赤ちゃんの授乳でちくびが痛い時の対処法

目次

授乳を続けているうちに、ちくびが痛くなり頭を悩ませるママが少なくありません。
赤ちゃんが乳頭をどのように吸うかで、ちくびを含まれるだけで痛みが走ることもあります。
ちくびが痛くなる原因や症状を、詳細に解説。
症状が悪化する前にとってほしい処置も説明します。
また、産婦人科にある乳腺外来の利用の仕方にも言及。
ちくびの痛みにサヨナラしたいママは是非読んでくださいね。

1.授乳中ちくびが痛い!赤ちゃんによる原因と症状


授乳中にちくびの痛みを感じる場合、赤ちゃんが原因の場合が多いのも確かです。
出産後、授乳を始めて一日目から二日目に自覚しやすい痛みが乳頭痛です。
 
赤ちゃんを乳頭に吸い付かせるプロセスを「ラッチオン」と呼びます。
この時に、赤ちゃんが乳頭を浅く口に含んでしまうと痛みが出やすくなります。
またラッチオンに成功した場合でも、初産の場合はちくびが脆弱なことも多く、授乳スタート直後は痛みを覚えがちです。
授乳は一日に10回近く行われることもあり、すぐにちくびの皮膚が適応できるわけではありません。
乳頭が刺激に慣れてくると皮膚が強化されて、痛みを覚えないママも増えてきます。
授乳を始めてから三ヵ月が経過すると、最初と比較して乳頭に柔軟性が生まれています。
赤ちゃんがちくびを含みやすいように、かなり伸びるようになります。
初めての授乳を経験したママは自身のちくびの変わりように驚くのだとか。
赤ちゃんに歯が生え始めると、授乳中に噛まれることがあります。
それが原因で乳頭に痛みを覚えるママもいるでしょう。
赤ちゃんは、歯が生えたことで歯茎がムズムズとし始めて違和感を感じます。
ついママの乳頭を噛んでしまい、痛さで顔をしかめるママもいるようです。
噛まれるようになったら、そろそろ赤ちゃんがおっぱいを卒業するタイミングだと考えていいでしょう。
 

2.授乳中ちくびが痛い!ママによる原因と症状


赤ちゃんではなく、ママが原因でちくびが痛くなるケースがあります。
授乳するようになると、どんどん母乳が作られ始めます。
乳腺の発達なしでは母乳の供給が追い付かなくなるため、ママの体は適応しようと必死。
出産後二日目から三日目に母乳が作られ出すと、それまで細かった乳腺が太くなっていくのです。
 
乳腺が拡張された際に乳房が刺激され、腫れてしまい痛みを覚えるケースがよくあります。
母乳の原料は血液です。
母乳は血中から乳房へと運搬される成分によって作られています。
乳房へ運ばれるリンパ液、血液が増加すると痛みを覚えやすいのです。
 
出産から二週間が経過すると、授乳時に乳頭へ妙な痛みを感じることもあるでしょう。
赤ちゃんに哺乳されることで、母体は刺激を受けます。
「もっと母乳を作らねば」と体が感じるのです。
工場に例えるといきなり大量生産に切り替えたため、様々な場所に皺寄せがきているような状態。
体が慣れるまで乳頭の痛みが続くことも珍しくありません。

3.その他乳首が痛くなる原因


授乳の際にラッチオンが上手くいっているのにもかかわらず、乳首が痛くなる原因としては以下のものも考えられます。

  • 赤ちゃんが哺乳瓶の乳首に慣れてしまっている
  • 赤ちゃんが母乳を飲んでいる最中に赤ちゃんを乳首から離してしまっている
  • 搾乳を間違った方法でしている
  • ブラジャーでこすれている
  • 母乳パッドが湿っている

哺乳瓶の乳首は一般的に伸縮性がない素材で、ママの乳首に比べて大きく口をあけて唇を動かす必要がないため、赤ちゃんの口が小さく開きがち。
赤ちゃんの口がしっかり開かないと乳輪までフィットしないため、乳首の先だけを吸われると、乳首が痛いと感じることがあります。
 
また、赤ちゃんが乳首に吸い付いているときは、強い吸引力が働いているため途中で離そうとすると乳首が引っ張られ、痛みを伴います。
特に乳首の先の部分が強く引っ張られると、切れてしまうことも。
 
手動で搾乳をするときは、乳首を強くつまむのではなく乳輪の周辺を押すようにつまみます。
搾乳機を使用する場合でも、サイズが合っていなかったり、圧が強すぎると痛みがでてくるでしょう。
 
授乳中は乳腺が開いた状態で乳首を酷使しているため、ブラジャーのこすれから痛みを感じることも。
ゆったり感のあるサイズで、綿などの肌に優しく柔らかい素材の授乳用ブラジャーをつけることで痛みにくいでしょう。
 
母乳パッドはとても優秀なアイテムですが、湿っていると乳首がこすれやすくなってしまい痛みの原因に。
こまめに替えるか、柔らかいガーゼハンカチなどで代用すると痛みが和らぐかもしれません。

4.乳首が痛くなる病気や痛くなりやすい形もある


乳首の痛みには、病気の場合や乳首の形が関係していることも。

4-1.乳首が痛くなる病気

考えられる病気としては、

  • カンジダ症
  • 感染症
  • 白斑
  • レイノー現象
  • アレルギー性皮膚炎や湿疹

が、考えられます。
カンジダ菌は健康体にも存在している常在菌ですが、何らかの原因で異常に増殖することでカンジダ症を発症します。
また、乳腺炎にかかったときに、抗菌薬を使ったあとに発症する事例も。
症状はかゆみを伴い、ヒリヒリ焼けるような痛みが特徴。
乳首の赤みや皮膚の亀裂などの症状が出ることもあります。
 
乳首の痛みが伴う感染症で最も多いのが、黄色ブドウ球菌による感染です。
乳頭の傷から感染を起こすと、乳腺炎になるといわれています。
乳首の痛みのほか、発熱や赤みなどの症状がでることも。
 
乳頭の先端に直径1mmほどの大きさの、白い斑点ができたら白斑です。
これができることによって、授乳時にとても強い痛みを感じるでしょう。
 
授乳の後に乳頭が真っ白になって血の気が失せ、乳頭や乳房に刺すような痛みが走ることがあります。
この痛みのことをレイノー現象といいます。
乳頭や乳房を温めることで症状はおさまるといわれています。
 
ほかにも、アレルギー性の皮膚炎、湿疹により痛みが起こることも。

4-2.痛くなりやすい乳首の形

先端が平らな形の乳首や、へこんだり陥没している乳頭は、授乳時に痛くなりやすいです。
授乳することによって乳首の部分が突出してくることもありますが、乳頭が刺激に慣れておらず、ダメージを受けて痛みを生じることも。
また、乳輪部分が硬いと赤ちゃんが吸い付きづらく、先端だけを加えがち。
それによって乳首に負担がかかり、痛みにつながります。

5.赤ちゃんの授乳中にできる対策


赤ちゃんに授乳している際、できる対策はないのでしょうか。
もしなんらかの対応次第でちくびの痛みを緩和できるなら、「すぐにでも知りたい!」という方が多いはずです。

  • 赤ちゃんに正しくちくびをくわえさせる
  • 正しいポジショニングで赤ちゃんを抱く
  • 赤ちゃんの口に指を入れてちくびから離す
  • 赤ちゃんがおっぱいを欲しがるタイミングであげる

の4つに絞って解説します。

5-1.赤ちゃんに正しくちくびをくわえさせる


ママが赤ちゃんに正しくちくびをくわえさせられていたら、ちくびの痛みを軽減しやすくなります。
新米ママがついやってしまいがちなのが、乳頭だけを含ませてしまうミス。
先端だけでなく乳頭乳輪全体を深くくわえさせるのが正解です。
赤ちゃんが泣いている時は、赤ちゃんの舌が上を向いていることが考えられます。
乳頭や乳輪を深く含むのが苦手な赤ちゃんは、つい舌を上方向にしていまいがち。
赤ちゃんが落ち着いてからでないと、正しい姿勢でおっぱいをあげることが困難ですので、まずは赤ちゃんをあやしてあげてくださいね。
 
泣き止んだと判断できたら、再度ちくびを深くふくませましょう。
 
正しい乳房の支え方を知らないママがいるかもしれませんので、ポイントをまとめてお伝えします。

  • 親指は乳房の上へ、残りの4本指で下部を支えます。
  • 各々の指は乳輪から十分距離をとるよう意識しましょう。
  • 親指と人差し指を合わせるようなイメージで、乳房を圧迫すると乳輪が楕円形になります。

これが赤ちゃんからすると、かなり吸いやすい形なのです。
支えた指を肋骨がある方向へ押せば乳頭がさらに突き出るため、赤ちゃんがより吸いつきやすくなります。
他の4本の指よりも親指に力を強く入れることで乳頭が少しだけ上を向き、ちくびが赤ちゃんの口蓋へ向きます。

5-2.正しいポジショニングで赤ちゃんを抱く

赤ちゃんの抱き方には正しいポジショニングと、そうでないポジショニングがあります。
もし授乳時に間違えた我流の抱き方をしていたなら、それがちくびの痛みにつながっていることも考えられます。
 
もし授乳時に、赤ちゃんのおへそが天井を向いていたならそれはNGのポジショニングです。
縦抱きや横抱きで飲ませるにせよ、ママと赤ちゃんのおへその面が平行になっていればOKです。
正しいポジショニングを知らないがゆえ、知らず知らずのうちに浅飲みや引っ張り飲み、あるいはよじれ飲み、潰し飲みといった飲み方になってしまっているママもかなりの数いるようです。
今一度、授乳の際に正しいポジショニングで赤ちゃんを抱けているかチェックしてみましょう。

5-3.赤ちゃんの口に指を入れてちくびから引き離す

赤ちゃんによっては、ママがおっぱいを近付けるとすぐ吸いついてゴクゴク飲み始めることがあります。
すぐに飲み始めてくれること自体はありがたいのですが、問題は引き離す際でしょう。
吸引力が強いために、強引に引き離そうとすればちくびが傷んでしまう可能性があります。
まずはママの指を赤ちゃんの口へ差し込んでください。
指をくわえさせた状態で、ゆっくり引き離すと乳頭が傷つかずに済みます。
新生児の早期の哺乳パターンはいくつかに分かれており、すっぽんタイプ以外にも気難し屋やグルメなどが存在します。

5-4.赤ちゃんがおっぱいを欲しがるタイミングであげる


母乳がつまることで乳房や乳首は痛くなってしまうので、できるだけ赤ちゃんにたくさん飲んでもらうのが痛みを改善するポイント。
しかし、そうとはいってもママの都合通りに、赤ちゃんはなかなか飲んでくれないもの。
常日頃からこまめに赤ちゃんを観察し、赤ちゃんが欲しがっているサインに気づいたらその都度授乳をするようにしましょう。
 

6.ちくびの傷が悪化する前にできる対処法


ちくびの傷が悪化してからでは、なかなか治りづらくなるケースも少なくありません。
早め早めの対応をすることで、治癒するまでの期間を短縮することが可能です。
傷を保護するクリームや母乳を塗る方法、ニップルと呼ばれる授乳用の乳頭保護器や、ミルクをあげる頻度を減らして時間をあける方法などについて解説します。

6-1.傷を保護するクリームや母乳を塗る

授乳でちくびに痛みを覚えるママは乳頭を保護するクリームと使うといいでしょう。
デメリットは、塗りすぎると費用がかさむくらいのもの。
とはいっても高いもので3,000円以下ですから、それほど高額ではありません。
安いものなら1,000円以下で購入が可能です。
炎症が起こらないよう予防に使えるものもありますし、すでに炎症が起きているママに使えるものもあります。
赤ちゃんが吸いついた瞬間、ママが痛みを覚えると「たっぷり飲んでね」とは到底思えないでしょう。
愛する赤ちゃんに気持ちよくおっぱいを飲んでもらうために、乳頭保護クリームを活用しましょう。
また手軽にできる対策として、自身の母乳を少し絞りちくび全体に塗るというやり方もあります。
ちくびは乾燥に弱いため保湿が大切です。
特に乾きやすい肌質の人は、授乳後に毎回、母乳を乳頭に塗るのを習慣化させるだけで、ちくびの状態が驚くほど良くなるそうです。
誰でもすぐにできる方法なので、是非やってみてくださいね。
 

6-2.授乳用のニップル(乳頭保護器)を使う

ママになってまだそれほど日が経過していない女性は、乳頭保護器の存在を知らないかもしれません。
シリコン製のカバーなどを女性の乳首にかぶせることによって保護できます。
もし急激に乳頭の痛みを覚えたときでも、乳頭保護器を使えば授乳を継続することができます。
乳頭保護器を発売しているメーカーはサイズ別に販売しているので、フィットするものを選びましょう。
乳頭の大きさはママによって異なりますが、その点もしっかりフォローできているのが嬉しいですね。
 
乳頭保護器を使用する際にいくつか注意点があります。
もしちくびに傷や亀裂がある場合は、乳頭保護器を使う時間は極力短めにしましょう。
長時間つけ続けていると、悪化を招く恐れもあります。
また乳頭保護器は〇の一部が欠損したような半円形の形状をしています。
これにはもちろん理由があり、授乳しているときに赤ちゃんの鼻を塞いでしまわないような配慮がされているのです。
欠けている側に赤ちゃんの鼻がくれば正解。
向きを間違えると、赤ちゃんの呼吸が妨げられ、上手く授乳できなくなることもあるので気をつけてくださいね。
 
乳頭保護器自体の管理も重要な要素です。
使う前は必ず洗い、消毒するようにしてください。
使用後も手早く洗浄して、器具を清潔に保ちましょう。
通気孔や吸い穴が詰まると赤ちゃんがお乳を飲めなくなりますので、そちらにも気を配りましょう。

外出時に乳頭保護器を持ち運ぶママも少なくありません。
出かけるときは、乳頭保護器をたくさん用意するか、もしくはすでに洗浄してある清潔なものを使用しましょう。

6-3.時々ミルクをあげて授乳時間をあける


初産の人ほど、どれくらいの頻度で赤ちゃんに母乳を与えればいいのか悩むものです。
新生児の時期は「赤ちゃんが飲みたがるだけ飲ませた方がいい」とされています。
生後2ヵ月の頃は、だいたい3時間おきに飲ませるといいのですが、生まれてから3ヵ月を過ぎると一回あたりの哺乳量が増えるようになります。
一日5回から6回の頻度での授乳で良いといわれていますので、このタイミングになると授乳時間を空けることも可能になります。
 
乳頭に痛みを覚える場合は、母乳オンリーではなくミルクを併用することで、授乳時間を空けることができます。
もちろん大切な赤ちゃんに栄養が足りているかどうかは最も重要視しなければばなりません。
体重が順調に増加しているのかを確認しつつ、授乳時間をだんだんと空ける工夫をしていきましょう。

7.症状が良くならないときは何科を受診すれば良い?


もし乳頭が痛む上に発熱が見られたり悪寒がする場合は、乳腺外来の受診をおすすめします。
細菌が原因で起こる炎症は、病院で抗菌薬の内服をしてもらわなければいけません。
助産師がマッサージで母乳を出して、張りを和らげてくれるところもあります。
おっぱいが張りすぎてつらい人は、マッサージがあるかどうかを必ずチェックしましょう。
 
もし症状がすぐになくなったとしても、処方された抗菌薬は必ず飲み切るようにしましょう。
乳房内の炎症が治っていなければ、再度、乳腺炎に罹患することがあります。
おっぱいの中に膿がたまることは「膿瘍(のうよう)」と呼ばれます。
この症状が出ると、膿を外へ排出することが困難になるため、最悪の場合、乳房を切り開いて膿を取り除かなければなりません。
早めに対処すれば、切開する段階にはいたりませんので、少しでも違和感を覚えたら受診するようにしましょう。

8.授乳中の辛い痛みはいつまで続く?


痛みが続く期間は、各々のママによって異なります。
お肌が強い人は、比較的乳頭の痛みを覚えない傾向が強いでしょう。
しかしそれでも、赤ちゃんの飲み方によっては「痛いなぁ~…」と、頭を悩ませるママもいます。
一概にはいえないものの、授乳を始めて最初の月や二ヵ月目までは、総体的に乳首に痛みを覚えやすいでしょう。
 
特に初産のママは、高い頻度でちくびを吸われることに慣れていません。
授乳慣れするまでは、ある程度我慢する機会が増えるでしょう。
体が適応することで、ママの痛みが減ることもよくあります。

9.まとめ:授乳でちくびが痛いのは期間限定!予防やケアで乗り切ろう


授乳でちくびが痛くなることはありますが、ずっと続くものではありません。
赤ちゃんにおっぱいをあげるのは一定期間。
慌てずにケアすることも大切です。
繰り返しになりますが、先手を打って痛みの予防をしておくことはかなり重要です。
 
今回、紹介した方法を参考に何とか授乳の痛みを乗り切ってくださいね。
あなたの愛する赤ちゃんのすやすや眠る顔を見たら、自然とパワーが充電できるかもしれません。
乳幼児を育てるのは大変なことも多いですが、癒され度合いも桁違いのはず。
すくすく育ってゆく我が子の成長を感じ取りながら、育児を楽しんでくださいね!

Avatar photo
フェリーチェ編集部
follow me
related posts

関連記事