綺麗な名前99選!女の子・男の子別に紹介

子供には良い名前を付けたい、そんな親御さんは多いでしょう。

祝福されるべき新たな生命にピッタリで綺麗な名前を今回は男女別にご紹介します。

1.女の子の赤ちゃんに人気な綺麗な名前

男女平等が声高に叫ばれる今の時代において、男らしくや女らしくなんて言葉は時代遅れ、あるいは男女差別だなんて言われてしまうこともあります。

そうはいっても、男の子は男の子らしい名前、女の子は女の子らしい名前が一般的です。

カッコいい名前、可愛い名前、渋い名前、綺麗な名前と色々あるなかで、今回ご紹介するのはその中でも綺麗な名前です。

「綺麗」の基準は人それぞれですが、

  • 字の印象が綺麗
  • 字の意味が綺麗
  • 字の並びが綺麗
  • 読み方・音が綺麗

という点に注目して当てはまる名前の例を挙げていきます。

1-1.漢字一文字の綺麗な名前

女の子の漢字一文字の名前について、よく見られるのは花に関する名前です。

花は読み的にも印象的にも女性的なものが多く、名前に使われる花はたくさんあります。

例えば、

  • 「桜(さくら)」
  • 「梅(うめ)」
  • 「椿(つばき)」
  • 「蕾(つぼみ)」

など。

花以外で漢字一文字の名前の例には、

  • 「和(いずみ・のどか等)」
  • 「麗(うらら・れい等)」
  • 「汐(うしお・しお等)」

などがあります。

「和」という字は、色々な読み方があります。

音読みであれば「オ・カ・ワ」という読みがあり、訓読みであれば「こたえる・なご(む・やか)・なご・やわ(らぐ・らげる)」という読みがあります。

更に名前であれば「あい・あき・かず・かた・かつ・かのう・たか」など、他にも読み方ある非常に読み方の多い字だったりします。

「和」の意味は、平和という漢字に用いられるようにおだやかな様子や仲良くなるという意味があります。

1-2.漢字二文字の綺麗な名前

女の子に人気の漢字二文字の綺麗な名前は、

  • 「美桜(みおう等)」
  • 「凜華(りんか)」
  • 「花蓮(かれん)」
  • 「瑠璃(るり)」

など枚挙にいとまがないほどに存在します。

女性的なイメージのある字には綺麗な意味があるものが多く、それらを組み合わせると、綺麗な印象・意味を持たせた二文字の名前になりますね。

1-3.漢字三文字の綺麗な名前

漢字三文字の名前は、一昔前だと「〇〇子」というのがほとんどではないでしょうか?

ちょっと古臭い感じがするし、三文字の名前というのはバランスも取りにくいので、少数派に入ります。

しかし、少ないということは個性を出せるチャンスでもあります。

三文字になると漢字の組み合わせのバリエーションが増えるので、人と被りにくくなります。

三文字の名前で人気例を紹介しますと、

  • 「野々花(ののか)」
  • 「世千佳(せちか)」
  • 「琴音美(ことみ)」
  • 「菜乃葉(なのは)」
  • 「伊緒莉(いおり)」
  • 「彩桜春(いろは)」
  • 「千愛姫(ちあき)」
  • 「沙也加(さやか)」
  • 「日菜乃(ひなの)」
  • 「日和里(ひより)」
  • 「佳那美(かなみ)」
  • 「穂乃花(ほのか)」

といったところです。

三文字の名前は、和風、古風が多いと思いきや、使う漢字によっては現代風な綺麗な名前を作ることができます。

漢字は画数が少ないものがどちらかと言えばベターです。

画数の多い漢字を一文字使ったら、残りの文字の画数を少なくすることでバランスを取ると、重く感じられずスッキリとした印象の名前になりますよ。

1-4.「子」がつくけど今っぽい名前

「子」は昔の女の子の名前の定番というイメージがありますね。

ですが、名前によっては今風で響きが可愛らしいものもあります。

人気の芸能人の名前で見かけることもあり意外と付ける方も多いんです。

  • 「麻子(まこ)」
  • 「莉子(りこ)」
  • 「麻友子(まゆこ)」
  • 「日奈子(ひなこ)」
  • 「萌子(もえこ)」
  • 「桜子(さくらこ)」

また、「子」という字には自分の人生を全うしますように、という願いが元々込められているようです。

お子さんがより良い人生を歩めるよう、「子」の前に付ける漢字を考えてみるのも良いですね。

1-5.重ね言葉の綺麗な名前

重ね言葉の名前は女の子ならではと言えます。

有名なのは豊臣秀吉の妻「寧々(ねね)」ですね。

重ね言葉は響きも良く、呼びやすく親しみやすいという点で女の子にピッタリな綺麗な名前と言えます。

人気の重ね言葉としては、

  • 「寧々(ねね)」
  • 「乃々(のの)」
  • 「萌々(もも)」
  • 「瑠々(るる)」
  • 「希々(きき)」
  • 「羅々(らら)」
  • 「美々(みみ)」
  • 「来々(ここ)」
  • 「奈々(なな)」
  • 「耶々(やや)」

などがあります。

同じ漢字を並べてもいいのですが、画数の多い漢字だと重たく見えてしまいます。

二文字目に「々」を使うことで、見た目もスッキリとしますよ。

また、漢字表記ではなくひらがな表記もオススメです。

ひらがなの丸さや柔らかな感じが、綺麗なだけでなく可愛らしさの演出にもなりますね。

1-6.古風・和風なイメージの綺麗な名前

大和撫子のようなおしとやかな女性に育って欲しいと思う親御さんもいることでしょう。

例えば

  • 「小春(こはる)」
  • 「弥生(やよい)」
  • 「千景(ちかげ)」
  • 「琴音(ことね)」

などは、和風・古風かつ綺麗でしとやかなイメージがありますね。

1-7.季節・自然のイメージを持つ綺麗な名前

花や植物、あるいは海など、その季節をイメージさせるものにちなんだ名前も人気です。

また、生まれた季節そのものの漢字を入れるのも、四季が美しい日本ならではの名前で綺麗ですね。

ここでは季節名を入れた名前を紹介します。

  • 「春花(はるか)」
  • 「千夏(ちなつ)」
  • 「千秋(ちあき)」
  • 「美冬(みふゆ)」

1-8.響きが美しい名前

名前は書くよりも呼ばれる方が多いため、音としての響きの美しさも大切にしたいですよね。

例えば、

  • 「和泉(いずみ)」
  • 「恵麻(えま)」
  • 「鈴(すず、りん)」
  • 「千歳(ちとせ)」
  • 「芽生(めい)」

など、少し柔らかい音の方が耳あたりが良く、より響きの美しさが強調されます。

毎日たくさん呼んであげる名前だからこそ、耳に届いて心地よい音を選んであげると良いでしょう。

1-9.外国でも通用する綺麗な響きの名前

言語が違うと発音できる音も異なります。

海外の人が日本語の名前をきちんと呼ぶには相応の練習が必要ですし、日本人が海外の人の名前をネイティブに呼ぶにも練習が必要です。

そこで海外でも通じる読み方の名前が輝きます。

海外でも使われている名前と似た響きで日本人の名前でも違和感がない名前があります。

例を挙げると

  • 「サラ」
  • 「エリカ」
  • 「マリー(まり)」

など。

基本的に「あおい」のように日本語の母音が連続するような名前でなければ大体通用します。

母音が続く名前は海外だと発音しにくく、なかなか通用しないので注意しましょう。

2.男の子の赤ちゃんに人気の綺麗な名前

続いて、男の子の赤ちゃんに人気の綺麗な名前を紹介します。

2-1.漢字一文字の綺麗な名前

漢字一文字で付ける名前というのは、大抵がその漢字自体の意味を込めて名付けるものです。

男の子に用いられる綺麗な漢字一文字の名前の例を挙げると、

  • 「蒼」
  • 「碧」
  • 「奏」
  • 「湊」
  • 「慧」
  • 「蓮」
  • 「樹」
  • 「楓」
  • 「朔」
  • 「陽」
  • 「光」

などがあります。

いくつかの漢字について意味を解説していきましょう。

「蒼(あお・そう・しげ)」「碧(あお・へき・みどり)」は、どちらも青色を意味する単語ですが色合いが異なります。

蒼で言えば緑に近い色合いで、わかりやすく言えば信号の青色です。

緑と言う人も居ますが、あの色を蒼色と考えても良いでしょう。

ちなみに碧はどんな色なのかと言うとエメラルドグリーンに近い色です。

蒼は倉に草冠、つまり倉に青草をしまう所を示し、緑がかった青を示す色という意味があります。

碧は王白石、王は玉を意味し、白は輝く事を意味し、石はそのまま石ころなどの石を指します。

つまり輝くような玉石を意味する漢字であり、それが綺麗な青緑だった事から色を表す言葉として用いられるようになりました。

「奏(そう・かなで・もうす)」という字についてですが、一般的には奏でるという音を鳴らしたり曲を演奏したりする漢字のイメージが強いでしょう。

それも間違ってはいませんが、この字の本来の意味は「差し上げる」、あるいは「申し上げる」というもので、神様が降りてくる時のように物を差し出す事が文字の由来とされています。

そこから、神様に物を差し出す、神様のために舞や音楽を奏でるというように意味が追加されていったと考えられています。

「湊(そう・あつ(まる)・みなと)」という字は、奏にさんずいを付けた漢字です。

この字は「みなと」という読みの通り、港を指す漢字でもあります。

その意味の由来は、奏の本来の意味である物を差し出すという意味が一箇所に集まるという意味になり、そこに水を表すさんずいへんが付く事で水が集まる場所という意味の字になり、水がある場所=海、海に近い場所として港の意味を持つといった変化を経たとされています。

勿論、「奏」を奏でるという意味で用いて音楽を奏でるような人になってほしいという意味で名付けるのも良いでしょう。

「湊」という名前であれば、人が集まってくるような人徳・人気のある人になってほしいという意味を込めることができます。

「慧(かしこ(い)・さと(い)・え・けい)」は、その読み通り賢い事、頭が良い事を指す言葉です。

慧という字が賢さを示す漢字として、意味は「一瞬の閃きがある」というものがあります。

これは、慧の上部分である字は彗星(すいせい)の彗を元にしており、彗星とは流れ星なんかで見るガスなどで尾を引いて光る星の事を指します。

この彗星が光る様子を一瞬の光として、それが一瞬の閃きに転じ、慧という漢字が生まれたのです。

そのため「慧」という名前であれば、賢い子になるようにという意味を込めることができます。

「蓮(れん・はす・はちす)」は文字通りハスの花を意味する字です。

ハスの花は池や沼地に生え、日本食でも馴染み深いレンコンは蓮の根っこ部分です。

そして仏教においてお釈迦様が乗っているのは蓮で、蓮の花は仏教において象徴的な花とされています。

実際、仏教の元であるインドでも蓮は馴染み深い花です。

泥の上で綺麗な花を咲かせることから、泥を「苦しみ」に蓮を「幸せ」に見立てて「苦しい事の先に幸せが待ち受ける」ことを意味する仏教の根本と通じる花として扱われています。

花言葉でも「清らかな心や神聖」といった綺麗なものであるという意味の言葉があるように、まさに綺麗な名前であると言えるでしょう。

2-2.漢字二文字の綺麗な名前

漢字二文字で綺麗な名前として挙げるなら、

  • 「朝陽(あさひ)」
  • 太陽(たいよう)」
  • 「陽向(ひなた)」
  • 「悠人(はると・ゆうと等)」
  • 「伊織(いおり)」

などがあります。

「朝陽(あさひ)」「太陽(たいよう)」「陽向(ひなた)」はどれも共通して太陽に関係する名前ですね。

「太陽」は文字通り日中を照らすお天道さま、日本神話においては最高神である天照大御神がつかさどっています。

「お天道さまが見ているから悪いことはするな」という言葉があったり、国旗にも描かれていたり、日本では象徴的な存在です。

「朝陽」は、昇っていく朝の太陽の事を指し、「陽向」は太陽に照らされている場所の事を指します。

これらの名前を付けるのであれば、太陽のように明るく清らかな子に育つようにという意味を込めることができます。

 

漢字二文字の名前の中には、漢字一文字の名前で挙げた字が用いられているものも多くあります。

例えば、

  • 「湊太(そうた)」
  • 「蒼生(あおい、そうき)」

など。

綺麗で清々しさを感じる名前ですね。

2-3.古風・和風なイメージの綺麗な名前

古風といえばどこか堅苦しく感じてしまったり難しいようなイメージもあるかもしれませんが、古くから今にいたるまで使われている言葉を元にした綺麗な名前があります。

例えば「日向」

ひなたと読む人も居るかも知れませんが、古風な読み方でいえば「ひゅうが」と読むことができます。

かつての旧日本海軍の戦艦に付けられた名前で、現代の海上自衛隊にも名前を継いだ「ひゅうが型護衛艦」も存在しています。

まさに男の子にピッタリなカッコよくて綺麗な名前ですね。

他にも古風かつ和風として外せないのは「大和(やまと)」でしょう。

かつての我が国の名前であり、有名な戦艦大和にも付けられた名前でもあり、まさに日本男児と言える古風かつ和風、そして伝統ある名前です。

2-4.季節・自然のイメージを持つ綺麗な名前

名前というのは見た目と同じく第一印象を決める要素の1つです。

意味がわかりやすい名前であれば、そのイメージが第一印象にも繋がりやすいですよね。

そういった意味でも季節や自然のイメージは綺麗な印象を持たれやすいと言えるでしょう。

例えば花の名前ですが、花は女性的なイメージが強いため男の子よりも女の子に用いられる傾向があります。

自然をイメージする名前で男の子に多いのは海が付く名前でしょう。

  • 「海斗(かいと)」
  • 「拓海(たくみ)」

など、海の字が入った綺麗な名前はいくつかあります。

広大な海になぞらえて、海のように大きな人間になってほしいという意味を込める事ができます。

大きいといっても、身体という物理的な大きさもあれば、器の大きさ、心の広さなどもあります。

そういった総合的な人としての懐の大きさを誇れるような人になってほしい、といった意味を込めることができます。

そして季節と言えば春夏秋冬、春は暖かく穏やかなイメージ、夏は熱く活発なイメージ、秋は落ち着いた大人なイメージ、冬は冷静で神秘的なイメージがあります。

男の子であれば

  • 「春樹(はるき)」
  • 「秋人(あきと)」
  • 「冬樹(ふゆき)」

といった季節の名前が入った名前があります。

2-5.外国でも通用する綺麗な響きの名前

男の子なら「じょうじ」という読みの名前、これなら海外でも「ジョージ」という名前があるため、海外の人にも通用すると言えるでしょう。

綺麗なイメージを付けやすい読みで言えば、同じく海外の名前で多い「ゆうり(ユーリ)」などが良いでしょう。

他にも英単語の読みと同じ読みの名前など。

例えば「瑛斗(えいと)」

海外でエイトは数字の8(eight)を意味しています。

8は横倒しにすることで無限を示す「∞」に見えるため、縁起が良いと言われています。

他にも時代を意味するageと同じ読みの「えいじ」などがあります。

英単語と響きが似ていて、意味も通じやすく日本人の名前でも違和感がない名前なら、海外の方も呼びやすいですね。

3.男女どちらの赤ちゃんに付けてもOK!中性的で綺麗な名前

最後に男女どちらにも付けることができる中性的な名前をご紹介しましょう。

女の子でも男の子でも違和感がなくしかも綺麗な印象があるのは、

  • 「真琴(まこと)」
  • 「晶(あきら)」
  • 「薫(かおる)」

などですね。

中性的な名前はどちらに付けても違和感の無い反面、名前だけでは性別がどちらかわかりにくいという難点もあります。

聞いただけで性別がわかるような名前を付けたい場合は注意が必要です。

4.綺麗な名前と間違えやすいキラキラネームとは

響きはとても綺麗でも、実はキラキラネームだったなんてことも珍しくはありません。

キラキラネームとは、あまり一般的ではない奇抜な名前や、漢字を本来とは違う読み方にあてる名前のことをいいます。

例えば、

  • 希星(きらら)
  • 紅葉(くれは)
  • 希空(のあ)
  • 海(もあな)
  • 月(らいと)
  • 永遠(とわ)

などです。

音として聞く場合は、とても美しく可愛いですよね。

しかし、このような名前は、個性が強く、当て字などの読みにくさによってキラキラネームと認識されてしまいがち。

キラキラネームと言われる名前の子どもたちが増えてはいるものの、残念ながら万人受けしているとは言えません。

キラキラネームは親のエゴだと批判的に見ている人が多く、また付けた親本人も後悔している場合があるというのが現状です。

付けられた子どもが裁判を起こし、改名に踏み切ったというニュースも多く耳にします。

親の思いや願いがたくさん込められている名前ですが、名前を背負って生きるのはその子本人だということを忘れてはいけません。

良くも悪くも、その子の人生に大きな影響を与える名づけ。

キラキラネームでなくとも名前に愛情を乗せることは可能です。

その子のことを一番に考えて、素敵な名前をつけてあげてくださいね。

5.女の子に綺麗な名前をつけるときの決め方はある?

「綺麗な名前を付けてあげたい!」

特に、生まれた赤ちゃんが女の子だったときに親御さんはそう思うようです。

名付けの時は、色々な名前があって迷ってしまうもの。

ここでは、女の子に綺麗な名前をつけるときの決め方をいくつかご紹介します。

5-1.音のイメージ、響きを考える

名前をつける時には、音のイメージや響きから決める方法があります。

例えば、

  • 柔らかく穏やかなイメージの「かのん」
  • 涼やかで透き通るようなイメージの「れい」
  • 少し古風で凛としたイメージの「みやび」

など、音によって印象が大きく変わりますよね。

その子のイメージに合ったもの、もしくは周りから持たれたいイメージから名前を考えてみるのはいかがでしょうか。

5-2.呼びたい愛称から考える

名前の一文字をとり「〇〇ちゃん」と呼ぶ場面はとても多いですよね。

その際に呼びたい愛称から名前を考えるという方法があります。

例えば、「しーちゃん」と呼びたいなら「椎香(しいか)」というようにです。

また、胎児ネームから考えるというのも、より思い入れ深い名前を付けることができるのではないでしょうか。

5-3.生まれた季節から考える

四季の特徴から名前を考えるのも良いでしょう。

春生まれなら、春の花から

  • 「藤花(とうか)」
  • 「菫(すみれ)」

夏生まれなら、ひまわりや海から

  • 「日葵(ひまり)」
  • 「岬(みさき)」

秋生まれなら、紅葉や中秋の名月から

  • 「紅里(あかり)」
  • 「満月(みつき)」

冬生まれなら、

  • 雪の結晶を意味する「六花(りっか)」
  • 寒い中でも花を付ける樹木から「柊花(しゅうか)」

など、季節を由来にすることで情緒あふれる綺麗な名前を付けることが可能です。

6.まとめ:綺麗な名前を付けたい!赤ちゃんのイメージに合った意味や響きで決めよう

以上、子供につける綺麗な名前についてご紹介しました。

名付けは親の思いが先行しがちですが、イメージに合わない名前を付けられると違和感を覚えることもあるかもしれません。

そのため、今回紹介した以下の要素を元に、赤ちゃんに抱いたイメージに合う名前を付けるようにしましょう。

  • 綺麗な名前を決める要素は「字面」「文字の意味」「呼んだ時の響き」
  • 古風・和風な名前も現代的で綺麗な名前になりうる
  • 季節や自然の名前はその名前の元になったイメージがそのまま名前のイメージになりやすい
  • 海外でも通じやすい名前は英単語の読みと同じか、海外でもある人名に近い読みのもの

以上の点を踏まえ、名付けられた子ども自身が気に入り、誇れるようないい名前をつけてあげてください。

関連記事

  1. お盆休みにおすすめ!穴場の国内旅行先は?

  2. 短期間で効果的に!おすすめダイエット方法

  3. 鬼怒川温泉!おすすめ観光スポット・宿特集

  4. 竜巻の夢が暗示する夢占いの意味を診断

  5. 2月の誕生石・星座の宝石の意味とは?

  6. シェア彼デートでママ活ができる?特徴や評判

    シェア彼デートでママ活ができる?特徴や評判

  7. フェリ恋アプリとは?特徴・料金・使い方まで全網羅

  8. 怒られる夢が暗示する夢占いの意味とは?

フェリ恋 フェリーチェについて フェリーチェについて 恋愛四季報の本 恋愛四季報の本