飛行機が落ちる夢!心理状況や意味を解説

夢には何かしらの意味があるという説は昔から現代までよくあるもので、そんな夢の意味から未来や現状を占う夢占いというものが存在します。

一見すると軽く流してしまう夢にも意味があるとして、その夢の状況によってどんな意味があるのか、何を暗示しているのかを調べる夢占い。

今回は「飛行機が落ちる夢」について解説します。

 

夢占いでの飛行機や墜落が暗示するあなたの心理状態

人生において飛行機に乗ったことが無い人、あるいは仕事で頻繁に乗る機会がある人、はたまた学生時代の修学旅行などで乗ったことがあるという程度の人も居る事でしょう。

 

ライト兄弟が初の有人動力飛行を成功させてから一世紀以上経ち、二度の世界大戦を経て航空技術はまさに飛躍と言える進化を果たしました。

しかし、それでも未だに完璧に安全な飛行を行える飛行機というものは存在しません。

実は、年間で飛行機が墜落する数は2018年では15件で死者は556人も存在し、

航空史上最も安全だった2017年でも墜落件数は10回

死者は44人と毎年必ず墜落事故が発生しています。

 

夢の中でも墜落事故なんて縁起が悪い……人が死ぬような夢を見ると寝覚めが悪くなると思う人は多いでしょう。

しかし、一概に飛行機が墜落する夢が悪いものであるとは限りません。

暗示はあくまでも暗示であって未来予知とは別モノです。

それはつまり、捉え方次第でその暗示を乗り越えることもできたり、あるいはそれを転機に問題を良い方向に運ぶことができるという事でもあります。

 

まずは飛行機が墜落する夢自体の意味について解説しましょう。

夢占いにおいて飛行機とはチャレンジ精神や冒険心、自由などの「行動力」を意味しており、また計画や旅立ちを意味しています。

そのため夢に飛行機が登場し、それが順調に飛行して着陸するという夢であれば、それは計画や旅、あるいは何かしらの行動が滞りなく進んで何事もなく成功するという事を暗示しています。

では逆にその飛行機が墜落してしまうという事はどういう暗示になるのか、と言えば計画や行動に何らかの支障をきたす、あるいは頓挫するという事を暗示しています。

 

そして飛行機に乗っているという認識があり、それに対してどう感じているかによっても良し悪しが変わります。

飛行機に乗っていて、長距離移動でもストレスを感じていないのであれば物事が順調に進んでいる事を示し、逆に移動にストレスを感じているのであれば物事が難航している事を示しています。

つまり、ストレス無く乗っていた飛行機が墜落するという夢であれば、順調に進んでいた計画が突然頓挫する事を暗示しています。

ストレスを感じながら乗っていた飛行機が墜落するという夢であれば、難航していた計画が頓挫してしまうという事を暗示します。

更に墜落のパターンによっても意味が変わります。

 

  • 自分が乗っている飛行機が落ちる場合

    自分が乗っている飛行機が墜落する場合は、基本的には上記の通りの意味を持ちます。

    そしてその計画の失敗原因に自身のストレスや、精神状態の悪化が関わっている事を暗示しています。

    そのため、この夢を見た場合は精神的な休息を取るべきであるという「警告夢」でもあり、一度落ち着いて休息を取った上で計画を見つめ直すことで失敗を回避する事ができるかもしれません。

     

    自分が操縦する飛行機が墜落する夢

    自分が操縦している飛行機が墜落するという場合、一見すると自分の責任で墜落させてしまうというとても縁起の悪い夢のようにも思えますが、実は悪い意味では無かったりもします。

     

    自分が操縦している飛行機が墜落する夢では、その計画の進行に何かあった時に自分がすぐに対応できる立ち位置に居るという事を示しています

    そのため、万が一計画に何かがあっても、自分がきちんと行動し対処することで問題を解決、あるいは回避する事ができます。

    失敗の暗示ではなく、あくまでも自分自身の手で問題が解決することを示す夢のため不安に思う事はありません。

    ただ、逆に言ってしまえば計画の成否は自分自身がしっかり操縦する必要があるという責任を示す夢でもあるという事になります。

     

  • 自分が乗客として乗る飛行機が墜落するが助かる夢

    自分が乗った飛行機が墜落したにもかかわらず死なずに助かるという夢であれば、悪い夢ではありません。

    墜落するというのは縁起でもありませんが、それから助かるという夢である以上、悪い意味だけでは無いということもなんとなくイメージできるでしょう。

     

    この夢が暗示するのは、計画に問題があったり難航したりしても最終的には何とか成功するという事。

    達成まで苦労があるものの、達成するという成功を暗示しています。

     

    この夢が意味するのは、目標の達成までに困難があるものの、それに立ち向かう事で成功を掴むことができるということです。

    諦めそうになる事もあるかもしれませんが、決して逃げずに立ち向かうことで困難を突破できるのです。

     

    自分が乗客として乗る飛行機が墜落して死ぬ夢

    自分が死ぬ夢というのはとても寝覚めが悪い夢でしょう。

    命の危機を感じ、死んだと思ったらベッドの上で息を荒げて目を覚ます……縁起の悪い夢と感じる人も多いでしょう。

    しかし、夢占いにおいて死とはただ悪い意味だけではなく、「再生」を意味する要素でもあります。

    つまり、自分が乗っている飛行機が墜落して死ぬ夢というのは、計画が失敗したとしても再スタートする事ができるという「再生」を暗示する夢であると言えます。

    ただ必ずしも計画が失敗するという意味があるわけではなく、単純に悩みや問題があり、それを解決することで再スタートできるようになる、という暗示の場合もあります。

     

  • 自分が乗っていない飛行機が落ちる夢の場合

    飛行機が墜落する夢でも、自分が乗っていない飛行機が落ちる場合というものがあります。

    この場合、単純に自分が乗っていないだけか、知り合い・身内が乗っているかによって意味が変わります。

     

    単純に自分が乗っていない飛行機が墜落する夢であれば、それは不安や悩みを暗示する夢になります。

    何か問題が起きるのではないか、という心配が夢という形で現れているのです。

    あくまでもあなた自身の不安を暗示しているだけなので、実際に問題が起きるという事には繋がりません。

     

    飛行機が自分に向かって落ちる夢

    自分が乗っていないからといって、夢の中で安全であるとは限りません。

     

    例えば自分に向かって飛行機が墜落するという夢、この場合はプレッシャーが迫っているという事を暗示しています。

    例えば締切間近で急がなくてはいけないといったプレッシャーが迫っている時などに見る夢です。

    これもあくまで感じているプレッシャーが元になっているだけのため、何かしら起こることの暗示であるというわけではありません。

     

  • 自分が乗る予定だった飛行機が落ちる夢

    自分が乗る予定だった飛行機が墜落するという夢は基本的に「乗る予定だったが乗れなかった飛行機」のことを指しています。

    そしてそれが墜落する夢というのは良い意味を持ちます。

     

    その意味とは、計画の方針が変更されるが結果的にそれが良い結果をもたらすというもの。

    計画の方針変更は失敗の原因にもなったりしますが、焦らず冷静に対処し、方針の転換に成功することができれば、計画自体も成功するという事をこの夢は暗示しています。

     

    家族が乗る飛行機が落ちる夢

    家族が乗っている飛行機が墜落する夢、現実であれば相当なショックを受ける悲劇であり、夢占いにおいてもこの夢は家族に何らかの不幸が降りかかる事を暗示しています。

     

    また、具体的に家族の中の誰が乗っているかによって意味が異なります。

    程度の違いはありますが、共通しているのは自身がその家族の不幸を願っているという事の暗示です。

    父親であれば、事故にあってほしいという暗示。

    母親であれば、母親にうんざりしているという気持ちの暗示。

    兄妹であれば、兄妹が災難を受ける事を願っているという暗示です。

    ただ、片親などで家族が1人しか居ないという場合はどちらの意味であるかは判断に困る所でしょう。

    恋愛関係にある人が乗る飛行機が落ちる夢

    恋愛関係にある人、つまり恋人が乗る飛行機が墜落するという夢には2つの意味があります。

    1つ目が恋人に災難や不幸が降りかかるであろうという暗示。

     

    もう1つは恋人に対しての不満の暗示です。

    また、元恋人関係いわゆる元カレ元カノの関係であった人が夢に登場する場合もあります。

    恋人に対して強い不満を持っていないのであれば前者、思い当たる節があれば後者の意味合いとして受け取ると良いでしょう。

    この場合も同様に、元カレ元カノに不幸が降りかかる事を暗示していたり、不満を持っている事を暗示しています。

     

    海や山に飛行機が落ちる夢が暗示する意味とは?

    飛行機が墜落するという事は、墜落する場所というものも当然存在することになります。

    そこが海か、山かによって意味が変わります。

     

    海に落ちる場合、この場合は男性か女性かによって意味が異なります。

    あなたが男性で、飛行機が海に墜落した場合は恋愛関係に問題が生じることを意味しています。

    それまで目立った問題も無く、順調に交際関係を進めていた相手との関係に何らかの問題が生じるため、その関係に亀裂が入る可能性を暗示している夢になります。

    対して女性がこの夢を見た場合は、あなた自身が現在の交際関係を断ち切りたいという事を考えているという事を暗示しています。

    また、海に墜落した後、無事に不時着した場合は上記の他にも、恋愛関係の問題が生じるが、最終的には無事に解決するという暗示になります。

     

    そして山に墜落する場合、目標を達成する上で強大な障害が発生する事を意味します。

    その障害は人であったり、環境であったり、あるいは計画上の問題であったりと具体的なイメージは決まっていませんが、目標を達成しようとする信念を打ち砕くほどのものという点は共通しています。

    それがどんな障害なのか、そしてその障害を乗り越えることができるのかはあなた自身によります。

     

    飛行機が落ちる時に炎上・爆発する夢が暗示する意味とは?

    飛行機の墜落と言っても、紙飛行機が落ちるかのように高度が落ちて地面にぶつかるというだけではありません。

    例えばエンジンが破損し、燃料タンクである翼に穴が空き、そこから火がついて炎上したり、飛行中や墜落時に爆発して真っ二つになるなんて悲惨な事態になることもあります。

    墜落する夢においても、墜落する飛行機が炎上したり爆発するかどうかによってまた意味が変わってくるのです。

    しかも、炎上する場合、その炎上の規模によっても良い意味か悪い意味かが変わります。

     

    例えばボヤ騒ぎになる程度の小さな炎上であれば、自身の周囲で何かしらの問題や環境の変化が訪れ、その結果あなた自身に大きなストレスを与えるという事を暗示しており、当然ながらこれは悪い意味の夢となります。

    しかし、勢いよく燃え広がる夢であれば悩みやストレスなどの問題がスッキリと燃え尽きるように解決する、という良い意味の夢になります。

     

    そして飛行機が爆発するという夢、意外にも良い意味を持つ夢だったりします。

    墜落する飛行機が爆発する夢、その意味は「良い結果を得られる」というもの。

    例えば現在の目標を達成することができたり、環境が大きく変化した結果、良い事が起きたりと、良い事を暗示する夢だったりします。

     

    飛行機の離陸・着陸の失敗による墜落の夢が暗示する意味とは?

    飛行機の事故とは空の上だけで起きるとは限りません。

    離陸の際に、あるいは着陸の際に事故を起こす事もあります。

    特に着陸というのはとても難易度が高く、夜間着陸ともなれば相当に腕の良いパイロットでも難しいと言うほどの難易度になります。

     

    夢占いにおいて、離陸ができない、あるいは離陸に失敗する夢というのは自身が身動きできない、あるいは自分のしたい事ができない現状への不満を意味しているか、あるいはそうなることを暗示しています。

     

    そして着陸の失敗の夢であれば、目標の達成や計画の最終段階で失敗するのではないか?という不安を暗示しています。

    あくまでもこれは自身が失敗するのではないか、と不安に思っている事を暗示しているだけであり、失敗そのものを意味しているわけではありません。

    失敗なんてするはずない、と失敗について一切考えないのは少し問題ではありますが、失敗するかもしれないとネガティブになるよりも、失敗の可能性を頭の片隅に置いておく程度で成功を願うように、前向きに向き合うと良いでしょう。

     

    まとめ

    捉え方次第で活かせる!飛行機が落ちる夢を振り返ろう

    今回は飛行機が落ちる夢について解説しました。

    ちなみに豆知識として、飛行機というのは「浮いている」のでは無く「落ちている」乗り物です。

    乗ったことがない人でも、飛行機がジェットで飛んでいるという事くらいは知っているでしょう。

    あれはあくまでも真っ直ぐ進んでいるだけであり、ヘリコプターのように浮力を生み出しているわけではありません。

    ただ勢いよく前に飛ばし、地球の重力に引っ張られる形で「落ちながら飛んでいる」というのが飛行機という乗り物だったりします。

    そんな飛行機が墜落する夢、今回のまとめとしては以下の通りになります。

    • 飛行機は計画や旅を意味し、飛行状態は計画や旅が順調に進んでいるのかどうかを意味する。
    • 基本的に墜落する=計画に支障をきたしたり、行動力を削いだりする意味がある。
    • 落ち方や場所、乗っている人などによって良い意味にもなる。
    • 不安が夢となるパターンもあるため、まずは自身の精神状態を見つめ直す事が大事。

    といった所でしょう。

     

    また、夢というのは「日常で見たり聞いた事を整理する上で見るもの」という説があるように、日中に墜落事故のニュースを見たから夢に出てきたという事もあります。

    その際は夢占い的な意味が無いこともあるため、深く気にする事はありません。

    夢占いはあくまでも暗示、そうなるであろうという予測です。

    そのため真剣に悩むよりも、当たったら良いな、当たったらどうしよう、と意識できる範囲で意味を調べたり、注意するように心掛けるとチャンスを掴めたり、あるいは問題を回避することができるかもしれません。

  • 関連記事

    1. 知らない異性が出現!夢占いが暗示する意味

    2. 掃除の夢!場所・道具別の夢占いの意味

    3. 関東のおすすめデートスポット25選!シーン別にご紹介します!

    4. 買い物の夢を診断!内容別の夢占いの意味

    5. カエルの夢!様子や状況で分析する夢占い

    6. 好きな人と両思いになる完全ガイド!出会いから長続きの秘訣まで解説

    7. 元彼が夢に出てくるのはなぜ?あなたの隠された想いを再確認

    8. 死体の夢!対象・関係別の夢占いの意味