人気の『海』をイメージする名前には何がある?名づけポイントも

雄大なイメージのある『海』。

そんな『海』をイメージさせる名前を子どもにつけたいと思っている人もいるのでは?

そんなあなたに向けて、『海』を連想させる名前をご紹介していきます!

込められる想いや名づけのポイントなどもあるので、ぜひ参考にしてください。

 

『海』をイメージさせる名前の魅力

男女問わず人気な『海』をイメージさせる名前。

人気の理由はたくさんあるのですが、特に言われているのがこちらの3つ。

 

  • 明るく開放的なイメージがあるから
  • 全てを包み込む優しさを感じるから
  • 世界の国々とつながっているから

 

  • 明るく開放的なイメージがあるから

    『海』と聞くと、夏の日差し・青い空・白い雲などをイメージしますよね。

    そこから受ける『明るく開放的なイメージ』が、『海』を連想させる名前の魅力。

    子どもに、夏の海のような明るくキラキラとした人生を歩んでいってほしいという想いを持っている人にはぴったりな名前だと言えます。

     

    全てを包み込む優しさを感じるから

    海の面積は、地球の約7割を占めます。

    さらに、その深さは最も深いマリアナ海溝で約11,000m。

    生物の数は1,000万種以上とも言われています。

    その広さや深さから、『海』に対して『優しさ』や『包容力』などを連想する人も多いんですね。

    子どもにも、海のように広い心で優しく接することができる人になってほしいなどの想いが込められます。

     

  • 世界の国々とつながっているから

    ご存じのように、海は世界の様々な国とつながっています。

    そのため、海を越えて世界的に活躍できる人になってほしいなどの想いで『海』をイメージする名前をつける人も多いんですね。

    日本にとどまらず大きく羽ばたいてほしいという願いが込められていますね。

     

    『海』をイメージさせる漢字は何がある?

    『海』という漢字を使わずに『海』をイメージさせたいという人も多いものです。

    そこで、『海』を連想する漢字を、込められる意味と合わせてご紹介します。

    数ある漢字の中でも特に人気なのがこちら。

     

    • 波(波間に反射する太陽のように輝く人生を送ってほしい)
    • 洋(包容力のある人になりますように)
    • 帆(帆に風を受けて進むように、順風満帆な人生を歩んでほしい)
    • 渚(明るく爽やかな人になりますように)
    • 汐(夕方の海のような、穏やかで優しい人になってほしい)
    • 湊(友達や環境などに恵まれますように)
    • 岬(広い視野を持った人になりますように)
    • 碧(澄んだ心を持った好奇心旺盛な人になってほしい)
    • 瀬(波打ち際のように美しく穏やかな人になりますように)

     

    これらの漢字は、『海』をイメージさせるとして名前に使われることが多いものです。

    他にも、

     

    • 清(透き通った綺麗な心を持った人になりますように)
    • 砂(海岸に広がる白い砂浜のような爽やかな人になりますように)
    • 沙(砂のように良いものと悪いものを見極めてほしい)
    • 凪(静かで落ち着いた、穏やかな人になってほしい)

     

    などがあります。

    『さんずい』がついている漢字は基本的に水に関係するものなので、海を連想させるとしてよく使われます。

    また、帆・砂・凪など、漢字自体に『水』のイメージがなくても間接的に海と関わっている漢字を使って名づける人も多くなっています。

     

  • 海をイメージさせる男の子の名前

    ここからは、実際に名づけをする際に参考になる名前の候補を漢字の数別にご紹介します。

    まずは、男の子の名前から。

     

    漢字一文字の名前

    • 海(うみ・かい)
    • 航(わたる・こう)
    • 洋(ひろし)
    • 滉(あきら・こう)
    • 満(みつる)

     

    『海』をイメージさせる漢字として人気の『洋』の他にも、『航』『滉』『満』などがよくつけられます。

    『海』『洋』意外の名前の意味はこちら。

     

    • 航(大きな船のようにどんな困難にも負けない人になってほしい)
    • 滉(広い海のように、大きな希望を抱いた人生になりますように)
    • 満(希望が満ち溢れた人生を歩んでほしい)

     

  • 漢字二文字の名前

    • 海翔(かいと)
    • 港佑(こうすけ)
    • 大洋(たいよう)
    • 拓海(たくみ)
    • 湊輔(そうすけ)
    • 航成(こうせい)
    • 碧生(あお)

     

    苗字との兼ね合いなどで、二文字で名前をつける人が多いですね。

    こちらは、ほんの一例に過ぎません。

    それぞれの名前に込められる想いはこちら。

     

    • 海翔(自由で大胆な人生を送ってほしい)
    • 港佑(船が立ち寄る湊のように、人を助けられる人になってほしい)
    • 大洋(広い海のような器の大きい人になってほしい)
    • 拓海(海を越え、新たな道を切り拓いていってほしい)
    • 湊輔(湊のように、必要とされる人になってほしい)
    • 航成(自分で道を切り開ける人になってほしい)
    • 碧生(海のように澄んだ心を持つ人になってほしい)
     

    漢字三文字の名前

    • 港一郎(こういちろう)
    • 波留人(はると)
    • 洋太郎(ようたろう)
    • 海凪人(かなと)

     

    海をイメージする漢字には画数の多いものが多々あるため、漢字三文字の名前をつける人は少ないようです。

    ただ、文字数が多い分名前の幅が広がるため、より多くの願いが込められると三文字の名前を選ぶ人もいます。

    そのため、三文字の名前の場合には、漢字一文字ずつの意味を重視して名づけることが多いようです。

    また、『港一郎』や『洋太郎』のような、昔から使われている名前に海をイメージさせる名前を一文字加えるという名づけ方をする人もいますね。

    それぞれの名前に込められている想いはこちら。

     

    • 港一郎(人の心の拠り所になる人になってほしい)
    • 波留人(荒波の少ない穏やかな人生が送れますように)
    • 洋太郎(視野の広い人になりますように)
    • 海凪人(波が止んだ凪のように、落ち着いた人生を送ってほしい)

     

    海をイメージさせる女の子の名前

    男の子には『広い心』や『世界での活躍』などの意味でつけられることが多い『海』をイメージさせる名前。

    女の子の場合には、また少し違う想いが込められるんです。

    そこで、次は女の子につけられる海をイメージさせる名前をご紹介します。

     

    漢字一文字の名前

    • 渚(なぎさ)
    • 岬(みさき)
    • 満(みちる)
    • 澄(すみ)
    • 潤(じゅん)

     

    『渚』『岬』といった人気の漢字の他にも、『満』『澄』『潤』などの名前がつけられることが多いですね。

    シンプルに漢字一文字で込められる想いが伝わりやすい名前が多いようです。

    『渚』『岬』以外の名前に込められている想いはこちら。

     

    • 満(全てにおいて満ち足りた人生になりますように)
    • 澄(澄んだ心で清く正しく生きてほしい)
    • 潤(愛情深い人になりますように)

     

  • 漢字二文字の名前

    • 七海(ななみ)
    • 美海(みう)
    • 汐里(しおり)
    • 凪沙(なぎさ)
    • 真凪(まな)

     

    女の子の漢字二文字の名前には、優しさや心の広さなどがイメージされる海に関する漢字が使われた名前が多くありました。

    それぞれの名前に込められた意味はこちら。

     

    • 七海(七つの海のように広い心で愛情深い人になってほしい)
    • 美海(輝く海のように美しい人になりますように)
    • 汐里(安らぎを与えられる人になってほしい)
    • 凪沙(落ち着いた水面ように、穏やかな人生を送れますように)
    • 真凪(誠実で穏やかな人になりますように)

     

    漢字三文字の名前

    • 菜都海(なつみ)
    • 沙奈美(さなみ)
    • 美沙季(みさき)

     

    こちらも、男の子の名前同様、それぞれの漢字に意味を持たせた名前が多いですね。

    『花子』など昔からある名前に一文字プラスするという名前はあまり見られませんでした。

    それぞれの名前に込められている想いはこちら。

     

    • 菜都海(多くの人に愛される人になりますように)
    • 沙奈美(白い砂浜やさざ波のような美しい人になってほしい)
    • 美沙季(美しく清らかな心を持った人になりますように)

     

     

    男女で違う、『海』に込められる想い

    海をイメージする名前を、男の子と女の子に分けてご紹介しました。

    実は、調べていく中で見えてきたものがあります。

    それが、『海』をイメージする名前に込められる想いに、男女で違いがあるということです。

     

    男の子には『器の大きさ』や『活躍の幅』

    男の子につけられる『海』をイメージさせる名前には、『海のように広い心を持った人になってほしい』『海を越えた活躍ができるように』など、『器の大きさ』や『活躍の幅』についての想いが込められることが多いことがわかりました。

    雄大な海のように大志を抱いて育ってほしいという、親心が見えますね。

     

    女の子には『美しさ』や『穏やかさ』

    女の子にうけられる『海』をイメージさせる名前には、『美しい海のように美しい人になってほしい『夕凪のような穏やかな人になってほしい』など、『美しさ』や『穏やかさ』についての想いが込められることが多いことがわかりました。

    広い海の雄大さよりも、海の美しさや包容力に着目してつける人が多いんですね。

     

    『海』以外の自然をイメージする名前

    『海』の他にも、自然をイメージさせる名前は安定した人気を誇っています。

    そこで、次は『海』以外でイメージさせる自然はこちら。

     

    • 気候
    • 天体
    • 草木
     

    男女ともに人気な『空』

    海と同じく世界中をつないでいる『空』も、男女ともに名前に込められる人気のイメージです。

    昔はあまり良くないとされて避けられた『空』をイメージさせる名前ですが、最近では『大きく羽ばたく』『澄んだ青空』などをイメージさせる綺麗な名前としてつけられることが増えています。

    『空』をイメージさせる名前はこちら

     

    • 天翔(たかと)
    • 天音(あまね)
    • 美空(みく)
    • 空大(たかひろ)

     

    気候

    四季がある日本では、気候のわずかな変化でもわびさびを感じるという精神があります。

    そのため、『気候』をイメージさせる名前も人気を集めているんです。

    『気候』をイメージさせる名前はこちら。

     

    • 晴也(せいや)
    • 夕霞(ゆうか)
    • 日向(ひなた)
    • 千春(ちはる)

     

    天体

    私たちを照らす太陽や神秘的な月など、『天体』をイメージさせる名前もよくつけられますね。

    人気の『天体』をイメージさせる名前はこちら。

     

    • 陽(よう・あかり)
    • 燦(あきら)
    • 沙月(さつき)
    • 宇宙(そら)

     

    女の子の名前に人気なのが、こちらの『花』をイメージさせる名前。

    美しさや可憐さを象徴するとして、多くの支持を集めています。

    凛としたイメージで、美しく格好良い名前としてつけられることも。

    『花』をイメージさせる名前はこちら。

     

    • 百合(ゆり)
    • 菖蒲(あやめ)
    • 紫苑(しおん)
    • 美咲(みさき)

     

     

    草木

    自然の中で強く生きる『草木』をイメージさせる名前も人気ですね。

    生まれた季節にちなんだ草木の名前をつけるという人も多いです。

    『草木』をイメージさせる名前はこちら。

     

    • 柊(しゅう)
    • 桐乃(きりの)
    • 一芽(はじめ)
    • 芹伽(せりか)

     

    未来を生きる子どもに、希望溢れる『光』をイメージさせる名前をつける人も多いですね。

    美しさと芯の強さを感じさせると、女の子の名前としても選ばれることもあります。

    『光』をイメージさせる名前はこちら。

     

    • 光輝(こうき)
    • 煌(こう)
    • 光凛(ひかり)
    • 万莉明(まりあ)

     

    赤ちゃんの名前をつけるポイント

    赤ちゃんの名前を考える時間は楽しいもの。

    つけたい名前の候補が多すぎて迷ってしまうという人も。

    そこで、赤ちゃんの名前をつけるときに注目したいポイントをおまとめしました。

    それがこちら。

     

    • 込める想い
    • 呼び方から受ける印象
    • 画数

     

    込める想い

    何よりも大切なのが、この『込める想い』。

    極端な話、この想いに合った名前があれば、他のポイントは全て無視しても良いと言えるほどです。

    漢字の意味や由来など、様々な視点から子どもへの想いが込められる名前を見つけましょう。

     

    呼び方から受ける印象

    名前の呼び方は、子どもに対する周りの印象にも大きく関係してきます。

    『たかや』や『みき』など母音が『a』『i』『e』の文字で終わる名前だと、明るくはつらつとした印象を与えます。

    一方、『まさお』や『ゆう』など母音が『u』『o』の文字で終わる名前だと、落ち着いた印象を与えます。

    人にどのような印象を持ってほしいのかも、考えて名づけるのが良いですね。

     

    画数

    名前をつける際に気になるのが、『画数』。

    名前だけで導き出される地格や名字+名前の総画数から導き出される総格など、見るべき画数は全部で5つ。
    より良い画数の名前をつけてあげたいものですが、全てが大吉の名前をつけることはかなり難しいと言えます。

    そのため、凶画と呼ばれる画数を避けつつ、想いや呼び方などを重視した名前をつけるのがおすすめです。

     

     

    まとめ:想いを込めた『海』をイメージさせる名前を

    ここまで、『海』をイメージした名前をつけたいと考えている人に向けての情報をご紹介しました。

    今回お伝えしたいことを簡単にまとめたのが、こちらです。

     

    海の名前をつける時のポイント

    • 『海』には「雄大」「美しい」など様々なイメージがある
    • 男女で名前につけられる『海』のイメージが違う
    • 想いを一番大切にする

     

    これまでお伝えしたように、『海』には非常に多くのイメージがあります。

    もちろん、その『海』をイメージさせる名前に込められる想いも多種多様です。

    画数など名づけの際に気になる点はたくさんあると思います。

    ですが、何よりもその名前に込める想いを大切に、素敵な『海』をイメージさせる名前を子どもにプレゼントしてくださいね。

     

     

  • 関連記事

    1. トイレの夢が暗示する夢占いの意味とは?

    2. 合コンで盛り上がる心理テストをご紹介!これで沈黙を破れます!

    3. 夢占いでキスされるときはどういう意味がある?相手や場所別に解説!

    4. 旅館でセックスするときのマナーと注意点

    5. 歯が砕ける夢が暗示する夢占いの意味とは?

    6. デートで飲み屋はアリ!店選びを成功させる5つの秘策を徹底解説!

    7. 禿げる夢は注意?心理や夢占いの意味を解説

    8. 上司が好き!OK・NGアプローチを解説