花にまつわる女の子の名前!人気の名前60選

名前の由来として人気があり、かつ一般的なものと言えば花に関係した名前。

可愛らしくて可憐な印象の他にも、花自体の花言葉で意味を付けやすいというのも理由でしょう。

今回は花にまつわる人気の女の子の名前について解説します。

1.人気の花の名前と花言葉

女の子の名前としてよく使われる花の名前。

男の人でも花が好きという方は数多くいるでしょうが、やはり花といえば女性的なイメージが強いでしょう。

桜、椿、梅などの花の文字だけを名前にすることもあれば、ひらがなにしたり、あるいは小梅、美桜、桃華というように二文字で表したりと、一言で花にまつわる名前といっても色々とあります。

花の名前がそのまま名前に使われるのは、イメージがしやすく、花の鮮やかさや香りなどの印象をそのまま人名として印象付けたり、あるいは花言葉の意味を込めたりといったように名前に意味を付けやすいというのが大きいでしょう。

花には花言葉というものがあります。

その花が持つ意味や色ごとに司る事柄を示すのが花言葉というもので、その花自体の花言葉もあれば、同じ花でも色によってガラッと意味が変わったりもします。

名前に使う場合は、花自体の花言葉で選ばれることが多いですね。

色で意味が変わる花として有名なものに薔薇がありますが、薔薇という字が名前に使えるかは別として、花言葉に合わせて青薔薇、黒薔薇、白薔薇と名前に色を入れるのはなかなか難しいですよね。

1-1.春の花

春の花として最も有名なのは桜ですよね。

実際に桜というのは女の子の名前としてもメジャーです。

単純に「桜(さくら)」のようにそのまま使うこともあれば、「桜子(さくらこ)」「美桜(みおう)」というように名前の一部に桜という字を入れたり、あるいは「咲良(さくら)」のように読みだけ同じで違う漢字をあてるパターンもあります。

そんな桜の花言葉は「精神の美」や「優美な女性」というものがあります。

どちらも美しさを意味する花言葉であり、桜の名前を付けるにあたって込める意味は「美しくあれ」というものになるでしょう。

他に、「杏」も女の子の名前として用いられます。

杏という字で「あんず」とも「あん」とも読める他、「杏子」と書いて「きょうこ」と読む形で杏の字を入れる事もできます。

そんな杏の花言葉は「乙女のはにかみ」や「臆病な愛」というもの。

控えめな女性のイメージがわいてきますね。

ちょっと変わった所だと「皐月(さつき)」というものがあります。

皐月と言えば5月を思い浮かべる人も多いと思いますが、5月から6月に咲く花の名前のことでもあるんですよ。

花言葉は「協力を得られる」というポジティブな意味があります。

他にもおすすめの春の花を使った女の子の名前

  • 鈴蘭(りんか)
  • 菜乃花(なのか)
  • 花梨(かりん)

鈴蘭の花言葉は「純潔」や「謙虚」、そして「再び幸せが訪れる」。

儚げで素直な印象が感じられますね。

名付けの由来としては、「謙虚さを忘れず、素直で幸せな人でありますように」と願いが込められているでしょう。

春の野原に佇む菜の花は、「豊かさ」や「元気いっぱい」といった花言葉があります。

「不自由なく、元気いっぱいに育ってほしい」という意味を持った名前にぴったりですよね。

梨の花を見たことはありますか?

とても美しい花で、「愛情」や「癒し」という花言葉を持っています。

「愛情いっぱいに育ち、他の人を癒してほしい」といった意味で名付けられることが多い名前です。

1-2.夏の花

夏の花として有名なのはひまわりでしょう。

夏のイメージとして海に並ぶくらい一般的なものと言えるのは一面のひまわり畑、ちなみにひまわりというのは1つの大きな花ではなく、複数の花が集まって1つの大きな花になっているという豆知識があります。

漢字で書くと「向日葵」となり、ひらがなでも漢字でも基本的にはそのままひまわりという名前を使うことになります。

花言葉は「私はあなただけを見つめる」や「愛慕」「崇拝」というものがあります。

とても一途な感じがする「私はあなただけを見つめる」という花言葉ですが、これは向日葵が常に太陽の方を向いている事が由来となっています。

他にも立葵という花があります。

人名に使われる場合は「葵(あおい)」が多く用いられます。

立葵は鮮やかなピンク色で四方に大きく開く花で、ひまわり同様に太陽に向かって大きく育ちます。

花言葉は「豊穣・豊かな実り」「気高い美・高貴」「野心・大志」など、たくさんあります。

名前の中でも「葵」というのは人気が高く、男の子にもよく付けられる名前です。

他にもおすすめの夏の花を使った女の子の名前

  • 朝日(あさひ)
  • 夏蓮(かれん)
  • 月美(つきみ)

朝顔は「愛情」や「結束」の花言葉を持つ花です。

また、朝には「明るい」や「爽やか」をイメージがありますよね。

「明るく、愛情のある女の子に育ってほしい」といった意味で名付けられます。

蓮の花言葉は「清らかな心」。

「心清らかな人に」という名付けで人気があります。

他にも夏を花に変えて「花蓮」もおすすめです。

月下美人は、その名の通り「美」の意味を持つ花で、「艶やかな美人」といった花言葉があります。

「綺麗で可愛い人になりますように」と願いが込められています。

1-3.秋の花

秋は「実りの秋」「スポーツの秋」「読書の秋」と涼しくなることで色々な活動に適した時期になりますよね。

秋に対しては、花というよりも食べ物や紅葉の印象が強い人も多いでしょう。

しかし紅葉以外にも秋が旬の綺麗な花があります。

例えば、「紫苑(しおん)」

文字通り紫色の花で、平安時代から栽培の記録があるほど歴史のある花です。

花言葉は「あなたを忘れない」「追憶」と、記憶関連のもの。

どこか儚げな印象を受ける花、それが紫苑です。

他にも色の名前としても有名な「藍(あい・らん)」

藍色の染料に用いられる花で、色のイメージから濃い青色のようにも思われるかもしれませんね。

でも実は花自体は可愛いピンク色なんですよ。

そんな藍の花言葉は「美しい装い」です。

藍色と言えば上品な色、あるいは大人な色合いのイメージがあるためピッタリの花言葉でしょう。

最後に、「紅葉(もみじ)」や「楓(かえで)」にも花言葉があります。

紅葉は椛とも書ける他、楓はそのまま名前として用いられることがあります。

そんな椛と楓の花言葉は、「大切な思い出」「美しい変化」「遠慮」です。

他にもおすすめの秋の花を使った女の子の名前

  • 桔穂(きほ)
  • 菊乃(きくの)
  • 犀香(せいか・さいか)

桔梗の花言葉は「気品」、そして「永遠の愛」。

「気品があり、永遠の愛を受けますように」といった由来で名付けられます。

また「穂」は稔りの秋を連想させ、「何事にも不自由しませんように」という意味でも使われますよ。

菊は「元気」という花言葉ですが、白い菊には「真実」といった花言葉もあります。

この名前には「元気で正直な人に育ちますように」といった意味が込められているでしょう。

秋の訪れを知らせる金木犀は「謙虚」といった花言葉があります。

甘く豊満な香りに反して、花は小柄で可愛らしいことにちなんでいるんです。

「謙虚さのある、優しい人」と願いを込めて名付けられることが多くありますよ。

1-4.冬の花

地方によっては冬は雪が降り積もる季節。

草木は枯れて銀世界になるような季節ではありますが、冬に咲く花というものもあるのです。

1つ目に紹介するのは「椿(つばき)」です。

12月から4月までの間が開花時期で、椿油などでおなじみの花です。

桜などのように花びらが散る花とは異なり、そのまま花自体がぽとりと落ちるように散らすのが特徴的。

一部では首が落ちるようで不吉であるとも言われていますが、椿の名の由来に「強い葉を持つ木」という意味で強葉木から椿になったいうものもあります。

椿の葉のように強い子に育つように、という願いを込めて名付けるのも良いでしょう。

そんな椿の花言葉は「控えめな優しさ」や「誇り」です。

また、「蘭(らん)」という花も冬に咲く花の1つです。

こちらもそのまま名前として使われることがあります。

蘭には様々な色が存在しており、薔薇と同じく色によって花言葉が変わります。

蘭全般に共通する花言葉は、「美しい淑女」「優雅」。

女性らしい花言葉のため、女の子の名前にはピッタリであると言えるでしょう。

他にもおすすめの冬の花を使った女の子の名前

  • 柚葉(ゆずは)
  • 小梅(こうめ)
  • 寿々花(すずか)

柚は「健康美」や「幸福」の花言葉があります。

そのため「美しく健やかに、幸せに育ちますように」と名前に願いを込められるのです。

梅の花は鮮やかな色で可愛らしいですよね。

そんな梅は見た目の通り「上品」、「高潔」の花言葉があります。

また、寒い時期に咲く花なので「忍耐」や「忠実」とも。

「忍耐力や上品さを兼ね備えた、誇りある人に」と名付けられます。

寿々花は福寿草にちなんだ名前です。

花言葉の「幸せを招く」や「英雄の幸福」から、名付ける際には「いつも幸せでありますように」と使われます。

2.2019年人気ランキングに入っている女の子の花の名前

2019年の人気ランキングに入っている花の名前をピックアップしてご紹介します!

2位

陽葵

3位

11位

さくら

12位

14位

15位

咲良

はな

18位

陽菜

20位

一華

23位

琴葉

美桜

25位

杏奈

出典:明治安田生命2019年名前ランキング

どの名前も可愛らしいですよね。

ランキングを見ると、春の花を使った名前が多いのがわかります。

中でも桜を使った名前や、読み方だけを使った名前など、「桜」は人気でした。

また、向日葵を使った「陽葵」は2位にランクイン!

向日葵は明るいイメージがあるので人気です。

花という漢字を「華」に変えた名前も、可愛らしい雰囲気と上品さを兼ね備えています。

「人気の名前も素敵だけれど、他の人と被らないようにしたいな」とお考えの方もいらっしゃいますよね。

悩んだ時には、人気の名前からアレンジを加えてみるのはいかがでしょうか?

3.漢字一文字で人気!花にまつわる女の子の名前

花の中には複数の漢字から成るものもあります。

上記の例で言えば向日葵や立葵などが挙げられるでしょう。

立葵のように、それぞれの漢字が個別に読めるのなら葵の部分だけを名前に用いたりと応用もできますが、向日葵のように固有の読みを持つ場合は応用がしにくいようです。

対して桜、梅、椿などの漢字一文字の花の名前や花に関係する名前はそのまま使うことができたり、他の字と組み合わせたりと応用もできます。

上記で紹介したもの以外に漢字一文字の花にまつわる女の子の名前と言えば「咲」(さき・えみ)でしょう。

花が咲く、開花を意味する漢字であり、これから生まれる子供、あるいは生まれた子供を祝福する意味合いでもピッタリな名前ですね。

他にも菜という字も花にまつわる名前ですね。

一文字で名前にすることはほとんどないようですが、とても人気のある漢字の一つです。

菜の花にちなみ、「奈乃葉」「菜乃羽」といったおしゃれな漢字をあてて「なのは」と読ませるパターンが今風で人気があります。

4.ひらがな・カタカナ表記が人気!花にまつわる女の子の名前

男の子の名前としてひらがなが用いられる事は珍しいものの、女の子の名前がひらがなというのは珍しいものではありません。

上記の例で言えば桜を「さくら」、楓を「かえで」とひらがな表記で名前にしている人もいます。

カタカナ表記となると、ハーフや海外の人のイメージが強いためか、純日本人の名前として用いるのは珍しいようですね。

カタカナの名前を付けるのなら、海外の花の名前が適しているのではないでしょうか。

例えば「エリカ」という花があります。

漢字名の無い花で、エリカというのはそのまま海外でも人名として用いられています。

エリカという読みであれば日本名でも用いられる事があるため、日本人に付けても違和感のない名前であると言えますね。

他にも沙羅双樹という花をつけるインドの木を元に「サラ」というのも良いでしょう。

カタカナでサラとつける以外にも、漢字で「紗良」「彩良」などの名前としても人気な読みの1つです。

5.大和言葉や古風なイメージが人気!花にまつわる女の子の名前

かつて大陸から伝わった漢字だけの漢語、そして海外由来の外来語、それに対する日本固有の言語として存在するのが大和言葉です。

大和言葉の特徴をざっくりと説明すると、物腰が柔らかく言葉が濁ることが少ないということ。

また、詩的な言い回しが多いのも特徴です。

花にちなんだ大和言葉にあやかることで、雅な雰囲気の名前を付けることができます。

たとえば、秋の様々な種類の草を指す「千草(ちぐさ)」

古風でありながらも「~さ」という現代的な響きをもった名前になります。

人にはらはらと散りかかった桜の花びらの様子を着物の模様に例えた「花衣」。

本来は「はなごろも」と読みますが、「花衣(はなえ・かえ)」と読ませると、とても優美な名前になります。

6.英語名の花からとるのもあり?花にまつわる女の子の名前

カタカナの名前でも触れたように、英語名の花の名前を取るという方法もあります。

例えばデイジーの花や、ユリの花を意味するリリアンマーガレットなど花由来の名前は海外でも一般的です。

花そのものを意味する単語、例えばフラーフローラという名前も聞いたことがあるという人もいることでしょう。

ただ、日本人で英語の名前というのは場合によっては浮いてしまいます。

いくら名付けが自由だとは言っても、純日本人で本名がマーガレットというのは日本国内では奇異な目を向けられてしまう可能性が高くなってしまうんですね。

海外在住で、土地に合わせた言語で名前を付けるというのも1つの手だと言えるでしょう。

日本人は英語が苦手な人が多いと言われるように、そして海外の人が日本語を話す時にカタコトになるように、言語が違えば発音のしやすい言葉も変わってきます。

海外で生活して現地の人に親しみをもってもらえるように呼びやすい名前として、英語名の花の名前を取るというのは何もおかしいことではありません。

どちらにせよ、その名前で人生を生きていく子どものことをよく考えた上で決定するようにしましょう。

7.人気のアニメや漫画に出てくる花の名前がついた女の子

アニメや漫画に出てくる女の子は、名前が可愛い子がとても多いですよね。

そんな可愛い女の子から名前をとるというのはいかがでしょうか。

例えば、芦原妃名子先生の描く“Bread&Butter”より「柚季(ゆずき)」

芦原先生は、過去に映画化された“砂時計”という作品で知られています。

“Bread&Butter”は、大人なラブストーリーとして人気の漫画です。

柚には「健康美」「幸福」という花言葉があるということは先で紹介しましたが、他にも「嬉しい知らせ」という意味があります。

我が子の妊娠や出産に対しての気持ちにはぴったりな言葉ですね。

両親からの愛情を強く感じることができる名前でしょう。

続いて、高野苺先生の描く“orange”より「菜穂(なほ)」

アニメ化も映画化もされた大人気な漫画で、好きな男の子を救いたいと思う菜穂のひたむきな姿がとても印象的な作品です。

菜には「豊かさ」「明るさ」などの花言葉があり、穂には「実り」「成長」などの意味が込められています。

希望に満ちた人生を願う名前と言えるでしょう。

そして、赤坂アカ先生の描く“かぐや様は告らせたい”より「千花(ちか)」

こちらもアニメ、実写ともに大人気な青年漫画で、実写のキャストの豪華さも話題になりました。

花には「安らぎ」「可愛い」というイメージがあり、様々な人から愛されています。

そこに「千」を付けることで、「人に安らぎを与えたくさんの人から愛されるように」という思いを込めることができるのです。

8.男の子にも女の子にも使えて人気!花にまつわる女の子の名前

名前には女性的、男性的とはっきり分かれるものもあれば、男の子でも女の子でもつかえる名前というものがあります。

例えば「真」あたりは男女両用の名前の代表格でしょう。

他にもやや男性的ではありますが「あきら」という読みの名前も男女両用です。

花にまつわる名前でも男女両用と言える名前があります。

1つはこの記事で何度も出ている「葵」や「楓」という名前です。

やや女性寄りではありますが、男の子の名前としてもそれなりに人気のある名前です。

他に、「薫(かおる)」というのも花の名前の1つであり、男女両用の名前だと言えます。

字を使うだけであれば更に増え、「咲」という字を使って「咲夜(さくや)」というように、中性的・男女両用の名前はいくつもあります。

最初から男の子の場合はこれ、女の子の場合はこれと別々の名前を考えておくのもいいですが、「これだ!」という意味を込めた名前であれば、それが男の子でも女の子でも違和感の無いものになるように考えてみると良いかもしれません。

9.「花」という漢字を使ったおすすめの名前

花の種類では無く、「花」という字を名前に使うパターンの命名も多く見られ、実際に花という字が入っている名前は良い名前ランキングでも数多く存在します。

また、同じ読みの「華」という字もありますが、こちらは華やかという意味の別単語ですので別の意味になります。

「花」という漢字が入ったおすすめの名前をいくつか挙げると、「桜花」「花音」「百花」「優花」などがあります。

桜花は「おうか」と読みます。

桜と花はどちらも花にまつわる名前であり、桜を名前に使いたいけどそのまま「さくら」と読ませるよりも、少し捻った名前にしたいという方におすすめです。

花音は「かのん」と読みます。

花の音という可愛らしい名前ですね。

百花は「ももか」と読みます。

百の字を桃にして「桃花」というのもありでしょう。

優花は「ゆうか」と読みます。

優しい花という、柔らかい印象を受ける名前ですね。

10.「はな」と読む女の子の名前

最後に、「はな」と読む名前を見ていきましょう。

まずはそのまま「花」、同じく「華」という漢字も読み方は「はな」です。

音だけであれば「波奈」「羽奈」「羽菜」など、「はな」と読むことができる名前は沢山あります。

花にまつわる名前として「はな」という読みの名前を付けたいのであれば、葉や菜、あるいは蓮など植物にまつわる漢字を「は」と読ませるといった選び方で名前を決めると良いでしょう。

11.花の名前を女の子につけたパパ・ママのエピソード

最後に、実際に花の名前を女の子につけたパパ・ママのエピソードを紹介します。

つけた名前「花奈(はな)」

もうそろそろ産まれるかな?という頃、満開なお花を見て大きなお腹を触りながらとても優しい幸せな気持ちになり、第一子に『はな』と名付けたいと思いました。

誰からも好かれる花のように周りの人から愛され、和ませられる優しい女の子に育ちますように。

引用:赤ちゃんの名前・命名・名付けと画数辞典|ピヨママ倶楽部 

つけた名前「沙莉奈(さりな)」

夏生まれなので、呼んだときに爽やかな響きでいて海外でも通用する名前がよかった。

さりなって爽やかで可愛いなと思って3文字になるのでスッキリした印象の沙、奈を選びました。

莉はジャスミンの花言葉に愛嬌、可愛いらしい、愛されるなど素敵な意味があったのでそんな女性になってもらいたくてつけました。

引用:赤ちゃんの名前・命名・名付けと画数辞典|ピヨママ倶楽部 

人を癒し、幸せにするという効果がある花。

大切に育てることで綺麗な花を咲かせてくれ、私たちに喜びを与えてくれます。

また、健気に咲く姿に励まされ、勇気をもらうこともできますよね。

それだけでなく「怒り」や「疲れ」、そして「犯罪率」をも低下させるという実験結果も出ています。

花というのは、そのくらい私たちの暮らしに寄り添っているのです。

そんな花にまつわる名前には「人を温かく包み込み、そして寄り添い、みんなから愛されるような魅力溢れる人になってほしい」という願いが込められています。

花にはたくさんの種類があり、色によっても花言葉は異なります。

純粋に一番好きな花や、結婚式のブーケで使われた思い出の花など、強く印象に残っている花について調べてみてはいかがでしょうか。

どの花にも様々な由来や花言葉が存在します。

生まれてくる可愛い赤ちゃんへの最初のプレゼントとして、素敵な名前を考えてあげてくださいね。

12.まとめ:花の名前は華やかで女の子らしい

花の名前はその花の印象をそのまま名前の印象で受けるといった以外にも、彩りが豊かな印象から華やかさを印象付けることができます。

また、花は女性的なイメージが強いため、単純に女の子らしい名前であるとも言えます。

今回のまとめとしては以下の通りになります。

  • 花言葉を調べてその花の意味を考えてつける
  • 季節によって花のイメージも変わる
  • ひらがなやカタカナ、あるいは海外の花の名前も人名としてメジャーである
  • 花の名前は男の子にも付けることができる

世界中に多種多様な花があります。

それこそ1つの記事では紹介しきれないほどの数があります。

子供に付けたい花言葉や、好みの花を見つけた時にどういった名前にするのかをしっかりと考えましょう。

子供が気に入るような名前が付けられるように色々な知識を集めて、色々な人の意見を参考にすると良いですね。

関連記事

  1. 一度は行きたい!全国おすすめ温泉地13選

  2. ダイエット中におすすめのチョコレート6選

  3. 初心者におすすめ!自宅ヨガレッスンとは?

  4. 仕事の結果や状況で診断する夢占いの意味

  5. マジかよ最低だな!元ネタや使い方を伝授

  6. いじめられる夢!相手でわかる夢占いの意味

  7. レイプされる夢!相手・状況別夢占いの意味

  8. 海外旅行の夢が暗示する夢占いの意味とは?