セルライトを潰すのはNG!除去方法は?

セルライトを潰したいと思っていませんか?

実はそれ、やってはいけないNG行動なんです。

見た目が悪いセルライトを何とかして除去させたいという気持ちはとてもわかります。

ですが悪い方法を選択していれば意味がありません。

今回はセルライトを潰してはいけない理由と除去方法について解説します。

1.セルライトとは

セルライトとは、体のあちこちにできる脂肪細胞のことを言います。

二の腕や太ももをギュッと両手でつまんでみましょう。

すると肌がボコボコっとしている部分が出てくるかもしれません。

これがセルライトなのです。

両手をつままなくても、ボコボコとした見た目になっている人もいます。

見た目が少し汚く見えてしまうので、多くの女性がなんとかして除去するためにあの手この手をしています。

やはり女性として生まれたからには美しい体を維持し続けたいのが本音ですよね。

2.セルライトができる原因

さて、セルライトができる原因の前に、なぜセルライトができるのかを知っておきましょう。

成人女性は、加齢とともにホルモンバランスが崩れ、血行の乱れから老廃物が溜まりやすくなります。

そして脂肪細胞の代謝が乱れてしまい、通常よりも2倍以上の大きさになってしまうのです。

このままなら単なる大きい脂肪細胞ですが、脂肪細胞が大きくなるということは血管を圧迫させる可能性が出てきます。

圧迫された血管が更なる血行の乱れを誘発し、肥大する脂肪細胞がますますできやすくなると言う悪循環が起こってしまうのです。

大きくなった脂肪細胞同士が癒着し、更に大きな脂肪細胞になると外側から見てもわかるほどのセルライトになります。

そんなセルライトですが、どんな原因でできやすくなるのかを見ていきましょう。

原因1.血行不良

セルライトができる原因は血液の循環が悪くなり、老廃物が溜まりやすくなるところから始まります。

女性の悩みで多い「むくみ」や「冷え」は血行不良を起こしてしまいます。

加齢が原因の場合もありますが、運動不足も考えられるので自身の生活スタイルを見直して対応するのがいいでしょう。

原因2.不規則なライフスタイル

現代人はとにかく忙しいことが多いです。

女性でも残業や家事に追われることもあり、定期的な休息を取ることが難しくなってきています。

不規則なライフスタイルはホルモンバランスを崩してしまい、セルライトができてしまう原因となります。

仕事やプライベートなどで調整が難しいかもしれませんが、可能な限り規則正しいライフスタイルを築きましょう。

原因3.加齢

加齢によってホルモンバランスも崩れてしまい、セルライトができやすくなってしまいます

ですが年齢を重ねてしまうのは対策のしようがありません。

規則正しい生活に運動、バランスの良い食事をとることで体年齢を維持することを意識しましょう。

原因4.体脂肪率が高い

体重がそれほど重くなくても、体脂肪率が高いことでセルライトの目立つ人もいます。

体脂肪が多くなると、脂肪細胞が肥大化しやすいからです。

体脂肪率が高くなる主な原因は食生活の乱れ。

食べる順番や栄養バランスを考えた食事を意識するだけでもだいぶ体脂肪を減らすことができます。

これに有酸素運動を組み合わせれば、より効率よく体脂肪を減らすことができます。

原因5.筋肉が少ない

痩せていても筋肉が少ないと表面のセルライトが目立ちます。

また、筋肉が少ないと、代謝が落ちてセルライトが増えるという良くない循環が生まれてしまいます。

対処法はやはり運動。

筋トレで筋肉を付けることで、血行も良くなり、むくみにくい体が手に入ります。

むくみを解消することでセルライトもできにくくなります。

 

運動が苦手でも続けやすいのはヨガ!ヨガのダイエットについて詳細はこちらから↓

原因6.食生活によるむくみのせい

食生活によるむくみもセルライトができる原因の一つです。

むくんでしまう3大原因はこちら。

  • 水分不足
  • 塩分の過多
  • タンパク質不足

水分不足になると、体は塩分濃度を一定に保とうと、より水を溜めこむようになり、その結果むくみます。

同じ理由で、塩分過多もむくみを引き起こします。

そして意外にも、タンパク質不足もむくみの原因の一つ。

タンパク質が不足するとタンパク質の一種であるアルブミンの濃度が下がります。

アルブミンには血液を循環させる働きがあり、その濃度が下がると血流が悪くなり、むくむのです。

意識して塩分を減らし、必要な量の水分・タンパク質をとることで改善することができますよ。

3.セルライトを除去するメリット

セルライトを除去するためのエステや道具もあります。

しかし、セルライトを除去するメリットがなければお金のムダですよね。

どんなメリットがあるか見てみましょう。

メリット1.見た目がキレイになる

肌のボコボコっとしたのがなくなるので見た目がキレイになりますよね。

キレイな肌を維持したいのはすべての女性の本音でしょう。

太ももや二の腕がセルライトのせいで肌を出せない方もいます。

セルライトを除去すれば、気にせずにタンクトップや水着になることだってできますよ。

メリット2.血液の循環がよくなる

セルライトは血管を圧迫しているので除去することで血管の圧迫がなくなり、血液の循環がよくなります。

血液の循環は非常に大きな効果が見込めるのです。

例えば免疫力がアップします。

血液は体中に栄養を届ける役割を持っており、血液の循環がよくなると効率よく栄養を届けられるようになります。

また、代謝がよくなってダイエットしやすくなるので、見逃せないメリットです。

メリット3.むくみや冷えが改善される

女性のほとんどは「むくみ」や「冷え」で悩んでいます。

血液の循環がよくなったことで体が以前より冷えなくなったと言う声もあるほどです。

「むくみ」の場合は、セルライト自身が「むくみ」の原因の一つでもあります。

セルライトを除去することで「むくみ」が減り、シュッとした見た目になるのです。

4.セルライトを潰すのがNGな理由

セルライトの除去の方法として潰すという方法があります。

一時期はセルライト潰しが流行りましたが、実はこれはNG。

なぜなのかを解説します。

理由1.あざを作ってしまう

マッサージで手を使ってギューッと力強くセルライトを潰すやり方があります。

これはやらないでください。

セルライトは潰れるかもしれませんが”あざ”を作ってしまいます。

キレイな肌になるためなのに”あざ”を作ってしまったら本末転倒です。

理由2.逆に増えてしまう

セルライトを潰してもなくなるわけではありません。

1つのセルライトを潰したら2個に増えてしまいます。

セルライトが小さくなるから効果的では?と思うかもしれませんが、傷ついた細胞は修復しようとする性質を持っています。

脂肪細胞であるセルライトも例外ではありません。

2つに分裂したセルライトはそれぞれが修復するように動くので、結果としてセルライトが増えてしまうのです。

一時的に目立たなくなっても、時間が経てば以前よりも悪くなってしまうので注意してください。

理由3.皮膚や毛細血管を傷つける

セルライトを手で潰す場合、強い力で潰します。

ギューッと雑巾を絞るようにやるので痛いんです。

そのくらいの力でやれば皮膚や毛細血管が傷つくのも当たり前です。

傷ついた組織を治すためにコラーゲンが出てくるのですが、老廃物を巻き込んで新しい脂肪細胞を作ってしまうのです。

5.セルライトを除去するためにおすすめの生活習慣

セルライトを潰すのはNGですが、除去ならば問題ありません。

ですが、どうすれば除去できるのでしょうか?

専用エステで対応するのもいいですが普段の生活習慣でも対応できるのです。

その方法を見ていきましょう。

方法1.身体を温める

身体が冷えてしまうと代謝が悪くなり、脂肪の燃焼がしづらくなります。

脂肪が体内に溜まり続ければ、いずれセルライトに変わってしまうでしょう。

そうならないためにも身体を温めるようにしましょう。

身体を温める方法として厚着するのもいいですが、飲み物で身体を温めるのが手軽でしょう。

暖かい飲み物なら身体が温まると思われるかもしれませんが、これは間違いです。

実は暖かくてもコーヒーや緑茶、牛乳などは身体を冷やしてしまうのです。

身体を温める飲み物としては、

  • 紅茶
  • ウーロン茶
  • 生姜湯
  • ココア

などが該当します。

方法2.マッサージする

マッサージをして潰すのではなくリンパマッサージをすることでセルライトを除去します。

リンパの流れがよくなれば自然とセルライトもなくなるのです。

最近ではリンパマッサージを着るだけでできるスパッツなんかも販売されています。

こちらを使ってもいいですが、一人で手軽にできるリンパマッサージの方法をお伝えします。

脚の場合

  1. 両手でふくらはぎの下を掴み、下から上へなぞるようにマッサージします。
  2. 膝の周りに手を当てて円を描くようにマッサージします。
  3. 膝の裏に指を4本ほど当てて、気持ち良いくらいの感触で押しましょう。

以上です。

1~3をそれぞれ5回ずつ行いましょう。

脚全体のリンパの流れがよくなれば太もものセルライトも除去されるでしょう。

腕の場合

  1. 手のひらを上にして反対の手で手首を軽く掴みます。
  2. 内側の脇へ向けてゆっくりとさするようにマッサージします。
  3. 2の途中でマッサージしている腕の方を斜め上まで上げます。

3のイメージとしては、手首から肘までが手が下がっている状態にして、肘から脇までは手が上がっている状態が望ましいです。

1~3を1回として5回行いましょう。

方法3.有酸素運動をする

運動をすることで血液の循環もよくなりますし、不要な老廃物や水分を出すことができます。

特に有酸素運動がおすすめです。

脂肪燃焼にもなりますのでダイエット効果も期待できます。

有酸素運動の中でも水泳がいいでしょう。

ジョギングと比べても膝の負担が少なく、ケガをしにくいです。

そして水泳の最大のメリットは冷たい水に浸かることなんです。

冷えを促進してしまうのでは?と思われるかもしれませんが、人間の体は環境に対応するために作られています。

つまり、冷たい水の中にいることで熱を奪われにくい体になろうとしてくれます。

暑い地域の人は暑さに強く、寒い地域の人は寒さに強いと言われています。

環境で体を変化させることができるのを利用して水泳を試してみましょう。

方法4.筋トレをする

セルライトができている部位、そして全身の筋肉量をあげることが大切です。

特に下半身の筋肉は体全体の70%を占めています。

ですので、まずは下半身を意識した筋トレをするとよいでしょう。

おすすめはスクワットとヒップリフト。

スクワットは主にお尻を鍛える筋トレですが、正しい姿勢で行うことで腹筋や背筋に効かせることができます。

また、フォームを工夫することで美脚も叶い、一石何鳥にもなる素晴らしい筋トレです。

そして寝たままできる、身体を痛めにくいヒップリフト。

こちらもお尻を鍛える筋トレなのですが、正しいやり方で行えばインナーマッスルに効かせることができます。

 

筋トレの重要性はこちらの体験談を読むとよく理解できます↓

6.セルライトを予防するためにおすすめの食習慣

セルライトを予防したいなら食習慣についてもよく考えるべきでしょう。

人間は食べたもので体が作られています。

つまり、セルライトも食べ物に気を付けるだけで予防できてしまうのです。

6-1.効果が期待できる食べ物

栄養素として注目したいのが、

  • 余分な水分を排出するカリウム
  • 代謝を挙げるビタミンB群
  • タンパク質

がキーワードになります。

これらが多く含まれている食べ物を紹介します。

豚肉

豚肉には豊富なタンパク質とビタミンB群が含まれています。

料理に使いやすく、色んなアレンジができるのも嬉しいです。

ただし、食べ過ぎには注意してください。

脂質もたくさんありますので、カロリーの摂り過ぎで太らないようにしましょう。

レバー

レバーもビタミンB群を多く含んでいる食べ物です。

また貧血の人にも良いのもポイントです。

レバーは牛・豚・鳥のどれもがビタミンB群を豊富に含んでいます。

少しアレンジが難しいですが、たまに食べる意識を持つといいでしょう。

海藻類

カリウムを多く含んでいる食材として海藻類があります。

ワカメや昆布、ひじきなどが代表的です。

カロリーが低いのでダイエットの味方にもなるので心強いですよね。

控えたい食べ物

栄養素の観点からいくと脂質や糖質の多い食べ物は控えたほうがいいでしょう。

ただし、まったく摂取しないのも問題です。

あくまでも摂り過ぎないことを意識しましょう。

脂質が多く含まれている食品は、チーズやお肉などが挙げられます。

お肉は赤身肉であれば脂質はそれほど多くありませんので、脂身を避けるようにしましょう。

糖質は摂り過ぎてしまうと体に糖が残ってしまい、体の酸化を促してしまいます。

体の酸化は老化現象を手助けしてしまいます。

お米やパンは適量の摂取なら問題ありませんが、食べ過ぎには注意してください。

6-2.食生活で注意すべきこと6つ

運動も大切ですが、何よりも重要なのは食生活。

食生活で注意すべきはこの6つです。

  • 腹八分目を心がける
  • 食べ順ルールを守る
  • 外食と加工品はなるべく控える
  • 早食い禁止
  • たんぱく質を意識
  • 水分はしっかり摂る

過ぎたるは及ばざるが如し。

どんなに体によいものもお腹いっぱい食べていたので太ってしまいます。

腹八分目を心がけましょう。

また、食事内容を変えなくても、食べる順を意識するだけで食べ過ぎや脂肪がつくのを防ぐことができます。

以下の順番で食べるようにすると良いですよ。

  1. 汁物や野菜
  2. タンパク質
  3. 炭水化物

汁物や野菜を先に食べることで、血糖値の上昇が緩やかになりますし、早い段階で満腹感を得られるようになります。

食べる順番を変えるだけなのですぐ取り組めますね。

ですがこのルール、外食になると案外難しい。

丼ものやパスタなど一品もののメニューも多いからです。

味噌汁やサラダからゆっくりいただくなど、工夫してみましょう。

そして外食でもう一つ気になるのは、塩分や添加物です。

外食やインスタント食品は想像以上の塩分や添加物を含んでいます。

それにも関わらず、肝心なタンパク質やミネラルはあまり摂れません。

新鮮な食材や加工されていない食材を簡単に調理して食べた方が、心も身体も満足感を得られますよ。

さらに心も身体も満足させたければ、早食いやながら食べは禁物。

しっかり食事に向き合い、丁寧に味わいながらいただくことが大切です。

そして前述したように、タンパク質・水分はしっかり摂りましょう。

一日に必要なタンパク質の量は、年齢や筋肉量によっても変わりますが、おおよそ体重×0.8gで算出できます。

体重50㎏の人では、一日約40gのタンパク質が必要になります。

さらに、運動する方はより多くのタンパク質が必要です。

タンパク質の量は牛ステーキ100gで約20g、納豆1パックで約12g、卵1個で約7g。

良質なタンパク質を毎食意識してとるようにしましょう。

そして、一日に必要な水分量は、1L~1.5Lと言われています。

カフェインや糖を含まない純粋な水がおすすめ。

一度にまとめて飲まず、こまめに飲むのがポイントです。

7.エステでのケアはセルライトに効果がある?

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

楽やせ美体研究所(@rebodylakuyase)がシェアした投稿

結論から言うとエステで行うケアにより違います。

セルライト潰しをするようなエステであれば効果はありません。

リンパの流れを良くして、効果的に除去できるエステであれば行く価値はあります。

セルライトケアをするエステでは専用のオイルや機器を使うことが多いです。

自分だけでやるマッサージには限度がありますし、セルライトケアをする機器は高額なものが多いです。

諸々のことを考えてもエステを利用するのはアリと言えるでしょう。

セルライトケアをしっかりしてくれるおすすめのエステサロンを1つ挙げるならば、Vitule(ヴィトゥレ)です。

ヴィトゥレではカウセリングを一人ひとり丁寧に行って、その人の脂肪・セルライトの付き方に合わせて、11種類のメニューから適切な施術メニューを組んでくれます。

決まりきったコースの施術とは違い、その人の悩みや体の状態に合った施術をしてくれるので結果も出やすいんですね。

キャビテーションも特徴的で、ヴィトゥレには4種類のキャビテーションが用意されています。

キャビテーションとは超音波で脂肪やセルライトを柔らかくして排出しやすくしてくれるマシン。

このキャビテーションが脂肪・セルライトの状態別に4種類用意されているということですね。

他のエステでもキャビテーションはあるのですが、これだけバリエーションがあるのはヴィトゥレだけでしょう。

エステでキレイに痩せたい!セルライトを落としたい!とお考えの方はヴィトゥレを選んでみてはいかがでしょう。

以下の公式サイトから体験を申し込まれた方は10,000円の体験料が3,000円で割引して受けることができます。詳細は公式サイトをご確認くださいね。

 

>>Vitule(ヴィトゥレ)公式サイト

 

太めだとどんなデメリットが…?詳しくはこちらから↓

8.まとめ:セルライトは潰すのではなくケアして除去しよう

セルライトは潰してはいけない理由が分かったかと思います。

改めて今回の内容をおさらいしましょう。

  • セルライトとは脂肪細胞のことを指している
  • セルライトができる原因は血行不良や生活習慣、加齢が挙げられる
  • セルライトを除去することで見た目がキレイになり、冷えやむくみも解消される
  • セルライトを潰すのは逆効果!逆に増やしてしまうので注意
  • マッサージや身体を温めること、有酸素運動、筋トレでセルライト除去につながる
  • セルライト予防で摂取したい栄養素はタンパク質、ビタミンB群、カリウム
  • セルライト予防で控えたい栄養素は脂質、糖質
  • エステはリンパの流れを良くするセルライトケアであれば行く価値アリ

以上です。

憎きセルライトをなんとか除去したいと思うなら、今回紹介した方法を試してください。

ただし、短期間でセルライトを除去できるわけではなく長期にわたってコツコツとやるのがコツです。

一気にセルライトを除去したいのであればエステを選択肢に入れてください。

さあ、セルライトを除去して見た目も美しく健康的になりましょう。

関連記事

  1. 花の夢が暗示する夢占いの意味やメッセージ

  2. 雪の夢が暗示する夢占いの意味を診断!

  3. 名前人気ランキング常連!「優」が付く名前110選

  4. プラン別!カップルにおすすめの国内旅行

  5. 【男性向け】パパ活の費用相場は?シーン別で必要なお金を紹介

  6. 人気のギャルメイク!パーツ別やり方・コツ

  7. 赤ちゃん連れにおすすめの温泉旅行先は?

  8. 歯が砕ける夢が暗示する夢占いの意味とは?