不妊様って言われてない?特徴と傾向とは?

※当記事は不妊治療をされている方、不妊に悩まれている方が気分を害される可能性が御座います。当然ながら当記事において不妊に悩まれている方を侮辱、差別する意図は一切ございません。予めご了承くださいませ。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

新たな生命を宿し、血のつながった親となるために必要な妊娠という過程。

しかし中々妊娠をしないという人も結構な割合で居たりします。

今回は妊娠しない人、「不妊様」について解説していきます。

 

不妊様とは?

不妊様とは、結婚をしていて子作りをしているのに妊娠しない人の中でもそれを拗らせて他人に当たったりと言動が問題視されるようになっている人の事を指します。

不妊「様」の様は敬称というよりは「何様なんだ」という意味でつけられた皮肉からの蔑称です。

 

不妊症、簡単に言えば子供ができない事の定義は「避妊せずに子作りを定期的に行っていて、かつ2年以上妊娠しない」という人の事というものがあります。

不妊症といっても幾つかその原因や種類が存在します。

 

1つは病、あるいは怪我などの直接的な原因によってそもそも子供が産めない体であるという事。

流産などを経験した事がある方や、病気などで子供が産めない体であるという人。

こればかりは現代日本の医学でも治療の限界があるのも事実です。

人工子宮や体外受精などの技術が発展しているとはいえ、極力普通の方法でこどもを作ってあげたいと考える人は多いでしょう。

 

もう1つは大きなストレスや生活習慣の乱れなどによって身体的に不調になり、ホルモンバランスの乱れなどによって妊娠しにくい体になってしまっているというパターン。

不妊様の中でも厄介なのはこのタイプです。

前者は病気や怪我という、どうしようもない理由で子供ができなくなってしまっている事からある程度同情や理解の目が向けられる事もあります。

ただ後者の場合は「産める体のはずなのに妊娠しない」という事から周囲からのプレッシャーを感じたりして1人過敏に反応したりして厄介な事になるのです。

産めるはずではあるが、過度のストレスなどによって子供ができない。

そしてそれに焦り、周囲からのプレッシャーなどを抱え込み、更にストレスが悪化するという悪循環に落ちいってしまい、人間関係まで悪化させてしまうなど、基本不妊様関係で良い話題というものはありません。

 

といっても不妊様自体に何か落ち度があるというわけではありません

他人に当たったり妬んだりするのは落ち度かも知れませんが、何も好きでそんな事をしているわけではなく、大抵は子供が生まれない事に対する焦りや不安で追い詰められていった結果、上記の悪循環に陥ってしまっただけでそういった原因に触れずただ非難するだけでは相手を追い詰めてしまうだけで何も解決しません。

 

不妊様の特徴や傾向

一般的に不妊様というのがどういう人に与えられる蔑称なのか?特徴や傾向を見ていきましょう。

 

基本的に不妊様は良い意味で使われる事はありません

たまに不妊治療を行った人に対しても不妊様という呼称を用いることもありますが、基本この言葉はTPOを弁えて使わなければ余計な火種になりかねません。

揶揄する事は勝手であり自由ですが、言葉を選ぶのはそれ以上に重要な事です。

傷つけられたから傷つけて良いというわけではなく、また自分が不幸だからと他人を妬むのもお門違いです。

まず不要に煽ったりしないこと、煽りあって喧嘩するより相談に乗って一緒に苦難を乗り越えた方が、後々になってきっと役に立つ経験や関係を築く事ができるでしょう。

 

家族・友人・知人の妊娠や出産を喜べない

身近な人が妊娠したり、出産した事に対して素直に喜べない。

これは当然と言えば当然かも知れません。

 

自分は子供が生まれないと悩み、焦っているのに他の人はそんな事もなく普通に妊娠して、普通に出産している。

これで一切悪意も無く喜べるという人は聖人か何かでしょう。心に人一倍余裕がある人でもなければ普通は素直に喜べません。

ただここで「普通に喜べない」だけであればまだマシ、あるいは不妊様の初期段階であると言えます。

ここで「皮肉や不満をぶつける」といった行動に出ると間違いなく不妊様と言えます。

言ってしまえばその人達の幸せと貴女の不幸は別の問題であり、幸せを感じている人に不平不満をぶつけるのは無粋で非常識な行為です。

他人を妬んで喜んでいる人の気持ちや当人の幸せを削ぐなんて事をやってしまえば、そんな人幸せになる権利は無いよ、と言われてしまう事だってあるでしょう。

 

子供がいる人に対して攻撃的

これも同じく妬みから来る特徴です。

子供が生まれない事から、自分にはできない子育てを楽しんでいるという言い方は少し違うかもしれませんが、自分ができない事ができる人に対して嫉妬心を抱いたりして攻撃的な態度になるのも不妊様の特徴です。

これも上記と同じで、不妊様が妊娠できない事と、子供が居る人の事は全く関係の無い別のお話です。

もし不妊の原因である大きなストレスがその人由来のものであるというのなら攻撃的になる理由も納得はできますが、そうでもないただの幸せな他人に当たるのはお門違いです。

 

妊娠・妊婦・出産・子供に過剰反応する

なんでもない、全く不妊様を意識していないただの日常会話レベルの言葉の中に含まれている「妊娠」「妊婦」「出産」「子供」といったワードに過剰に反応するのも特徴です。

決まってそこからヒステリックを起こしたり、空気をギスギスさせたりとろくな事にはならず、結果として余計な事を言うと面倒くさい人、というような腫れ物扱いされてしまうようになるでしょう。

精神的に追い込まれていくと大抵被害妄想に陥ってしまうため、悪意を持っていない何気ない言葉や振る舞いにさえ悪意があるものだと思い込み、他人を信頼しないようになりストレスをさらに抱え込んでいくという負のスパイラルの飲み込まれていってしまいます。

 

感情の起伏が激しい

男性もそうですが、女性は特に精神的に追い込まれると感情の起伏が激しい、所謂ヒステリックを起こしやすい状態になります。

普段からイライラしていて、何かあると爆発するように怒りちらしたあと泣き崩れるように悲しみにくれるという振る舞いを繰り返すようになります。

本人にすら感情制御ができない状態のため、説得も忠告もほぼ無意味です。

ヒステリックに陥った状態だともはや大抵の言葉、慰めが逆効果になる可能性すらあります。

 

自分の旦那や周りの人に気を使わせる

そういった上記の態度の結果、唯一味方で居てくれるであろう自身の旦那や、周りの人に気を使わせてしまうようになれば、それはもう立派な不妊様です。

自分が一番余裕がないからといって他人に気を使わせて良い理由にはなりません。

気を使わせる前に解決できるように行動しなければ、最悪離婚の原因にすらなりかねないのです。

 

不妊様になる原因

何も誰だって好き好んで不妊様になりたいわけではありません。

物事には理由や原因が存在するもので、不妊様が不妊様になる理由や原因もまた同様に存在するのです。

それこそ上記で触れたように精神的な大きなストレスや、ホルモンバランスがその最たる理由です。

 

不妊治療や金銭的負担のストレス

不妊様などの話は別として、まず第一に「体質として妊娠のしやすさの違い」というものは存在します。

これは単純に女性側の体質の問題であったり、あるいは旦那との相性もあるため、普通に子供を産める体だけど旦那との相性が良くなく、中々生まれないというような人も居るのです。

そういった人が不妊治療を受ける中でその膨大な金額からプレッシャーやストレスを感じた結果、不妊治療のはずがストレスの方が大きくなって結果逆効果なんて事も珍しくありません。

ただこればかりはお金がかかるのが医療の常である以上どうしても難しいところではあります。

特に旦那の収入が少ない場合などはそれが原因で喧嘩からの離婚パターンも十分にあり得ます。

 

ホルモンバランスの乱れ

女性にとって妊娠云々の前から悩みになりやすいホルモンバランスの乱れ。

ホルモンとはいわゆる男性ホルモンやら女性ホルモンやらの簡単に言えば「体の性別バランスを整える成分」の事であり、体調を整える役割を持つ他その人の体を男性的・女性的にするという部分もホルモンバランスが関わっており、これが乱れるという事は本来の性別で持つ男性的・女性的な機能に支障をきたすという事。

つまりホルモンバランスが乱れる事で不妊症になる、という事も極普通にありえる事なのです。

このホルモンバランスは単純に摂取したものなどによって物理的に変化したり、行動によって変化したりしますが、異常をきたすレベルになると深刻なレベルであると言えます。

こればかりは普段の生活習慣を改善して地道に整えていく必要があるでしょう。

 

旦那との意識のズレやコミュニケーション不足

パートナーであり最大の味方であるはずの、あらねばならぬはずの旦那との意識のズレや、コミュニケーション不足によってストレスを抱える事もあります。

旦那に対する不満、不平不安が溜まっていき精神的に不安になってしまいそれが理由で妊娠ができない。

これが原因の場合十中八九旦那との関係に何かしらの影響が及びます。

 

それが前向きに語り合って和解するというものであれば良いものの、やはりといってはアレですが、離婚のパターンが多いと言わざるを得ないでしょう。

旦那との意識のズレというのは、例えば「旦那は対して子供が欲しいわけでも無いため妊娠しない事に対しては重要視していないが、妻は子供が欲しくて仕方がなく、妊娠できないことを本気で焦っている」というようなもの。

勿論逆のパターンや、母や義母が求めているという第三者パターンも存在します。

 

周囲からのプレッシャー

上記の第三者パターン当たるのがこちら。

母親や旦那側の両親からの期待が大きく、それがプレッシャーになってしまうというパターン。

旦那との意識のズレや、旦那からのプレッシャーであれば旦那と対話することで解決することができるでしょう。

自分の両親からの期待であれば、これもまた対話はしやすいでしょう。

しかし実質まだ他人に近い旦那側の両親と対話するのは中々の難易度です。

こうなった場合はまず旦那や自分の親に相談して味方につける事が大切です。

 

不妊様にならないための対処法

良いこととはとても言えませんが、正直他人に当たり散らすレベルの不妊様は「まだマシ」なレベルです。

悪質な不妊様ともなると生まれた子供を奪う人すら居ます。

そうなってはもはや同情の余地もない犯罪者、人の幸せを奪おうとする悪者です。

そうなる前に対策が必要です。

 

最も効果的な対策は「原因を理解する」という事。

原因がわからない、というのが一番タチが悪く不安になる一方です。

基本的にはストレス由来の場合が多いため、まず健康診断などを受けて肉体的に問題が無いことを確認したら、あとは生活習慣をできる限り整えつつ精神環境を改善していくようにしましょう。

 

仮に妊娠したとしても、母体のストレスというのはお腹の中の赤ちゃんにダイレクトに影響します。

それこそ妊娠後膨大なストレスで流産・死産ということも、縁起では無い事ではありますが実際に起こってしまうのです。

妊娠する前もする後も、ストレスを与えないのが最も重要です。

それは生まれてくる子供にとっても、母体にとっても大切です。

 

それでもどうしても上手く行かないのであれば、いっそ大きく時間をあけるようにしましょう。

1年でも2年でも構いません、そのストレスが環境由来のものであるなら、環境を改善しないかぎり根本を断つことは難しいでしょう。

それなら一旦子作りは保留し、環境改善・構築を優先するのもありでしょう。

加齢によって出産の難易度が上がるのは仕方の無い事です、それこそ30歳を超えてから結婚した人は焦るかもしれません。

しかしそれで体を壊してしまっては意味がありません。

本当に手遅れになるその寸前まで、そう焦る必要は無いでしょう。

 

まとめ 不妊様にならないためにはストレスと上手に付き合うのがコツ

今回は不妊様について解説しました。

生物として、そして女性として「子供が宿せない」というのは余りある恐怖と焦り、不安を覚える状態でしょう。

しかし、物理的に産めなくなったわけでないのであれば、チャンスはいくらでも存在するのです。

 

今回解説したのは以下の通り。

  • 不妊様は他者の幸福を妬み、ヒステリックを起こすような状態になった人の事を指す。
  • 不妊症は肉体由来のものと精神ストレス由来のものがあるが、ストレス由来だと不妊様になることで悪循環に陥りやすい。
  • 生活環境の改善とストレス発散が最も確実な改善策。
  • 最悪現状ではどうしようもないと判断できるのであれば、子作りは一旦保留するのも選択肢の1つ。

最悪の場合、上記でも触れましたが「生まれたばかりの子供を盗む」という事をやらかす不妊様も存在しています。

そうなってしまえばもはや捕まって裁かれる他なく、そしてそうして不正で手に入れた子供も幸せにはなりません。

他人に迷惑をかける事にならないよう、そして何より自分が不幸になる前に、まずはきっちりと心に余裕を作っておく事が大切です。

関連記事

  1. 遠距離恋愛の彼の気持ちを確かめたい時、デキる彼女は時空を超えて透視で把握
    PR:Tphereth

  2. パパ活デートに!おすすめ都内飲食店10選

  3. 病気になる夢!状況や人別の夢占いの意味

  4. 女性の性感帯や性感マッサージを解説!

  5. 赤ちゃん連れにおすすめの温泉旅行先は?

  6. ママ活に使えるおすすめ出会い系サイト3選

  7. あさひの名前の人気の漢字10選!漢字の意味や印象は気になる?

  8. 汚いトイレが暗示する夢占いの意味とは?