吉夢?逆夢?お金を拾う夢を見た人の5つの心理とは?

目次

「お金を拾う夢」って見たことありますか?
現実にお金を拾うと嬉しいのと同じで、夢の中でもお金を拾うとなんか得した気分になりますよね?
夢は自身の心の投影、お金を拾う夢にはどんな意味が隠されているのか見てみましょう。
 

現実のお金とは違う?夢の中のお金の意味

お金を拾う夢を紐解く前に、先ずは夢の中のお金について説明しましょう。
「お金はお金では?」と思うかもしれませんね。
夢で出てくるお金がお金そのものを示していることも確かにあります。
しかし、大抵のお金を拾う夢が「愛情」を示していることが多いのです。
夢の中のお金は自分にとって大切なものの象徴で、愛情の他に「才能」、「エネルギー」、「時間」などを表すこともあります。
「愛があればお金なんて…。」なんて言葉もありますが、生活する上である程度のお金は必ず必要になります。
愛情を示すプレゼントだってお金がないと買えません。
冠婚葬祭のご祝儀にはお金を送りますよね。
そういう意味で、夢の中で「大切なものの象徴」として、お金という形になっているのでしょう。
 

(お金を)拾うという行動にも意味がある


夢の中でのお金が示す意味が分かったところで、「拾う」という行動の意味を見てみましょう。
もちろん拾うという行動にも意味があります。
物を拾う夢本来は幸運が舞い込む予兆とされていて、運気上昇の吉夢と言われています。
しかし、拾うもの次第では吉夢ではなくなることもあるようです。
「お金=大切なものの象徴」を示すとなると、大切なものが不足している状態と言えます。
吉夢というよりは逆夢、お金を拾う夢は近々お金が手に入る予知夢的なものではない、ということですね。
 

お金を拾う夢、指し示す5つの心理とは?


夢の中でどんなものをお金に置き換えているかで心理は変わってきます。
代表的と言われる5つの例を紹介しましょう。
 

  • 愛情に飢えている
  • 他人のものを欲しがる、羨ましい
  • 新たな出会いを求めている
  • 不満やストレスが溜まっている
  • お金に対する意識が低くなっている

 

愛情に飢えている

夢判断で多いのが、愛情をお金に置き換えたもの。
お金を拾う夢を見る人は、愛情不足で寂しい気持ちが表れています。
足りなくなった愛情を、お金を拾うことで補おうとしているのです。
遠距離の恋人と中々会えない、パートナーとうまくいっていない、など愛情に飢えていると心が感じているのかも知れません。
会うことができなくてもメールで気持ちを伝えるなど、こまめに連絡を取る方法を考えましょう。
パートナーとの仲がうまくいっていないのであれば、二人で話し合う機会を設ける必要があります。
 

他人のものを欲しがっている

落ちているお金を拾う、自分が落としたのでない限りそれは他人のお金です。
誰が落としたものかわからなくても、他人のものを拾ってしまうということは、他人のものを欲しがっている気持ちが表れています。
片思いの人にはもう相手がいた、不倫関係がこじれている、など欲しくても手に入れられない思いが夢となって表れているのかも知れません。
心当たりがあるなら、身を滅ぼしかねない欲は捨てるに限ります。
また新たな出会いを探してみてはいかがですか?
 

新たな出会いを求めている

長い間恋人と呼べる人がいない、パートナーと別れたばかり、など寂しくて愛されたくて新たな出会いを欲しています。
お金を拾う夢を見るぐらいですから、現実にも寂しい気持ちが表情に出ているのかもしれません。
全てではありませんが、そういう状態に付け込んで優しい言葉をかけてくる悪い人もいるので注意が必要です。
 

不満やストレスが溜まっている

夢の中のお金が愛情を示すものでなくても、あなたにとって大切なものを示していることは確かです。
現実で自分の手に入れたいものが手に入らない、今何をすべきか分からなくなっている、など生活の中で不満やストレスが溜まって運気が滞っているのかもしれません。
ストレス解消になる自分なりのリラックス法を見つけましょう。
 

お金に対する意識が低くなっている

夢の中でお金を拾う、お金がそのものを示すのであれば、現実世界でお金が足りなくなっている、ということです。
無駄使いしていることに気づかずお金の管理が甘くなっていませんか?
夢で自分自身から警告されているのかもしれませんよ。
財布のひもをしっかり引き締め無駄使いしないようにしましょう。
 

お金を拾う夢、種類で異なる夢の意味8種


お金といっても、お札であったり硬貨であったりと、いろいろ種類があります。
そして面白いことに種類によってお金を拾う夢も意味が違ってくるのです。
種類によって異なる夢の意味を紹介しましょう。
 

  • お札を拾う
  • 小銭(硬貨)を拾う
  • 昔のお金(古銭)を拾う
  • 外国のお金を拾う
  • 偽札を拾う
  • 財布に入ったお金を拾う
  • 小銭入れに入ったお金を拾う
  • 自分が落としたお金を拾う

 

お札(大金)を拾う夢

札束を手にする、夢とは言え憧れるシュチュエーションですが、これはトラブル発生を示しています。
恋愛、仕事、人間関係のトラブルで多くのエネルギーを消費してしまうかもしれません。
金額が多ければ多いほど注意が必要です。
エネルギーどころか実際のお金も出ていく可能性もあるので、財布のひもも引き締めてくださいね。
 


 

小銭(硬貨)を拾う

拾ったお金が少額、10円とか100円のような硬貨の場合、少々お疲れモードなのかも知れません。
少額の硬貨は運気が下がってきている兆候、孤独や寂しさも表しています。
恋人と些細なことで喧嘩をした、など孤独や寂しさを感じているときも小銭を拾う夢となって表れるようです。
運気が下がり傾向にあるので、心がリフレッシュできるように休息をこまめに取るようにしてください。
 

昔のお金(古銭)を拾う

昔のお金、古銭は夢判断では幸運が舞い込むものとされています。
お金に限らず、恋愛や仕事、人間関係などにも良い兆しがあるという表れです。
昔のお金を拾う夢を見たのなら、いつもより積極的に行動してみてもいいかもしれませんね。
 

外国のお金を拾う

お金を拾うことは足りないものを補う気持の表れなのですが、外国のお金では意味が違い、やる気とエネルギーが溢れていることを示しています。
今のあなたは、精神的にも充実している状態なのです。
外国のお金を拾う夢を見たのなら、前からやりたかったことをしてみる、何か新しいことにチャレンジする、など積極的に動くようにしましょう。
 

偽札を拾う

偽札には、物事がうまくいかないことへの不満の表れがあります。
それは、周囲だけでなく自分自身の行動にも不満を持っていることを示しています。
うまく立ち回れなかった自分自身への後悔が、偽札を拾うという夢で現れたのかも知れません。
そういうときは、あまり自分を責めないように、自分を否定することはやめましょう。
肩に力が入り過ぎないよう適度に休息を取りましょう。
 

財布に入ったお金を拾う


お金は大抵財布に入っているもの、夢の中でも財布ごとお金を拾った人はいると思います。
財布ごとの場合その財布や中身のお金の状態で意味が違ってくるのです。
拾った財布もキレイで、中のお金が新札やピカピカな硬貨な場合、何か新しいことが始まる兆しです。
新しい出会いがあったり、新しい仕事を任されたり、何かチャレンジしたいことが見つかるかも知れませんね。
反対に汚れた財布やよれた紙幣、くすんだ硬貨の場合、あなたがお金に対してとても執着心を持っていることを表しています。
周りからケチだの守銭奴だと思われないよう、倹約もほどほどにしておきましょう。
拾った財布が空だった場合、夢でも残念に感じるでしょうが、実はこれは幸運の兆しと言われています。
金運だけでなく全体的に運がアップする兆し、吉夢と言われるいい夢です。
お金が入ってなかったからと言ってガッカリする必要はありませんよ。
 

小銭入れに入ったお金を拾う

小銭入れに入ったお金、財布と変わらない気がしますが、実はこれも吉夢とされている夢になります。
小銭入れには大切なものが帰ってくる兆しを表しています。
お金に限らず、無くしたものが出てくる、貸していたものが帰ってくるかもしれません。
また、思いがけない臨時収入を表す夢でもあるので、この夢を見たのなら、宝くじを買ってみるとか懸賞に応募してみるのもいいかもしれませんね。
 

自分が落としたお金を拾う

自分が落としたお金を自分で拾う、注意力散漫からあなたがトラブルに巻き込まれる可能性があることを示しています。
普段やらないようなミスをしてしまったりしますが、お金を落としてすぐに気づいて拾ったのであれば、ミスやトラブルにもすぐに対応することができることを示しています。
 

お金を拾う夢、拾った後の行動で変わる夢の意味5種


夢の中でお金を拾った後、あなたはどんな行動をとったでしょうか?
その行動次第では、また夢の意味が変化していくのです。
お金を拾った後の行動例を5つほど紹介しましょう。
 

  • 拾ったお金が少額でも、満足して喜ぶ
  • 拾ったお金をなくしてしまう
  • お金を拾いたくても拾えなかった
  • 拾ったお金を落とした人に届ける
  • 拾ったお金を交番に届ける

 

拾ったお金が少額でも、満足して喜ぶ

お金を拾ってラッキーと思っても、少額の硬貨では夢の中でも大人が大喜びすることはありません。
少額の小銭でも拾って満足できる人は、小さなことでも喜びを感じることができる人だということを表しています。
今の生活に十分満足している、ということでしょう。
波乱万丈な人生よりは、平凡で穏やかで波風立たない生活を望んでいるといえますね。
 

拾ったお金をなくしてしまう

拾ったお金をなくしてしまう、この夢には上がりかけていた運気に乗り損なって、せっかくのチャンスを逃してしまうことを表しています。
周囲の人間関係のトラブルや自身の体調不良に見舞われる暗示でもあるので注意が必要です。
 

お金を拾いたくても拾えなかった

お金を拾えない場合、拾ったお金をなくしてしまうと同様にチャンスを逃してしまうことを表しています。
そのチャンスを逃してしまった理由が、ライバルからの妨害の可能性もあるので対人関係に注意が必要になります。
 

落とした人に届ける

拾ったお金を持ち主のところへ届ける、夢の中でもそんなまじめな行動ができるあなたは人間関係において高い評価が得られることを示しています。
お金を届けて持ち主に感謝されればされるほど、さらに運気はアップします。
お金を持ち主に届ける夢は、人間関係の特に恋愛に関する運の上昇を意味しています。
恋人がいる人は今まで以上に良好な関係に、いない人は素敵な人との新しい出会いが待っているかもしれませんよ。
 

交番に届ける

拾ったお金を交番に、現実では当たり前の行動ですが、何でもありの夢の中においてその行動がとれるあなたは、真面目な常識人であることを示しています。
常識のある行動は、他人から見たあなたの評価が上がるしるし、対人や恋愛関係に関する運の上昇を意味します。
交番という場所は、人間関係の停滞を示す場所なのですが、お金を届けたことにより問題がある人間関係が改善されるかも知れませんね。
ただ、交番に届ける、という行動が金運の低下も意味しています。
人間関係が良好になると、交際費で出費することも多くなるでしょう。
いいところを見せようと財布のひもも緩みがちになってきます。
お金の使い方には十分注意が必要かもしれませんね。
 

お金を拾う夢ではなく、もらった場合の意味は何?


お金を拾うのではなくもらった場合、お金は愛情を示しています。
もらった相手が家族や友人、恋人だった場合、それらの人から愛されているという証と言えます。
もらって嬉しかった場合は、自分もその人のことを愛している、好意的に思っている、ということです。
差し出されたお金を受け取らなかった、受け取っても嬉しくなかった場合、その人に対する不満の表れているといえます。
 


 

まとめ:お金を拾う夢は種類や行動で意味が変わってくる


お金を拾う夢についてまとめてみました。
お金を拾う、といっても種類や行動などでずいぶん意味が変わってくることが分かりましたね。
自分が見た夢にあてはまるものはあったでしょうか?
 

お金を拾う夢をまとめると

  • 夢の中のお金は自分の大切なものの象徴。
  • お金を拾う夢は予知夢ではない。
  • お金を拾う夢には5つの心理が隠されている。
  • お金を拾う夢は大切なものが足りなくなっていることへの忠告。
  • 拾うお金の種類によって意味が変わってくる。
  • 拾った後の行動によっても意味が違ってくる。

 
お金をたくさん拾うほど吉夢とは言えない夢が多いのですが、悪い暗示が出たからと言って落ち込む必要はありません。
自分自身や周りの環境を見直すきっかけをもらえたと思えば、逆夢も悪いものではありませんよ。
 

Avatar photo

フェリーチェ編集部

follow me
related posts

関連記事

Scroll to Top