中学生におすすめのデートプランとは?

中学生、それは思春期真っ盛りの多感な年頃。

恋愛や部活、友人との青春は今後の人生を形作る大切な基礎です。

大抵の学校は異性交友禁止だったりもしますが、実際は経験しておくに越したことはありません。

今回は中学生におすすめなデートプランなどについて解説します。

 

中学生がデートするときのプラン方法

昨今では中学生どころか、小学生の段階で付き合ったりすることも珍しくは無いと言われており、性の乱れだとか最近の子供はマセてるだとか言われたりもしますが、正直なところ「大人になるまで一度もデートを経験したことがない」という人が簡単に結婚できると思いますか?

流石に中学生の頃から無責任に女性に手を出したり、性交に及んだりするのはよろしくありませんが、交際経験を重ねるという事自体は今後役に立つものであり、将来結婚するためには必要な経験であると言えるでしょう。

そのためにも交際を続ける上でまず重要なのはデートプランです。

何も決めず、ただ思いつきで楽しむだけのノープランのデートもいいですが、恋人との関係を維持する上で最も大切なのは相手が「自分と一緒に居て楽しいと思ってくれているか」という点です。

性格の相性の差、住んでいる場所の距離というのも好感度がまず前提にあります。

好きな人以外と好んで付き合ったりはしませんし、デートプランを考えて実際にデートで楽しませることができるかというのは、実際に付き合わなければわからない事でもあります。

更にそれこそ元からコミュニケーション能力がずば抜けているわけでもなければ初デートなどはガッチガチに緊張してろくに喋ることができないなんて事もあるでしょう。

そのためにも極力アドリブ力を求められないように一先ず楽しめるようなデートプランを汲むことが大切なのです。

 

金銭的な負担がないか

まずはデートプランをたてる上で重要な要素についてまず解説していきましょう。第一にお金です。

中学生の段階からバイトをする事は禁じられている事も多く、大抵の家庭はお小遣い制でしょう。

となると大規模なデートというものは計画しにくいでしょう。

デート中の食事やプレゼントなどの諸々の出費を考慮した上でプランをたてる事が必要不可欠です。

それこそお金が足りないから出してくれる?なんてとってもダサい事にならないように最新の注意を払いましょう。

 

また、きちんとお金を貯めておく事も重要です。

多感で遊びたいざかりの中学生、仲間たちとの会話や遊ぶためにゲームなど欲しいものも沢山あるでしょう。

しかし、極論ゲームはサービス終了したら遊べなくなるオンラインゲーム以外は最悪中古で購入することだってできます。

友達と遊ぶのだって、ゲーム以外で遊ぶことはできますし、たった数度遊ばないだけで関係が薄れるような友人関係はそもそも長続きしません。

それよりも、もしかしたら一生モノになるかもしれないデートに全力をかけるというのもまた青春の1つの形です。

お小遣い制の家庭ならお手伝いなどを頑張ってしっかりとお金を稼いでおきましょう。

これによりお金の管理能力も鍛えられ、将来のためのスキルを磨くことができるでしょう。

 

デートの場所が遠すぎないか

次にデートする場所。

住んでいる場所にもよりますが、目的地に対して時間をかけすぎるとそれだけ相手を退屈にさせる時間が長くなったり、長時間歩かせたりといった事を強いる事になります。

目的地につけば、それが娯楽施設であるのならその効果で話が弾むかも知れませんが、その道中はあなた自身のトークスキルで盛り上げなければなりません。

つまりデート場所への距離がそのまま難易度にも直結してしまうという事。

といっても「地元がド田舎でなんにも無い!」という場合や、「デートされているところを知り合いに見られたくない」というような理由があるのであれば多少遠くてもいいでしょう。

それに遊園地や水族館などの娯楽施設がそうぽんぽんどの街にもあるわけがありません。

少なくとも「ただの移動の合計時間がデートを楽しんでいる時間より長い」というのは避けたほうが良いでしょう。

ショッピングデートなどの歩くことが目的のデートなら兎も角、特定の場所で遊ぶ事を目的としたデートで遊んでいる時間より移動時間の方が長いと、ずっと移動していたという印象が残りかねません。

 

相手との会話が弾むかどうか

会話は最も大切と言っても過言ではない要素。

難易度は一番高いでしょう、こればかりはトークスキルの問題と、トークセンスの問題です。

無い人は致命的にありませんし、そういった人はむしろ喋らないほうが良い場合もありますが、基本的にデートで無言は駄目です。

初デートなどは緊張でろくにお互い喋られないなんて初々しい結果になるかもしれませんが、それでも「会話をしようとする」という努力は必要です。

それこそ移動時間はトークチャンスかつ逆に言えばトークで楽しませなければマイナス点になりかねない時間であると言えます。

遊園地などのデートスポットにさえつけば最低限「次はあっちに行こう」とか「このアトラクション凄かったね」というような会話をすることは出来ます。

しかしそれ以外の場所となるとあなた自身のトークスキルに一存する事になります。

相手と会話をしていて大切なのは「しゃべることが出来た」というよりも、「会話がはずんだか」という点です。

それこそ一方的に話をしていてもそれは会話とは言いません。

交互に言葉を交わし、それで相手も自分も楽しむことができれば会話がはずんだと言えるのです。

トークスキルやセンスは天性のものか、あるいは磨いて身につけるものです。

喋らなければ磨かれず身につきません。できるだけ普段からも会話をするように心がけておくと良いでしょう。

 

中学生におすすめのデートスポット

デートプランに基本を解説したところで、いよいよデートスポットの紹介を行いましょう。

といっても基本的に想像できる範囲の場所が中心で、特別変わった場所はありません。

言ってしまえば無難、代わり映えしないとも言えますが、変わった場所や特別な場所なんてものはある程度関係を進めてから訪れる場所であって普段のデートで行く場所では無いでしょう。

 

デートスポット選びの基本は上記の通り、デートスポットまでの距離、その施設や買い物などに必要な料金、そして「どれだけ時間を過ごせるか」です。

一緒に居るだけで満足、居るだけで幸せだから数時間でも一緒に居るだけで満足できるなんていうラブラブカップなら気にしなくても構いませんが、基本同じ場所に長時間居ても飽きてくるもの。

それが遊園地などのアトラクションを回るものなら新鮮な気持ちで長時間楽しめるかも知れませんが、水族館や動物園などの見て回る施設などはただ一度見て次に向かうような人だと一瞬で回り終えてしまいます。

そうなると余った時間をどうするかという問題が生じます。

気に入った動物をもう一度見に行く、あるいは別の場所に行く、それともここで解散するなど選択肢はいくつかあります。

ここで大切なのは決して「自分の気分で選択してはならない」という事。

例えば、自分がまだ居たいからと別の場所に連れて行っても、相手は帰りたいと考えていた場合は無理やり連れ回した事になります。

逆に相手がまだ居たいからと考えていた場合に解散してしまえば好感度をより高めるチャンスを手放した事になります。

 

公園

最初は公園です。

特にどの公園というわけではありません、よくある小さい公園から大公園などまで、付近にある公園を選びましょう。

価格は徒歩圏内ならまず無料です。

移動距離も、町内だったり徒歩圏内なら数分から十数分程度でしょう。

決して冗談で言っているわけではなく、初デートでいきなり遊園地などはハードルが高い、というような話をしたりした際に、お互いがなれるための練習用として公園は選択肢の1つとなります。

後はお弁当を作ったりして一緒に食べたりなども楽しいでしょう。

ただ当然ながら時間を潰せるものなんて殆どありません、強いて言えば遊具ですが中学生になって遊具で遊ぶのはどうなんだろう?

と抵抗のある方も居れば、そもそも最近は公園の遊具はだいたい使えないようになってるなんて公園も沢山あります。

あくまで練習用と割り切るか、春の桜が咲いている季節でお花見をしたりする程度に留めておくと良いでしょう。

 

動物園・水族館

デートの定番その1と言えば動物園に水族館です。

可愛い動物やカッコいい動物を楽しめる動物園か、神秘的な空間を楽しめる水族館のどちらも良いですが、まずはどちらが好きか聞いておくと良いでしょう。

例えば彼女や彼氏がアレルギー持ちだったりした際は大変な事になるかもしれません。

入園料が必要ですが基本的に遊園地などよりは安いでしょう。

中にはレストランやカフェが併設されている動物園や水族館もあるため、食事も可能だったりしますが、大抵そういうのは遊園地と同じように割高だったりするため、節約志向の方は一度出て食事をするか、食事をしてから入ると良いでしょう。

 

映画

こちらもデートの定番スポットです。

映画、流石にこれはノープランでその日やっていた映画を観るなんてのは難易度が高いため、事前に見たい映画などを聞いておく必要があるでしょう。

あるいはデートに誘う口実としてチケット2つあるというベタな方法も良いかも知れません。

映画中は基本しゃべる必要は無い、というよりはお笑い映画でも無い限り声を出すのはマナー違反なところがあるため、話すのが苦手という方でもデートができるというのが最大のメリットでしょう。

恋愛映画ならいい雰囲気を作ることもできるかもしれません。

欠点としては中学生が利用するにはそこそこ高いという事。

 

カラオケ

次にカラオケ、歌を歌ったり以外にも個室で自由にできる場所として利用する人も多く、休憩に用いることもできます。

特徴としては安く長時間利用できるという事、特に学生であれば学生料金で長時間利用できるため、おそらくコスパ的には公園を除外してトップでしょう。

 

遊園地

デートの定番、遊園地。

様々なアトラクションで動きながら楽しめるため飽きが少なく、キャーキャーと騒ぎながら仲を深めることができます。

何より「一緒に体験する」ということは最も共有しやすい思い出であり、そのまま話のタネとしてまたいつか話題に出すことができます。

欠点は料金が高い事、大抵遊園地内の飲食代が高いという事が挙げられます。

また必然的に騒いでいる人が多いため、そういった人の多い騒がしい雰囲気が苦手な人にとっては逆効果だったりします。

それこそ中にはアトラクションも乗るのでは無く見る専門の人も居るため、誘う際はきちんと確認するようにしましょう。

 

ショッピングモール

最後にイオンモールなどのショッピングモールです。

所謂ショッピングデートというやつで、買い物を楽しみつつデートをする事ができる他、大抵の女の子はショッピングが好きだったりするので、お金がある範囲でなら安牌だと言えます。

しかし、恐ろしいのはここで「男らしさ」を見せる場合。

つまり「買ってあげるよ」と言ってしまえば最後、おそらく最も出費が酷いことになるであろう可能性を秘めています。

といっても、誘い方次第でしょう。

「買い物行くから付き合って」というような誘い方であれば、相手も買い物すると理解しているため、別に奢ったりする必要もありません。

相手も買い物してるけどそれはそれとして奢らせよう、なんて考える人と付き合うのは流石にちょっと考えた方が良いとは思います。

 

中学生におすすめのデートの誘い方

デートのある意味での最難関、それこそ「デートに誘う」という方法です。

昔は誘うのであれば直接か手紙のどちらかでしたが、昨今は中学生ならだいたいスマホ持っててLINEやTwitterなどのSNSをやっているもので、これが実は偏見でもなんでも無かったりします。

そのため遊びの誘いなどは大抵LINEで行われています。

基本的に中学生なんて思春期真っ盛りの時期に正面から真摯に誘う、というのは恥ずかしくてやってられないでしょう。

そこで、LINEで会話しつつ話の流れでさらっと誘うのが良いでしょう。

失敗してもダメージは少なく、からかわれたら冗談として受け流せるため、比較的保身寄りな誘い方ではありますが、付き合ってるのなら誘われて嬉しいものですし、少なくとも友達と思われているのであれば遊びに誘われるくらいなら受けてもらえたりもします。

 

中学生がデートするときの注意点

中学生がデートをする上で注意するべき点は、まず危険な場所に行かないという事。

中学生と大人ではやはりどうあがいても体格の問題というものは解決しませんし、複数人の大人に迫られては中学生2人では抵抗することすら難しいでしょう。

まず危ない場所には行かない、それが最も重要です。

 

次にお金の管理はしっかりとしましょう。

使いすぎて帰ることができないのはもってのほか、良いところを見せようと奢ってばかりなのも便利な財布と思われてしまうかもしれません。

しつこく誘ったり、しつこく連れ回したりするのもNGです。

相手の気持ちを考えるのが大切です。

 

まとめ 中学生もデートを重ねて恋愛を楽しもう

以上、中学生のデート指南をまとめていきました。

  • デートする際にはお金・移動時間・相手の好みを把握しましょう。
  • 遊園地や動物園、水族館は人を選ぶが定番のデートスポット。
  • 静かなデートが好きな人には映画デートがおすすめ。
  • 危険なところには寄り付かないようにしよう。

以上の点をしっかりと把握した上で、デート経験を重ねてトークスキルや将来に向けてスキルを磨きつつ、青春を楽しみましょう。

関連記事

  1. 遠距離恋愛の彼の気持ちを確かめたい時、デキる彼女は時空を超えて透視で把握
    PR:Tphereth

  2. 親が死ぬ夢!夢占いが暗示する意味は?

  3. 夏休み旅行!夏におすすめの観光スポット

  4. 恋愛に最強の効果をもたらす待ち受け画面

  5. カエルの夢!様子や状況で分析する夢占い

  6. 不妊様って言われてない?特徴と傾向とは?

  7. Twitterで話題のパパ活るびーとは?

  8. 5月の誕生石はふたつ!各宝石の特徴や意味