【恋愛四季報】結婚するならこのエリサー!E子イチオシ5社をセレクト!

目次

 
 
 
出会う男どもを、企業名や年収などのスペックでランク付けし、
どれと付き合うのが最適解かを女子会にて話し合う。
 
モテ盛りの女性なら、誰しもやったことがあることではないだろうか。
 
 
そのような低俗な会話をしていることなど知られたら、
清楚で可憐なイメージはぶち壊し。
男性陣からの評価は奈落の底まで落ちかねない。
 
 
というわけで、女子たちは皆、
秘密裏にその会合を執り行ってきた。
また、
「どの企業の福利厚生がいいらしい」
「あの会社は年収高いけど長続きする人がいないから結婚には不適」
などの評価についても口コミで広まる程度であった。
 
 
しかし、
 
ついにこれらの情報を集約し世に発信する、女子たちの夢をかなえるアレができたのである。
 
 
恋愛四季報である。
 
 
 
本日はわたくしE子が独断と偏見で、エリートサラリーマン目当ての恋活婚活女子たちにオススメの5社をピックアップした。
 
もちろん、女子たちは多かれ少なかれ男性の職業を気にするものなので、男性にとっても有益な内容であることは言うまでもない。
 
男性陣も、その企業に転職を試みる、
それが無理でもどういったポイントに女子が興奮するのかを読み取って吸収していただきたい。
 
 
ではまず1社目である。
 
 

1.マッキンゼー&カンパニー

 
身バレが怖いので普段は自分が関わった男性の職業はボカシて書くのだが、
天下のマッキンゼー様にはわたくし、まったく相手にされなかったため、
多少おびえながらもこうして堂々と書いている。
 
 
家族ぐるみで仲良くしている女友達がいるのだが、
彼女は結婚してから、私とあまり遊んでくれなくなった。
 
彼女も、彼女のお母さまも、寂しい独女の私を哀れんだのか、
ちょうどそのころから、「親戚にぜひ紹介したい男の子がいるの!」と言うようになった。
 
 
一流大学卒で勤務先はマッキンゼー。ハイスペックなのだが、家族ぐるみで女性に対して求める水準が高く、才色兼備なお嫁さん候補しか彼らには近づけたくない。
しかし、家族ぐるみで仲良くしているE子ちゃんならば、どこぞの馬の骨ともわからない女に持っていかれるよりは全然マシ。
ちなみに兄弟そろってマッキンゼーなので、兄でも弟でも好きな方をもっていってほしい。
ねぇ、そしたらさ、結婚したらE子ちゃん親戚になっちゃうね!きゃぴ!
 
 
という粋な計らいにより、まだ会ったこともない兄弟を本気で落としにかかるよう、けしかけられたE子。
 
 
その友人の結婚披露宴において、マッキンゼー兄弟の隣の席に配置された私は、
彼女たちの期待に応えるべく、頑張るしかなかった。
 
 
しかしこの兄弟、見た目もすっきりとクセがなく、人当たりもよく、当然のようにイケているのだが、
隣の席で、一凛の薔薇がごとくたたずむ私に対して、何の興味も示さない。
 
 
なんとか会話に入り込めないかと、耳をすましてみるも、この兄弟、
終始仕事の話をしており、一切、私が乱入できるようなライトな話題にならない。
 
 
ふと、友人の母君に目配せしてみると、
「OK、助け舟を出すわ!」と言わんばかりのアイコンタクトを返してくれる。
 
友人母、マッキンゼー兄弟に向かってE子を紹介してくれる。
 
「ねぇお二人、この美しいお嬢さん、花嫁の大親友でE子ちゃんっていうの。こんなに美しくて賢くて完璧なのに、不思議なことに不幸な恋愛ばかりで、まだ幸せになれないの!仲良くしてあげてね!」
 
 
 
なんつぅ紹介の仕方や。
 
 
 
もちろんそのあと仲良くなれるはずもなく、残ったのは疲労感のみであった。
 
どうしても付き合いたいというわけでもない初対面の兄弟相手に、何を必死に頑張ってしまったのだろうか。
 
 
しかし、あれだけのハイスペック男性が兄弟そろって未婚で存在するというわけなので、
積極的にアプローチできる婚活女子には狙い目なのではなかろうか。
 
私の屍を越えて頑張ってほしい。
 

恋愛四季報のマッキンゼーランクは??
こちらからチェック!!

2.東京海上ホールディングス

 
続いて2社目は、東京海上ホールディングス。
 
私のレベルに問題があるのかもしれないが、やはり高望みはよくない。
ツイッター婚活界隈女子も、マッキンゼーだのゴールドマンサックスだの言うのをやめて現実を見てほしい。
 
恋愛四季報上は東京海上ホールディングスはBランクであるが、
結婚を視野に入れるのならば、このくらいを堅実に狙っていくのが現実的なラインではないか。
 
 
 
東京海上の説明など、「東京海上」と言えばひとことで片付きそうなものだが、
あえて特徴をあげるとすれば、まぁ、まさに
「東京海上で働いている人間は、いかにも東京海上って感じの人である」
ということである。
 
社内女性陣のルックスクオリティも高めであり、女性の外見に求める水準は高い。
 
そして何より、「他人から見てどう見えるか」をすこぶる気にする性質がある。
そう。だから、東京海上に就職したのだ。
 
 
間違いなく敷かれたレールの上をまっすぐに走り続ける彼らは、
おおきな失敗や冒険を嫌う安定堅実志向。手堅い結婚を目指す女性には最高の物件。
 
 
 
気になる点を特筆するとすれば、損保系…いや、金融系全般に言えることだが、
仕事に関する愚痴が多い。仕事に疲れている。
そして、「転職したら?」というと、絶対に転職はしないということである。
 
彼らは東京海上という大きな重い看板を一生背負って生きてゆく。
「それを一緒に支えてあげたい♡」という、献身的な女性に爆推ししたい。
 

東京海上HDの恋愛四季報ランクは??
こちらからチェック!!

3.アクセンチュア

ツイッターで一時期たたかれていたことにより、私のなかで勝手に擁護精神が働きイチオシ企業となっているアクセンチュア。
 
「アクセンチュアが外資コンサルって名乗ってんの、マジウケル」的なバッシングが横行していたようだが、
 
果たして、たたいている女性はどちらにお勤めでいらっしゃるのだろうか?
 
 
中途採用で一気に人員を増やしたからなのか、そこらへんに大量に社員がいるともっぱらの噂。
 
私が会った人は、ツイッターでの評判を知ってか知らずか、
仕事は「システム屋です」と名乗る、やや腰の低い感じのひとであった。
 
どうか優しくしてあげてほしい。
 

アクセンチュアの恋愛四季報ランクは??
こちらからチェック!!

 

4.キーエンス

 
なにわの婚活女子の期待の星こと、キーエンス。
(本社:新大阪)
 
平均収入ランキング、生涯収入ランキング等で必ず上位にランクインする常連企業。
 
なにわのハイスぺ男子界隈ではキーエンスを意識している人は少なくないようで、
 
「キーエンスから転職してきたヤツが社内にいるけど、俺より全然仕事できない」
「キーエンスの平均年収くらい、俺も貰ってるけどね」
 
など、
なにかと引き合いに出されてしまうブランド力はさすがとしか言いようがない。
 
 
しかし実際、業後に会おうとすると21時、22時は当然という多忙加減で、
その時間帯に会うと、どこか抜け殻のような、焦点の合っていない目をしている。
 
疲れを癒してあげることに徹すれば、
仕事に邁進する有能な旦那様が手に入るのも夢ではない。
 

キーエンスの恋愛四季報ランクは?
こちらからチェック!!

 

5.オリンパス

最後にお勧めするのはオリンパス。
最近はCMなどで内視鏡売ってますアピールをしていたので皆さんご存知だろうか。
医療機器屋さんである。
 
他の外資系企業に比べると質実剛健で華のない社員が多いイメージだが、
数年前までは某外資系で年収2000万前後稼いでいたが転職した、という人もいる。
聞けば、「来年の税金が払えないのではないかと心配する生活に疲れた」という健全な理由による転職が多いので、好感が持てる。
無駄に威勢だけよい外資系よりは安心感のある人柄だ。
 
 
営業部隊はお医者さんに営業トークをかますので、MR同様に接待漬けの「医者の犬」なのでは?と懸念する女子もいるようだが、
接待文化はコンプライアンス上の理由で廃れつつあるのでご安心を。
 
また、内視鏡ビジネスもそうだが、機械メーカー主導で新しい治療法が生まれることも多く、「医者の犬」扱いすると
「いや、俺らは医者と対等に話せるくらい知識あっから」
キレ気味に反論してくるやつも散見される。
 
(ただ、そういうやつに限って、飲み会に女医さんが現れると営業モード全開でワンワン媚びる。つまり小型犬である)
 
 
扱いには注意が必要だが、ほどよく安定、ほどよく高収入で未来も暗くない、オススメ物件である。
 

オリンパスの恋愛四季報ランクは??
こちらからチェック!!

 

6.恋愛四季報を活用して楽しい出会いを!

企業名で人を判断することはできないが、
しかし、
一流企業の名刺を見て胸躍る乙女心をおさえることもできない。
 
 
それが本質ではない、ということを分かったうえでなら、恋愛四季報のようなツールを活用するのも悪くないのではないか。
 
「年収やスペックにこだわってはいけない、優しい人を見つけたい」というボヤっとした目標を掲げて、暗いトンネルの中を迷走するような婚活をするくらいなら、
 
「今日はゴールドマンサックスを捕まえるぞぉ~!」くらいの明るいノリで楽しく出会うのもいいのではないか。
 
 
私はただ、婚活がつらくて苦しいものにならないことを祈っている。
みなが明るく楽しい独身生活を送れるよう、応援したいのである。

Avatar photo

フェリーチェ編集部

follow me
related posts

関連記事

Scroll to Top