今すぐ実践!おっぱいを大きくする方法7選

もう少しおっぱいが大きいと嬉しいのになぁって思う事ありますよね。

おっぱいが大きくなれば自信もつきますし、スタイルが良く見えるので着こなしも良くなります。

そんなおっぱいを大きくしたいと思う女性のために、今すぐ実践できる方法を7つお伝えします。

 

マッサージでおっぱいを大きくする方法

一番手軽にできる方法がマッサージです。

マッサージの効果は血流を良くすることであり、おっぱい周辺の血流を良くすることでバストアップを図れます。

やり方は簡単で下記のポイントをおさえるだけです。

  • バストの下から上へとマッサージする
  • バストの外から内へとマッサージする

マッサージの際は、滑りを良くするためにクリームやオイルなどを使いましょう。

特に鎖骨や脇の下などは血管が多く、入念にマッサージすることで血流を良くすることができます。

 

バストアップマッサージですが、お風呂でやることをおすすめします。

理由としては、お風呂では身体を温めた状態でマッサージできるからです。

冷え切った身体でマッサージをしてもあまり効果は見込めませんので注意してください。

 

 

ツボ押しでおっぱいを大きくする方法

おっぱいを大きくする方法の2つ目はツボを押しです。

ツボと聞くと少しうさん臭く感じてしまうかもしれませんが、血流を良くすることでおっぱいを大きくすることも可能です。

特定のツボを押すことでおっぱいを大きくできるのであれば試す価値はありますよね。

 

天渓(てんけい)というツボを押す

天渓の場所は乳首と同じ高さの脇にあります。

ちょうどおっぱいと脇の境目あたりと言えばわかりやすいでしょうか。

この天渓を親指で持ち上げるように刺激します。

ポイントは左右同時に行うことです。

よりツボを押した効果が高まりますので、お風呂の時やちょっとした際に押してみましょう。

 

筋トレでおっぱいを大きくする方法

筋トレをすると胸が固くなるのでは?と思うかもしれませんがそんなことはありません。

もちろんボディビルダーのような筋肉をつけてしまうと固くなりますが、一般レベルであればそこまでする方も少数でしょう。

胸の構造上では脂肪の下に筋肉がありますので、胸筋をある程度つけることでバストアップを図ることが可能です。

 

筋トレ初心者は合唱ポーズの筋トレから

胸筋を鍛えようとすると腕立て伏せを思い浮かべるかもしれませんが、できない方も多くいます。

そこで手軽に胸筋を鍛えることができる方法が合唱ポーズの筋トレです。

やり方を順番に説明します。

  • 1.座った状態で合唱をするように両手を合わせて胸の位置に置く
  • 2.両手をグッと力を入れる
  • 3.2の状態を維持したまま前後に動かす(往復5セット)
  • 4.2の状態を維持したまま左右に動かす
  • 5.2の状態を維持したまま上下に動かす

以上です。

 

ポイントは前後左右上下に動かす際に、息を吸って履くことを意識することです。

例えば両手を後に出した時に吸って、前に出す時に吐くと筋トレ効率が上がります。

 

ストレッチやエクササイズでおっぱいを大きくする方法

ストレッチやエクササイズをすることでおっぱいを大きくすることも可能です。

どちらも十分な運動になりますし、バストアップだけでなくストレス発散やプロポーションの維持にも効果が見込めるので注目しましょう。

 

大胸筋ストレッチ

大胸筋をほぐすことでおっぱいのトップが上がることが見込めます。

具体的なやり方を順に追って説明すると下記です。

  • 1.壁から30㎝ほど離れて並行に立つ
  • 2.左手に壁があるなら左足を一歩出す
  • 3.右手を腰につけて顔はまっすぐ見る
  • 4.左手の手のひらを壁につけて少しずつ後ろにずらす
  • 5.背筋を伸ばしたまま左ひざを少しずつ曲げる

以上です。

 

可能であればこれを10秒3セット行ってください。

逆側をやりたい時は上記の逆をすればOKです。

 

ストレッチのポイントは痛くなり過ぎないように行うこと。

無理のない範囲で行うことが重要です。

 

姿勢を良くしてバストアップするエクササイズ

姿勢が悪いと背筋が衰えてしまいやすくなり、結果としておっぱいが背中の方に垂れてしまいます。

姿勢を良くすることでバストアップを図れるので、効果的なエクササイズを紹介します。

やり方は下記の通りです。

  • 1.座った状態で肘が伸びた状態のまま手を後ろに組む
  • 2.1の状態を維持して肩を8回ゆっくりと回す

以上です。

 

すごく簡単にできるエクササイズなので是非トライしてみてください。

 

食べ物でおっぱいを大きくする方法

筋トレやマッサージなどで体を動かしてバストアップできますが、なかなか時間が取れない方も多いでしょう。

そんな方には食べ物でバストアップを図ることをお勧めします。

食べることは毎日欠かすことはできませんし、手軽にできるのが嬉しいですよね。

どんな食べ物を食べるとバストアップできるのか紹介します。

 

キャベツ

キャベツに含まれているボロンという栄養素がバストアップに導いてくれると言われています。

このボロンですが女性ホルモンであるエストロゲンの分泌を増やしてくれる効果があるため、バストアップに繋がるのです。

キャベツは食物繊維も豊富に含まれているので便秘にも効果がありますし、まさに女性の味方とも言えるでしょう。

同様にボロンが多く含まれている食材として

  • りんご
  • ぶどう
  • ナッツ
  • 海藻

などがありますので、こちらも注目しましょう。

 

牛乳

身体を作る上でもっとも手軽な飲み物が牛乳です。

タンパク質、脂質、炭水化物が多く含まれカルシウムやミネラル、ビタミンも含まれています。

おっぱいを大きくするうえで、土台となる身体を作ることは大切です。

牛乳ならどこにでも売っていますし、料理にもアレンジしやすいのも良いですよね。

 

豆乳

牛乳だとカロリーがちょっと・・・という方には豆乳がおすすめです。

タンパク質やビタミンを多く含んでおり、おっぱいを大きくする飲み物の一つと言えるでしょう。

特に女性ホルモンであるエストロゲンに良い影響を与えるイソフラボンが多く含まれていることに注目です。

 

下着でおっぱいを大きくする方法

運動や食べ物などでバストアップを図ることもできますが、下着でおっぱいを大きくすることもできます。

 

正しいサイズ選びとつけ方がポイント

バストアップをするためにもブラの正しいサイズ選びとつけ方を学ぶことが大事です。

意外にも多くの女性が勘違いをしている部分もありますので一つずつ説明していきますね。

 

まず、正しいサイズ選びはトップとアンダーの2つを測ることから始まります。

トップは胸が一番膨らんで高い場所がトップになります。

測るときは持ち上げるようにしましょう。

 

アンダーは胸の膨らんできている場所のすぐ下が該当の場所になります。

アンダーを測る時は鏡を見ながら水平に測っているか注意してください。

トップとアンダーの差によってカップが決まります。

測定に自信がない場合は、専門店のスタッフの方に頼むと正確なサイズがわかりますので試してみましょう。

 

次につけ方を順番に説明します。

  • 1.身体を前に倒します
  • 2.ワイヤーとバストの底辺を合わせてホックをとめる
  • 3.やや前かがみになりブラを少し浮かせて胸を手で包む
  • 4.脇から中央に寄せるようにし、カップにいれて整える
  • 5.身体を起こしてストラップを調整(人差し指が一本入るくらいがちょうどよい)

以上です。

 

正しいサイズ感のブラとつけ方をするだけでも印象は大きく違いますので、一度試してみてください。

 

育乳ブラ・矯正下着・ナイトブラの効果

ブラにはそれぞれ種類があります。

  • 育乳ブラ
  • 矯正下着
  • ナイトブラ

というものも存在します。

 

育乳ブラとは通常のブラよりもやや大きめのもので、脇や背中の脂肪を集めて固定する矯正下着のことを言います。

育乳ブラをつけることでバストを育てることができ、大きい実感を得ている人も多数出てきています。

ナイトブラは夜用のブラであり、通常のブラよりも締め付けが緩くて寝返りもしやすくなるように作られています。

寝る時にブラをつけたまま寝る方も多いかと思いますが、ナイトブラを使うことでより快適な就寝が可能になります。

ナイトブラ自体はバストアップ効果はありませんが、質の良い睡眠は女性ホルモンを分泌させますので、結果として良い方向に行くことは間違いないでしょう。

 

生活習慣でおっぱいを大きくする方法

おっぱいを大きくする生活習慣は大きく2つありますので見ていきましょう。

 

十分な睡眠

睡眠は重要です。

女性ホルモンの分泌は睡眠時に行われており、おっぱいを育てる為にも避けては通れません。

一口に十分な睡眠と言っても個人差があり、6時間でいい人もいれば、8時間でないとダメな人もいます。

簡単な目安として朝起きても寝足りなかったり、昼間に眠くなるようであれば睡眠時間が足りていないと判断していいでしょう。

 

正しい姿勢

正しい姿勢をすることでプロポーションが良く見えますし、必要な筋肉を維持できます。

足を長時間くんだり、同じ姿勢のままイスに座ると姿勢が崩れますので注意してください。

仕事上どうしても座ってしまう場合は、時折でいいので立ち上がって簡単なストレッチをすると正しい姿勢を維持することができます。

 

バストアップを妨げるNG行動とは?

バストアップに繋がる行動もあれば妨げる行動もあります。

どんな行動がNGなのか見ていきましょう。

 

アルコールの大量摂取

アルコールを大量に摂取すると肝臓が弱まってしまいます。

肝臓は各種栄養を送り届けるための臓器であり、アルコールが入るとアルコールを分解するので精一杯になります。

つまりアルコールを大量に摂取すると、正常な身体を作ることができなくなってしまうのです。

最低でも週に3日はアルコールを飲まないなどの習慣をつけましょう。

 

睡眠不足

睡眠不足に陥ると女性ホルモンの分泌量が減ってしまいます。

女性ホルモンが活発に分泌するのは寝ている時であり、十分な睡眠をとることが重要なんです。

おっぱいを大きくするうえで女性ホルモンの分泌は欠かすことができませんので、人によって最適な睡眠時間は違いますが十分な睡眠がとれるようにしましょう。

 

喫煙

煙草は女性ホルモンの分泌を妨げてしまい、血流も悪くしてしまいます。

おっぱいを大きくするうえでどちらも重要ですので、喫煙も可能な限りなくすようにしましょう。

 

猫背

猫背になってしまうとおっぱい周辺の血流が悪くなってしまいます。

血液は身体のさまざまな場所に栄養を届ける役割を持っています。

血流が悪くなるということは栄養を届けられない状態を作っているので、猫背には注意しましょう。

 

脂肪やシリコンを注入する豊胸手術の現状

豊胸手術は一昔と比べても格段に技術が上がっており、短時間の手術や仕上がりの自然さ、傷跡が目立たないようになってきています。

特に脂肪やシリコンを注入する豊胸手術は人気があり、多くの女性に受けている事実もあります。

やや難点があるとすれば、インプラント(シリコン)の挿入以外は半永久でないことが挙げられます。

 

脂肪注入の場合は入れた脂肪の半分は吸収されてなくなりますが、残りは半永久です。

他にも術後の痛みが出てくることもあります。

 

ヒアルロン酸注入の豊胸手術であれば注射を打つだけなので痛みが続くことはありませんが、シリコンや脂肪の注入は3~7日ほど術後に痛みが出てくるケースがあります。

 

ある程度のお金を出せば、手軽に簡単におっぱいを大きくすることができるのが豊胸手術です。

様々な種類があり、それぞれの目的に応じた方法がありますので興味ある場合は専門医に相談することをおすすめします。

 

まとめ 簡単なことばかり!おっぱいを大きくする方法を組み合わせよう

今回紹介したおっぱいを大きくする方法7選はいかがでしたか?

どれも簡単なものばかりなのですぐに実践することができます。

自身の環境やライフスタイルによりできる・できないはあるかもしれませんが、可能なものがあれば是非取り入れてください。

 

まとめますと

  • マッサージやツボ押しでおっぱいを大きくする
  • 筋トレやストレッチ、エクササイズでおっぱいを大きくする
  • 食べものでおっぱいを大きくする
  • 下着でおっぱいを大きくする
  • 生活習慣でおっぱいを大きくする

となります。

 

おっぱいを大きくする上でのNG行動は

  • アルコールの大量摂取
  • 睡眠不足
  • 喫煙
  • 猫背

となりますので、くれぐれも気をつけて下さいね。

 

おっぱいを大きくすることで自信を得ることができます。

おっぱいを大きくすることでキレイなプロポーションになり、色んな服に挑戦することもできるでしょう。

おっぱいが大きいのが好きな彼氏だったら喜ぶ姿を見ることができます。

おっぱいが大きいことが全てではありませんが、自身の理想のおっぱいを手に入れることで得られるものは多いはずです。

是非おっぱいを大きくするための方法をコツコツと実践していきましょう!

関連記事

  1. 遠距離恋愛の彼の気持ちを確かめたい時、デキる彼女は時空を超えて透視で把握
    PR:Tphereth

  2. デート2回目!告白を成功させるためのポイントと場所の選び方!

  3. 女性の匂いは男性にモテるために超重要!いい香りを出す工夫とは?

  4. 彼女の写真を撮る男性心理は?断り方やかわいく撮れるアプリを紹介!

  5. まだ寮祭で消耗してるの?エリート合コンの参加方法と一人勝ちする秘テク

  6. LINEで別れ話をされたときの返信・別れ話の切り出し方をご紹介!

  7. 【驚愕!報酬未払いに無茶ぶり依頼】憧れフリーランスの実態を暴きます

  8. お見合いからのデート回数でみる「プロポーズすべきタイミング」とは?