二文字の名前!人気・イメージ別に徹底紹介

一生付き合う事になる自身の名前、気に入らない名前であっても簡単に変更する事はできず、それこそ一生の中で重要な幼少期に名前でいじめられる事だってあります。

そんな事が無いように、子供の名前選びは慎重にしなければなりません。

今回は二文字の名前で人気だったり、良いイメージを抱くものを徹底紹介していきます。

 

1.男の子におすすめの二文字の名前

男の子に付けられる名前というのは、かっこいい、渋い、あるいは爽やかといったイメージの名前が多いでしょう。

名前にも時代に合った名前というものがあります。

こう言うと差別的だなんだと思う人も居るかも知れませんが、実際今の時代で五右衛門やら田助といった名前がついていたら、古臭いと感じるでしょう。

ある意味一周回って斬新かもしれませんが、少なくとも良い目立ち方はしません。

特別な名前を付けたいという気持ちはわかりますが、だからといって奇をてらうのは子供にとって良くありません。

名前を付ける上で大切なのは子供の気持ちを考える事、「子供を思う事」と「子供の気持ちを考える事」は別です。

折角いい名前を付けたと思えても、それが原因で子供が虐められ、名前が嫌いになってしまっては意味がありません。

男の子の名前を付ける時は、かっこいいと感じてもそれが「男性・男児から見てかっこいい」と思えるような名前であるかを注意しましょう。

1-1.ランキングで人気の漢字二文字の名前

まずは2019年において人気な名前をランキング形式でざっと並べていきましょう。

1位から30位までご紹介します。

1位

「陽翔(はると)」

2位

「悠真(ゆうま)」

3位

「大翔(ひろと)」

4位

「大和(やまと)」

5位

「陽太(ひなた)」

6位

「朝陽(あさひ)」

7位

「結翔(ゆいと)」

8位

「悠人(ゆうと)」

9位

「陽向(ひなた)」

10位

「湊斗(みなと)」

11位

「颯真(そうま)」

12位

「蒼大(そうた)」

13位

「奏太(そうた)」

14位

「伊織(いおり)」

15位

「陽斗(はると)」

16位

「奏汰(かなた)」

17位

「陽大(ひなた)」

18位

「颯太(そうた)」

19位

「悠斗(ゆうと)」

20位

「一颯(いぶき)」

21位

「瑛太(えいた)」

22位

「大智(だいち)」

23位

「瑛斗(えいと)」

24位

「結斗(ゆいと)」

25位

「碧人(あおと)」

26位

「蒼真(そうま)」

27位

「陸斗(りくと)」

28位

「悠翔(ゆうと)」

29位

「颯人(はやと)」

30位

「海斗(かいと)」

参考:「たまひよ 2019年赤ちゃんの名前ランキング」

 

以上が30位までの人気の名前です。

人気1位になった「陽翔(はると)」の「陽」は太陽を表し、「翔」は飛ぶことをイメージできます。

この二つの字から、陽翔は、太陽へ向かって空を飛ぶことを連想させます。

「元気いっぱいに育ってほしい」という願いを込めることができますね。

全体的には、「陽」や「翔」「斗」「人」「大」などが人気があり、名前の中によく使われています。

 

1-2.かっこいいイメージの二文字の名前

続いてイメージ順に名前を紹介しましょう。

基本的には上記のランキングを参照しつつ名前を選び、意味などを紹介していきます。

 

かっこいいイメージと言うと、主に読みと字面のどちらか、あるいは両方から得られる他にも、例えばアニメキャラのかっこいいキャラと同じ読みであれば、子供心にもわかりやすくかっこいい名前であると言えるでしょう。

ただ同時にアニメキャラと同じ読みの名前はそれで虐められたりする可能性があるのが難しいかもしれません。

少なくとも子供が生まれる前のアニメキャラの名前を元にするというのは控えた方が良いでしょう。

子供が生まれて成長する頃には少なくとも5~10年以上昔のアニメという事になるのですから、子供からすれば十分古いアニメのキャラという印象になります。

 

読みでかっこいい名前と言うと、「はると」「かいと」「やまと」といった読みでしょう。

「はると」「かいと」は海外でも名前の一部、例えば「ナインハルト」や凧という意味の「カイト」など、カタカナにしてもかっこいいイメージになります。

 

「やまと」は単純にかつての旧帝国海軍の世界最大級の戦艦「大和」と同じ名前であり、もっと古い例えであればそれこそ国の名前としての「大和」と同じです。

 

どちらもスケールが大きくかっこいイメージがあると言えるでしょう。

 

1-3.古風・和風なイメージの二文字の名前

古風や和風な名前というのは少々選ぶのが難しいと言えます。

何故なら上記でも語っているように一歩間違えると「古臭い・時代遅れ」な名前になってしまうため。

そのため、単純に昔から使われている名前の他にも、あくまで古風だなというイメージの名前を選ぶ事も大切です。

 

わかりやすい例で言えば前述した「大和」、これは昔から使われていますが、別に古臭いイメージはありませんし、まさに「日本」という名前でしょう。

和風というのは曖昧にも思えますが、様子に日本らしい、日本由来の名前というものを選べば和風であると言えます。

日本らしさ、例えば桜の字が入った名前……こちらは女子の名前の方が多いでしょう。

 

他には国旗にも書かれている太陽、太陽なんてどの国にもあると思う方も居るかも知れませんが、そもそも日本神話における主神、最高神クラスの神様である「天照大御神」は太陽を司る女神様です。

そして昔からお天道様が見ているから悪いことはしてはいけないというように、太陽信仰というのは民間でも身近に伝わっており、太陽が由来の名前は十分和風な名前であると言えます。

そのまま「太陽」という名前でも、太陽関係の名前として「陽向」「朝陽」も和風であると言えるでしょう。

 

1-4.外国でも通用する二文字の名前

海外でも通用する名前というのはいくつかのパターンに分けられます。

 

1つは海外でも同じ読みの名前が存在するというパターン。

この例で言うと海外で多い名前であり、日本語では「じょうじ」、漢字にするなら「譲治」でしょうか。

これなら「ジョージ」という読み方にはなりますが海外でも通用します。

 

2つ目は外国語で同じ読みの単語がある場合。

こちらは前述した通り、「カイト」という読みの英単語があるように、他にも時代を意味する「Age」は「エイジ」と読むことができ、名前としては「英治」「映司」など、日本でも普通に用いられています。

 

3つ目は外国語で使わない・読みにくい音を抜いた名前。

基本的に日本語で多く、海外でほとんど無いのが「母音が続く名前」というもの。

日本人でも読みにくいと感じる人が居ますが、海外の人となると更に読みづらく感じてしまうため、通じにくい名前となってしまいます。

例としては、一文字ではありますが「あおい」という読みの名前は海外の人はスラリと呼ぶ事ができないでしょう。

 

以上のパターンを踏まえると、海外の名前で使われる「ジョージ」の他にも「ケント(健人・絢斗など)」

血筋が良いという意味の「ugene(ユージーン)」に近い「ゆうじ」という読みの名前などが海外でも通用する二文字の名前と言えるでしょう。

 

1-5.珍しい二文字の名前

最後に珍しい名前

これこそ命名する上でもっとも鬼門にして最高難易度の名前であると言えるでしょう。

紹介する前に言うのもなんですが、「珍しいから」という理由で名前を選ぶのだけは止めたほうが良いです。

 

個性的な、誰とも被らない名前にしたいという気持ちはわかりますが、それこそ一時期話題になった「悪魔」というような名前にしたりして、実際に自分がその名前を付けられて嬉しいと感じますか?

珍しいも言い方を変えれば奇異なものになります。

奇異なものに対して興味を持つ人もいれば、避けたいと感じる人も居ます。

珍しい名前を選ぶ上でその点は忘れないようにしましょう。

 

男の子の名前で珍しいものと言えば「はる」という読みで「春留/春瑠」という名前や、一文字の男の子の名前で人気な「蓮」の字を使った「蓮弥(れんや)」など。

ありがちなのが読みを優先して後から字を当てはめる名前ですが、大抵読みも字も珍しい、あるいは奇異な名前になってしまいます。

 

そこでおすすめなのが字が珍しい名前です。

音が特殊な名前というのはどうしても悪目立ちします、言ってしまえば違和感があるのです。

それこそ明らかな日本人がアルベルトだのマーガレットなんて読みの名前を呼ばれていたら違和感を覚えるでしょう。

上記の名前もあくまで特殊なのは字の並びであり、読み方自体は特別おかしいというわけではありません。

強いて言えば「はる」という読みは女性寄りという点くらいでしょう。

そして字を凝るにしても、読みづらいというのは極力避けた方が良いです。

 

あくまで私的な意見として、名前を正しく読まれない、頻繁に間違って呼ばれるというのはとても不快に感じる事です。

本人が別に不快に思わないとしても、名前を読む側が単純に面倒臭く感じてしまうため、ぶっちゃけてしまえば実生活において読みが複雑で良い事なんてないでしょう。

珍しい名前にする際は、そういった点を踏まえてよく考えなければならないため、特に難易度の高い名前です。

それこそ一歩間違えるとDQNネームやキラキラネームと呼ばれるようなものになり、子供が虐められる原因になったりもします。

「DQN」とは、軽率そうな者や実際にそうである者、粗暴そうな風貌をしている者や実際に粗暴な者かつ、非常識知識知能が乏しい者を指すときに用いる[1]

引用:ウィキペディア

 

2.女の子におすすめの二文字の名前

続いて女の子の名前をご紹介しましょう。

こちらもランキングで30位まで選ばれたものを参照しつつ、各項目に合った名前をご紹介します。

女の子の名前で特徴的なものとして、ひらがなの名前があるという事。

名前を決める上で別に漢字にしなければならないという決まりはありません。

ひらがなでも、カタカナでも構わないのです。

流石にカタカナはハーフだったり、在日外国人の家系だからという理由でもなければおすすめはできませんが、ひらがなの名前というのは女の子であればごく普通に存在します。

2-1.ランキングで人気の漢字二文字の名前

男の子同様の条件で、2019年における人気な女の子の名前をご紹介します。

なお選ばれるのは上記の通り漢字二文字の名前だけになりますのでご注意を。

1位

「陽葵(ひまり)」

2位

「芽依(めい)」

3位

「結菜(ゆいな)」

4位

「咲良(さくら)」

5位

「莉子(りこ)」

6位

「結月(ゆづき)」

7位

「陽菜(ひな)」

8位

「美月(みつき)」

9位

「結愛(ゆあ)」

10位

「結衣(ゆい)」

11位

「朱莉(あかり)」

12位

「彩葉(いろは)」

13位

「杏奈(あんな)」

14位

「心春(こはる)」

15位

「琴葉(ことは)」

16位

「莉央(りお)」

17位

「琴音(ことね)」

18位

「美桜(みお)」

19位

「一花(いちか)」

20位

「莉緒(りお)」

21位

「咲希(さき)」

22位

「愛莉(あいり)」

23位

「美結(みゆ)」

24位

「芽生(めい)」

25位

「心陽(こはる)」

26位

「花音(かのん)」

27位

「心結(みゆ)」

28位

「一華(いちか)」

29位

「紗菜(さな)」

30位

「柚希(ゆずき)」

参考:「たまひよ 2019年赤ちゃんの名前ランキング」

 

人気1位の名前になった「陽葵(ひまり)」の「陽」の字は「太陽」を表し、「葵」の字は花の名前です。

この二つで向日葵(ひまわり)を連想させられます。

ひまわりから明るく活発なイメージが沸きますので、子どもに「明るい性格になってほしい」「元気いっぱい育ってほしい」という願いを込めることができます。

全体的には、「陽」や「莉」「菜」「結」などが人気があり、名前の中によく使われています。

 

2-2.かわいいイメージの二文字の名前

女性の名前の中で多いのはかわいいイメージの名前

こちらも男の子の名前と同じような選び方になります。

 

字にかわいいイメージがあると言えば、花の字や愛の字が入っている名前でしょう。

男の子の名前では花の字が入っている名前はとても少なく、それこそせいぜい「蓮」程度だったりします。

対して女の子の名前では「柚」や「桜」、「杏」や「葵」といった花の名前が入っている事が多くあります。

イメージも花のイメージや花言葉をそのまま名前の意味として込めることができるため、名付けやすいというメリットもあります。

 

ただ、かわいいイメージの名前というのは若い内であれば違和感が無いかもしれませんが、大人になるにつれて合わなく感じる事もあるので留意しておきましょう。

かわいいというのはかっこいいというイメージよりも更に幼さに近いイメージであり、逆に言えば幼さを感じるものはかわいく見えたりするものです。

そのため、かわいい名前でも大人になった時の事を考えた上で決定すると良いでしょう。

 

2-3.古風・和風なイメージの二文字の名前

古風・和風なイメージの名前、女の子の場合には古臭いと言われがちなのは字の終わりが子で終わる名前です。

「桜子」など、勿論あくまでそう思う人が居るというだけであって古い名前だとは言いません。

では女の子の名前で古風・和風といえばどんな名前があるかと言えば、わかりやすいのは男の子の名前通り日本由来のものだったり、日本に昔からある名前でしょう。

桜の字が入った名前、「桜花」「桜華」「小梅」などは和風かつ古風なイメージの名前であると言えるでしょう。

 

女性の古い名前として「おりょう」「おきく」などの、名前の前に「お」をつけて呼ぶ名前ですが、こういう名前は大抵漢字一文字なので現代では少々難しいでしょう。

 

2-4.外国でも通用する二文字の名前

海外で通じる名前に関しても基本的に男の子と同じです。

 

女の子で海外と同じ読みの名前と言えば「サラ(彩良・紗良など)」や「アンナ(杏奈・安奈など)」があります。

 

単語としては月を意味する「ルナ(瑠奈・琉菜)」はわかりやすいでしょう。

わりと日本語と同じ読みの名前は多く、そういった名前は大抵漢字二文字にできるため、男の子以上に通用しやすい名前が多いというのが特徴的です。

 

例えば他にも「マリー(茉莉・真里)」「リサやアリサ(梨沙・有紗)」などがあります。

 

2-5.ひらがなの二文字の名前

女の子の名前といえばひらがなの名前

ひらがなの名前は覚えやすく、かつ日本において最初に習う字であるため幼い子でも書いて覚えやすく、また柔らかいイメージがあるためかわいらしく感じるといったメリットがあります。

 

しかしその反面、かわいい名前でも触れた「幼いイメージ」が強いため、大人になるにつれて違和感を覚えやすいというデメリットも存在します。

ひらがなの名前はそのまま漢字の読みをひらがなにする事が多いため、三文字の名前が多く、二文字の名前は少ない傾向にあります。

二文字の名前だと、「はな」「あや」の他に「めい」「りな」などがあります。

 

基本的にそのまま漢字をあてる事ができる名前が多い関係上、逆に元々漢字の名前でもひらがなにしても違和感が少ないと考えることができるでしょう。

 

2-6.花や季節の物をイメージする女の子の二文字の名前

子どもの名前に花の名前は可愛らしいですよね。

春生まれの名前には、「桃」を使った「桃子(ももこ)」や「花梨(かりん)」「彩芽(あやめ)」などはいかがでしょうか?

夏ならば「百合(ゆり)」、秋ならば「紅葉(もみじ)」、冬ならば「柊」という字を使って、「柊花(しゅうか)」なども良いでしょう。

次に季節を感じさせる物の名前ですが、「弥生(やよい)」や「皐月(さつき)」は日本の暦の名前なのでおすすめです。

それぞれ「3月」、「5月」生まれの子どもの場合にピッタリの名前とも言えます。

他にも「和歌(わか)」や「一葉(いちよう)」も「THE日本」という響きがする感じが良いですね。

 

2-7.パパやママの名前から一文字もらう女の子の名前

パパとママの名前から一文字もらうというのも、ゲン担ぎや想いを込めるのに良い案ですよね。

特に女の子は結婚すれば名字が変わってしまいますから、「私たちの子ども」という意味で名づけるのはおすすめです。

例えば、ひらがなを一文字ずつもらうのであれば、パパの名前が「雅人(まさと)」でママの名前が「恭子(きょうこ)」であれば、「ま」と「き」をもらって「真希(まき)」。

また、漢字を一文字ずつもらうのであれば、パパの名前が「音也(おとや)」でママの名前が「華子(かこ)」であれば、「音」と「華」をもらって「華音(かのん)」となります。

このように名付ければ、パパとママの愛情をたっぷり込めることができますよね。

 

2-8.芸能人からヒントをもらう女の子の二文字の名前

芸能人の「芸名」というのも、可愛らしい名前が多いですよね。

将来、「この女優やアイドル、モデルみたいになってほしい」「この女優に思いいれがある」という気持ちがあれば、その名前にするのも良いでしょう。

土屋太鳳さんをマネして、「太鳳(たお)」や有村架純さんをマネして「架純(かすみ)」。

他にも

  • 橋本「環奈(かんな)」
  • 吉岡「里帆(りほ)」
  • 松岡「茉優(まゆ)」
  • 木村「文乃(ふみの)」
  • 桐谷「美玲(みれい)」
  • 浜辺「美波(みなみ)」

も可愛らしいですよね。

ただし、あまり煌びやかな名前にしたり、名字まで一緒になってしまうと子どもがその女優やアイドルと比べられてしまうということがあるので気をつけましょう。

 

女の子の名前で人気の漢字はこちらでもまとめています。

 

3.男女共に使える二文字の名前

子供の性別がわかる前から名前を決定する人も居ます。

そうした際に便利なのは男の子と女の子どちらが生まれても違和感のない、中性的な名前。

 

例えば「まこと」「かおる」「あきら」などが挙げられます。

基本的にこの3つの読み方は漢字一文字で「真」「薫」「晶」と書くこともできますが、漢字二文字で書くことも可能です。

「真琴」「真人」「誠人」など、他の字も「香織」「夏織」「日明」「暁良」と言ったような書き方があります。

 

漢字の並びで男性的・女性的なイメージも決定できるため、読みだけ決めておいて性別が確定したらその性別寄りの漢字を選ぶといった方法で名付けることもできます。

 

4.まとめ:二文字の名前はバランス良し!魅力溢れる名前を付けよう

以上、二文字の名前について解説しました。

今回解説した事や、名前をつける上での注意点は以下の通り。

  • 男の子は「○○と」や「○○た」が多い反面、女の子で共通する点は少ない。
  • 漢字自体に男性的・女性的なイメージがある。
  • ひらがなの名前をつけるのは女の子に多い。
  • 海外でも通じる名前でも日本的な名前は多い。
  • 珍しい名前は一歩間違えるとキラキラネーム、名前をつける難易度はもっとも高い。

以上の点を踏まえ、親としても子供としても後悔の無い、いい名前を付けられるようにしましょう。

また、子供が名前の由来を聞いてきた時に、子供が誇りに思えるような意味を付けられるのであればなお良いでしょう。

関連記事

  1. 元彼が夢に出てくるのはなぜ?あなたの隠された想いを再確認

  2. 追われる夢が暗示する夢占いの意味とは?

  3. 赤ちゃんの名付けで人気の古風な名前まとめ

  4. 国内旅行で人気の観光スポットを徹底解剖!

  5. 神社の夢が暗示する夢占いの意味とは?

  6. 虫の夢!状況・種類別でわかる夢占いの暗示

  7. 必見!相手をメロメロにするキスの方法

  8. 知らない人の夢が暗示する夢占いの意味は?