洪水の夢!夢占いが暗示する意味を解説

島国である日本において水のトラブルはわりと馴染み深いもので、地震による津波から大雨による川の氾濫など、水に襲われたり洪水の機会も結構あります。

 

夢の中でも洪水に襲われてしまう、実はそんな夢にも意味があったりします。

今回はそんな洪水の夢について、夢占いから見た意味や暗示を解説します。

 

洪水の夢を見るときのあなたの感情や心理の状態

人類の文明というのは川と共に育ったと言っても過言ではありません。

かつての4大文明も大きな川のある場所で生まれていますし、現代においても水は人にとって欠かせないものです。

そして川の近くで文明を築く、つまり生活をする上で現代まで悩まされる事になるのが川の氾濫、そしてそれによる洪水被害です。

水の勢いというのはいうなれば質量の暴力でもあります。

川の水かさが増えて近くの街が水浸しになる程度であれば、困る事には困りますが大事になるほどではありません。

しかし、半身まで浸かるほどの水量になれば勢いがついて流される事もあり、それだけあれば勢い次第で建物すら流される事になりかねません。

 

夢の中でも、そのような洪水にあえば怖くて目が覚めると寝汗がびっしょり、なんて事になるかもしれません。

そんな洪水の夢を見る場合の心理状態はというと、何かしらの問題を抱えている状態であると考えられます

というのも、夢における洪水は心にある問題がどうなるかを暗示しており、雨が原因の場合、その雨の量が問題の量を表しています。

つまり、大雨の洪水であればそれだけ大量の問題を抱えているという事を暗示しています。

洪水自体の意味は以上、実際にその問題がどう影響するかは、水の色で変わってきます。

 

濁流の洪水であれば悩みが増えたり、問題によって健康に悪影響が出ることを暗示していて、逆に綺麗な透き通った水なら、問題が解決する事を暗示しています。

そのため、洪水の夢というだけであれば良いも悪いも無く、どちらの可能性もある夢であると言えます。

 

洪水にあった状況別!夢占いが暗示する意味とは?

夢というのは大抵何かしら長時間続くもので、洪水の夢も「洪水が起きました、終わり」なんてシンプルな内容で終わる事よりも、洪水が起きてそれから何か行動したり洪水が起きた結果どうなったかといった展開の違いによってその夢の暗示する意味が変わってきます。

まずは洪水によってどうなっているか、という状況別に意味を解説していきましょう。

 

洪水から避難している夢

洪水が発生し、それから避難するという夢の場合、避難の結果によって意味が変わります。

避難し、上手く被害を受けずに避難することができたのであれば、努力が実り仕事や学業、あるいは今取り組んでいる事が成功し、成果を得られることを暗示しています。

 

また、避難の際に船を用いた上で避難に成功した場合はもし災難があったとしても、幸運によって上手く切り抜ける事ができるという事を暗示しています。

 

失敗した場合、つまり洪水によって流されたり、助かったり、あるいは溺れたり死んでしまった場合は後述する意味合いになります。

 

また、避難する際に自転車を使っている場合は、その問題や悩み、災難からいち早く逃げ出したいという気持ちを暗示しており、そしてその気持ちからくる行動が自分自身のキャパシティをオーバーしてしまっている可能性を示唆しています。

自分自身のキャパシティを超えた事は大きな負担となり、そこからくる不安に押し潰れそうな気持ちが問題から早く逃げ出したいという気持ちとなり、夢に表れている可能性があります。

 

洪水に流される夢

人が流されるほどの大洪水、それほどの規模になると人以外のものも流される事になるため、大惨事になるでしょう。

夢の中で洪水に流されるような内容だった場合、自分が流されるのか、他人が流されるのかによって意味が異なります。

 

自分自身が流される場合は周囲が原因のトラブルに巻き込まれる事を暗示しています。

流されるほどの勢いのトラブルは自身では解決ができない、あるいは困難である事を示し、そのまま流されてしまう場合は問題解決まで時間がかかる事を意味します。

 

周囲ごと流されるような内容であった場合は、あなた自身の人生の転機を暗示しています。

 

基本的には転機を迎えて良い環境になる事を暗示していているため、良い夢であると言えます。

 

他人が流される場合は、その人に危険が迫っている事を暗示しています。

 

その危険がどういったものか、いつの事かはわかりませんが、注意しておくに越したことは無いでしょう。

 

また、洪水が濁流であれば意味が大きく変わり、恋愛関係にある相手との関係が上手くいかず、イライラしたり深く悲しんだりといった感情の高ぶりを表しています。

一度冷静になって、落ち着いた状態で問題について考えると良いでしょう。

 

洪水の中を車で逃げる夢

洪水の中を車で移動するのは、水の深さによっては車が動かなくなったり、水圧で扉が開かなくなったりもするため、危険な行為です。

夢の中で洪水の中を車で逃げようとする夢の場合、直面した問題から逃げ出したいという願望を暗示しています。

そしてその車が流されてしまうという状態はミスが原因でトラブルが発生してしまう事を暗示しており、更に車内に浸水し、水浸しになってしまえば経済的に致命的なダメージを被ることを暗示しています。

 

洪水の結果別!夢占いが暗示する意味とは?

洪水で流された後、その後助かるか、死ぬか、洪水で流されている最中に溺れてしまうかなどの結果によっても意味が変わります

洪水はただの水の勢い、川で流されるような生ぬるいものではなく、規模が大きくなれば建物や車なども一緒に流されてしまいます。

そのため、溺れる以上に物理的な危険も大きく、何かに捕まって流されているのならまだしも、完全に水の中で溺れている状態では生存率がとても低いです。

もしも現実で洪水被害に遭い、そして避難が間に合わなかった場合はとにかく何か安定したものの上や、建物の屋上に行くようにしましょう。

 

助かる場合

洪水で助かる場合、これは「自分の努力で助かった場合」か「誰かに助けられた場合」のどちらかで意味が異なります。

 

まず自分の手で泳ぐなりして助かった夢であれば、自身の努力が報われる事を暗示しています。

それはこれまでの努力だけではなく、これからの努力に関しても適応されるため、この夢をみた後は努力をすればするほどそれだけ報われる結果を得られる事でしょう。

また、洪水の規模がそれほどでも無く、努力するまでも無く助かったのであれば、何か周囲でトラブルが生じても苦労せず解決できるという事を暗示しています。

 

誰かに助けられたという場合は、自分自身に問題解決のための能力が足りないことや、精神的な疲労によって判断が鈍っている事を暗示しています。

自分の考えだけでは物事が悪い方向に進んでしまうため、他の人からのアドバイスをもらう事を心がけましょう。

 

助かる、というのとは少し意味合いが違うかもしれませんが、洪水になった結果の1つとして、洪水になった後に水が流れて引いていくというパターンも存在します。

この場合、問題や不安を示す洪水が流れて無くなるというのは問題や不安も少しずつ解決していくという事を暗示しています。

ただ、「問題を解決できず、手遅れになった」という可能性もあるため、良い夢であると断定はできません。

 

溺れる場合

洪水にさらわれ、そのまま溺れてしまう場合は、その状態そのもののように問題に溺れてしまうという事を暗示しています。

問題に対して解決しようと、抜け出そうとしているものの、抜け出せずにいるという状態を暗示しています。

ただこの問題というのは、どうしても解決できずただ流されるしかないというものではなく、心のどこかで依存してしまっている事から本腰を入れて解決しようと行動する事ができないでいるというような問題の事を指しています。

そのため、今一度自分自身を見つめ直し、問題を直視してしっかりと解決に迎えるように行動する事が大事です。

 

死ぬ場合

流されたまま死を迎えてしまう場合、自分が死ぬ夢なんて縁起が悪いと感じてしまうでしょう。

しかし夢占いにおいて死とは再生を意味しており、転じて環境や現状が一新されることで運気が上昇するという意味を持ちます。

そして洪水の夢でも同様に、死は良い意味をもっています。

 

自分が洪水で死んでしまう夢は、今までの抱えていた問題が全て解決し、結果として一新された環境によって運気が上昇する事を暗示しています。

新たな再スタートに適した状態になるため、新しいことを始めるきっかけになるでしょう。

 

家が洪水に巻き込まれる!夢占いが暗示する意味とは?

自然災害とは人々が普段利用している機械などが生み出すパワーよりも圧倒的な、それこそ桁違いのエネルギーを有しています。

台風や地震も膨大なエネルギーによって生じており、水の勢いも水車や水力発電として利用しているように、絶大なエネルギーを有しているのです。

そんな水による災害、洪水では水の量と勢い次第では建物すら流されてしまうほどの被害を出す事もあります。

流石にそこまでの大惨事はそうそうありませんが、それでも首辺りまでの浸水があれば後は勢い次第で車や建物を破壊してしまえるのです。

 

洪水の夢において家は家族、あるいは生活を表しています。

そのため、家が巻き込まれるという事はすなわち家族に関係する事か、日々の生活に関係する事を暗示しています。

 

家が浸水する場合

家が流されるというよりも、家や部屋にどんどんと浸水してしまうという場合であれば、自身の生活環境に問題があることを暗示しています。

この場合、食生活や睡眠時間などの健康に関わる部分の乱れを表しており、健康に問題が生じるであろう事を警告する夢になります。

 

家が流される場合

夢で家が洪水に流されてしまう場合は、家庭内で問題が発生することを暗示しています。

家族を巻き込んだトラブルであるため、原因をしっかりと調べた上で解決しなければ、家庭内の関係に悪影響が及びかねません。

 

また、家といっても一軒家だけではなく、例えばマンションが出てくる事もあります。

マンションが出てきて、洪水が襲いかかるという場合。

この場合、基本的にマンションが流される事はありません。

一軒家や木造住宅と異なり、マンションは丈夫に造られているため、普通の家が流される程度の洪水では流される事はありません。

 

マンションが洪水に襲われている場合は問題や悩みが襲いかかるものの、それに飲み込まれる心配は無いという事を暗示しています。

ただ問題が存在している以上、人間関係や金運などに悪影響が出る可能性があり、あくまでも問題の直接的な被害に合う事が無いであろうという程度の意味だという事は注意しておくべきでしょう。

 

洪水で流される人を助ける夢が暗示する意味とは?

災害の時に人を助けようとする気持ちは大切です。

それこそ災害の時は文字通り火事場泥棒を行う人もいれば、治安の悪い国などでは略奪・暴行が横行するような世紀末になることだってあります。

その点で言えば日本という国、そして日本人は昔から災害に悩まされていただけあってそういった事を行う前に避難や協力を行います。

しかし、助けようとして助けられなかったばかりか自分まで危険に晒しては意味がありません。

助け合いは美しい事ではありますが、無責任に手を差し伸べるよりも、まずは状況を把握した上で助けられる余裕を持っている状態で手を差し伸べるようにしましょう。

 

洪水の夢で誰かを助ける場合、特に苦労も無く助ける事ができたのであれば、それは自身の幸運が上昇する事を暗示しており、仕事や学業などが成功する事を意味しています。

 

しかし、逆に誰かを助けようと必死になっているという場合は、あなた自身にトラブルが降りかかるであろう事を暗示しています。

解決のためには周囲の人間の力が必要であり、支えてくれる人や倒れる人の存在が重要になります。

 

まとめ

洪水の夢を見たときは夢の中の行動や結果に注意しよう

以上、洪水の夢について夢占い的な意味を解説していきました。

 

リアルでも怖い洪水、夢の中でも流されるなんてたまったものじゃないでしょう。

以下の点をしっかりと確認し、夢を見た際に適切な行動ができるように注意すると良いでしょう。

 

  • 洪水は不安や問題を意味し、雨の量がそのまま問題の規模・量になる。
  • 水の色が綺麗な場合良い意味を持つが、汚れている濁流であれば悪い意味を持つ。
  • 基本的にネガティブな意味が強いが、死んだり逃げ切れたりする事は良い意味を持つ。

また、夢としてみた原因の1つとしてニュースなどで洪水について見た、あるいは体験したというものが存在します。

洪水というものに身に覚えがあるのであれば、夢占い的な意味は無く、ただ単に印象に残ったから夢に出てきたという可能性もあります。

洪水に限らず、夢占いを楽しむ際はその夢を見た原因についてもしっかりと考えましょう。

関連記事

  1. カエル顔の特徴!似ている芸能人とメイク術

  2. 祝卒業!学生におすすめの卒業旅行先は?

  3. 目的別!カップル旅行人気観光地ランキング

  4. 女性にモテるかっこいい言葉・名言特集

  5. ハムスターの夢が暗示する夢占いの意味

  6. 効果・目的別!ヨガのおすすめポーズ一覧

  7. かわいくてしかたがない女性になろう!彼氏をキュンとさせるには?

  8. 友情を意味する花言葉を持つ花・観葉植物