取るかはあなた次第です。

あなたがより良い人生を歩めるために、故人が夢で残してくれた言葉などについてじっくり考えてみましょう。

関連記事

  1. 遠距離恋愛の彼の気持ちを確かめたい時、デキる彼女は時空を超えて透視で把握
    PR:Tphereth

  2. 11月の誕生石はふたつ!宝石の特徴や意味

  3. 親が死ぬ夢!夢占いが暗示する意味は?

  4. 家族の夢が暗示する夢占いの意味をとは?

  5. セックスの夢!相手・状況別の夢占いの意味

  6. 泣く夢が暗示する夢占いの意味を診断!

  7. 靴の出てくる夢が暗示するもの。夢占いからわかる深層心理

  8. 関東のおすすめデートスポット25選!シーン別にご紹介します!