手相占いにおける「俵紋」の意味とは?

手相を見ればその人の運勢の良し悪しが分かるといいます。

今回ご紹介するのは「俵紋(たわらもん)」という相です。

手相というと手のひらの線を思い浮かべてしまいがちですが、俵紋は指の腹に出ている相なのです。

俵紋の形が米俵に似ていることから、豊かな生活を送れることを意味しているんだとか。

確かに米俵は昔から裕福の象徴ですよね。

七福神の「大黒様」も、米俵に乗っているほどお金や食とは切っては切れないものです。

七福神(しちふくじん)とは、福をもたらすとして日本で信仰されている七柱のである。七柱は一般的には、恵比寿大黒天福禄寿毘沙門天布袋寿老人弁財天とされており、それぞれがヒンドゥー教、仏教、道教、神道など様々な背景を持っている。

引用:ウィキペディア

 

そんな米俵に似ている

  • 俵紋とはどんな相なのか?
  • 俵紋があることでどんなご効果があるのか?

などを紹介します。

 

俵紋とは米俵のような縦線が数本指の腹にある手相

手相というと手のひらに引かれている線を見てしまいがちですよね。

ですが俵紋は手のひらではなく指のお腹にあります。

俵紋は親指、人差し指、中指、薬指、小指に現れます。

俵紋がどの指にあるかによって意味が違ってくるのです。

基本的に俵紋が出ている人は食べ物に悩まされることはないといいます。

お金がなくても先輩や上司、同僚や友達からおごってもらうなどお腹を空かせることがなくなります。

俵紋が多ければ多いほど、食べ物に困らず金運も高くなると言われています。

食べるものに悩まされないということは、生活に困ることがないということにも繋がります。

他の手相のように一攫千金というよりも、生活が楽になる相と言えるでしょう。

 

俵紋の見分け方

俵紋かどうかを見分けるポイントは以下の2つがあります。

  • 手に張りやツヤがあり、ある程度ふっくらとしている
  • 第一関節から下に縦線が出ている

 

俵紋は親指から小指の腹に現れます

各指の第一関節から下に縦線があるかどうかがポイントになります。

第一関節から上の指先に縦線が入っていても、俵紋ではないので気をつけましょう。

 

米俵に例えられるだけあって、指に適度な膨らみと張りがあることが条件になります。

痩せていて細い指に縦線が入っていても俵紋とはみなされません。

俵紋は手荒れやシワと見間違えられることがよくあります。

手のひら全体に似たような線があれば、シワや手荒れの可能性があるので注意しましょう。

歳を重ねると手の筋肉や脂肪も無くなってしまうものです。

老化が原因でシワや手荒れが多くなるため、一見すると俵紋のように見えても、実は違っていたということがあるので注意しましょう。

 

俵紋の意味

米を入れるために藁を編んで作る俵のように、指の腹に何本も縦線が入っていることから俵紋と呼ばれています

米俵は昔から縁起物の象徴とみなされていました。

時代劇などでも裕福な家に多くの米俵が登場します。

幸せを運ぶ神様として有名な「七福神」の乗る宝船にも、金銀財宝と一緒に米俵が積んでいます。

 

このように米俵

  • 「五穀豊穣」
  • 「家内安全」
  • 「商売繁盛」

を象徴するものだったのです。

そんな米俵に似ている俵門には「食べ物に困らない」という意味が含まれています。

今でこそ食に困ることはまずありませんよね。

誰でも何かしらの仕事に就いており、お金を稼ぐことができています。

お腹が空いたらコンビニに行って好きなものを買えますし、お米もスーパーなどで手軽に手に入るのが当たり前になっています。

しかし、江戸時代までは食べるのにも苦労していました。

米俵を多く持っているのは一部の金持ちばかり。

米俵があるのは裕福の証だったのです。そこから「俵紋が指の腹にある人は食べものに困らない」という意味になりました。

 

例えばあなたの友人や知人に「お金がない」が口癖なのに、なぜか食べるのに困っていない人はいませんか?

もしかしたらその人は、両手に俵紋が出ているのかもしれません。

以下では俵紋の全体的な意味や右手・左手にある意味をご紹介します。

 

全体的な意味

両手の指の腹全体に俵紋があるのはとてもレアなケースになります。

一本の指の腹に俵紋が出ているだけで、お金や食に困ることがないといわれています。

そんな俵紋が両手のひらにある人はとてつもない幸運といっても過言ではないでしょう。

両手に俵紋がある人は、生まれてから死ぬまで食べることに困ることはないでしょう。

食べ物に悩まされないということは、経済面でも恵まれているということ。

裕福な家庭に生まれ、順風満帆な生活を最後までおくれるはずです。

過去にも指の腹に俵線を持っていた偉人や政治家がいたそうです。

俵線がある人は表舞台で大成する可能性が高いのかもしれません。

 

右手・左手にある意味

俵紋が左手にあるか、右手にあるかで意味が大きく変わってきます

手相では利き手が生来の運勢、反対の手が努力によって変化する運命を現しています。

日本では右利きの人が多いので、ここでは右手が利き手として解説します。

左手が利き手の人は意味が逆になるので注意してください。

俵紋が左手・右手にある場合、以下のような意味になります。

  • 左手:生まれながらにして食べ物に困らない環境にある
  • 右手:勉強や仕事で努力をした結果、経済的に裕福になる

俵紋が左手にある人は、生まれたときから裕福な家庭だったのではないでしょうか?

好きなときに好きなものを好きなだけ食べられる環境だったはずです。

そのまま何事もなければ生涯食べることに困らないかもしれません。

しかし、人生に波乱はつきもの。もしかしたら俵紋が消えてしまい、食べ物に困ることになるかもしれません。

 

右手にはあなたが努力した結果が現れています

右手に俵紋がある人は、勉強や仕事などで努力し、経験を積むことで食べ物に困らない環境を作っていくとされています。

生まれたときこそ貧困だったとしても、努力次第で経済的にも裕福になり、食べ物に困ることはなくなるはずです。

 

俵紋の指別の意味

俵紋は指の第二関節と第三関節に現れる手相です。

親指、人差し指、中指、薬指、小指のお腹に出ます。

俵紋が出る指によって内容に違いがあります。

そこで、どの指に俵紋が出たら、どんな意味があるのかを解説します。

 

俵紋は基本的に濃くなるほど運勢がUPすると言われています。

健康面も良好になるはずです。

しかし、関節部を跨ぐような太い線が現れた場合は、病気の可能性もあるので注意してください。

 

親指

俵紋が親指に出たら、家庭運や健康運がUPするといわれています。

 

親指の第一関節の下に縦線があれば、それが俵線です。

親指に俵線がある人は、家庭や家族関係で幸運がもたらされるでしょう。

健康面では頭、呼吸器、心臓、大腸に関係しています。

親指の俵線が太いうちは家庭円満で体調面も絶好調です。

ですが、関節部を跨いでいる場合は、関係する器官が病気になる恐れがあるので要注意です。

 

人差し指

俵紋が人差し指の第一関節の下と第二関節の下に出た場合、仕事運が高まっています

 

仕事でうまくいっていなかったとしても、俵紋が出たなら安心です。

努力が認められて評価が高まったり、出世する可能性があります。

健康面では胃腸、呼吸と関係があります。

人差し指の俵紋が消え始めたら、胃腸や呼吸器が悪化する恐れがあります。仕事運も下がり、評価されないかもしれません。

 

中指

俵紋が中指の第一関節の下や第二関節の下に出た場合、勉強運が高まると言われています。

 

学生はもちろん、仕事関係で勉強している人にも効果があります。

目標にしていることを達成したり、仕事で成果をあげることもできるはずです。

健康面では心臓や内臓全般に関係しています。

俵紋が濃ければ食欲もあり健康に過ごすことができるでしょう。しかし、関節部を跨いで濃い縦線ができていたら、内蔵や心臓に疾患がある恐れがあります。

調子が悪いなと感じたら病院で診てもらいましょう。

 

薬指

俵紋が薬指の第一関節の下や第二関節の下に出た場合、名声運や金運がUPしているかもしれません。

 

ただでさえ食べることに困ることがなく、経済面が向上する俵紋。

それに加えてさらに金運がUPするのです。

名声も高まる可能性が高いので、人からの評価もうなぎのぼりになるかもしれません。

健康面では心臓、眼、血圧、ホルモンに関係すると言われています。

 

小指

俵紋が小指の第一関節の下や第二関節の下に出た場合、商売運や対人運が高まっている可能性があります。

 

経営者にとって商売運のUPは喉から手が出るほど欲しいはず。

俵紋が小指に出ている人は商人向きかもしれません。

また、対人運が向上することで、自分にとって得になる人脈を築けるはず。

さらに子孫繁栄の相でもあるため、子供を授かる可能性もあります。健康面では腎臓や生殖器と関係があると言われています。

 

俵紋に横線が入っているときの意味

基本的に俵紋は、第一関節・第二関節の下に縦線が入っています

しかし、俵線を横切るような線が入っていた場合は注意が必要です。

俵線が出ているので食べ物に困ることはないはずです。

 

しかし、まるで俵をぶった切るような横線が入っていたら、健康面で悪いところが出てくる可能性があります。

もしくは食べるのに困ることが起こるのかもしれません。

俵門に横線があると、食べることに困ることはないものの、お金はそれほど手にすることができないなど、金運が下がってしまう恐れがあるのです。

不満を感じるほどではないものの、満足には程遠い状況になる可能性が大いにあります。障害となっている事柄を改善することができれば、俵門を横切る線は消えると言われています。

 

俵紋に十字(クロス)が入っているときの意味

縦線が入っている俵紋の中に、十字(クロス)が入り込んでいる場合があります。

縦線が入っている中に短めの横線が入っており、よく見ると十字の形をしていることがあるのです。

この十字は俵紋本来の効果である「食べ物に困ることがない」、「経済的に恵まれている」を薄めてしまうのです。

最初のうちは食べるものが豊富で、空腹になることはないでしょう。

しかし、何かの拍子に食べるのに苦労する出来事が起きるはずです。

それ以降はまともにお腹を満たすことも難しくなるかもしれません。

 

同じように、お金の巡りが良かったのに、何らかの理由で生活もままならなくなる恐れがあります。それまでが夢や幻だったのではないかと思えるほどに状況が悪化してしまう可能性もあります。

俵紋に十字が出てしまった場合、自分を悩ませている問題や状況を改善することが急務。悩みのタネさえ取り除くことができれば、十字は消えるそうです。

 

まとめ 俵紋がある人は食やお金に困らない運勢の持ち主

俵紋というのは米が詰まっている俵が由来となっています。

米が多ければ食べるものにも困ることはありませんよね。それが転じて俵紋がある人は以下のようなご利益があるとされています。

  • 食で悩むことはない
  • 金回りがよく経済的に裕福

 

第一関節と第二関節の下に縦線があれば俵線があるといえます。しかし、以下の条件を満たしていない場合はシワや手荒れの可能性があります。

  • 指がふくよかで張りがある
  • 第一関節から下に縦線がある

 

俵紋はふっくらとしていて張りがなければいけません。痩せている指に縦線が入っている場合は、シワや手荒れとみなされてしまいます。

また、第一関節より上の指先に縦線が入っていても俵線ではありません。

指先に縦線が入っている場合、老化により脂肪や筋肉が無くなったためにできるシワの可能性があります。

もしくは何か病気の恐れもありますので、心当たりがあれば病院で診てもらいましょう。

 

利き手にもよりますが、左手、右手、両手に俵紋がある場合、意味合いが異なるので注意しましょう。例えば右手が利き手の場合は以下のような意味があります。

  • 左手は生まれながらにして持っている運勢
  • 右手は人生を積み重ねながら獲得する運勢
  • 両手はとても珍しく、生涯食べ物で困ることはない

 

親指、人差し指、中指、薬指、小指のお腹に俵紋が出た場合、各指に対応した意味があります。健康面でも俵線が濃いほうが基本的に良いとされています。

しかし、関節を超えて濃い線が出ている場合は要注意。

もしかしたら指に対応した体の部位が病んでいる可能性があります。心当たりがあるなら病院で診てもらいましょう。

俵紋がある人は、お金や食べ物に困ることはないはずです。消えないように大事にしてください。

関連記事

  1. 女子人気が高い「パパ活るびー」の顔とは?

  2. 男の子・女の子別!秋をイメージする名前

  3. 告白の仕方!おすすめセリフやタイミング

  4. 仲間はずれの夢が暗示する夢占いの意味

  5. ダイエット中におすすめの朝食メニュー

  6. 【永久保存版】絶対泣ける恋愛映画ランキング25選ー邦画&洋画ー

  7. 本当に恋が叶った!片思いが成就すると話題のおまじない21選

  8. タクシーの夢が暗示する夢占いの意味とは?