いい名前に最適!人気の漢字や読み方は?

個人を証明する上で最初に与えられるものであり、親の愛情を示す最初のプレゼントでもある名前。

名前というものは一生付き合う事になる大切なものです。

今回は子供に付けるための人気のあるいい名前について紹介・解説します。

 

ランキングで人気のいい名前ベスト50

名前というものはとても大事です。

社会において他人と自分を区別し、また個を証明する要素である名前は必要不可欠なものだと言えます。

単純に名乗るだけであればペンネーム、芸名、はたまた偽名と自由な名前を名乗ることができますが、正しく個人情報として記録された名前を変えることは簡単にはできません。

だからこそ、親が子に名前を付ける時には真剣に考えた上で名前を付けるべきだと言えるでしょう。

 

一昔前にはキラキラネームと呼ばれる「一般的ではない特徴的な名前」が問題となり、実際にそれが理由でいじめられたりと人生に問題が生じた結果、改名を認められたという事例があります。

名前の1つとっても子供のいじめの対象となり、社会においても第一印象を決定づける要因になるのです。

 

前置きは以上として、今回の本題であるいい名前について触れていきましょう。

いい名前といっても様々な理由からいい名前であると判断できます。

 

例えば字の並び、発音、画数、字そのものの意味など。

この辺りは実際に調べて良い意味の言葉を並べたり、あるいは自分が好きという理由で名前や単語を選ぶ事もあるでしょう。

ただこれが凝りすぎて仰々しい名前になったり、あるいは世界に1つだけの名前を付けようとしたり奇をてらおうとして、おおよそ人名に相応しくない名前を付けたりする原因になったりもします。

 

名付けや名前選びはまず実際に自分がそんな名前だったとしてどう感じるか、周囲にそんな名前の人が居たとしてどう思うかを考えた上で決定する事が大事です。

 

  • 男の子に人気の名前

    男の子に人気の名前は以下の通りになります。

    1位「蓮(れん)」
    2位「陽翔(はると)」
    3位「陽太(ひなた)」
    4位「湊(みなと)」
    5位「樹(いつき)」
    6位「大翔(ひろと)」
    7位「朝陽(あさひ)」
    8位「悠人(ゆうと)」
    9位「蒼(あおい)」
    10位「悠真(ゆうま)」
    11位「大智(だいち)」
    12位「颯(そう)」
    13位「悠(ゆう)」
    14位「結翔(ゆいと)」
    15位「陽向(ひなた)」
    16位「颯太(そうた)」
    17位「新(あらた)」
    18位「陽太(ひなた)」
    19位「陽(よう)」
    20位「伊織(いおり)」
    21位「旭(あさひ)」
    22位「海翔(かいと)」
    23位「大和(やまと)」
    24位「湊斗(みなと)」
    25位「悠翔(はると)」
    26位「碧(あおい)」
    27位「蒼士(そうし)」
    28位「陸斗(りくと)」
    29位「律(りつ)」
    30位「瑛斗(えいと)」
    31位「朔(さく)」
    32位「海斗(かいと)」
    33位「湊太(そうた)」
    34位「楓(かえで)」
    35位「碧斗(あおと)」
    36位「成(なる)」
    37位「結斗(ゆいと)」
    38位「仁(じん)」
    39位「翔(しょう)」
    40位「瑛太(えいた)」
    41位「翼(つばさ)」
    42位「勇人(はやと)」
    43位「陸(りく)」
    44位「奏(かなで)」
    45位「蒼汰(そうた)」
    46位「楓(かえで)」
    47位「結仁(ゆいと)」
    48位「翔琉(かける)」
    49位「健人(けんと)」
    50位「一樹(かずき)」

    以上、2018年での男子名前ランキングを複数参考に集計した結果の内、50位内に入る名前になります。

     

    パッと見て印象的なのは、「○○と」という名前が多いという事でしょう。

    基本的に名前にも流行り廃り、新しさと古さがあるもので読み方にもその影響があると考えて良いでしょう。

     

    実際、失礼な言い方ではありますが、今の時代で「太郎」や「○○之助」という名前だと古いと感じてしまう方も居るでしょう。

    パッとみた読み方、字の並び、音によってその名前の時代というものがわかります。

    といっても昔から今も現役の名前もあるため、どんな名前が風化しないかを見極めるのも名前を決める要素になり得るかもしれません。

     

    女の子に人気の名前

    次に女の子に人気の名前です。

    こちらも2018年での女子名前ランキングを複数参考に集計した50個の名前になります。

    1位
    「結菜(ゆいな)」
    2位「芽依(めい)」
    3位「結愛(ゆあ)」
    4位「凛(りん)」
    5位「葵(あおい)」
    6位「莉子(りこ)」
    7位
    「陽葵(ひまり)」
    8位「陽菜(ひな)」
    9位「澪(みお)」
    10位「紬(つむぎ)」
    11位
    「琴音(ことね)」
    12位「結衣(ゆい)」
    13位
    「杏(あん・あんず)」
    14位
    「咲良(さくら)」
    15位「凜(りん)」
    16位
    「美月(みつき)」
    17位「さくら」
    18位「あかり」
    19位
    「心春(こはる)」
    20位
    「朱莉(あかり)」
    21位
    「結月(ゆづき)」
    22位
    「琴葉(ことは)」
    23位「華(はな)」
    24位
    「美琴(みこと)」
    25位「楓(かえで)」
    26位「ひまり」
    27位
    「心陽(こはる)」
    28位「ひなた」
    29位「菫(すみれ)」
    30位
    「一華(いちか)」
    31位「結(ゆい)」
    32位「美桜(みお)」
    33位
    「和奏(わかな)」
    34位「はな」
    35位「愛(あい)」
    36位「花(はな)」
    37位
    「杏奈(あんな)」
    38位「莉央(りお)」
    39位「蘭(らん)」
    40位
    「柚希(ゆずき)」
    41位「ひかり」
    42位「すみれ」
    43位
    「菜月(なつき)」
    44位
    「音羽(おとは)」
    45位
    「小春(こはる)」
    46位
    「陽菜乃(ひなの)」
    47位
    「千尋(ちひろ)」
    48位
    「優花(ゆうか)」
    49位
    「文乃(ふみの)」
    50位
    「心菜(ここな)」

     

    以上が2018年度の女子人気50位に入る名前です。

     

    特徴的な事として、男子の名前では見受けられなかった「ひらがなの名前」があるという事でしょうか。

    名前をひらがなにする事は可能であり、漢字では無くひらがなを使う理由として多いのは「可愛い印象になる」というもの。

    漢字もその一文字で様々な意味を持ち、名前に意味を持たせやすいという点は魅力的ではありますが、ひらがなと違って覚えづらいという難点もあります。

    それこそ最終的には大抵の漢字を義務教育で習うとはいえ、子供が幼いうちに自分の名前を書いて覚えるというのは難しい漢字になればなるほど難易度が上がります。

    それに対してひらがなは最初に覚える文字であり、覚えやすく幼い印象を受けるものの、同時に柔らかい印象があって可愛らしさも感じる名前になります。

    だからこそ男子の名前よりも女子の名前に多いのでしょう。

    大人としても名前の読み間違いが無くて済むというのは地味に助かる点かもしれませんね。

     

  • 漢字の字数別に人気のいい名前

    漢字は一文字で意味を持つ特殊な字です。

    ひらがな・カタカナやアルファベットと大きく異なる点であり、漢字の魅力でもあります。

     

    例えば桜や菊、梅や椿といった漢字一文字で花の名前を表したり、優と子をあわせて「優しい子」という意味になる優子という名前にしたりと、それこそ漢字の組み合わせだけで無限の可能性があると言えるでしょう。

    と言っても、際限無く文字を並べていてはキリがありません。

    名前を書いたり読む手間を考慮して、多くても三文字以内には収めたい所。

    上記のランキングをみてわかるとおり、基本的に一文字か二文字だけの名前が大半です。

    また、漢字に限らず文字には画数というものがあります。

    説明する事でもありませんが、人という字なら画数は2、桜という字であれば画数は10と、その文字を書くために必要な線や点の数です。

    姓名判断のように、文字自体の画数や、名前全体の画数によってその名前の吉兆を占ったりと、画数も重要な要素です。

    ただ画数に関しては「苗字を含めて」判断するため、最終的にどういう画数になるかは各々の家庭で変わってきます。

     

    今回は単純に漢字の意味から良い名前と言えるものをピックアップしていきます。

     

    漢字一文字

    漢字一文字の場合、基本的にはその一文字で何らかの意味を持つ漢字が良いでしょう。

    多いのは上記でも例として出した花や植物の名前など。

    男子であれば蓮や葵、女子であれば桜や蘭と言ったように意味を連想しやすく、またそういった植物の花言葉などの意味を込める事もできます。

    他にも愛、優、恋、陽などの明るいイメージや意味のある文字も良いでしょう。

     

    次に語感、名前は文字として見るだけではなく言葉として口に出すものであり、呼びやすい・呼びにくい名前というものはあります。

    わかりやすい例として、いわゆる難読漢字と呼ばれるものはパッと見た時に読み方がわからない人も多いでしょう。

     

    他にも読み方として間違っておらず、そして一般的に使われる読み方が複数ある漢字。

    一例としては「奏」という字があります、この字は「そう」や「かなで」と読むことが出来る上、どちらの読み方も名前として使う事ができます。

     

    一般的には使われない読み方などを用いる場合は、一度冷静に考えてみましょう。

    いくら名前に良い意味があったとしても、いくら親御さんが頭を悩ませた上で思いついた名前であっても、

     

    子供にとってそんな意味もいじめや読み間違いが頻発してしまうと嫌な名前になってしまうこともあります

     

    いい名前というのはそれも踏まえた上で選ばれます。

     

  • 漢字二文字

    漢字二文字の場合は、それぞれの漢字の意味を繋げるか、2文字で1つの単語を名前にするといった選び方や、印象の良い文字を選んで読みをあわせるといった選び方になります。

     

    例えば前述にも挙げたように、優しい人で「優人」や琴の音で「琴音」など。

    漢字二文字の場合、一文字の時よりも多くなるのが「違う字で同じ読み方」になるという問題。

    読み方が一般的であるというのはいい名前の条件の1つであるとも言えますが、同時に他の人と名前の読み方が被ってしまうという可能性もあります。

    といっても名前の書き方や読み方は何百通りとありますが、それでも被る事は珍しくありません。

     

    上記のランキングでも「陽向」と「陽太」でひなたという読みが被っていますし、「小春」と「心春」でこはるという読みが被っています。

    被ることは仕方のないことであって悪いことではありませんが、家族は勿論親戚や近い友人などの近い関係の中で名前の被りが出ないようにした方が良いかもしれません。

    それを踏まえた上で名前を決めると良いでしょう。

     

    また苗字との関係も重要です。

    フルネームで見た時の文字同士のバランス、フルネームで声に出して読んだ場合の言いやすさなどもしっかりと確認するようにしましょう。

     

    自然をイメージさせる名前

    前述にも何度か挙げたように、花などの植物の名前や、海や山といった自然をイメージさせるような名前もいい名前であると言えるでしょう。

    海・川・水といった水に関係する名前であれば、そのイメージが名前そのものの印象に繋がります。

     

    海の字が入っている名前、男子なら「海斗」「拓海」という名前、女子であれば「晴海」やそのまま「海」という名前など、海は広大なイメージがあり、また生物を生み出すというイメージもあります。

     

    同じく山や大地をイメージさせる名前、「大地」「陸斗」なども大きさをイメージさせます。

    自然をイメージさせる名前は花や海といったイメージ元の存在があるからこそ意味合いが付けやすく、またイメージを抱かせやすいというメリットがあります。

     

  • 季節をイメージさせる名前

    外国でも四季という概念はありますが、やはり日本といえば四季折々の変化。

    立地上日本は四季それぞれの変化をはっきりと受けやすい事と、四季の変化を生活の一部として身近に感じながら過ごしてきたという事が四季折々の変化を楽しめる国と言えるでしょう。

    春夏秋冬、この季節をイメージさせる名前も色々あります。

    心春、夏樹、秋人、千冬などの春夏秋冬のどれか一文字が入っている名前というのは結構な数があります。

     

    春はうららかな陽気と、色とりどりの花や季節の変わり目、穏やかで陽気なイメージがある季節です。

     

    夏は肌を刺す日差しに鮮やかな花や海、活発で元気なイメージがある季節です。

     

    秋は涼しく紅葉が山を彩り、豊富な食材や読書やスポーツなどの多彩なイメージ、落ち着いた雰囲気のある季節です。

     

    冬は雪や一面の銀世界、氷などの冷たく幻想的なイメージがあり、どこか儚げな印象を受ける季節です。

     

    これら四季を表す春夏秋冬の字が入った名前も、イメージから印象を付けやすくなる良い名前になると言えるでしょう。

     

    古風・和風をイメージさせる名前

    日本といえば和風、今や和装や和服が珍しくなってしまった時代ではありますが、それでも古風な和風は日本独自のものであり、文化の1つとして親しまれています。

    しかし当然のことながら、古いものは今の時代で見られなくなったというものもあります。

    上記でも軽く触れましたが、それこそ今の時代に五右衛門という名前を付けるのは明らかに時代錯誤だと言えます。

    それが昔ではいい名前として付けられていたとしても現代においていい名前であるかというのは別問題ですね。

     

    そのため古風なイメージの名前というのは中々に扱いが難しいものがあります。

    一歩間違えれば時代錯誤、あるいは古臭い名前という印象を与えてしまいます。

    といっても古風・和風な名前でも現代で普通に使われているものはいくつもあります。

     

    例えば藍や真などの漢字一文字など、あるいは歴史上の人物から名前を取ったり、読み方を変えるというのも手でしょう。

     

    日本においてトップクラスの有名な偉人と言えば織田信長、

    そのまま信長と取る人もいれば、信の字だけを取って信之(のぶゆき)、信歩(しのぶ)というように、昔の人の字をそのまま引用することも名前次第では可能です。

     

    由来として古風・和風なものを選ぶ事で、現代でも違和感の無い名前を付けることができるでしょう。

    特に昔から日本にあるものや日本由来のものであれば、基本的には和のイメージは自然と付いてくるものです。

    桜や柚、あるいは古き国の名前として用いられていた「大和」なども和風なイメージがあると言えるでしょう。

     

    読み方が人気のいい名前

    名前において読み方が重要だというのは前述でも語ったとおり、SNSを始めとしたネット上の文字による会話が増えた現代においても、声を出して名前を呼ぶ機会というのは家族を含め無くなったわけではありません。

    そのため、読み方がいい名前というのも人付き合いにおいては覚えてもらいやすかったり口にしやすかったりと印象が良くなります

     

    響きがいい名前

    名前の響きが良い名前というのは、耳に残るような名前や印象に残りやすい名前であると言えるでしょう。

    また口にしやすいというのも重要です。

    上記のランキングで男の子の名前に「○○と」という読みが多いのも、読み方として言いやすく響きが良いからであると言えるでしょう。

    字面や意味にこだわるのも大切ですが、きちんと声に出して覚えやすい・言いやすい名前であるかどうかを第三者も交えて考えた上で決めるようにしましょう。

    また、名前単体の読み方よりもフルネームでの読みが重要です。

     

    英語でも意味が通じる名前

    グローバル化や海外旅行などで外国の人と会話する機会もある事でしょう。

    しかし、言語の違いというのは文字だけではなく発声にも現れます。

    言語によって使われない音というものがあり、発音の仕方が異なればそれだけ言語として発音するのが難しくなります。

    日本人で英語を発音できる人が少ないというのも、単純に日本語と英語の発音が大きく異なるからに他なりません。

     

    これは逆の音も言えます。

    日本語で読める名前も、海外の人は発音ができないという事があるのです。

    そこで英語でも読める、意味が通じる名前というものが活きてきます。

     

    例えば男の子であれば「じょうじ」という名前があります。

    これは英語でも「ジョージ」として読む事ができ、名前だと伝わりやすいでしょう。

    女の子であれば「えりか」や「りさ」という名前は日本でも海外でも使われる名前だと言えます。

     

    国際結婚や、親戚が海外に居るといった事で海外に行く機会や外国人と話す機会が多い場合は、こういった要素もしっかりと検討する必要があるでしょう。

     

    まとめ

    何を大切にするかは人それぞれ!思いを込めていい名前をつけよう

     

    最終的にどんな名前にするか、どのような名前がいいのかを決定するのは人それぞれです。

    しかし、凝りすぎて読みにくい、言いにくい、一般的ではない名前にしてしまえばそれはキラキラネーム、あるいはDQNネームと呼ばれる痛々しい名前となり、子供の人生に関わります。

     

    子供がいい名前だと誇ることがで切るような名前を付けられるように、名前について色々と調べて知識を身につけることが大切です。

  • 関連記事

    1. デート写真をおしゃれに撮るテクニック・アイテム・スポット紹介

    2. 眉毛のセルフ脱色!失敗しない方法とコツ

    3. 病気になる夢!状況や人別の夢占いの意味

    4. 男女別!ムラムラするときと性欲解消方法

    5. 男の子・女の子別!夏をイメージする名前

    6. 【厳選】短時間のデートにオススメのプラン6選と楽しむポイント

    7. 赤ちゃんの授乳でちくびが痛いときの対処法

    8. 道に迷う夢!夢占いで見るあなたの心理