家の夢!夢占いが暗示する意味とは?

家に関する夢を見る人は、たくさんいます。

家は様々なものを象徴する存在。

当然、夢占いでも色んな意味を持っています。

家の状態や状況、誰が持ち主かなど、家に徹底的にフォーカスしながら夢占い上の意味を伝えていきます

家の夢は自分にちなんだ夢ばかりではありません。

自分以外の人が住んでいる夢を見ることもあるのです。また家のサイズによっても意味が変わります。家に関連した夢がどういった意味を持っているのか分析していきましょう!

 

家の夢を見やすいときのあなたの心理状態

夢占いで家は、あなた自身だけでなく家族の運気を表しているといわれています。

家族各々に運気があり、それが絡み合って家庭運を形成します。今、あなたの家族の運気がどういった状態なのかを知るためには、夢占いで家に注目すると分かりやすいのは確か。

また家の夢は、あなた自身の暮らしや生活にも関連しています。

 

自分の家の状況や状態が暗示する夢占いの意味

家に関する夢は、家の状況や状態によって、夢占い上の意味が変わります。

  • 新築の家を買った、家を建てた夢
  • リフォームする夢
  • 売却する夢
  • 家が壊れる、倒れる、燃える夢
  • 家が雨漏り、浸水する夢

上記の夢が持つ意味を解説していきます。

 

新しい家を買う・建てる

家を購入する夢は、吉夢と夢占いで判断されます。

結婚や就職、あるいは新しい家族が増えることを表しています

これまでに苦しみ悩んだこともあったでしょう。

しかし悩み事から解放され、違う段階へと突入していきます。

すでに結婚している人であれば、子宝に恵まれるかもしれません。

「彼氏がプロポーズしてくれない」と嘆いていた女性が、ドラマティックなプロポーズを受けて、幸せな家庭を築くこともあるでしょう。

家を買う夢はチャンス到来の意味

ワクワクしながら毎日を過ごしてくださいね。

 

家を建てる夢は、究極の吉夢とも称されます。

人生における旬のタイミングで、家を建てる夢を見ます。

これからの毎日が充実感でいっぱいになるでしょう。

意欲がわいてくるため「こんなことはどうだろう?」「あんなことをしてみたい」とアイデアがあふれます。

必然的に行動力がつき、人脈が広がるでしょう。

 

注目してほしいのは、夢の中でどんな家を建てていたかです。

もし人が羨むような豪華な家であれば、あなたが大きな目的に向かって今後も努力を重ねていけるでしょう。

現実的な家であれば、あなたは安定した毎日を作り上げていくはずです。

家を買う家、建てる夢ともに、かなり縁起が良いことは間違いありません。

 

家をリフォームする

リフォームする夢を見る人は、「今よりも生活環境を良くしていきたい」という前向きな気持ちを持っています。

家は長年暮らしていると、消耗するもの。引っ越さない場合は、どこかのタイミングでリフォームしなければいけません。

 

土地への愛着やご近所さんとの人間関係が良好ならば、ずっと同じ家で住んでいたいと考えるのが自然でしょう。

 

夢占いで家は、「あなた自身」を表します

人生の節目や転機でリフォームの夢をよく見るようになります。

「もっと向上していきたい」「さらなる成長を遂げたい」など、自身をバージョンアップしたいと思う向上心旺盛な人ほど、リフォームの夢を見ると覚えておきましょう。

 

近々、あなたの人生を大きく変える出会いがあったり、あなたが違うステージへと上がれる出来事が訪れるかもしれないですよ。

 

家を売る

家を手放して売りに出す夢は、夢占いでどんな意味を持つのでしょうか?

家を売却する夢は、何らかのシチュエーションで逆転が起こるかもしれません。

 

フォーカスすべきは、今あなたが現実でどういった状況にあるかということ。

今の生活に満足しているのなら、今後は下降線をたどるかもしれません。

 

反対にこれまで良いことがあまりなく報われてこなかった人は、一気に運気が上がる可能性が大。

理想のパートナーが現れたり、念願だった仕事に就けるなど、分かりやすい変化が訪れるでしょう。

 

家が壊れる・倒れる・燃える

家が壊れる夢は、「崩壊の危機を暗示している」と夢占いで解釈できます。

何が壊れるかは各々違いますが、予期せぬトラブルに見舞われて、あなたは大きなダメージをこうむるかもしれません。

重視してきた人間関係がものすごい勢いで壊れていくことも考えられるでしょう。

 

誰の人生にもバイオリズムが存在します。

抗うことなく流れに身を委ねることも大切でしょう。

失う恐怖や不安がない人は誰もいません。

 

しかし真価を問われるのは、大切にしてきた何かを失ったその後です。

あなたがどのようなスタンスで再び積み上げていくかを、周囲の人たちはしっかりと観察しています。

自暴自棄にならず真摯に生きてさえいれば、一度沈んだ人生もまたいつか好転し始めるでしょう。

 

家が倒れる夢は、夢占いで、これまで積み上げてきたものが一瞬にして崩壊してしまうという意味になります。

下手をすると、あなたは独りぼっちになるかもしれません。

これまでに培ってきたあなたの軸がグラグラと揺らぐ時期に差し掛かっています。

無理やり古い柱を支えようとすると、そればかりにエネルギーを取られてしまいます。

時には勇気を出して、今握っているものを手放すことが必要かもしれないですね。

もしあなたの振る舞いに問題があり、それによって孤立してしまったのなら、人から愛される人間に生まれ変わる努力が必要。

険のある言動や、責任を負わない卑劣さなどを自覚できたのなら、即刻改めましょう。

面倒な人、鬱陶しいと思われる人からは年齢を重ねるごとに人が離れていくものです。

 

家が燃える夢を見たあとは、何が起きてもうろたえない覚悟が必要となるでしょう。

何かを喪失する可能性が高まっています。

大切にしてきた人が離れていくことも考えられますし、離婚などもありえるでしょう。あなたが永続的に続くと思っていたものが、突如として失われるかもしれません。

ただし喪失の後、新たにまた築いていく覚悟があれば、あなたの人生は決して悪いものにはならないでしょう。一時的にショックを受けることがあるかもしれませんが、あなた自身が持つ再起できる力を信じましょう。

 

家が雨漏りする・浸水する

雨漏りする夢を見た人は、注意した方がいいかもしれません。

夢占いで雨漏りの夢は、あなたが人間不信になりかけている可能性を示唆します。

ボタンの掛け違いで人間関係がおかしくなることだってあるでしょう。

「ちょっと周囲の人を信じられなくなってきている…」と感じたら、それとなく確認してみましょう。

あなたの思い過ごしであれば、すぐに誤解がとけるかもしれません。

不安が膨れ上がると、誰でも猜疑心が大きくなるものです。

他罰的、他責的になることなくニュートラルなスタンスを心がけることで、解決に向かう可能性があるでしょう。

 

浸水する夢も、不安に関連しています。

あなたは現実社会で「これを死守しなければならない!」と抱えていることが、増えすぎてキャパオーバー寸前になっているのかも…?

特に会社はどこへ行っても派閥争いがあるため、上のポジションに立つと「防衛しなければ」という意識が強くなります。

もし「これがトラブルの原因かも?」と思うことがあれば、早期に対処しておきましょう。

炎上騒ぎになってからでは、取り返しがつきません。

 

早め早めの対応をいつも心がけておけば、大事にまで発展することはないでしょう。抱えすぎること自体が億劫だと感じる人は、今持っているものを少しずつ減らすことで、家が浸水する夢を見づらくなるでしょう。

 

家の持ち主が暗示する夢占いの意味

冒頭でも述べたとおり、家に関する夢は自分自身以外の人の夢もあります

  • 実家
  • 祖父母の家
  • 友人・知人の家
  • 知らない人の家

夢占いでどんな意味があるとされるのか解説します。

 

実家の場合

現在、実家暮らしの人も実家から離れて独立している人も、実家の夢を見ることがあるでしょう。

実家の夢が明るければ、あなたの人生がポジティブなものであるということになります。

反対に暗かったり、重い雰囲気の夢であれば、雰囲気が下がっていることを意味します。

 

「心機一転、ここから進んでいきたい!」と決意した時に、実家の夢を見ることがあります。

実家の夢を見たあと、大きな決断をして踏み出した結果、人生が大きく変化することもあるでしょう。

実家というのは多くの人にとって、様々なことを培ってくれる場所ではあるものの、生涯暮らし続ける場所ではありません。

環境を変えたいと切望する人ほど、実家の夢を頻繁に見るもの。

「変わるための行動を選択せよ」と、別のあなたが訴えかけているのかもしれません。

そのメッセージを汲み取って、行動に移せるかどうかは、あなた次第でしょう。

 

祖父母の家の場合

祖父母は、夢占いであなたを誘う道しるべという意味を持っています。

夢占いでは、祖父母がどのような表情だったのかが重視されます。

穏やかな表情であれば、あなたの前途は明るいでしょう。

もし険しい顔をしていれば、あなたのこの先の人生が上手く進まない可能性があります。

 

友人・知人の家の場合

夢の中であなたが、友達の家へ行ったり過ごしている場面があれば、今後楽しい時間が訪れることを暗示しています。

夢で一緒にいた友達と、深いコミュニケーションをしやすくなります。

猜疑心を抱かず、心から信頼できる友人の存在はかけがえのないもの。

普段の感謝を込めて何かプレゼントを渡したり、食事をご馳走したり、感謝の気持ちを伝えるとより仲良くできるでしょう。

また夢占いでは、友達がとった行動は「あなたが自覚できていない一面である」と解釈できます。

夢の中の友人がどんな振る舞いをしていたか覚えておいてくださいね。

 

知人が夢に出てきた場合は、もっと親しくなれるきっかけにできるはず。

これまで遠慮があり、誘うことができなかったのなら、勇気を出してあなたから誘ってみましょう。

知人もあなたからの誘いを待ち望んでいたかもしれません。

 

知らない人の家の場合

まるで知らない人の家にいる夢は、あなたの中で好奇心がとても高くなっていることを示しています

不安が全くないわけではないものの、それを好奇心が上回っています。

好奇心旺盛であることは、あなたの強い武器ですが、フットワークを広げすぎると悪いものまで引き寄せてしまうことがあるでしょう。

人間関係では、お互いの適切な距離感を意識することでトラブルを未然に防げます。

 

夢に出てくる家の大きさは関係ある?

夢に出てくる家が広いのか狭いのかによって、夢占い上の意味が変わります。

もしあなたが過去から現在まで、狭い家に住み続けていて広い家に住む夢を見たのなら、シンプルに「広い家に住みたい願望」の表れだと解釈できます。

 

日本という国は世界と比較した場合、決して狭い面積ではないのですが、都市の人口過密は尋常でないのも事実。東京都だけで1,000万人前後の人たちが暮らしています。

都会に行けば行くほど、ひしめき合って暮らしていることになるため、都会暮らしが続いている人は、広い家に住む夢を繰り返し見やすいかもしれないですね。

 

もしあなたが広い夢に住んでいるのに、夢の中では狭き家で暮らしていたとしたら、どんな意味があると分析できるでしょう。

現実であなたの家族関係が冷え切っているとしたら、もっと近い距離で接して温もりが欲しいという親和欲求の出現と解釈できます。

所得が高く物質的に恵まれているのに、家族仲が良くないという家が少なくありません。

奥底では「もっと仲良くなりたい」「もっと親しく接したい」と思いながらも、それを実現できずにいると狭い家で暮らしている夢を見がち。

高度経済成長を迎えるまでの貧しい日本は、狭い家の中でたくさんの人たちが肩を寄せ合い生きていました。

日本という国が豊かになるにつれて、個室が与えられるようになり、そこで過ごす時間が増えたのです。

結果的に家族のふれあいや団らんが減少し、お互いの距離が開くようになりました。

 

現実で広い家を持っているのに、狭い家の夢を見てしまう人は、「広ければ全てOKではない」という社会的な問題を示唆しているのかもしれませんね。

もし大きな家の夢を見て、そこにいるあなたが満たされるような気持ちに包まれていたのなら吉夢

あなたの器やキャパシティーが広がりを見せ、さらに成長できると暗示しています。

 

まとめ

夢占いで家はあなた自身を表していることが多いです。

  • 新しく家を買ったり、建てたりする夢は吉夢
  • リフォームの夢は、向上心の表れ
  • 家を売る夢は、運気の逆転
  • 家が壊れたり、倒れたり、燃える夢はトラブルの予兆
  • 雨漏りや浸水する夢は、人間不信や守りに入りすぎの示唆

となります。

 

家の持ち主で言えば

  • 実家は心機一転願望
  • 祖父母は人生の道しるべ
  • 友人知人はコミュニケーションが円滑になりもっと仲良くなれる
  • 知らない人は好奇心の高まり

を表します。

 

家のサイズは

  • 大きければ、今よりも広い家に住みたいと願っている
  • 狭ければ、家族との距離感をもっと近づけたい

という意味になります。

家に関する夢は、今後も何度か見るはずです。

今後、家の夢を見た際は、どのような家の状況だったのかや、誰の所有する家だったのか、夢に出てきている人の表情はどうだったかなども忘れずにチェックしましょう。

関連記事

  1. 遠距離恋愛の彼の気持ちを確かめたい時、デキる彼女は時空を超えて透視で把握
    PR:Tphereth

  2. 12月の誕生石は複数!各宝石の特徴や意味

  3. 簡単にできるミサンガの付け方・結び方

  4. カエルの夢!様子や状況で分析する夢占い

  5. 川の夢が暗示する夢占いの意味やメッセージ

  6. 追われる夢が暗示する夢占いの意味とは?

  7. 運気UPにおすすめ!誕生石つきネックレス

  8. プロポーズの夢が暗示する夢占いの意味