目指せカクテル通!カミカゼの由来や作り方

目次

カミカゼというカクテルをご存じですか?
カミカゼという名前にどういった由来があるのかだけでなく、「カミカゼを作りたい」と考えている人に向けてレシピを公開!
また、カミカゼに配合がよく似た他のカクテル作り方についても解説します。
「カミカゼにマッチする、何か美味しいものがあれば嬉しい」という人もきっといるはず。
そういう方に向けて、おすすめのおつまみや食事についても説明します。
 

カミカゼと呼ばれる由来

カミカゼという名称から、このカクテルは日本で作られたものと思っている人が多い模様。
しかし、カミカゼはアメリカ人の手によって産声を上げたカクテルです。

カミカゼ
発祥地はアメリカであると言われ、その味の切れの鋭さから太平洋戦争における日本海軍神風特攻隊を彷彿とさせたからであると言われている。また、米軍占領時代に日本の横須賀基地で作られたものが初めてとする説もある。
引用:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AB%E3%83%9F%E3%82%AB%E3%82%BC_(%E3%82%AB%E3%82%AF%E3%83%86%E3%83%AB)

もともと、カミカゼという言葉は第二次世界対戦の際に日本の戦闘機に付けられた名前でした。
アメリカ軍から見た戦闘機カミカゼは、一つの迷いもなく一直線に向かうインパクトがありました。
そこからの連想でカクテルに同じ名前を付けたのです。
カミカゼのカクテルにはそれだけ鋭い切れ味があるのです。
 
「神風」という言葉の由来は日本書紀にまで遡ります。
神によって敵を倒すほどの強い風を意味します。
1274年と1281年にフビライハンが日本に遠征軍を送り侵略をしようと試みましたが、二度ともタイミング良く暴風雨が吹き荒れて元軍に大きなダメージを与え日本を守りました。
この時に吹いた風も、「神風」といわれています。
 
一番最初のカミカゼのカクテルは、アメリカ軍が日本を占領していた時代に横須賀基地で生まれたという説もあります。
 

カミカゼのカクテル言葉と意味

カクテルには花言葉と同じようにカクテル言葉が存在します。


カミカゼのカクテル言葉は「あなたを救う」です。
もし今、ピンチの渦中にいる人は、グイっとカミカゼを流し込み、カミカゼパワーで危機を乗り切りましょう。
 
同じく和名が付けられているカクテルで「サムライ」というものもあります。
カミカゼもサムライも日本を外側から見た時に、印象深いワードをカクテルに付けていることがわかりますね。
 

カミカゼの特徴やアルコール度数

カミカゼの特徴は、なんといってもその飲み口。
突き刺すような鋭さがあり、刺激が強いアルコールです。
度数は25度以上ありますので、かなり強い部類に入ります。
お酒を飲み慣れた人は問題無いでしょうが、下戸の人は少しでもカミカゼを飲むと激しく酩酊する可能性がありますので注意が必要。
もし、飲み慣れていない人が興味本位でカミカゼを注文しようとした場合、止めるかアドバイスしてあげるようにしましょう。
 

カミカゼのレシピと作り方

カミカゼを作る際に必要となるのが、ウォッカとホワイトキュラソーとライムジュースです。
ウォッカ45mlあたり、ホワイトキュラソーは15mlとなります。
割合はウォッカの三分の一と覚えておくといいでしょう。
ライムジュースは1tsp(ティースプーンで小さじ1杯程度)となります。
 
次に作り方を紹介していきましょう。
まず材料を全てシェイカーに入れます。
軽く混ぜた後に氷を加えてシェイキング。
混ぜたものをオールド・ファッショングラスに入れ、サイズの大きい氷を投入。
スライスしたライムを添えれば完成です。
 
もし強いお酒が苦手な人は、ベースとなるウォッカの量を減らすのがおすすめ。
ウォッカ20ml、ホワイトキュラソー20ml、ライムジュース20mlにすれば、グッと飲みやすくなります。
カミカゼに恐怖を覚える人はいないでしょうが、もし飲んだことがなくて不安に思う人はウォッカとホワイトキュラソーとライムジュースを1:1:1の割合で作りましょう。
通常のカミカゼよりも、柑橘系の香りが漂うので爽快感が出るはずです。
カミカゼのカロリーはワイングラス一杯で178cal前後。
ガブガブ何杯も飲むようなお酒ではないものの、飲みすぎると摂取カロリーが増える危険があるため注意してくださいね。
 

カミカゼを美味しくするためのコツ

カミカゼを美味しく飲むためにはコツがあります。
 
まず一つ目は、ウォッカをしっかりと冷やしておくこと。
BARなどでは、カクテルボトルを常温保存をしているところも決して珍しくありません。
しかし、本当に美味しいカミカゼを飲みたいのならウォッカを冷やしましょう。
真のカミカゼ好きは、高い度数を味わいたがるもの。
もし常温のウォッカを使ってしまうと氷を溶かしてしまうため、カミカゼ本来の味を堪能できなくなります。
 
もう一つのポイントは、ライムジュースを使うこと。
市販されている物で問題ありません。
自身でライムを搾るのも悪くありませんが、分量の調整が難しくなります。
ライムは爽快な味わいと苦みの両方を楽しめるため、酸いも甘いも嚙み分けた大人にぴったり。
さらにライムの風味を感じたいのであれば、フレッシュライムジュースを購入しましょう。
食材をおろそかにせず、こだわり抜くタイプの人ほど美味しいカクテルを作れるでしょう。
カミカゼ通になれる人は、もともと凝り性かもしれないですね。
 

カミカゼベースのアレンジ法

カミカゼをベースにしてアレンジを加えると別のカクテルを作ることができます。
バラライカ、スレッジハンマー、モスコミュールの3種類について解説していきます。


 

ライムジュースをレモンジュースに変えるとバラライカ

カクテルが普及するキッカケの一つに映画が挙げられます。
バラライカの名が広まったのは『ドクトル・ジバゴ』の影響が大きいでしょう。

ドクトル・ジバゴ』(Doctor Zhivago)は、1965年アメリカイタリアによる合作映画[3]。ジャンルは恋愛ドラマ
原作はロシアの作家、ボリス・パステルナークによる同名小説「ドクトル・ジバゴ」。監督は、イギリスのデヴィッド・リーンモーリス・ジャールによる挿入曲「ラーラのテーマ」が有名。
アカデミー賞で5部門を受賞した。
引用:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%89%E3%82%AF%E3%83%88%E3%83%AB%E3%83%BB%E3%82%B8%E3%83%90%E3%82%B4_(1965%E5%B9%B4%E3%81%AE%E6%98%A0%E7%94%BB)

『アラビアのロレンス』など、映画史に名を刻む名作を撮影したデヴィッド・リーン監督が世に送り出した『ドクトル・ジバゴ』という映画で、ロシアの民族楽器バラライカが登場しました。
それまで馴染みのない名前でしたが、名作の登場によってその名が拡散されたのです。
 
「ロシアといえばウォッカ」といわれるほど、お酒の印象が強い国ですよね。
バラライカはロシアをイメージして作られました。
ベースのサイド・カーをウォッカに置き換え、ライムをレモンに置き換えればバラライカに早変わり。
飲む際は広大なロシアの大地を想像しながら飲むといいでしょう。
 
ちなみに「恋は焦らず」というのがバラライカのカクテル言葉。
BARで女性を口説く男性は数多くいます。
良いムードになってきたからといって焦りは禁物。
ゆったりと余裕たっぷりに口説いた方が、恋の女神はあなたに微笑むはずですよ。
 

ホワイトキュラソーを外すとスレッジハンマー

カミカゼに入っているホワイトキュラソーを抜くと、スレッジハンマーという名のカクテルに変わります。
スレッジハンマー「大型のハンマー」という意味。
まるでハンマーの一撃を受けたようにウォッカが与える強烈な一撃を連想することから、スレッジハンマーと命名されました。
ウォッカ系のお酒に慣れていない人にとって最初の一口は衝撃が強めかもしれませんが、何度も飲み続けているうちにスレッジハンマーの虜と化す人も少なくないでしょう。
 
「もう少しだけ軽めのカクテルがいい」という人は、ウォッカ・ギムレットから始めることを推奨します。
こちらはライムの香りが立ちやすいため、従来のギムレットと比べた場合、飲み心地を感じやすいというメリットがあります。
スレッジハンマーのカクテル言葉は「心の扉を叩いて」です。
もし一緒に飲みに行った女性がスレッジハンマーを注文したら、それはあなたに何かメッセージを送っているのかもしれないですよ。
 

ホワイトキュラソーをジンジャーエールに変えるとモスコミュール

ホワイトキュラソーをジンジャエールに変更すれば、モスコミュールというカクテルになります。
モスコミュールはロシアに馴染みがあるお酒。
「モスクワのラバ」モスコミュールの意味です。
よくキツいお酒を「キックがあるな~」と表現します。
ラバの蹴りは、かなり威力があることで知られています。
飲んだ時に「ラバのキック」を食らえるのがモスコミュールなのです。
 
思いがけない発見が偶然起こる現象をセレンディピティーと呼びます。
モスコミュールはまさに、セレンディピティーの産物。
 
1940年頃にハリウッドのバーテンダーが、思いがけずに作り出したという逸話があります。
モスコミュール「仲直りのお酒」ともいわれます。
モスコミュールのカクテル言葉は「喧嘩した人間を、その日のうちに仲直りさせる」といういわれがあります。
アルコールが入る場所では、つい普段言わないようなことも勢いで言ってしまいがち。
もし予期せぬ失言で相手を怒らせた場合は、モスコミュールを使って関係をすぐ修復させましょう。
 

配合の割合を変えると雪国

カミカゼの割り方を変えれば、別のお酒になります。
その名も「雪国」。
ウォッカ30mℓ、コアントロー15mℓ、ライムジュース15mℓを混ぜて、グラニュー糖でスノースタイルに仕上げ、カクテルグラスにミントチェリーを沈めると、後は注ぐだけです。
 
「雪国」の考案者である井山計一さんは、山形県の酒田市で【ケルン(Kern)】というBAR&喫茶店の経営者。
サントリーの古い呼び名である壽屋は、トリスバーを全国展開させていました。
食通でお酒に精通している作家の開高健さんが編集を担当した小冊子『洋酒天国』に、創作カクテルコンテストである『ノーメル賞グランプリ』という公募がありました。

洋酒天国』(ようしゅてんごく)とは、1956年4月、壽屋(現在のサントリー)から創刊された広報誌。
引用:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B4%8B%E9%85%92%E5%A4%A9%E5%9B%BD

「ノーベル賞」と「飲める」をかけている粋な名前のコンテストの第3回で、見事にグランプリを獲得しました。
また1959年の10月発行の「洋酒天国」の40号の中で特集された「1959年のカクテルベスト10」の中で9位に入りました。
 
日本を代表するカクテルとして、カクテルブックに載るほどです。
これからも「雪国」はたくさんの人達に親しまれていくでしょう。
カミカゼだけでなく、「雪国」も作れるようになったら鬼に金棒ですね!
 

カミカゼを注ぐのにおすすめのグラス

カミカゼを注ぐのにおすすめなのが、ロックグラスです。
正式名称、オールド・ファッション・グラス。
ウイスキーやラムなどを飲む際に良く使われるグラスです。
口が広い特徴を持ち、グラスの背丈が低いので安定感があり転倒の心配も少なくなります。
ガラスのイメージが強いグラスですが、他にも陶器や磁器、金属などを用いるパターンがあります。
容量は通常のもので180~300ml、ダブル用のグラスは350~440ml前後となります。
 

カミカゼと相性の良いおつまみ

カミカゼと一緒に食べるのにおすすめなおつまみの一つ目はナッツです。
アスリートがよく口にするほど栄養バランスに優れた食材。

  • 食物繊維
  • マグネシウム
  • ビタミンB1
  • ビタミンE

などを含有しています。
美味しく食べれて、栄養価が高いなんて最高ですね。
 
次におすすめしたいのが、イカやタコの揚げ物。
水分を含んでいる食材は、パチパチ跳ねやすいのが難点。
しかし冷凍のものを買ってくれば跳ねる心配がなくなります。
業務スーパー系などで大量に仕入れることができますので、セールの時などに購入しておくのも有効でしょう。
 
おつまみの王道といわれるのがフライドポテト。
居酒屋でスピードメニューに入れられているほど、どんなアルコールでも相性が抜群です。
 

カミカゼと相性の良い食事

「変化球のおつまみを探し中」という方には、ポテトサラダにグラノーラを入れたものがどうでしょう?
意外とポテサラにグラノーラがマッチするんです。

グラノーラGranola)は、シリアル食品の一種。
ロールドオーツ燕麦の押麦)や、玄米とうもろこしなどを主とした穀物加工品と、ココナッツナッツなどを、砂糖蜂蜜メープルなどのシロップ(糖蜜)、植物油とで混ぜてオーブンで焼いたもの。さらにドライフルーツなどが混ぜられることも多い。オーブンで焼く途中に何度かかき混ぜる、もしくは焼き上げた後に破砕することで適当な塊状とする。加熱処理の有無がミューズリーとの違いといえる。
ポテトサラダにグラノーラを混ぜてみてください。
引用:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B0%E3%83%A9%E3%83%8E%E3%83%BC%E3%83%A9

最初は勇気がいるかもしれませんが、食べてみると病みつきになるかもしれないほど美味。
おつまみとして活用したい人は、ポテサラグラノーラをクラッカーに乗せるだけで一捻りあるおつまみの出来上がり!
おつまみと食事の両方を兼ね備えているので、カミカゼ好きの方には是非試してもらいたいです。
 

まとめ

ここまで読み進めたあなたは、相当カミカゼについて詳しくなったはずです。
探求心旺盛な人は、さらにカミカゼを追求してカクテルマスターを目指しましょう。
カミカゼを事もなげに作れると、かなり格好良いのは間違いありません。
どうせならカクテルマスターだけでなく、カミカゼマスターになってみてはどうでしょう?
私たちは平和だからこそカミカゼというカクテルを楽しめるのです。
大好きな人と一緒に飲める幸せを噛みしめながら、今宵もカミカゼを味わいましょう。

Avatar photo

フェリーチェ編集部

follow me
related posts

関連記事

Scroll to Top