電車の夢が暗示する夢占いの意味一覧

通勤や通学、あるいはお出かけにと身近な存在である電車。

電車が出る夢というのは色々あり、怖い話でも電車の夢を題材にしたものがあります。

今回はその電車が出る夢の意味を解説します。

 

電車の夢を見るときのあなたの心理状態

鉄道から始まり、電気を使うようになり生まれた電車。

今では日本の電車技術は世界に誇れる水準であり、近年であればイギリスで日本産の車両が運行開始したりと、世界でも日本の電車が用いられていたりします。

 

日常生活でも、特に都市部の人は電車はとても身近な存在でしょう。

通勤・通学からちょっとしたお出かけまで、電車で簡単に長距離移動ができる時代です。

ただ、それでも田舎となると電車が来るのは一時間に一本という所もあり、電車より車の方を使うという人も多いでしょう。

それでも創作物だったり、テレビだったりで電車を見る機会はあるでしょう。

そのため夢で電車が出てくるというのは珍しくはありません。

 

夢に電車が出てくる意味とは

  • 「自分自身」
  • 「家族」
  • 「別の境遇や事柄に運ぶもの」

という意味を持ちます。

電車に乗っているのか、電車を待っているのか、誰かと乗っているのかといった状況の違いによって意味が変わりますが、基本的にさほど大きな意味を持ちません。

 

ただ、電車の夢を見る人は自分の将来に不安を抱いていたり、境遇に悩んでいたりといった「心が休まらない」という心理状態にあります。

 

電車の夢の状況が暗示する夢占いの意味

電車の夢といっても、電車に乗っているのか、電車を待っているのか、はたまた電車が来ない状態なのかなど、様々なパターンが存在します。

夢占いにおいてそういったパターンが異なるという事は、それぞれのパターンで暗示する内容が変わったり、良い意味があったり、逆に悪い意味になったりといった違いが生じるというのは当たり前の事なのです。

 

電車そのものは上記の通り「自分自身」や「家族」などを意味し、その電車に乗ることで「別の境遇・環境」へと移るという暗示があります。

 

  • ホームで電車を待つ夢
  • 電車に乗る夢
  • 電車に乗り遅れる夢
  • 電車に忘れ物をする夢
  • 電車を間違える夢
  • 待っているのに電車が来ない夢

上記のように、こういった日常生活でのあるあるでも、何かしらの意味を持つというのが夢占いの面白い所であると言えるでしょう。

 

ホームで電車を待つ夢

電車と言えば線路、そして駅の存在は切っても切れない関係であると言えるでしょう。

電車はその構造上、線路がなければ走れません。

普通の道路などでは進めない、というわけではありませんが、ゴムタイヤも無いむき出しのあの車輪で道路を進もうものなら道路も車輪もすぐにボロボロになってしまいます。

駅はその線路に沿って一定の距離に存在し、乗り降りをしたり、あるいは複数の行き先の路線が交差する場所として活用されています。

 

駅で電車が停まり、また乗り降りする場所の事をホームと言います。

片側しか線路が無いホームもあれば、両側に線路があり2両の車両が逆方向から来て停まるホーム、都会の主要駅規模になれば複数の路線が停まる為に更に多くのホームが存在していたりもします。

 

そんなホームで電車を待つ夢というのは、「自分から行動をせず、誰かの行動や指示を待っているのが当たり前」という現状を暗示した夢です。

人間、自ら行動するのには責任が生じます。

自分の意思で考え、責任を持ち、成し遂げるというのが自分から行動する事に必要な事です。

しかし、これを面倒に思ったり責任を持ちたくないと考える人が多いのもまた事実。

 

責任というのはメリットよりもデメリットの方が多いもの。

責任を持って成し遂げることができれば周囲から認められるものの、責任を果たせなければ責め立てられて、最悪の場合は立場を失う可能性すらあります。

だからこそ責任を他人が持ち、その他人の支持を受けて行動する方が楽と考える人も多く、この夢を見るという事はあなた自身もその指示待ち人間の1人であるという事を示しています。

指示待ち人間が悪いとは言いませんが、「いざ自分で考えて行動する」という事すらできないのであれば、それは機械同然……むしろミスをする生身の人間という事を踏まえれば作業を淡々とこなせる機械にすら劣ります。

自分で考えて行動するという自主性を促すのが、この夢の役割であるとも言えるでしょう。

 

また、この夢でイライラしながら電車を待つという場合であれば、それはあなたの心にストレスが溜まっているという事を示しています。

そしてそのストレスの原因は、あなた自身が他者よりも劣っていると感じている劣等感、あるいは自分は周囲の人よりも仕事ができていないのではないか、役に立てていないのではないかという不安であり、自分を卑下している事でストレスが溜まっているのでしょう。

卑下

自分を人より劣った者として扱うこと。へりくだること。謙遜すること。 「必要以上に自分を-する」

引用:コトバンク

 

自分に甘くする必要はありませんが、自分に厳しい事と自身を卑下する事は違う事です。

劣等感を抱くくらいなら、自分はまだまだだという向上心を抱く方が精神的にも楽でしょう。

 

更に電車を待っているが、電車が駅に停まらず通過していくというパターンも存在します。

この場合はあなたが周囲から孤立した状態であるという事を意味し、他者と喜びや楽しみを共有することができず、また周囲からもとっつきにくい人物であると思われている事を暗示しています。

 

中見出し(h3) 電車に乗る夢

駅に停車した電車に乗る夢というのは、上記の通り新たな環境や境遇に向かうことを示しており、つまるところ「新たな人生の幕開け」を意味しています。

ただ単純に電車を乗るというだけの夢であればこれだけの意味を持ち、特別何か起きるといった暗示も無ければ、何かしら運勢が上がるというわけでもありません。

 

ただ、後述しますが「誰かと一緒に乗る」という場合であれば、また別の意味をもちます。

 

電車に乗り遅れる夢

目の前で扉が閉まったり、駅に着いたと思ったら目的地行きの電車がちょうど発進してしまったり、ベンチに座って携帯を見ていたら電車を見過ごしてしまったり、結構あるあるな電車の乗り遅れ。

電車に乗り遅れる夢というのは夢占いにおいては警告夢であり、この状態をそのまま表したような意味を持ちます。

その意味とは「集中力の欠如からチャンスを逃す」というもの。

 

例えばちょっと目を離した隙や、気を抜いたタイミングでチャンスを逃してしまったりなど、この夢を見た場合は神経を張り巡らせてチャンスを見逃さないようにしなければなりません。

しかしながら、四六時中注意を払いながら神経を張り巡らせるなんて事は難しく、かなり疲れてしまいます。

無理に四六時中神経を張り巡らせるのでは無く、チャンスが関わる場所で気を抜かない、という点を意識しておくだけでチャンスを逃しにくくなるでしょう。

 

通勤や通学のための電車に乗り遅れる場合の夢は、仕事や学業、人間関係に嫌気が差していて、現実逃避してしまっている事を暗示しています。

こればかりは環境を改善しなければ解決できず、また改善も簡単にはできないため、解決のために行動は必須です。

 

電車に忘れ物をする夢

電車内に傘や席の上にある荷物置きに荷物を置いたまま忘れてしまった、という人も居ることでしょう。

夢占いにおいて、電車に忘れ物をするというのは仕事や学業、あるいは他に取り組んでいる事に関して何か見落としがあることを暗示しています。

 

「問題ない」と思っていた事にも何か見落としがあったり、あるいは誰かとの約束や予定を忘れていたりといった事があるかもしれません。

今一度振り返って「何か見落としがあるか」「何か忘れている事はないか」を考えてみましょう。

 

電車を間違える夢

電車というものは、同じ駅に停まっていても違う方面に行く電車もあれば、急行と各駅停車の違いのように特定の駅には停まらない車両というものが存在します。

特定の駅に降りたいのであれば、その駅に停まる電車に乗らなければならず、その駅には停まらない電車や、その駅がある路線とは別の路線に行く電車に乗ってしまうという乗り間違いをしてしまったという人が居るかもしれません。

 

夢で乗り間違えをしてしまった場合、それはあなたが頼まれごとを断れないという事を暗示しています。

頼まれごとが好きな人や、他人の為に生きる事が自分の生きがいである人はそれで良いのかもしれませんが、ただ自分のために生きたいと考えるのであれば、周囲の頼み事や意見に流される前に自分の意見や主張を伝えるように努力してみましょう。

そしてその間違えた電車から降りられない夢であれば、自分が相手のためにやっている行為に対して相手は何も思っていないという事を暗示しています。

 

待っているのに電車が来ない夢

電車を待っていて通過してしまうというパターンは上記で解説しましたが、そもそも電車が来ないというパターンも存在します。

この場合は代わり映えのしない日々に飽き、嫌気が差している事を暗示しています。

変化の無い毎日が退屈という思いを抱いている、しかし変化とは待つものではなく自ら起こすものです。

代わり映えのしない毎日が退屈だというのであれば、自分から新しい事を始めたり、何か今できることをすることが大切です。

 

一緒に電車に乗る人が暗示する夢占いの意味

電車に乗る際に誰かと一緒に乗る事もあるでしょう。

夢の中に自分以外の人物が出るという事も珍しくはありませんし、誰と電車に乗るかでその意味も変わってきます。

例えば異性であれば恋愛運に関係するというのは夢占いにおいて定番であったりもします。

 

恋人

まずは恋人と一緒に電車に乗るという場合ですが、基本的には恋人は異性が多いと思います。

同性であっても恋人と呼べる関係であるのなら、これに当てはまります。

 

今付き合っている恋人と一緒に乗るという夢は、その恋人と添い遂げる事を暗示する夢であり、そのまま関係が発展して結婚するであろう未来を示しています。

 

しかし、片方が途中で降りてしまうという場合は逆に別れを意味します。

そのため恋人と乗っている場合は、一緒に降りるのかどちらかだけが先に降りるのかという部分に注意しましょう。

 

恋人は恋人でも、すでに別れている相手……いわゆる元カノや元カレと共に乗っているという場合は、その別れた時期によって意味が変わります。

別れてすぐの場合は復縁を意味するため、再び恋人関係に戻れる可能性を暗示しています。

別れて時間が経っている場合は、単純にあなた自身が未練たらたらな状態を暗示しているだけだったりします。

また、その元恋人が知らない異性と一緒に電車に乗っているという場合は、その元恋人が結婚するであろう未来を暗示しています。

 

友達

友達と言っても会社の同僚レベルから幼馴染の親友まで幅がありますが、基本的には同僚から親友を一括して同じ意味を持ちます。

同僚や知人、友人と一緒に電車に乗るという場合は更に関係が深まるという事を暗示しています。

親友であればより深い家族同然のような関係になり、知人や同僚であれば友人関係と呼べる仲に、すでに友人の相手であればより心を許せる親友になれるかもしれません。

 

家族

家族と一緒に電車に乗っている場合は、家族間の繋がりに関係する意味を持ちます。

例えば家族全員が一緒に乗るという夢であれば家族間の仲が深まったり、あるいは全員で引っ越したりする事を暗示しています。

逆に家族の中の誰かが途中下車してしまうという場合は、その人が一人暮らしを始めたり、自分自身が一人暮らしをしたりといった要因で家族との関わりが少なくなることを暗示しています。

 

赤ちゃん・子供

自分に子供が居なくても、赤ちゃんや子供と一緒に電車に乗る、という夢を見ることがあります。

この場合、「赤ちゃん」が何の象徴であるか、というのが重要です。

赤ちゃんは夢占いにおいて希望や向上心、成長を象徴します。

その赤ちゃんと一緒に乗るということはあなた自身が今後成長したり、希望となる事を見つけられるという事を示しています。

同時に活力がみなぎり、エネルギッシュになる事を意味しているため、何か新しいことを始めてみたり、今取り組んでいる事に注力してみると良いかも知れません。

 

まとめ 電車の夢はあなたの人生を表している

以上、電車の夢について解説しました。

 

今回解説した点をまとめると以下の通りとなります。

  • 電車は新たな環境・境遇を意味し、乗ることで新たな環境に移る事を意味する。
  • 基本的には予知夢や警告夢で、誰かが死んだりするような大きな意味は無い。
  • 自身の人生や今後に関係する意味が多い。
  • 「乗る」だけではなく、途中で誰かが「降りたか」というのも重要。

以上の点を踏まえ、電車の夢がどういった意味だったかを思い返すことで、今後の自分自身の人生をどうしていけば良いかを決めるための1つの指標になるかもしれません。

 

ただし夢占いはあくまでも占い、行動するための参考にするのは問題ありませんが、決して盲信しないように注意しましょう。

関連記事

  1. 遠距離恋愛の彼の気持ちを確かめたい時、デキる彼女は時空を超えて透視で把握
    PR:Tphereth

  2. ジンとコーラ!カクテルの作り方とアレンジ

  3. パーソナルカラー診断で似合う色が見つかる

  4. 声が出ない夢が暗示する夢占いの意味とは?

  5. 男女別!子供の変わった名前ランキング

  6. 材料別に解説!簡単なサイコロの作り方

  7. 前の恋人の夢が暗示する夢占いの意味

  8. ニコイチの意味や使い方について知りたい