すごい人になりたい!すごい人の特徴や習慣を知って真似してみる!

目次

あなたはすごい人に憧れを持っていますか?
あなたもすごい人になりたければ、すごい人がどんな特徴があるのか?
どんなことを習慣にしているのか?などのすごい人の特徴を知っておくことは大切です。
すごい人の特徴や習慣などを知っておき、すごい人の真似をすることは、あなたがすごい人になる近道になります。
それではすごい人の特徴や習慣などについてみていきましょう。
 

すごい人の特徴ってどんな特徴があるの?

すごい人の特徴にはどんなものがあるのでしょうか?
やはりすごい人を観察してみると、普通の人とは違う特徴や考え方、行動などがあります。
それではすごい人の特徴について順番に見ていきましょう。
 

リーダーシップがある

すごい人と思える人の特徴にはリーダータイプの人が多いですね。
仕事やプライベートでもリーダーシップを発揮して、仲間をまとめている姿を見ると「あいつはすごいな」と思える人が多いです。
それは仕事のチームでもそうですし、スポーツでもそうです。
リーダーシップをとってまとめる姿に憧れてすごい人になりたいと思う人も多いですね。
自分の周りのすごい人を観察してみると、リーダータイプに当てはまる傾向がありますね。
 

周りに気配りができる人

すごい人は自己中心的と見られることが多いですが、本当はそんな事はありません。
どちらかというと常に周りに目配りができ、みんなが知らないうちに気配りをしている場合が多いです。
気配りができるので、チーム内でもなにか問題を抱えている人を見つけると声をかける。
その声掛けは大した内容ではないかもしれませが、声をかけられた人にとっては印象に残るんですね。
この人は自分の事を気にかけてくれているんだと好意を持ちます。
そういう気配りの積み重ねが普通の人にとってはすごい人を認めることになり、それが求心力になり、あの人は良い人だ、すごい人だと思わせることになります。
普通の人だと自分のことに集中して、他の人のことに目がいかない人が多いです。
やはり自分の事に関心がない人よりは関心を持ってくれている人に好意を持ちますよね。
 

いろんな事に興味を持っている

すごい人の特徴のひとつに常にいろんな事に興味をもっているということがあります。いわゆるアンテナを張っているとでもいいましょうか。
例えば、
 

  • エベレストに登りたい
  • 海外移住をしたい
  • 月に旅行へ行きたい
  • ロケットを飛ばしてみたい

 
一例を上げてみましたが、普通の人ではあまり考えつかないようなことを考えたり、実行したりします。
有名な人だとホリエモンさんやZOZOTOWNの前澤元社長などもそうですね。
「普通の人が興味だけは持ってもいても実際にはなかなか実行しないようなことを実行する」というような実行力を伴うのがすごい人の特徴です。
とにかく、情報収集力が強く、人脈も多いのでいろんな情報が入ってきます。
その情報を元に自分がやりたいことを見つけて、やりたいことをすぐやるというのがすごい人の特徴のひとつです。
 

常に人に感謝をする

すごい人は自分の周りの人にいつも感謝しています。家族、友達、仕事仲間、自分に関わる人達。
どんな人にも分け隔てなく、人に感謝し、ありがとうという気持ちを常に忘れません。
お店に行って対応してくれる店員さんにも感謝しています。
「ありがとう」という気持ちを常に持っているので、人に優しく接することができるのです。
 

いつも謙虚である

すごい人はとにかく謙虚です。
自分の手柄で仕事をとってきても、周りに自慢することもありません。
すごい人がお金持ちであったとしても、お金持ちであることを感じさせない人も多いです。
見た目には普通の人に見えるけど、実はすごい人だったというケースは、すごい人は謙虚な人が多いということの裏付ける話です。
 

交友関係が広い

「いろんな事に興味を持っている」いう項目でも取り上げましたがすごい人は情報収集力があるので、いろんなところに顔を出したりしていて、交友関係も広いです。
いろんな趣味を持っている人が多いので、自然と交友関係も広くなってくるのですね。
他にも友達の友達を紹介してもらったりする事もあるのでそこからまた交友関係が広がっていくのですね。
初めは趣味の友達という関係だったのに、知らない間にビジネスのつながりができてしまった。
などということもよく聞く話です。
 

決断が早い

すごい人の特徴の一つに決断が早いというところもあります。
お店に行ってもなかなかメニューが決められないという人は、端から見ていてもなにか頼りなさを感じることがありますが、すぐにメニューを決める人を見ると決断が早いなと思います。
仕事に置き換えてみても同じですが、
決断が早い=仕事のスピードが早い
とも言えるので、新しい仕事に対しても参入時期が遅すぎて失敗したということも少なくなります。
そもそもすごい人は失敗を恐れないし、仮に失敗したとしても、それを失敗と捉えずにそれがダメだと言うことがわかったとプラス思考で前向きに捉えるような思考を持っています。
決断が早いので、何事に対しても物事を早く進めることができます。
 

感情を自分で支配する

怒りのコントロールって実は難しいですよね。
ちょっとしたことでもすぐに怒っている人を見ると大人げないな。と思うこと有りませんか?
特に年齢を重ねていくと怒りっぽくなってしまう人は多いです。
怒りをコントロールできない人は小さなことでも大声で文句を言ったり、店員さんにつっかかっていったりする姿を町中でもみますが、どう見てもすごい人には見えませんね。
会社でもリーダーが部下を感情的に叱る場面を見ることがありますが、やはりそういう人はたとえリーダーであったとしても、すぐ怒る人と影で言われたりします。
その反面すごい人は怒りをコントロールして、怒っても仕方ないなという場面でも怒らず余裕の表情で間違いを指摘します。
度胸が座っているというか、懐が深いんですね。
 
怒りの感情を自分の感情をうまくコントロールして、冷静に判断できるようにしているのがすごい人の特徴でもあると言えます。
怒りが先行してしまうと正常な判断もできなくなりますからね。
 

気持ちの切り替えがうまい

すごい人は気持ちの切り替えがうまいです。
なにか嫌なことがあってもいつまでも引きずることなく気持ちを切り替えるんですね。
普通の人は上司に怒られたりなにか嫌なことがあると、夜飲みに行ってお酒の力で忘れる。
なんてことをしがちですが、すごい人はお酒の力を借りたりせず気持ちの切り替えをすることができるのです。
お酒を飲んでしまうとどうしてもその後眠くなったりしますし、お酒のせいでやりたいこともできず、自分の時間を浪費してしまいます。
ですので、趣味でリフレッシュしたり、おいしいものを食べたり、ゆっくり温泉に入ったりとすごい人なりのリフレッシュ方法で気持ちを切り替えるのがうまいんですね。
 

すごい人の習慣を真似したい!

すごい人と言われる人には普通の人にはない習慣があります。そんなすごい人の習慣にはどんな習慣があるのでしょうか?
すごい人の習慣がどんなものがあるのかまとめてみましたので、一つでも真似できるものがありましたら、どんどんチャレンジしていきたいですね。
 

早起きをする

すごい人の習慣の一つに早起きがあります。
早朝は他の人に邪魔をされることもありませんし、頭が冴える時間帯でもあります。
作家の村上春樹さんも早起きをして、早朝から原稿を書いています。
しかも、それは毎日のことなので、歯磨きのごとく習慣になっているんですね。
ビジネスの世界でもできる人の早起きは常識ですね。
朝食ミーティングなどをされている人もいます。
朝食を食べながら朝の頭の冴えている時間帯に重要な項目を決定しようという考えです。
また朝食とミーティングを兼ねることで時間短縮にもなります。
 

見えないところで努力する

すごい人の習慣の一つに見えないところで努力をするということもあります。
すごい人って一見して努力などはしていないように見えますが実はそうではありません。
引退した元プロ野球選手のイチロー選手もそうです。
あれだけのヒットをたくさん打ち、メジャーリーグで活躍されましたが、練習の量はすごいですね。
知らない人からすると才能なんじゃないの?と思う人もいるかと思いますが、練習はたくさんされていたということです。
たくさんの本を読んだり、いろんな人に会って情報交換をしたり、すごい人は見えないところでの努力を惜しみません。
また、それを努力とも思っていないのがすごい人です。
 

 

本をたくさん読んでいる

すごい人の習慣の一つに本をたくさん読むということがあります。
普通の人だと月に1冊本を読めばいい方でしょうか?
最近はYouTubeなど動画もはやっているので本を読むよりは、YouTubeをチェックして情報を仕入れるという人もいて、活字離れが懸念されています。
しかし、すごい人の習慣を見てみるとやはり月に5冊~10冊など本をたくさん読んでいるという傾向にあります。
すごい人は忙しい毎日の中でも読書をする時間を作っておき30分でも本を読むという習慣を作っている人が多いです。
本を読むと言っても小説を読むようなじっくり読むということではなく、ななめ読みをして自分の知りたい情報、興味のある情報や知りたいこと、ビジネスにつながる情報が書かれていないのか?ということを探しながら読んでいるということもありますね。
 

マイナス思考をしない、マイナス思考の人を遠ざける

すごい人はとにかくプラス思考です。
ですので、マイナス思考の人を遠ざけて、できるだけ関わらないようにしています。
考え方は人それぞれなので、マイナス思考がダメというわけではありませんが、やはりプラス思考とマイナス思考を比べてしまうとマイナス思考によいイメージはありません。
またマイナス思考の人ですごい人という人もあまり見たことがありません。
すごい人にはプラス思考の人が多いという傾向があります。
マイナス思考の人と一緒にいるとマイナス思考の世界へ引きずられてしまうということもあります。
ですので、プラス思考のすごい人はマイナス思考に引きずられないようにマイナス思考の人と距離を置いたり、付き合わないようにする人もいます。
マイナス思考をしないように、常にプラス思考でいる習慣を持っています。
 

人の意見も素直に受け入れる

すごい人の特徴として人の意見も素直に受け入れるという特徴があります。
自分の意見だけをゴリ押しせずに、冷静に考えてみると自分の意見よりよい意見があれば、そちらを採用するというような柔軟な判断ができるのです。
いくら仕事ができても自分の意見だけをゴリ押しするようなリーダーだったり、人の意見は全く聞く耳を持たないような人をすごい人だと思うことはありません。
常に周りの意見に耳を傾けて、より良い方向へと進んで行こうとしているのがすごい人の特徴でもあります。
 

健康に気を使う

すごい人だから健康に気を使うというわけではありませんが、すごい人は共通して健康に気を使っている傾向があります。
しかも、それはすべてがうまく回っているように関連付けされています。
早起きするために早く寝る。早く寝るためにごはんを早めに食べたり。
ぐっすり眠るために消化のよい食べものを食べるようにしたり、健康に気を使うことを忘れません。
運動も意識して取り入れるようにされている人も多いです。
 


 

明日できることは今日しない

すごい人は時間を大切に生きています。
すごい人と言っても時間は普通の人と変わらず24時間。
ですので、少しでも自分の時間を無駄にして過ごすことをしません。
明日できることをわざわざ今日やらないのです。
今日という時間は二度と戻ってきませんし、明日できることなら明日に回し、今日しかできないことをするようにします。
また、自分がやらなくても良いようなことで、他の人に任せられる仕事なら他の人にやってもらっていますね。
少しくらい投資をして他の人に変わりに仕事をやってもらっても、自分の時間が確保できるならそちらを優先するというわけです。
 

夢や目標を持っている

すごい人の習慣のひとつに夢や目標を持っているという習慣があります。
その夢や目標は手帳などに書いておき常に目の届くところに置いておくんですね。
夢や目標を常に意識することで自分がどこへ向かっているのか把握しているのです。
だから、仕事でもプライベートでも夢や目標に絡んだことを優先したり、夢や目標が叶うような行動をするのです。
普通の人はぼんやりとお金持ちになりたいなどの夢を持っていても、常日頃から意識をしていないので、なかなか夢もかなわないのです。
また、夢や目標を他の人に語ることで、その情報が自分にやってくるという効果もありますね。
 

まとめ

すごい人の特徴や習慣についてまとめてみましたが、いかがでしたでしょうか?
最後にもう一度すごい人の特徴や習慣について箇条書きにしてまとめてみますね。
 

すごい人とは

  • リーダーシップがある
  • 周りに気配りができる
  • いろんな事に興味を持っている
  • 常に人に感謝をする
  • いつも謙虚である
  • 交友関係が多い
  • 決断が早い
  • 怒らないように感情を自分で支配する
  • 気持ちの切り替えがうまい
  • 早起きをする
  • 見えないところで努力する
  • 本をたくさん読んでいる
  • マイナス思考をしない、マイナス思考者を遠ざける
  • 人の意見も素直に受け入れる
  • 健康に気を使う
  • 明日できることは今日しない
  • 夢や目標を持っている

 
すごい人にはいろんな特徴や習慣がありますね。
すごい人の特徴や習慣を理解して、その行動や考え方を知ること・真似ることですぐにすごい人になれます!
と、までは言いませんがすごい人の特徴や習慣を知っておいて、少しずつでも真似することであなたもすごい人に少しでも近づくことができると思いますよ。
あなたが共感したこと、やってみたいこと、気になること、取り組みやすいところから実践してみてくださいね。
 

 

Avatar photo

フェリーチェ編集部

follow me
related posts

関連記事

Scroll to Top