名前人気ランキング常連!「優」が付く名前のあれこれ

優という字は、名前で使われる字の人気ランキングでも常に上位。

なぜそんなに人気なのか、字が持っている意味や由来、こめられた願いなどを見てみましょう。

また、実際に優が付く名前もいくつか挙げてみます。

いったいどんな名前が人気なのでしょうか。

 

「優」とはどんな字なの?

優のもつ意味

優という字は、日常的によく使われる漢字で、老若男女問わず幅広く親しまれています。

意味は、大きくわけて4つあり、

 

  • (心が)優しい、おだやかだ(代表的な言葉:優柔、優形など)
  • 優れている、勝っている(代表的な言葉:優秀、優勝、優位など)
  • 豊かだ、たくさん(代表的な言葉:優に)
  • 俳優

 

に分けられます。

優の字は、以下のへんとつくりから成り立っています。

  • へん:亻(=人偏【にんべん】)
  • つくり:憂

心配する・気に病む・悩むといった意味があるつくりの「憂」に、人という意味があるにんべんが置かれ、「心配している人の横にいて心を慰めたり不安を和らげたりする人」という表現が生まれました。

その後、現在使われている「(心が)優しい」、「穏やか」という意味をもつ漢字として広まったんですね。

さらには、心が慰められる→良い状態になる→心に余裕が生まれるというふうに転じて、「優れる」という意味も加わりました。

 

「優」という字にこめられる願いとは

優という字を名前に使う場合、

 

  • 優秀であってほしい
  • 優しくあたたかな心のある人になってほしい
  • 穏やかな心をもった人になってほしい

 

などの願いをこめられていることが多いようです。

 

優が付く名前はどのぐらいの人気?

優は、男の子にも女の子にも名前によく使われる字です。

明治安田生命が発表した、2018年の「名前ランキング 人気の漢字ベスト25」において、男の子15位、女の子19位にランクインしているほどです。

過去のランキングでも男女共に何度も20位以内にランクインしており、安定した人気がある字と言えますね。

なぜそれほど人気があるのか、主な理由を3つ挙げていきます。

 

  • 意味が好ましい
  • 多様な読み方があるので使い勝手が良い
  • 名前に向いた字画数

 

人気の理由1 意味が好ましい

先ほど説明した優の意味のなかでも、「優しい」、「優れている」などは、男女問わず幅広い層に支持されている意味です。

心が優しい人になってほしい、優れた人になってほしいという思いを名前にこめて「優」を入れるのは、男の子にも女の子にもありうることですよね。

 

人気の理由2 多様な読み方があるので使い勝手が良い

優という字は、複数の読み方ができます。

例を挙げると、

  • ゆう
  • やさ
  • かつ
  • ひろ
  • すぐ(る)
  • まさ(る)

などがあります。

読み方次第で優1文字でも名前として成り立たせることができますし、他の漢字と組み合わせて2文字や3文字の名前にもしやすいというメリットがあるんですね。

 

人気の理由3 名前に向いた字画数

「優」字画数を数えると17画になっています。

17画の字は、姓名判断上では「独立運が強めで、リーダー向きである」と言われています。

現代は、個性が確立されていて自分の考えがあることが重視される傾向にあります。

そんな時代に生まれた子どもの名にふさわしい字画数と言えますね。

 

 

「優」が付いた男の子の人気の名前紹介!

優が付いた男の子の名前のイメージ

名前に「優」が入った男の子の名前は、やはり「心が優しい」ということを彷彿します。

もちろん、男の子らしい力強さを求めている部分もありますが、ただ単に強さばかりを誇る人間ではなく、弱き者にも優しい心をもって接することができる人間になってほしいという親の思いが込められている場合が多いです。

また、優には「優秀」という熟語に代表されるような「優れているor優っている」という意味もあります。

優れた人間になってほしいという思いがこめられていることもよくあるようですね。

 

優が付く人気のある男の子の名前は?

優が付く名前は、優自体に読み方がたくさんあるため、そのぶんバリエーションもたくさんあります。

優の読み方別に人気の高い名前の例をご紹介します。

 

優=ユウと読んだ場合の男の子の名前

まずはオーソドックスに、優=ユウと読んだ場合の名前を上げていきます。

ユウヤくん

「ユウヤ」という名前は、わりあい前から人気のある名前です。

優に組み合わせる「ヤ」の字はさまざまで、

優也、優弥、優哉、優矢、優八、優耶、優冶などがあります。

画数やそれぞれの「ヤ」の字が持っている意味などをよく吟味して名付けるとよいですね。

 

ユウマくん

「マ」で終わる響きが現代的でこちらも人気のある名前です。

また、英語圏の人々にも発音がしやすいというメリットも。

ユウヤ同様、「マ」の字はさまざま。

優真(眞)、優馬、優磨、優麻などがあります。

「真の優しさ」を表す優真、「優れる+磨く=才能を磨く」という意味をこめた優磨など、響きも意味もかっこいいですね。

 

ユウタくん

「ユウタ」くんも前から人気のある名前ですよね。

優太、優大、優汰、などがあります。

 

優=ユと読んだ場合の男の子の名前

優をユと読む名前は、中性的な雰囲気を持っているという傾向があります。

ユウくん

優だけでもユウと読めるのですが、あえて優=ユと読み「ウ」の字と組み合わせて「ユウ」という名前にしています。

優羽、優生などがあります。

 

ユウタくん

先ほども挙げた「ユウタ」くんですが、優羽太、優生太などいうふうに、あえて三文字にして、他の子と被らない漢字の組み合わせにするのも、最近の名前ではよく見られる傾向です。

 

ユキくん

優に「キ」と読む字を組み合わせて、ユキと読ませる名前です。

女の子の名前のイメージが強い「ユキ」ですが、中性的な名前を付けるのが珍しくない現代ではあえて男の子に付ける場合もあるようです。

他の読み方をされる機会が人よりも多いのがデメリットと言えばデメリットかも知れませんね。

 

優=ヒロと読んだ場合の男の子の名前

ヒロキくん

「ユウキ」と呼ばれることももしかするとあるかも知れませんが、あえて「ヒロキ」という読み方をして、大きく広がるイメージをもたせた名前です。

優樹、優紀、優希、優輝、優喜、優己、優生などがありますが、「キ」と読む字はたくさんあるのでまだまだ色々な組み合わせが考えられます。

 

優=マサと読んだ場合の男の子の名前

マサキくん

最後に「キ」が付く名前は最近の傾向のひとつです。

「ヒロキくん」で例に挙げた漢字をそのまま「マサキ」と読むことができますよね。

ユウキ、ヒロキ、マサキ…と同じ漢字でもこうやって違う読み方ができるところが、優の字が付いた名前のややこしくも面白いところです。

 

マサトくん

最後に「ト」が付く男の子の名前も最近増えましたよね。

優人、優斗、優仁などがあります。

ちなみに、同じ字でユウトやヒロトと読む名前も人気があります。

 

マサルくん

響きはちょっと古風にして漢字の組み合わせを今風に…と考える人も最近は多いもよう。

「優」だけで「マサル」と読めますが、そこをあえて「マサ」で留め、琉や流、瑠といった漢字を組み合わせて「マサル」とします。

 

マサカズくん

「マサカズ」という響きの名前は昔からあります。

でも、優和や優一と書いて「マサカズ」という読み方はなかなかありません。

古風と今風を組み合わせて、誰とも被らない名前を付けたい場合におすすめですよ。

 

「優」が付いた女の子の人気の名前紹介!

優がついた女の子の名前のイメージ

女の子に「優」を用いた名前が付けられる場合、優しく柔らかい心を持った子になってほしいという意味がこめられていることが多いようです。

男の子に付ける場合は、優れているor優っているという意味がこめられていることも少なくないのですが、女の子の場合は「優しい人に育ってほしい」という願いのほうがより強くこめられているようですね。

 

優が付く人気のある女の子の名前は?

女の子の名前の場合も、色々な読み方ができることからバリエーションが豊富です。

 

優=ユウと読んだ場合の女の子の名前

女の子の名前で優を使う場合、素直に「ユウ」と読ませるパターンが最も人気があります。

 

ユウリちゃん

最近の人気ランキングでもかなり上の順位にランクインするようになりつつある「ユウリちゃん」。

優莉、優里、優李、優梨、優理、優璃などがあります。

人気のスケート漫画に出てきた主人公ユーリにあやかって付けるという人も多いですね。

 

ユウナちゃん

名前の最後に「ナ」を付けるのは今風ですね。

優菜、優奈、優那、優七などがあります。

春生まれの女の子だと、優に春の花である菜の花の菜を組み合わせて「優菜」と名付けられることも多いようです。

 

ユウカちゃん

名前の最後に「カ」を付けるのも、最近の女の子の名前の傾向ですよね。

優香、優佳、優華、優花、優歌などがあります。

中でも「優花」は、何年か前の名前ランキングで堂々の1位に輝いたこともあるほどの人気を誇りました。

 

優=ヒロと読んだ場合の女の子の名前

ちょっと古風で落ち着いた雰囲気の響きにしたい場合、ヒロと読む名前を付けることもあるようです。

 

ヒロミちゃん

「ヒロミ」という響き自体は昔から名前にあって珍しくありませんが、後の「ミ」の字の組み合わせで他の人と違う名前を付けることができます。

優海、優未、優美、優実などがあります。

女の子の名前に美という字を使うのは昔からよくありますよね。

ここで注目したいのは「優海」。

男の子でも女の子でも、海や空といった広大な自然のイメージのする字を名前に入れる傾向があります。

 

チヒロちゃん

もしかすると他の人からはなかなか正しく呼んでもらえないもしれませんが、千優と書いてチヒロと読む名前は可愛らしいですね。

響きは若干古風ですが、組み合わせる字によって今っぽい名前にすることができます。

 

優=マサと読んだ場合の女の子の名前

優をマサと読む名前は、女の子の場合は珍しい部類に入ります。

中性的な名前を付けたいと思っている人におすすめの読み方です。

 

マサコちゃん

優子、というと「ユウコ」ちゃんと読むのが多数派ですよね。

そこをあえて「マサコ」ちゃんと読ませて、他の子と被らないような名前にします。

響きは古風ですが、優子と書いてマサコと読む意外性が現代的ですね。

 

マサミちゃん

「ヒロミちゃん」のところでご紹介した名前の読み方を変えると「マサミ」になります。

こちらもマサコちゃん同様、あえて難しい読み方をして、他の人と被らない名前を付けたい人におすすめです。

「マサミ」という響きは、男の子にも女の子にも似合います。

中性的な名前を付けたいときにぜひ使ってほしい読み方です。

 

優=ユと読んだ場合の女の子の名前

優を「ユ」と読む名前は、最先端の流行の名前と言ってもいいほどです。

人気の名前をいくつか挙げていきます。

 

ユアちゃん

名前の最後にアを付けるのも流行っているので、ユアちゃんはまさに最先端中の最先端の名前ですね。

優愛、優亜、優彩、優絢、優彩、優明、優羽などがあります。

例に挙げたどの名前も字面が華やかで女の子らしさを感じますね。

英語のyour(あなたの)に発音が似ているため、英語圏の人々も呼びやすい名前というメリットがあります。

 

ユサちゃん

ユサちゃんも、ひと昔前にはなかった今風の名前です。

優沙、優早、優紗、優咲、優彩、優佐、優冴などがあります。

どの名前もなんとなく優美な雰囲気が漂っていますね。

 

ユユちゃん

同じ読みを二つ並べた響きのかわいい名前です。

優々、優結、優夢、優由、優悠などがあります。

 

ココユちゃん

漢字で書くと、心優。

心という字を名前に使うのも数年前から流行っているので、この名前もかなり今風の名前ですね。

意味も「心が優しい」とそのものずばりでわかりやすいため、将来子どもに名前の由来を聞かれたときも堂々と答えることができそうです。

 

ユノンちゃん(ユオンちゃん)

漢字で書くと、優音。

「音」という字も最近の名前ではよく使われていますね。

意味は「優しい音」でしょうか。

「ノン」という読みが可愛らしいので、音楽好きな人たちだけでなく幅広い層から大きな支持を受けています。

 

 

まとめ:優という字は性別問わず名前にとても使いやすい!

優という字は

  • 「優しい」、「優れた」、「優る」等たくさんの人たちに好まれやすい意味がある
  • 読み方が複数あるので名前のヴァリエーションが豊富
  • 17画という画数が姓名判断では「リーダー向き」とされる

という理由で、男の子の名前にも女の子の名前にもよく使われます。

読み方や他の漢字との組み合わせ次第で今風にも古風にもなるので、優を使っている名前は本当にたくさんあります。

子供の名前にこめたい意味や願いはそれぞれ違いますが、名付けに対しては真剣な姿勢で取り組まないといけないのはどの親も一緒です。

大切なお子さんにあなたの愛や思いのこもった素敵な名前を付けてあげてくださいね。

 

 

関連記事

  1. 遠距離恋愛の彼の気持ちを確かめたい時、デキる彼女は時空を超えて透視で把握
    PR:Tphereth

  2. おでこが狭い!前髪やヘアスタイルの作り方

  3. 主婦に人気!目的別のおすすめ趣味一覧

  4. 病気になる夢!状況や人別の夢占いの意味

  5. 私を抱きしめるのはどうして?『抱きしめる』に込められた想いとは

  6. 男の子でも女の子でも!中性的な人気の名前

  7. 【2018年版】絶対に恋したくなる!ハッピーエンドの恋愛映画を5選!

  8. 【厳選】デートで遠出する時のおススメコース12選と楽しむポイント