男の子・女の子に人気のおしゃれな名前一覧

祝福と共に生まれた新しい生命、そんな生命に与えられる最初のプレゼントは名前です。

せっかくなら子供が誇れるような良い名前を付けたいですよね。

今回は男の子や女の子に人気なおしゃれな名前についてご紹介します。

 

男の子の赤ちゃんにおすすめのおしゃれな名前

おしゃれな名前というとどんなイメージがありますか?

おしゃれという定義はもの凄く曖昧です。

おしゃれ、つまり「洒落ている」という事はセンスが良いという事だと言えますが、ぶっちゃけてしまえばセンスなんて人それぞれ。

一般的に受けの良い趣向の人はセンスが良いと言われる一方、一般受けしない独特な趣向の人は悪趣味だと言われたりもします。

 

これは名前選びにおいても同じことが言えます。

例えばセンスの良い名前を付けてあげようとして、特徴的で唯一無二な名前を付けようとした結果、所謂「DQNネーム」や「キラキラネーム」と呼ばれるような「一般受けしない悪趣味な名前」としての評価を下されることもよくあります。

 

では悪趣味なのが悪い事なのかと言うと、別に趣向なんて人それぞれであり、少なくとも個人で楽しむ分には他人に迷惑をかけていない以上は文句を言われる筋合いもありません。

ただ、子供の名前というのは子供に一生につきまとう存在です。

改名という行為も様々な手続きを経てその理由を認められる事でようやく実現する事であり、簡単に名前を変えることはできないのです。

そんな大切な名前を完全に自分の趣味やセンスだけで決めるのは「子供のため」にはなりません。

 

おしゃれに感じる感覚は人それぞれのため、今回ご紹介する名前から採用する場合も必ず第三者の意見を可能な限り集めた上で判断するようにしましょう。

 

  • ランキングで人気のおしゃれな名前

    2018年度の新生児に付けられた名前の人気ランキングを元に、おしゃれで素敵な名前をピックアップしてご紹介していきましょう。

    出典元:2018年 男の子の赤ちゃんの名前ランキング100 

     

    ただこればかりはやはり個人の主観・センスの違いが出てくるため、人によってはおしゃれに感じない、この名前はおしゃれだと思うのに入ってない!と思う事もあるかもしれませんがご了承ください。

    蓮(れん)

    陽翔(はると)

    樹(いつき)

    悠人(ゆうと)

    湊(みなと)

    蒼(あおい)

    朝陽(あさひ)

    颯真(そうま)

    悠真(ゆうま)

    伊織(いおり)

    結翔(ゆいと)

    晴(はる)

    朔(さく)

    葵(あおい)

    颯斗(はやと)

    海翔(かいと)

    大和(やまと)

    颯汰(そうた)

    遥斗(はると)

    海斗(かいと)

    奏汰(かなた)

    湊斗(みなと)

    悠翔(はると)

    碧(あおい)

    蒼真(そうま)

    悠希(はるき)

    大輝(だいき)

    陸翔(りくと)

    絢斗(あやと)

    悠叶(あやと)

    以上がおしゃれな人気の名前ランキングからピックアップしたおしゃれで素敵な名前です。

    基本的に漢字のイメージがおしゃれに感じる名前が多く、同じ読みの名前でも簡単な漢字を使った名前もあれば、逆に難しい漢字を使った名前もあります。

    画数が多くて複雑な漢字を多く使うとそれだけカッコよく、おしゃれに思えるのは子供心にもわかりやすい点ではありますが、同時に複雑で珍しい漢字となると覚えるのに時間がかかります。

     

    子供が自分の名前を好きになれない理由の一つに、自分の名前が覚えにくい・書きにくいからというものがあります。

    教育における常識的な事として、まず文字を覚える過程として最初に覚えるのはひらがな、次にカタカナで、これにより最低限の文字の読み書き、発音を身に付ける事になります。

    その後に漢字を覚えることになりますが、基本的に簡単かつよく使う常用漢字から教えられていくため、使うことが少ない複雑な漢字というのは、それこそ学校で教わるのは高校生になってから、なんて事もあり得ます。

    流石に高校生になるまで自分の名前を書けないという人は極少数ではありますが、自分で自分の名前が書けないというのであれば、当然他人が自分の名前を書けないという可能性もあり得ます。

    またあまり使われない漢字や特殊な読み方の名前は、書くどころか読む事すら難しくなります。

    当て字前提の読みの名前は最たる例と言えるでしょう。

    「他人にちゃんと名前を覚えてもらえない」「初対面の人に名前をよく間違えられる」というのはいい気分にはなりません。

    子供に名前を付ける上では、こういった面でもしっかり考えてあげる事が大切です。

     

    古風・和風なイメージのおしゃれな名前

    古風、かつ和風な名前というのは、つまるところ伝統的であったり、日本的な名前という事でしょう。

    古風な名前は一歩間違えると「古臭い名前」になってしまう可能性があります。

    例えば現代で太郎丸や権左衛門なんて名前を見たら、「良くも悪くも今風だ!」とは感じないでしょう。

     

    現代でも古臭さを感じさせず、おしゃれだと言える名前はいくつかあります。

    その一つに有名人の名前や歴史の偉人の名前を引用するというパターンがあります。

    例えば日本の有名人で男の子向けの名前といえば戦国時代の武将たちが挙げられます。

    その中からおしゃれだと言えば伊達政宗や明智光秀などはどうでしょうか。

    勿論そのまま政宗や光秀と取るだけでなく、これを元にアレンジを加えたりしてみるなど。

    「まさむね」という読みを取って雅宗や昌宗、「みつひで」という読みを取って光英や三秀というのもありでしょう。

     

    他にも時代を進めて新選組の沖田総司や土方歳三、近藤勇といった有名な隊士の名前を取るのもいいでしょう。

    有名人の名前から取るというのはその人物像が名前のイメージとなるため、こんな人のように育って欲しいという願いを込めることができます。

     

    古い時代だと一人の人間が幼名やら通名やらで複数の名前を持っている事が多く、上記の戦国時代の武将は基本的に幾つか名前を持っています。

    ただそういった幼名や通名は現代では違和感のある特徴的な名前が多いため、参考にするのであれば慎重に選ぶと良いでしょう。

  • 漢字一文字のおしゃれな名前

    漢字一文字の名前というのは、まとまりが良くシンプルに感じます。

    シンプルな分覚えやすく、よほど目にしない常用外の漢字や難読漢字でも無ければ覚えてもらう事ができるでしょう。

    また名前の意味込めに関しても、漢字というのはその一文字自体に意味があるため、意味の無い名前になってしまうという事もあまり無いでしょう。

     

    漢字一文字の場合、何をもっておしゃれとするかは基本的に字を見た印象や音の響きで決めるわけですが、漢字一文字の場合は漢字二文字よりも読み方が豊富だったりもします。

     

    特に男の子の場合は人気な名前は読み方に偏りがあり、「やまと」や「はやと」、それに「かいと」など最後に「と」が付く名前が多いため音の響きが似通ってしまいます。

     

    対して漢字一文字であれば読み方が偏る事もあまりありません。

    一例としておしゃれな名前を挙げると、「晶・顕・彰(あきら)」「翔・駆(かける)」「誠・真(まこと)」「湊(みなと)」「蓮(れん)」などがあります。

    特に「蓮」という名前は人気ランキングでも1位を獲得しており、また蓮……「ハスの花」

    というのは仏教における象徴であったり仏教的な影響を受けた花言葉を持つため、縁起が良い存在であると言えます。

    英語風のおしゃれな名前

    英語風のおしゃれな名前を付ける場合、英語に寄るのか英語と同じ読みの日本語に寄るかの違いが存在しています。

     

    前者であれば、英語の読みや名前に漢字を当てるといった当て字の名前になります。

    例えば「ボブ」という名前に漢字を当てて「歩部」のようなのが前者、後者は海外の名前や単語と同じ読みの名前で、男の子であれば海外で多い「ジョージ」と似た響きの「譲治・譲二(じょうじ)」や、「ケント」と同じ響きの「絢斗・健人(けんと)」などがありますね。

     

    無難なのは後者でしょう。

    当て字となると意味を込めにくく、どうしても「DQNネーム」や「キラキラネーム」と呼ばれてしまう名前になってしまいやすく、悪目立ちしてしまいます。

    であれば、語風かつ日本で通じる名前で悪目立ちする事もなくさり気なくアピールできるおしゃれな名前になると言えるでしょう。

     

    他にも英単語として時代を意味する「Age」であれば読みは「エイジ」になるため、名前として「映司・永治」というように違和感の無い名前になります。

    英語風の名前のメリットの一つとして、海外の人も親しみやすい名前であるという事が挙げられます。

     

    言語が違えば発音が違うのは当たり前で、普段発音する言葉が異なれば「発音できない音」というのもあります。

    海外の人が日本語を話してもカタコトに聴こえたり、逆に多くの日本人が英語をネイティブに発音できないのはそもそも使っている音が大きく異なっているからです。

    普段使わない音をどう発音するべきなのかがわからない・できないという点が最たる理由なのです。

     

    しかし、同じ読みの名前であれば多少発音がネイティブな英語寄りになったり、「じょうじ」が「ジョージ」になったりする程度で問題なく発音できる事から、抵抗なく名前を呼んでもらう事ができます。

    逆に「あおい」のように母音が続く名前は英語圏の人にとっては発音しづらい名前のため、海外を意識するのであればそういった点も注意しましょう。

     

  • おしゃれな読み方をする名前

    字面よりも「読み方」に重点を置く名前ですが、こういった名前は個性的・独特といったメリットと同時に「読みにくい」というデメリットも存在します。

    難読漢字は勿論、常用漢字でも普段使わない読み方を組み合わせた名前を一回で読める人というのは多くはいないでしょう。

     

    そうなると初見でまずまともに呼んでもらえないことや読み間違えられるといった事が頻発するため、下手をすると子供にとって嫌な印象を与えてしまいます。

    そのため、おしゃれな読み方をする名前を付けるにしても、ひと目見て理解できないような名前にするのは控えたほうが良いでしょう。

     

    おしゃれな読み方の名前とはつまるところ滅多に見ない読み方の名前という事。

    一例としては「紅葉」という名前があるとして、普通ならこれを「もみじ」と読む人が多いでしょう。

    しかしこれを「くれは」と読ませる事もできます。

    このように普通の読み方とは別の読み方をさせるというのが、一般的かつ悪目立ちしない特徴的な名前の選び方と言えるでしょう。

    他にも漢字一文字であれば「雪」と書いて「すすぐ」と読ませたり、常用漢字の中にも珍しい読み方の漢字というのは結構あります。

     

    女の子の赤ちゃんにおすすめのおしゃれな名前

    男の子の名前の次は女の子の名前です。

    女の子の名前として男の子と異なると言えるのは、ひらがなの名前があるという事。

    ただ、ひらがなの名前はおしゃれというよりは可愛い・幼いという印象が強いため、今回はご紹介はしません。

     

  • ランキングで人気のおしゃれな名前

    2018年度の1月から9月に生まれた新生児につけられた名前から、おしゃれなものをピックアップしてご紹介します。

    出典元:2018年 女の子の赤ちゃんの名前ランキング100

    女の子の名前で人気な名前30個は以下の通り。

    陽葵(ひまり)

    葵(あおい)

    澪(みお)

    凛(りん)

    琴音(ことね)

    凜(りん)

    咲良(さくら)

    美月(みつき)

    心春(こはる)

    結月(ゆづき)

    蘭(らん)

    明莉(あかり)

    莉緒(りお)

    鈴(すず)

    彩葉(いろは)

    美咲(みさき)

    琴葉(ことは)

    蒼依(あおい)

    依茉(えま)

    美琴(みこと)

    莉愛(りあ)

    柚月(ゆづき)

    咲花(えみか)

    七海(ななみ)

    楓(かえで)

    一華(いちか)

    心陽(こはる)

    菫(すみれ)

    柚葉(ゆずは)

    柚希(ゆずき)

    上記がピックアップしたおしゃれで素敵な名前となります。

    女の子の名前で印象的なのは花や植物に関係する名前が多いという事。

    単純に蘭や楓といった植物の名前そのままだったり、名前の一部に植物の名前や花・咲といった字が用いられていたりします。

     

    男の子の名前で言えば蓮や葵、大きな木を意味する樹が植物に関係する名前であり、花に女性的なイメージがあるというのも、女性の名前に用いられる事が多いというのが関係しているのかもしれません。

     

    古風・和風なイメージのおしゃれな名前

    女性に対する古風・和風なイメージの名前と言えば、桜子や薫子のように「子」が付いた名前と言えるでしょう。

    更に遡れば、お菊やお竜という名前もありますが、流石に現代では時代外れな名前かもしれません。

     

    古くから使われていて現代でも通用する名前でおしゃれなものとして挙げるのであれば「巴(ともえ)」などはどうでしょうか。

    巴とは鞆絵(ともえ)を意味する言葉であり、鞆絵と呼ばれる絵と似た形をした字という事からともえという読みが与えられ、現在の読みと意味の言葉になりました。

     

    中国においては身を丸めたヘビを元にした字とされていますが、日本においては巴紋のイメージが強い字であると言えます。

    女性の名前としては日本史でも数少ない有名な女武者の「巴御前」にも使われています。

    他にも日本と言えば桜、桜の字を使った「桜華」や、読みを使った「咲良」なども和風な名前と言えるでしょう。

  • 漢字一文字のおしゃれな名前

    女の子の漢字一文字の名前といえば上記でも触れている花の名前。

    他にも凛や澪、鈴といった名前もおしゃれでしょう。

    それぞれ意味を解説していきましょう。

     

    まず「凛」ですが、凛と凜という似た文字が存在するため、書く分にもややこしくて難しいと言える漢字です。

    違いは凛の下半分が「示」という字で、凜は「禾」という字であるという点と、正字と俗字の違いという2点だけ。

    つまり意味は同じで、凜・凛という字は米倉が凍りつく様を表しており、その凍りつくような厳しい寒さと、それを耐えて米を守る倉という意味が転じて「自分に厳しく妥協しない」という意味の言葉として用いられるようになりました。

     

    次に「澪」という漢字。

    みお、と読むのが主流ですが、他にも「リョウ」や「レイ」と読む事ができ、どちらも名前として違和感がない読み方だと言えます。

    中国から伝わった漢字の一つで、本来は「冷」の俗字となります。

    つまりは凛と凜の関係に近いのですが、日本に伝わって以後はその使い方をされることはほとんど無いとされています。

    字の組み合わせから「船が通るのに適した川や海の水路」という意味で用いられるようになりました。

    そのため、名前として用いるには意味を込めにくい名前だとは言えます。

    独特な響きと字のかっこよさから名前としては人気の漢字です。

     

    最後に「鈴」という漢字。

    すず、あるいはりんと読む漢字で、意味はそのまま音の鳴る鈴という楽器です。

    名前の由来とされる説は2つあります。

     

    まず、鈴は「金」と「令」という字に分けることができ、令という字は神のお告げを受けている人の姿を指し、金は金属を意味します。

    その2つの漢字を組み合わせることで、神様を呼ぶ、あるいは送り出す時に用いる楽器(金属)という意味の字として鈴が生まれたという説。

     

    そしてもう一つは令が「冷」を指していて、「冷」と「金」を組み合わせた結果として涼しい音が鳴る金属という意味で鈴が生まれた、という説があります。

    英語風のおしゃれな名前

    英語風の名前、こちらも男の子の時と同様「海外でも通用する読みの名前」と「英単語と同じ読みの名前」の2つがあります。

    前者であれば「サラ」「エマ」「エリカ」「リサ」など、後者であれば「ルナ」などがあります。

     

    それぞれ日本語として漢字を当てると、サラは「紗良・彩良」など、エマは「愛真・依茉」など、エリカは「衿花・恵梨香」など、リサは「梨沙・莉沙」などがあります。

     

    後者の英単語における「ルナ」というのは日本でも馴染み深い月を意味する単語です。

    月は女性的なイメージがある国もあれば、男性的なイメージのある国があり、日本においてはどちらかと男性的なイメージがあるといえるでしょう。

    というのも、日本神話において太陽に関係するのが天照大御神という女神であり、月を意味するのはその弟神にあたる月読尊という神様です。

    対してギリシャ神話においては太陽神はアポロンという男神で、月はアルテミスという女神が司っていたりと、神話が根付いている国によって太陽・月に対するイメージは違ってきたりもします。

     

    ルナという読みに漢字を当てると「琉菜・瑠奈」などがあります。

    あるいは「月」と書いてルナと読ませる名前もありますが、独特な読み方のため、呼び間違いが多発してしまう可能性もあります。

     

  • おしゃれな読み方をする名前

    女の子の名前でおしゃれな読み方をするものと言えば、上記の英語風の名前とやや被りますが「ありす」や「まりな」と言った海外風の名前です。

    上記の一例と違うのは、あくまでも上記の一例は「日本でも使われている」名前であり、かつ違和感が無い名前です。

    しかし「ありす」や「まりな」という読みの名前はたしかに日本人の名前に用いられていますが、海外由来の読み方であり、実際に「ありす」や「まりな」という名前を聞いて思い浮かべるのは日本人のイメージよりも海外の人のイメージが多いでしょう。

    字を当てるなら「亜璃西・愛里寿・有栖」や、「麻里奈・茉里奈」などがあります。

     

    他にも「花音(かのん)」や「芹香(せりか)」などもおしゃれな読みの名前としておすすめです。

    前者はクラシック音楽のカノン、後者はスペイン語で神々の・天上のといった神々しい意味のある言葉と同じ響きになります。

     

    男女どちらでも使えるおすすめのおしゃれな名前

    最後に男女両用の中性的な名前をご紹介しましょう。

    基本的に中性的な名前というのは読みで判断する事ができます。

    読みが中性的であれば、後はそこに当てる漢字次第で男性的になったり、女性的になったりと印象が変わります。

     

    中性的な名前の代表例と言えば「まこと」という名前でしょう。

    あてる漢字も「真」や「誠」という漢字一文字のパターンから、「真琴」や「麻琴」などがあります

    漢字一文字の「誠」は男性的な印象が強く、「麻琴」という字であれば女性的な印象が強いと言えるでしょう。

     

    他にも「かおる」や「あきら」といった中性的な名前があります。

    当てる字次第でおしゃれな名前になるため、凝りすぎない程度に当てる字を考えてみると良いでしょう。

    「かおる」であればベターに「薫」という字の他にも「夏織」や「香織」などがあり、「あきら」であれば「彰」や「晶」の他にもカッコよく「暁良」という字を当てる事もできます。

     

    まとめ 画数や意味も含めておしゃれで素敵な名前をつけよう

    以上、男の子や女の子に付けるおしゃれな名前についてご紹介していきました。

    他にも画数や、単語としての意味など名前には様々な要素が含まれています。

    今回のまとめとしては以下の通りになります。

    • 当て字や漢字に拘りすぎるとDQNネームやキラキラネームになりやすい。
    • 難しすぎる字や読みの名前は覚えにくかったり、読み間違えられたりする。
    • 古風や和風な名前も昔の名前を元に現代風にアレンジすることができる。
    • 和風な名前は日本由来のものから取ると和風な名前になりやすい。
    • 海外で使われる名前と同じ読みの名前であれば海外でも通じる。

    といった点や、実際に自分がその名前を与えられてどう思うかを踏まえましょう。

    その上で、親も子供も後悔しない、大人になって誇ってもらえるようなおしゃれで素敵ないい名前を付けましょう。

  • 関連記事

    1. 花言葉で片思いを表した花とそっと気持ちを伝えるための花の選び方

    2. デートの定番スポット10選とそれぞれのメリットを徹底解説!

    3. 愛されキツネ顔になる3つのポイント!タヌキ顔に負けない!

    4. 目指せカクテル通!カミカゼの由来や作り方

    5. ママに人気のおすすめベビーフード一覧

    6. 個性が光る!珍しい赤ちゃんの名前一覧

    7. 刀の夢が暗示する夢占いの意味とは?

    8. 春定番のデートスポット7選!彼氏をドキっとさせるコーデにメイクも