裸の意味は?夢占いであなたの心理を診断

夢は様々な意味を持つと言われ、それは深層心理の願望や欲望、信託や集合的無意識からの情報、あるいはお告げと様々な説が存在します。

夢の内容から意味を推測して占う夢占い、今回は数ある夢の中から裸の夢の夢占いについて解説します。

 

裸になる人で分析する夢占いの意味

夢占いとは夢の中での状態でどのような事を暗示しているか、あるいはどういった意味を持つのかを推測する占いです。

夢とは科学が発達した現代においても未だに解明されておらず、何のために、そしてなぜ見るのかというものはあくまでも説があるのみです。

だからこそ夢の意味を考え、それを元に占うという事ができるのです。

夢占いには、他の占い同様に明確な科学的根拠はありません

だからこそ気軽に楽しむこともできれば、悪い占いが当たっても気のせいだと思う事もできます。

夢占いにおいて裸の夢というのには特別な意味があります。

一見すると裸の夢なんてただの露出願望では?なんて思ってしまうかもしれません。

 

夢占いにおいて裸は服と身体の2つに分けられ、服は社会の常識を意味し、対して身体は内心や本心を意味します。

つまり裸の夢とは、社会の常識を脱ぎ捨てて内心や本心をさらけ出したいという気持ちや、誰かに理解して欲しいというような願望を意味しています。

 

また、裸の夢は「警告夢」としての意味合いも持っており、服は社会の常識を示し、それを脱ぎ捨てているということは社会の常識やマナーを守られていないという事も意味します。

つまり常識も守れない自分という事を意味する他に、常識で隠さなければならない本心があるという事も意味しており、転じて他人に明かすべきではない本心であるという事も暗示しています。

 

他にもその裸の夢に対する印象で意味が変わります。

夢の中で裸になり、それを恥ずかしいと思っている場合は隠し事や本心が「バレてしまう」という意味があります。

恥ずかしいと思っていなければあくまでも本心を知ってほしいという意味で済みますが、恥ずかしがっていた場合は「知られてしまう、バレてしまった」という事になるのです。

 

また、金運アップの暗示でもあるとされていますが、こちらは明確な推測が無く、金運アップの意味がある説の1つとして服を脱ぐ事が自分の殻を破り、新たなステップへ移るから金運がアップする、というようなものがあります。

 

そして裸の夢占いでは「裸になる人物」によってその意味が変わります。

 

自分が裸の場合

自分が裸の夢は基本的に前述したように意味があります。

ただその脱ぎ方などによって意味が変わります。

 

まず、躊躇いなく脱ぎ捨てる場合。

これは本音・本心を晒したいと強く思っている、

そして現状を変えたいと思っているという事を暗示しており、転機や悩みを抱えている事を意味します。

悩みを抱えている、あるいは現状を変えたいという思いの現れのため、誰か信用できる知人に相談する事が大事です。

抱え込むだけではストレスになります。

 

次に脱いだ事に疑問を持つという場合。

これは無意識に脱いでしまったという事であり、無意識にやった事が後々大きな失敗や重大な出来事に繋がる可能性を暗示しています。

こればかりは無意識下に行ったことが原因となるため、対策が難しいと言えます。

人間四六時中意識を張り詰める事はできません。

無意識に何かしないようにと気を張っていても、ほんの一瞬気が緩んでしまえば無意識の行動が生じます。

 

人間は失敗をするというのは当たり前の事、失敗をしないようにするというのはとてもむずかしい事です。

だからこそ失敗した場合にいかに失敗と向き合い、対処し対策できるかが重要なのです。

この夢を見た際は失敗をしないようにと気を張るよりも、自分の行動を顧みて何か失敗した事はあったか、失敗した原因はなんであったかを見つめ直すようにしましょう。

 

恋愛関係にある人が裸の場合

次に恋愛関係にある人が裸になった場合の夢ですが、これは恋人でも夫婦でもどちらでも構いません。

 

パートナー関係にある人が裸の場合は、これは相手との関係が良好であるという事を意味しています。

相手が心を開いて信用しているという事を暗示していて、それを無意識に理解することで夢に見たという事でしょう。

信頼関係があるに越したことはありませんし、信頼を失わないように良好な関係を維持するよう心がけましょう。

 

知り合いの異性が裸の場合

恋人関係では無い知り合いや友人の異性、場合によっては同性な可能性もありますが、ひとまず異性の知り合いや友人が裸の場合はその友人や知り合いとの関係が近付いていることを暗示しています。

その相手との関係が恋愛関係に近付いている事を意味し、良好な関係を続けることができればそう遠くない内に恋愛関係に発展させることが可能でしょう。

前述の通り、服を脱いでいるというのは本心を明かすという意味があるため、恋人や知人が裸の夢というのは心を開いているという意味があるのです。

 

知らない人が裸の場合

夢の中では時折顔も見た事がないような知らない人が出てきます。

そんな知らない人が裸の場合は、新しい出会いを感じている事を意味しているか、新たな人間関係ができる事、あるいは新たな人間関係を期待している事を暗示しています。

新たな環境による新たな出会いへの期待、あるいは新たに出会った人との関係に対する期待がこの夢に現れています。

 

裸の状態で分析する夢占いの意味

裸になると言えば特にパターンが無いようにも思えるかもしれませんが、裸といっても半裸と全裸という分け方があるように、何も全部脱がなきゃ裸とは言えないというわけではありません。

それこそ上半身だけ何も着ていない状態も上半身が裸と言えますし、下半身だけでも裸と言えます。

そういった裸の状況によっても意味が変わります。

脱いでいる状態だけではなく、脱ぐ過程や脱いで恥ずかしがったりといった状態の違いでも意味が変わります。

 

例えば裸の状態で逃げたり隠れたりしている場合は、隠し事があり、それを知られたくないという不安を暗示しています。

人は何かしら人には言えない秘密などがありますが、そういったものがバレそうになっていたり、隠せているはずだがそれでも不安に感じる場合、この夢を見る可能性があります。

 

また逆に裸の状態から服を着るという場合は、本音や秘密を隠さないといけないという意味を持ち、自身の本音などを隠さなければ周囲との関係を作れないという悩みを暗示しています。

裸の状態が長時間続く場合は本音で語り合える人を求めている事を暗示しており、そういった関係になることができる人との出会いも暗示しています。

しかしあくまでも「出会いの可能性」を暗示しているだけで、いつ、どこで、誰と、どのように出会うかというのはわかりません。

そのため、そういった出会いを逃さないようにできる限り心を開いて人付き合いを行うと良いでしょう。

 

基本的に日本人というのは本音と建前を使い分ける事が当たり前のため、なんでも本音を言っていればいいというわけではありません。

短い付き合いで心を許せる関係になれるような出会いはそうはありません。

地道でも、しっかりコツコツと関係を築いていく事が大切です。

また、「裸になれない夢」というものもあります。

 

例えば厚着をしていて脱げない夢、これも裸になれない夢だと言えます。

この場合は厚着している服は自尊心やプライド、あるいは社会的地位などの失いたくないもの、あるいは手放したくないものを意味し、そしてそれが脱げないというのは、そういった手放せないものの存在のせいで本音を話せない状態であるということを暗示しています。

単純に周囲の空気感によって本音を言えない場合もあるでしょう。

しかし、自身のプライドなどが本音を言えない状況にしてしまっている可能性もあります。

溜め込むことはストレスになるため、少しずつでも誰かに本音を言ったり言える環境を作るようにしましょう。

 

上半身だけが裸の場合

上半身だけが裸の場合は自分自身に魅力が出ているという暗示、あるいは自分自身の自己顕示欲が強くなっていることを暗示しています。

自己顕示欲とは自分を見て欲しい、理解して欲しい、評価してほしい、認めて欲しいといった欲求の事であり、度が過ぎればナルシストのように受け取られてしまう事もありますが、言い換えれば自分自身を押し出せるという事でもあります。

自己顕示欲も度が過ぎなければ自分に自信を持たせたり、あるいは行動するための原動力になるためコントロールする意識を持つキッカケになる夢と言えるでしょう。

また、他人が上半身を裸にする夢であれば、その人の事を信用しているという意味の夢になります。

 

下半身だけが裸の場合

下半身が裸の場合は自身の魅力が増している事の暗示です。

これだけだと上半身が裸の場合と同じのように思えますが、下半身の場合は性の側面が強く出ている事を意味しています。

つまり男性的、あるいは女性的な魅力が増しているという事であり、転じて異性に対しての魅力が増しているという意味になります。

上半身は「人間としての魅力」を意味し、下半身は「異性としての魅力」を意味すると考えておくとわかりやすいでしょう。

魅力が増す事はつまり自信を強めるという事にもなります。

上半身が裸になる場合と同様、この夢を見た場合は自分に自信を持つ事ができるチャンスと言えるでしょう。

 

全裸の場合

全裸の場合は基本的に裸の夢そのものの意味を持ちます。

すなわち本音や本心を晒したい、理解してほしいという願望が全裸という形で現れています。

そして全裸の場合に注目するべき点は「どんな状態で全裸になったか」という事。

 

大勢の人の前で全裸になったという場合であれば、それは周囲の期待や注目に対する不安が現れています。

 

異性の前で裸になる場合は自分の魅力を伝えたい、知ってほしいという欲求の現れです。

 

恋人の前で裸になる場合は、自分の魅力が伝わっていないのではないか、という不安の現れです。

 

このように、全裸でもどういった状況で全裸になるのかによって意味が変わります。

 

出てくるアイテムで分析する夢占いの意味

全裸になるという事は、すなわち一糸まとわぬ姿であるという事からイメージしにくいかもしれませんが、裸になる夢にもアイテムという概念が存在します。

といっても難しい話では無く、単純に裸になる夢に服が出てくるのか、あるいはバスタオルなどが出てくるのか、というもの。

 

最初から裸であれば脱いだ服というものが無いこともありますし、逆に裸になる夢であれば、裸になるために脱いだ衣服があるでしょう。

裸になるまでの過程の服や、裸である事に対してバスタオルを渡されたりといったように、関係するアイテムにも意味があるとされています。

 

洋服

洋服の場合、これは夢において洋服がどういったものであるかという点が大きく関わります。

夢占いにおいて洋服というものは気にかけているもの、あるいは常日頃から意識しているものを示します。

そしてそれを着る事から、自分を縛るものや自分にかかる責任という意味もあります。

それを脱ぎ捨てるという場合は、一見すると責任を投げ出す事のようにも思えますが、この場合は障害が排除されて物事が上手く運ぶという意味合いがあるとされています。

そのため、洋服が出てきて、それを脱ぎ捨てるという夢は良い夢であると言えるでしょう。

 

バスタオル

裸の状態でバスタオルが出てきた場合、そのバスタオルをどうしているかによって意味が異なります。

 

まずバスタオルを身体に巻いている場合。

バスタオルによって身体を包まれているという事は、あなた自身が包容力を求めているという事を意味し、バスタオルは包容力を意味します。

そのため、バスタオルで身体を拭いている夢というのは包容力のある誰かによって悩みなどが解決した事を示します。

 

バスタオルを誰かから渡される場合は、その渡してきた相手に本心を伝えたい、あるいは想いを伝えたいという意味があります。

 

逆にバスタオルを誰かに渡す夢であれば、想いが伝わった、あるいは片想いが叶う事を暗示する夢になります。

 

まとめ

裸が示す夢占いの意味を受け止めて自分の心の状態を知ろう。

以上、裸の夢が示す夢占いの意味について解説しました。

 

基本的に裸の夢においては不安を示すことが多いため、裸の夢を見た場合はまず落ち着いて自分の気持ちを振り返り、何か不安な事があったかどうかを確認し、何かしら思い当たる節がある場合は対策を検討すると良いでしょう。

夢占いに限らず占いというものは絶対の効力があるわけではありません。

それこそ中には占いは詐欺と同じと考える過激な人も居ます。

しかし、科学的根拠がないとしても推測や持論などを元にした理由があるもののため、参考にする価値はあると言えるでしょう。

関連記事

  1. 遠距離恋愛の彼の気持ちを確かめたい時、デキる彼女は時空を超えて透視で把握
    PR:Tphereth

  2. ハムスターの夢が暗示する夢占いの意味

  3. デートでネカフェを有効活用!ネカフェが最強の理由を徹底解説!

  4. 旅館でセックスするときのマナーと注意点

  5. お子さんへの初めての贈り物!「栞」を使用した名前

  6. 水の夢が暗示する夢占いの意味やメッセージ

  7. 楽しいことがしたいときに日常や恋愛で行うべきこと30選【完全版】

  8. 花言葉で片思いを表した花とそっと気持ちを伝えるための花の選び方