お金をもらう夢!夢占いが暗示する意味は?

お金をもらう夢を見た後は「現実でも、もらえるんじゃないの!?」とウキウキするかもしれないですね。

お金をもらう夢を見た時のあなたはどんな心理状態なのかや、お金をくれる人によって夢占い上で変わる意味について説明します。

また、あなたが夢の中でお金をもらった際にどんな気持ちだったのかを心境別で解説。

まれに「お金をあげる」と言われたのに、夢の中で断ってしまうケースもあります。

 

お金をもらう夢を見やすい時のあなたの心理状態

夢占いでお金は、生命維持にかかわるエネルギーの象徴といわれています。

誰かからお金をもらう夢は、良いものと悪いものの二通りが存在。

 

まず良い意味からお伝えしましょう。

大切にしている何かを獲得できたり、愛情をもらえるという意味。

これらは吉夢と呼ばれ縁起の良い夢の部類となります。

 

対して悪い方の内容は予想外の出費を迫られたり、欲望や焦りを感じているという意味になります。

あなたの心理状態によって、お金をもらう夢でも意味が異なるのです。

 

  • 自分にお金をくれる相手別!夢占いが暗示する意味

    夢の中で誰があなたにお金を渡していたのかは、大切なポイントとなります。

    父や母、祖父母、あるいは恋人、好きな人、全く知らない人、すでに亡くなっている人など、たくさんのパターンがあります。

    各々が夢占いで持つ意味について分析しましょう。

     

    父や母

    父や母からお金をもらう夢は、あなたがたっぷりと愛情をもらえていることを示す幸運な夢です。

    親は子供に対して無償の愛をずっと提供し続ける存在。

    若い時はそれが当たり前すぎて何も思わないかもしれませんが、年齢を重ねるにつれて親のありがたみが分かるはずです。

    もらいっぱなしにしておくのではなく、お返しをしたり感謝の気持ちを伝えることで、さらにたくさんの愛情を注いでもらいやすくなります。

     

  • 祖父や祖母

    祖父や祖母からお金をもらう夢は、夢占いであなたに何らかの援助が近々あることを暗示しています。

    それは物品や金銭の場合もありますし、言葉や行為による愛情である可能性もあるでしょう。

    祖父母は親ほど距離が近くないため、叱責するよりもただただ愛情を注ぎこむことが多いはずです。

    いつまでも祖父母に健康でいてほしいものですが、誰でも年をとり、やがて亡くなっていきます。

    もしあなたが祖父母からたくさんの愛情をもらったという実感があるのなら、できるだけ顔を合わせる機会を増やしてくださいね。

    相互の交流が深まれば、よりあなたは愛される存在となるでしょう。

     

    恋人や好きな人

    好きな人からお金をもらえる夢は、夢占いでいうとあなたが夢の中でどんな気持ちだったかによって解釈が分かれます。

    もし好きな人からお金をもらったあなたが、喜んでいれば、あなたはその人から愛されている意味を持ちます。

    もしお金を頂戴しているのにもかかわらず嫌な気持ちを覚えていたなら、あなたは相手から好意を向けられることがストレスになっているのでしょう。

     

    「好意に応える自信がない」「自分には愛される資格がない」など、そう思う理由は色々あるにせよ、いずれもあなたの自己肯定感の低さに繋がっているはず。

    心の矢印を自分ばかりに向けず、相手に向けることで解決できるかもしれません。

    まずは愛してくれたことに対して感謝の気持ちを返しましょう。

    あなたの不安は幻みたいなものかもしれないですよ。

     

    恋人が夢に出てきた時も、夢占い的にいえば同じような意味となります。

    あなたがお金をもらって喜んでいれば、より一層、恋人と仲良くなれるでしょう。

    「友達以上恋人未満」という関係であれば、告白することであなたの待ち望んだ答えが返ってくる可能性が大。

    必要なのは一歩踏み出す勇気だけでしょう。

    もし恋人からお金をもらった夢の中のあなたがあまり嬉しくなかったとしたら、恋人からの行為を重荷に感じているかもしれません。

    中にはすでに愛が冷めていて、次の相手を探す自信がないから惰性で付き合っているなんて人だっているかもしれないですね。

    人間関係は建設的なもの以外はあなたを苦しめるだけです。

    一時的に痛みを伴うにせよ、「大きな決断をするタイミングですよ」と夢が教えてくれていると捉えてみてはいかがでしょう?

     

  • 知らない人

    知らない人が夢に出てきて、あなたにお金を渡す夢を見ることがあります。

    当人からすれば「あんた誰なんだよ?」「なんで自分にお金をくれるの!?」と不可解な気持ちになるはずです。

     

    知らない人からお金をもらってあなたが夢の中で喜んでいるのだとすれば、これまで積み重ねた努力が報われて人脈が広がりを見せるという暗示になります。

    これまでに繋がることができなかった人と仲良くなれたりするため、付き合う人間の層が一気に変わる可能性もあります。

    もし知らない人からお金をもらって不愉快に感じていたのなら、あなたは今、愛情飢餓であることを示しています。

    大人になると「僕のことを愛してください」「私のことを愛でてください」とは言いづらいもの。

    しかしあまりにも愛が足りていないと、愛に飢えた子供のようになりかねません。

    愛情の飢餓を訴えやすい人は、幼少期にまでさかのぼらなければ原因を見つけられないことがよくあります。

    人間の愛着は2歳~4歳くらいの時期に形成されます。

    この時に親へ甘えが足りていないと、かなりこじれた成人になってしまいかねません。

    インナーチャイルドと呼ばれる人たちも、成熟しきれない幼児的な自分が残ってしまっています。

    知らない人からお金をもらっても全然嬉しくなかった人は、まず自身の中に、もう一人の子供の自分がいることを自覚するところからスタートさせましょう。

    一人の力で解決するのが難しいと感じた場合は、カウンセラーやセラピストの力に頼るのも良い手段です。

    ただし中にはあなたを騙してお金をせしめようと企む輩もいますので、あなたの悩みを打ち明けて問題ない人物かどうかの判断は慎重に行うことをおすすめします。

     

    亡くなった人

    亡くなった人が夢に出てきて、あなたにお金を渡すことがあります。

    すでに逝去している人からお金をもらう夢は、あなたが「亡くなった人に愛情を注いでもらった」としっかり自覚しているからこそ見る夢であると、夢占いでは解釈されています。

    愛情と同時に感謝の念もあるでしょう。

    もう現実で会って「愛情をいただきありがとうございます」と伝えることはできないことを、寂しく思うかもしれません。

    注いでもらった愛情を今度はあなたが別の人へと与える番です。

    負の感情が連鎖していくのは断ち切らなければいけません。

    しかし愛情の連鎖はどんどん続けるべき。

    あなたが「この人に愛を持って接したい」と思う人に、ふんだんの愛を届けてあげてくださいね。

     

  • お金をもらう時の気持ち別!夢占いが暗示する意味

    あなたがお金をもらう時の気持ちを心境別に分析していきます。

    嬉しかったり、喜んでいたり、反対に全く嬉しくなかったり、困惑していたり、何も感じなかったら、それは夢占いでどういった意味があるのかを説明します。

     

    嬉しい・喜ぶ

    お金をもらって素直に喜べる夢は、夢占い的に吉夢と解釈できます。

    お金をくれた相手から、あなたはしっかりと愛情を受け取っているはずです。

    愛情を注ぐ方からすれば、きっちりと自分の愛をキャッチしてもらうことが嬉しいのです。

    スルーされたり、そっけない対応をされると「もう愛情を注ぐのはやめよう…」となりかねません。

    相互の心が交流しあっていると、win-winの関係を築けるようになるでしょう。

     

    この世に生を受けた子供に対して、親が最初に贈るプレゼントは無償の愛です。

    実は親以外でも無償の愛を授けてくれる博愛主義者がこの世には存在します。

    多くはありませんが、そのような貴重な人と巡り合えたあなたはとても強い運気の持ち主。

    まだ日本では「お金に対して強欲になるのは、はしたないこと」という価値観が蔓延しています。

    人を騙したりして儲けたお金は全く誇ることができないのは確か。

    しかし汗水流して得たお金には価値があります。

     

    お金に対してネガティブなイメージを抱かずに、プラスの印象を持っていれば自然と運気が上がっていきます。

    「お金は寂しがり屋」ということを聞いたことはありませんか?

    たくさんお金があるところに自然とお金が集まってくるため、ますます増えていくのです。

    お金を毛嫌いすることなく愛しましょう。

    お金を愛するマインドが獲得できると、夢の中でお金をもらった時に心から喜べるようになります。

    そうなれば金運を含めた運気がまたアップして、成長のスパイラルに突入していくでしょう。

     

    嬉しくない・困る

    お金をもらう夢の多くは、夢占いで縁起が良いとされます。

    しかしお金もらっているのに、あなたが夢の中で嬉しくなかったり、困惑していたら、何を意味するのでしょう。

     

    実は、お金をもらっている時にマイナスの感情を抱く夢は凶夢(きょうむ)と称され、現実で良くないことが起きやすいといわれています。

    ズバリあなたの深層心理は「人に借りを作りたくない」というもの。

    こういった拒絶のスタンスに陥ると、人脈が広がらずどんどん運気が下降線をたどります。

     

    成功した経営者は「人脈=金脈」と口にします。

    人間関係を拡大していけない人は、お金から愛されません。

    そして同時に人からも愛されません。

    「かわいげのない奴」「不愛想」「感じが悪い」「もらうことだけは一丁前」などと、かなり陰口を叩かれる可能性もあります。

    もっと心をオープンにして、人間を信じる必要があるでしょう。

    あなたの中で手痛い経験やトラウマになっている出来事が、人間不信にさせてしまっているのかもしれません。

    「人は全員、自分を騙す」と本気で思い込んでいるとしたら、あなたの認知は相当歪んでいます。

    2対2対6の法則ではありませんが、人間は立場によって振る舞いを変えますし、全員があなたの敵であるということはまずありまえせん。

    問題はあなたの目からは、他者が敵だと映ってしまっていることなのです。

     

    心の傷が原因で人に対する信頼を失っているとすれば、心許せる人に話を聴いてもらいましょう。

    身近にそういった存在がいない場合は、カウンセラーやセラピストの力を借りるといいでしょう。

    セルフで全て解決できる人は、限られたごく一部だけ。

    あなたが真の客観性を持つ人でなければ、冷静に物事を見つめ分析でき本質を理解しているプロフェッショナルに委ねるのが最良の手段といえます。

     

    何も感じない

    お金をもらったのに、あなたは何も感じていない夢。

    これは夢占いでいうと、誰かがあなたに愛情を注いでいるけど、まだそれに気付けていないという意味になります。

     

    身近な人がそれとなくあなたのことを気にかけてくれているのかもしれません。

    「鬱陶しい…」と思うほど愛情を示しているように見えたのに、それが愛情ではなく、注ぐ側のエゴであることがあります。

    反対に分かりやすいアピールはないけど、実はしっかりと愛情を注いているということもあります。

    愛情というのは割り切れないことも多く、裏腹な現象が起きていることも珍しくありません。

    だから正確に捉えることが困難なのです。

     

    もしあなたが本当に困った時に、そっと近寄ってきて支援してくれたりフォローを名乗り出る人は、本物の愛情を持った人と考えられます。

    なぜならその人は、ずっとあなたのことを程よい距離感で見ていたことになるからです。

    あなたに関心がなければ、あなたが困っていることに気付くはずもありません。

    もしかすると、近いうちにトラブルやハプニング、ピンチに陥ることがあるかもないですが、あなたが愛されているのなら、きっと助けてくれる人が登場するでしょう。

    救世主は思わぬ人物かもしれませんよ。

     

    大金をもらう夢が暗示する意味

    あなたが大金をもらう夢を見た場合は、夢占いでいうと特定の誰かから愛情をかなり注いでもらっている意味になります。

    もし何千万、何億円、何十億といった破格の大金を、夢で手にしているとしたら、あなたはとても愛されています。

    何もない人間を愛することはありません。

    それだけの愛情を集められるということは、あなたが魅力に溢れているという証明にもなります。

     

    ただし夢の中のあなたが、大金をもらっているのに曇った表情をしていたら意味が変わります。

    浮かない顔であったり、不愉快な思いを抱いていたら、近々人間関係のトラブルがあるかもしれません。

     

    お金をもらうのに断る夢が暗示する意味

    夢に出てきた人があなたにお金をあげようとしているのに、拒否する夢を見ることがあります。

    夢占いでは、あなたが拒絶のスタンスを占めているとストレートに解釈できます。

    夢の登場人物に対して、あなたが不信感を抱いているのかもしれません。

    もしかすると相手が良かれと思ってやったことが、あなたにとっては「大きなお世話」と感じることだったことも考えられるでしょう。

     

    親が夢に出てきてお金を渡そうとしているのに、受け取らないという夢はよく見られがちです。

    親というのはずっと子供のことを気にかけています。

    この愛情を子供が「鬱陶しいなあ」「距離が近い」などと感じやすいのは確かでしょう。

    若い時は親のことを快く思っていなかった人でも、年齢を重ねるにつれてありがたみを実感します。

    親への感謝が生まれた途端、親が金銭を与えようとして、それを拒む夢を見なくなります。

    心理的にまだ未熟な時期ほど、お金を拒絶する夢を頻繁に見る傾向が強くなるでしょう。

     

    まとめ

    要約

    • お金をもらう夢の多くは縁起が良い
    • お金をもらった時に嫌な気持ちになる場合は凶夢
    • 何も感じない場合は、ひそかな愛情を誰かから注がれている
    • 大金をもらう夢は、大きな愛を受けている証拠
    • 大金を断る夢を見る場合は、人間不信気味になっている可能性がある

    重要なのはお金をもらった時にあなたが夢の中でどういった気持ちだったかということです。

    純粋に喜べるような素直なマインドでいたいものですね。

  • 関連記事

    1. 男の子・女の子別!夏をイメージする名前

    2. デートの店選びには正解がある!決め方を知りデキる男をアピールせよ

    3. 楽しいことがしたいときに日常や恋愛で行うべきこと30選【完全版】

    4. 親が死ぬ夢!夢占いが暗示する意味は?

    5. 交通事故の夢を見たので夢占いでの意味を知りたい。

    6. 【2018年最新版】おすすめ恋愛映画!キュンキュンしたい方必見

    7. 知らない異性が出現!夢占いが暗示する意味

    8. デートで飲み屋はアリ!店選びを成功させる5つの秘策を徹底解説!