最低気温が10度の日は何を着るべき?おすすめの服装は?

季節の変わり目って服装に迷いますよね。

どのくらい寒いのか予測もまだつかない…。

急に冷え込んだらどうしよう?

特に最低気温が10度くらいだと、どんなアウターを選んだらよいのか、コーディネートも分からない方は多いと思います。

こちらでは、最低気温10度くらいの日におすすめの服装をご紹介します。

1.気温10度ってどのくらいの寒さ?

そもそも気温10度って季節的にはどのあたりなのでしょう。

  • 秋から冬に向かう頃
  • 冬から春に向かう頃

このあたりの季節の変わり目に気温10度になる日が多いですね。

例えば東京だと11月の中頃から12月の初め頃まで、それから春先の3月頃に気温が10度前後になります。

じっとしていると寒いけど、動いていればそれなりに心地よく過ごせるくらいの気温です。

ただ、『最低気温が10度』の日と『最高気温が10度』の日では体感気温がまるで違います。

1-1.最低気温10度

朝夜は冷え込むけど、日中は動くと汗ばむ陽気になることも。

暑くなったらすぐ脱げるように何か軽い羽織ものを着ていくのがおすすめです。

日中は脱いで、日が落ちて冷えてきた帰り道などにさっと羽織れるものがいいですね。

気温差が大きい時期ですので、調整できるアイテムを持ち歩くのも大事なことです。

1-2.最高気温10度

最高気温が10度の日というと、まだまだかなり寒い冬の日です。

真冬から3月の上旬くらいまでは、最高気温が10度前後になることが多いですね。

最低気温が0度に近くなるときもありますので、厚手のコートやダウン、マフラーや手袋まで完全防備の真冬仕立ての服装がいいでしょう。

2.最低気温10度のときの服装、アウターは何がおすすめ?

では、ここからは深まる秋に向けて調節できる羽織ものや軽めのコートをご紹介します。

今季新たに買い足す予定の方は参考にしてみてくださいね。

  • トレンチコート
  • 厚手のニットカーデ
  • Gジャン
  • ライナー付のモッズコート
  • ライダースジャケット
  • チェスターコート
  • ショート丈のダウン

2-1.トレンチコート

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

𝗦 𝗮 𝘆 𝘂/𝗳 𝗮 𝗻 𝗰 𝘆(@fancybysayu)がシェアした投稿

カジュアルなスタイルからきれいめ通勤まで、オールマイティなのが定番のトレンチコート。

インナーをTシャツにすれば初秋から、厚手のパーカーにすれば秋も深まった肌寒い日のカジュアルコーデにピッタリです。

気温が上がってきたら片手にさらっと持ってもサマになるので、気温変化の激しい最低気温10度前後の日のアウターにおすすめですね。

2-2.厚手のニットカーデ

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

POPREA[ポップリア](@poprea_official)がシェアした投稿

モコモコして見た目も温かみがあるけど、真冬の北風には少し辛いニットカーデ。

季節感があるのに着られる期間が短いアウターなので、最低気温10度くらいの日に着ておきたいアウターです。

色は白やアイボリーを選ぶと、暗くなりがちな秋冬コーデがぱっと華やかに。

冬コーデをおしゃれに見せてくれる必須アウターですよ。

2-3.Gジャン

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

se-ko(@m.s.m189)がシェアした投稿

季節を選ばず大活躍のGジャン、真夏以外はいつでも着られるアウターですよね。

もちろん気温10度の日にもいろんな着こなしで活躍してくれるはず。

少し暑い日にはインナーをTシャツなど軽めに、肌寒い日にはタートルネックなどを選べば初秋から冬の手前まで出番が多くなりそう。

ストールをプラスしたりシャツのようにコートの下に合わせたりすれば、最高気温10度の冬まで着ることができる万能選手ですよ。

コーディネートの幅が広いのも魅力的。

カジュアルコーデにはまるのはもちろん、ワンピースにヒールといったレディな服装にもピッタリ。

シンプルなメンズカジュアルにも一番活躍するアウターではないでしょうか。

2-4.ライナー付のモッズコート

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

s a k a m o t o j u n(@j_u_n_76)がシェアした投稿

肌寒くなってきたな~と思われる最低気温10度の日には、ライナー付のモッズコートのライナーを取って着るのがおすすめ。

もっと寒くなってきたらライナーを付ければ温かく着られるので、長く活躍してくれるアウターです。

ミリタリーな雰囲気の強いアイテムですが、女性ならフェミニンなワンピースやスカートに合わせるのも甘さ調節できていいですよね。

2-5.ライダースジャケット

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

柊 優羽奈(@mari216chocolat)がシェアした投稿

ライダースジャケットも気温10度あたりにおすすめのアウターです。

男性が来てもかっこよく、女性が来ても甘辛ミックスコーデにちょうどよいですよね。

皮素材で風を通さないので、風が冷たくなってきても大丈夫。

インナーはニット素材で冬らしさを意識したコーデがおすすめです。

2-6.チェスターコート

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

陽(@yoahiru.w)がシェアした投稿

ここ数年大流行のチェスターコートですが、ゆったりしたデザインのものが増えています。

ゆったりしている分どんなインナーを選んでも着ぶくれしないのがポイントです。

肌寒い日はタートルなどのニット類、日中やあったかそうだな、という日は長袖Tシャツをセレクトするなど、インナーを選べる幅が広いのがいいですよね。

ブラックやグレーなど定番のダークカラーが多いチェスターコートですが、ボトムはホワイトのパンツなどを選べば明るい雰囲気で華やかなコーデが完成しますよ。

2-7.ショート丈のダウン

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

zzukk1(@zzukk1)がシェアした投稿

ロングダウンではまだ早いという最高気温10度前後の日は、ショート丈のダウンジャケットにするのもいいですね。

保温効果が高いので、少し動くと逆に汗ばんでしまうこともあるダウンですが、中身の羽毛が多いタイプより羽毛や綿が少ない薄めのものを選べば大丈夫。

薄手なのでさっと脱いで持つこともできますし、軽いので荷物にもなりにくいおすすめアウターです。

最低気温10度なら、ユニクロのインナーダウンをアウターとして着るのにもちょうど良い季節かも。

3.最低気温10度の日の服装にプラス!おすすめアイテム

では次は気軽に羽織れるアウター以外に、最低気温10度のときに活躍するアイテムをご紹介していきますね。

  • ヒートテック
  • タイツ
  • ブーツ

3-1.ヒートテック

言わずと知れたユニクロのヒートテックですが、ちょっと寒くなり始めたな、って頃にちょうど良いのが一番シンプルなヒートテックアイテム。

ユニクロでは真冬用に『ヒートテック極暖』とか、さらにその上の『超極暖』までありますが、一番薄手のノーマルなヒートテックがこの時期には一番活躍できそうです。

薄いのに温かいのでニットなどのインナーに響かず、コーディネートの邪魔をしません。

毎年セールになるときにまとめ買いをしておくのがおすすめですよ。

3-2.タイツ

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

💜cosh41♀🇯🇵🗾💜(@178coshcosh41)がシェアした投稿

気温10度近くになると足元が冷えるようになってきます。

足元が寒いと全身冷えるように感じますから、最低気温10度に近付いたらタイツも新調しておくと良いですね。

3-3.ブーツ

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

17°C/Blondoll ジュウナナドシー/ブロンドール(@blondoll_official)がシェアした投稿

毎年秋口には店頭に並びだすブーツですが、今季はロング丈のものをよく見かけます。

タイツにロングブーツなら多少寒くなってきても足元あったか。

ブーツにきちんと防水スプレーをふっておけば雨の日でも対応可能です。

寒くなる前にブーツもチェックしておくようにしましょう。

4.お天気別:最低気温10度の日におすすめの服装

最低気温が10度と言っても、晴れていたり雨だったり…

お天気によっては服装に迷いますよね。

ここからはお天気別でおすすめのコーディネートをご紹介していきますよ。

  • 晴れの日
  • くもりの日
  • 雨の日

4-1.晴れの日

最低気温10度でお天気がいい日は最高気温が20度を超えてくることも多いです。

20度を超えると快適だけれど、動くとちょっと暑いと感じるかも。

そんなときはやっぱりすぐに脱げる羽織ものコーデがおすすめ。

暑くなってきたら肩にかけたり腰に巻けたりするGジャンや厚手のシャツに、ボトムは短くてもまだ大丈夫ですよ。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

natsuki🥥(@heather_natsuki)がシェアした投稿

4-2.くもりの日

ちょっと肌寒くなってくる最低気温10度のくもりの日。

急に寒くなっても大丈夫なように、今までご紹介してきたアウターにプラスしてストールやマフラーなどの巻物を持って出かけるのをおすすめします。

厚手のストールならコート1着重ねるくらいの温かさもあります。

ワンポイントになる今季流行のチェック柄ストールをさらりと手にかけるのもいいですね。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

➳(@525ayan110)がシェアした投稿

4-3.雨の日

雨の日は、気温10度でも体感温度はもっと低いことがあります。

晴れやくもりの日より少し暖かい服装を心がけてください。

そろそろ下着は冬の定番ヒートテックを着こんでもいいかと思います。

防水できる薄手のダウンに、足元は濡れないようブーツスタイルがおすすめですね。

ブーツには防水スプレーをお忘れなく。

レインブーツも今はおしゃれなものが多く出ていますから、一足準備しておくのもいいですね。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

ぬつ🐾 育児もお洒落も旅も楽しむ♡共働きワーママ(@nutsumama)がシェアした投稿

5.TPO別:最低気温10度の日におすすめの服装

では次はシチュエーション別に最低気温10度の日のおすすめコーディネートをご紹介していきます。

TPOと気温に合わせつつ、おしゃれは大事にしたいですよね。

  • ビジネスシーン
  • スポーツ観戦
  • デート
  • 紅葉などの観光

5-1.ビジネスシーン

男性の場合

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

THE SUIT COMPANY ザ・スーツカンパニー(@thesuitcompany_official)がシェアした投稿

最低気温10度くらいの時期なら、秋冬もののスーツにチェンジするだけでOK。

シャツの下は長そでの下着を着こむようにしましょう。

朝晩が冷え込むようになったら、通勤用の薄手のコートを羽織っていくのが無難です。

女性の場合

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

La Totalite(@latotalite.jp)がシェアした投稿

男性はスーツだけど、女性は必ずしもスーツ着用という職場は少ないかと思います。

きちんとした印象を与えるビジネスシーンではどんな服装にしたらいいのでしょうか。

スーツならそのまま着てコートなどはまだいらないですが、ブラウスの場合はちょっと寒いのでシンプルなカーディガンを羽織るのがおすすめです。

足元はストッキングやタイツで防寒しましょう。

ニット+スカートなどのコーデのときは、先ほどもご紹介したトレンチコートをさっと羽織れば通勤にピッタリですよ。

5-2.スポーツ観戦

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

あーちゃん(@a_chaaan.0)がシェアした投稿

まだそれほど寒さを感じない最低気温10度の屋外ですが、サッカーや野球の観戦で同じ席にじっとしていると冷えてくることもあります。

特にナイターの場合はしっかり防寒対策をしていったほうがいいでしょう。

首元は冷やさないように、タートルネックのインナー、足元もタイツや靴下をはくようにしてくださいね。

ひざ掛けにもなるストールはスポーツ観戦に必須アイテムです。

まだまだ紫外線も強いかもしれませんので、キャップなど帽子系も持って行ったほうがいいかもしれませんね。

5-3.デート

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

神戸パティーナ(@patina_kobe)がシェアした投稿

最低気温10度の日はまだそれほど寒くはないので、好きな服装ができてデートにも思いっきりおしゃれができます。

たださすがに生足はおすすめできません。

女っぽいヒール靴を履きたいときも、ストッキングやタイツで行きましょう。

多少胸元が開いていてもちゃんとアウターを着ていけば、屋外は温かく室内はちょっと露出度を高くできますよ。

七分袖のワンピースにライダースジャケットやGジャンを合わせるのも、甘くなりすぎずに女っぽさをアピールできます。

5-4.紅葉などの観光

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

みゆきち(@___miyukici___)がシェアした投稿

ちょうど紅葉シーズンにもなってくる最低気温10度あたり。

秋の行楽にはやっぱり、スニーカーを基本にした歩きやすいカジュアルスタイルがいいですよね。

外気は結構冷たくなってきますし、紅葉がきれいな山間部は街中よりぐっと冷え込むことも。

普段より少し温かめのコーデがおすすめ。

ショート丈のダウンに歩きやすいパンツスタイル、ストールなどの巻物も持っていくといいですね。

6.最低気温10度の日の服装指数は?

気象協会が出している『服装指数』をご存知でしょうか。

その日の予想気温から最適な服装を指数で表してくれるものです。

  • 0~30 冬物が必要
  • 40~50 アウターが必要
  • 60~70 長袖
  • 80~90 半袖でじゅうぶん
  • 100 タンクトップでも暑いくらい

最低気温が10度となってくると、服装指数は30~40が該当してきます。

アウターは必須で、場合によっては冬物のコートも必要になってくるということですね。

お住まいの地域で服装指数を検索することができますから、今日何着ようって服装に迷ったときは参考にするといいでしょう。

7.最高気温10度の日の服装は何がおすすめ?

最高気温10度の日。

それは真冬のような日と考えて良いでしょう。

真冬のコーデの主役は何と言っても「コート」。

真冬のコーディネートをコート別に紹介していきます。

7-1.ダウンコート

防寒No.1は、何といってもダウンコートでしょう。

ダウンコートは着ぶくれしやすかったり、カジュアルになりすぎて敬遠する人もいましたが、最近はそのバリエーションが増え印象が変わってきました。

細身パンツと合わせてすっきり着こなす

引用:WEAR

特に寒い日はロングダウンでしっかり防寒しましょう。

大きく見えがちなシルエットも細身のパンツでシンプルに合わせることでスッキリ見えます。

子どもを公園に連れていく場合にも動きやすくてgood。

スカートと合わせて女の子らしく♡

引用:WEAR

パンツと合わせがちなダウンも、短め丈のダウンとスカートを合わせることでバランスよく着こなすことができます。

7-2.チェスターコート

何年か前に流行りはじめ、今ではすっかり定番になったチェスターコート。

ゆったりとした着丈で中に着るものを選ばないのがその人気の秘密。

ロングチェスターで大人コーデ

引用:WEAR

ロングコート+細身パンツ+細身ブーツでより大人っぽい印象に。

かわいいチェスターをコーデの中心に

引用:WEAR

こちらは少し変わった形のチェスターコート。

着こなしが難しいように思えますが、シンプルなコーデと合わせてコートを主役にするととてもかわいいですよ。

7-3.ノーカラーコート

上品さを出したいなら断然ノーカラーコート。

ビジネスシーンでも使いやすいコートの一つです。

ノーカラーコートをスニーカーでカジュアルダウン

引用:WEAR

スニーカーと合わせてもカジュアルになりすぎることがないのがノーカラーコートのいいところ。

7-4.ボアコート

もこもこした見た目がかわいいボアコート。

かわいくなりすぎる印象もありますが、丈の長いものを選ぶとキレイにも着こなせます。

アイボリーボアコート

引用:WEAR

ボアコートの王道カラーアイボリー。

優しい色合いは、重く見えがちな冬のコーデを明るく見せてくれますよ。

ロングボアコート

引用:WEAR

こちらはトレンドが詰まった丈の長いロングボアコート

お色もネイビーで、他のアイテムとの相性も抜群です。

7-5.ムートンコート

羊革を用いたムートンコートは、着心地の良さと包み込まれるような温かさがあります。

お手入れ楽ちんなフェイクタイプのものもありますよ。

ムートンのシンプルコーデ

引用:WEAR

優しい色のムートンには、他をモノトーンでシンプルに合わせると甘くなりすぎず、大人な印象に。

8.【季節別】10度の日の服装は何がおすすめ?

同じ気温でも春なのか、秋冬なのかで装いは変わってきます。

それぞれの季節にあった気温10度のおすすめの服装を紹介します。

8-1.春の気温10度

厳しい冬から徐々に暖かくなり、桜の花も咲き始める春先。

春ならではの明るい色、優しい雰囲気の服を着たくなりますね。

夕方からの冷え込みには脱ぎ着しやすいアウターで調節していきましょう。

女の子らしいプリーツのついたトレンチコート

引用:WEAR

春らしくなってきたとは言ってもまだまだ寒さを感じる日。

パーカーに後ろにプリーツのついたロングトレンチコートを合わせて、軽やかな動きのある春らしいファッションに。

ミントグリーンのシャツで春らしく

引用:WEAR

ミントグリーンのシャツに白いパンツがかわいいコーデ。

さらに上からデニムワンピースを羽織ることでまだ寒さも残る春にピッタリの装いに。

8-2.秋冬の気温10度

紅葉狩りなどの行楽シーズン真っ只中。

秋冬の気温10度とはちょうどそんな11月、12月辺りの気候と考えてよいでしょう。

寒さも感じますがまだまだ外出も楽しめる時期です。

マフラーや帽子などの小物を用いたオシャレを楽しみましょう。

もこもこベレー帽

引用:WEAR

もこもこのベレー帽でいっきに秋冬らしいファッションに。

落ち着いた色合いのアースカラーのセーターがさらに秋らしいですね。

大判マフラーであったかコーデ

引用:WEAR

トレーナー、パンツに大判マフラー。

大判マフラーは首元にボリュームが出て女性に嬉しい小顔効果も期待できます。

9.まとめ:最低気温10度の服装は一番おしゃれを重視できる!

ここまで最低気温10度のときの服装をご紹介してきましたがいかがだったでしょうか。

最低気温10度の服装

  • 最低気温が10度のときはまだ真冬の防寒対策は必要ない
  • ただ最高気温10度のときはしっかり防寒するべき
  • 最低気温が10度なら、簡単に脱ぎ着できるアウターで外出
  • アイテムを上手に使って温度変化に対応するべし

季節の変わり目は気温変化も激しいので、脱ぎ着できるアウターで外出するようにしましょう。

寒いと感じたときさっとプラスできるストールなどのアイテムを持っていくのもおすすめです。

本格的に寒くなってくると、服装は防寒を重視しがち。

秋冬もののおしゃれを一番楽しめるのが最低気温10度あたりではないでしょうか。

暑いときにはできないレイヤードスタイルで羽織ものを楽しめるのも、最低気温10度くらいの気候ならではです。

ダウンにムートンブーツ以外履けない!なんて真冬が来る前に、しっかりおしゃれを楽しんでおきましょう。

関連記事

  1. 片思い中の女子必見!相手の気持ちを今すぐ確認する6つの質問

  2. 5月の誕生石はふたつ!各宝石の特徴や意味

  3. 鈴木涼美のプロフィール・作品を徹底解剖!

  4. これってデートDV?デートDV被害に合わない為に知っておきたい6つの事…

  5. 結婚したいのにできない!?できない人の意外な共通点とモテる人との違い

  6. 日帰り観光に!エリア別おすすめスポット

  7. 関東で人気のおすすめ3大温泉地を徹底紹介

  8. 冬の国内旅行!おすすめ人気スポット10選